記事一覧

ツマグロゼミの季節に 気象台がクマゼミ初鳴を観測

2017/06/15 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17248-1.jpg
青緑色の美しい姿を見せるツマグロゼミ=上野新里の増殖施設

 上野新里ではツマグロゼミの成長が羽化の季節を迎え、 美しい青緑色の姿を見せている。 頭を下に向けて木にとまり 「ジィー、 ジィー」 と鳴いていた。 そのすぐ近くには宮古島地方気象台が14日に初鳴を観測したクマゼミもいた。
[全文記事]

地方自治セミナー 県、市町村管理職員らが認識深め

2017/06/15 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17246-1.jpg
兵谷氏 (壇上) らが講演した地方自治セミナー=県市町村自治会館

【那覇支局】県は14日、 多様な働き方を応援し仕事と私生活の両立ができる職場環境を組織的に構築するための、 沖縄県 「イケ!ボス」 宣言の一環として地方自治セミナー (総務省自治大学校共催) を那覇市の県市町村自治会館で実施した。 県や市町村、 民間企業などの管理職員らが参加し、 講演を通して働き方改革などへの認識を深めた。
[全文記事]

仲本さんら56人が運転免許返納で卒業証書授与

2017/06/15 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17244-1.jpg
覚書を交わす (左から) 新里会長、 大城署長、 川平さん、 根間代表=宮古島警察署

 宮古島警察署 (大城辰男署長) と宮古島地区交通安全協会 (新里孝行会長) は14日、 同署で運転免許証自主返納者56人に安全運転卒業証書を授与するとともに、 2企業と返納メリット制度の覚書締結を行った。 同署らは自主返納制度のより一層の普及を期待した。
[全文記事]

ハンディあっても観光を チェアボートで青い海へ

2017/06/15 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17243-1.jpg
「チェアボート」 に乗って家族とともに海水浴を楽しむ吉田大起さん=13日、 前浜ビーチ

 頭部の大けがで障がいを負った神戸市の吉田大起さん (21) が13日、 与那覇前浜ビーチで水陸両用車イス 「チェアボート」 によるリハビリを兼ねた海水浴を行った。 梅雨の晴れ間、 チェアボートに乗った大起さんは家族とともに青い海を漂い、 笑顔を見せながら楽しんでいた。
[全文記事]

新入児童に「お守り」贈る~城辺民生・児童委協

2017/06/14 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17239-1.jpg
安全な登下校を願い児童らにお守りランドセルを寄贈する砂川会長 (左) ら=西城小学校

 城辺民生委員児童委員協議会の砂川美枝子会長らが13日、西城小学校(屋嘉比俊哉校長)を訪れ、ことし4月に入学した新入学児童たちの安全・安心な登下校を願い、 同会員らの手づくりお守り 「ミニランドセル」 を寄贈した。 お守りは同校と城辺・福嶺・砂川の城辺地区新入学児童を対象としている。
[全文記事]

比嘉さん母校の宮古工業訪れ、後輩たちと交流

2017/06/13 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17234-1.jpg
比嘉大吾さんに花束を贈呈する花城君 (右) と池間君=県立宮古工業高校

 WBC世界フライ級王者の比嘉大吾さんが12日、 白井・具志堅スポーツジムの具志堅用高会長と野木丈司トレーナーとともに母校の宮古工業高校 (伊志嶺秀行校長) を表敬し、 生徒らと交流した。
[全文記事]

【比嘉大吾写真特集】

2017/06/13 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17233-1.jpg
ミット打ちで世界王者のパンチを披露する比嘉大吾選手=11日、 市役所平良庁舎駐車場

世界王者の凱旋沸き返る

【比嘉大吾写真特集】

パニパニガールズを探せ、第3期オーディション

2017/06/13 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17230-1.jpg
オーディションで 「宮古島まもる君」 を歌う参加者=11日、 島の駅みやこ

 「宮古島まもる君」 などを歌ったパニパニガールズの第3期オーディション (主催・パラダイスプラン) が11日、 平良松原の島の駅みやこで開催された。 市内から小学1~6年の女子14人がエントリーし、 練習を重ねた歌と踊りを発表。 審査結果は後日発表され、 第3期パニパニガール4人が選ばれる。
[全文記事]

休刊日のお知らせ

2017/06/12 09時01分配信 - 社会・一般 -

 昨日6月11日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

宮古空港ターミナルビル 2階待合室を拡張

2017/06/10 21時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 17226-1.jpg
これまでの270席余から410席まで増加したフロアー=宮古空港待合室

 宮古空港ターミナル (下地義治社長) が進めていた、 2階搭乗待合室の拡張工事がこのほど終了し、 10日から運用が開始された。 近年、 同空港は航空路線の増便などに伴う利用客の増加で施設の狭あい化が顕著になっており、 特に待合室は出発便が重なる時間帯の混雑が指摘されていたが 「利用客の利便性向上につながる」 と期待を寄せた。
[全文記事]

ページ移動