記事一覧

マンゴー・パイン全国へ ゆうパック初荷贈る

2017/06/30 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17349-1.jpg
ゆうパック出荷式でマンゴーとパインを食べる保育園児たち=宮古郵便局構内

 日本郵便宮古郵便局 (瀬長孝也局長) は29日、 同局構内で宮古島産マンゴーとパインのゆうパック出荷式を行った。 生産農家をはじめ行政、 航空会社など関係者がことし最初のゆうパック便を送り出し、 期間中の安全輸送を祈願するとともに宮古島産マンゴー・パインの販路拡大などに期待を込めた。 今期のマンゴーは開花の遅れからピークは例年よりずれ込むものの、 生産量は約700㌧と豊作型が予想されている。 同郵便局ではゆうパックでマンゴー3万5000個、 パイン1000個の取り扱いを想定している。
[全文記事]

伊良部漁協総会 2016年度黒字、損失金縮小

2017/06/30 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17345-1.jpg
2016年度事業報告など議案を審議した伊良部漁協の通常総会=前里添多目的施設

 伊良部漁業協同組合 (漢那一浩組合長) の第48回通常総会が29日、 前里添多目的施設で行われた。 2016年度事業報告、 賃借対照表、 損益計算書、 損失処理や17年度事業計画など議案を審議し、 原案通り承認した。 16年度は台風が少なく冬場の好漁もあって出漁機会が多くなったことにより購買、 販売、 製氷冷凍、 指導の各事業とも前年度に比べて増加。 結果、 当期剰余金は984万8892円の黒字となり、 当期未処理損失金は9億3106万93円から9億2112万1201円に縮小した。
[全文記事]

宮古島漁協、車エビなど減産で4320万円の赤字に

2017/06/30 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17344-1.jpg
2016年度事業報告などを承認した宮古島漁協の通常総会=同漁協

 宮古島漁業協同組合 (渡真利一夫組合長) の通常総会が29日、 平良荷川取の同漁協で行われ、 2017年度事業計画など全議案を承認した。 16年度の事業実績はモズクや車エビで生産量が大幅に落ち込むなど計画を下回り、 4320万円の損失金を計上。 当期末処理損失金も6241万円に膨れ上がった。
[全文記事]

イセエビ類禁漁期延長へ、セミエビ類含め体長制限も

2017/06/27 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17328-1.jpg
来年4月施行を目指してイセエビ類 (写真) などの禁漁期間延長などが検討されている。

 県内の漁業権や漁場利用に関するルールを管理する沖縄海区漁業調整委員会は、 イセエビ類、 セミエビ類のサイズ制限変更や禁漁期間の延長などを検討している。 2018年4月から漁業調整規則施行を目指しており、 26日から県民意見の募集を開始した。 期間は7月31日まで。
[全文記事]

新規高卒者採用に協力を、商工会議所に要請

2017/06/27 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17325-1.jpg
下地会頭 (左から3人目) に要請書を手渡す県立学校長会の本村会長、 長濱副市長ら=宮古島商工会議所

 宮古地区県立学校長会 (本村博之会長)、 宮古島市 (下地敏彦市長)、 宮古公共職業安定所 (知念宏和所長) の3者は26日、 宮古島商工会議所 (下地義治会頭) に2018年3月新規高卒予定者採用枠の確保及び求人票の早期提出等の要請を行った。 下地会頭は 「会員企業に声かけし、 早期の採用に向けて協力したい」 と前向きに取り組んでいく姿勢を見せた。
[全文記事]

入域観光客数80万人目指す、観光協会が総会

2017/06/27 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17324-1.jpg
2017年度事業計画などを承認した観光協会の定時総会=ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古島観光協会 (豊見山健児会長) の定時総会が26日、 平良下里のホテルで行われ、 2017年度事業計画・収支予算などを承認。 今年度は中部─宮古直行便の期間運航、 海外クルーズ船の寄港増加などから年間入域観光客数80万人を目指し、 各方面での誘客宣伝活動をはじめイベント事業などを展開する。
[全文記事]

農産物の盗難防げ、就農青年クラブ防犯パトロール

2017/06/27 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17323-1.jpg
農作物の防犯パトロールへ向けがんばろう三唱する参加者たち=県宮古合同庁舎玄関前

 宮古地区就農青年クラブ連絡協議会 (砂川寛希会長) は26日、 2017年度農業生産に係る一斉防犯パトロールを行った。 午後5時から県宮古合同庁舎玄関前で出発式があり、 会員や宮古島警察署員、 宮古島地区防犯協会員らが農産物の盗難防止へ向け、 がんばろう三唱した。
[全文記事]

機内販売向け宮古の商品調査、JTA・琉大産学連携

2017/06/24 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17301-1.jpg
=写真=

 日本トランスオーシャン航空 (JTA) と琉球大学の産学連携プログラムとして23日から、 同大学観光産業科学部の生徒たちが宮古島をテーマに機内販売商品の調査や商談、 WEBページ制作に向けたロケハンに市内各地で取り組んでいる。 同大学のインターンシップで商品の企画・立案、 販売まで行うのは初めてで、 観光業をマネジメントできる人材の育成を目指している。
[全文記事]

宮古空港ターミナル、売上高9・3%増8億円余

2017/06/21 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17285-1.jpg
昨年度事業の報告と議案を審議、承認した宮古空港ターミナル株主総会=ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古空港ターミナル (下地義治社長) の第40期株主総会が20日、 平良下里のホテルで開催された。 2017年3月期決算によると、 売上高は直営店が大幅に伸びたことから前期比9・3%増の8億2234万円、 経常利益は6・7%増の5323万円となり、 当期純利益 (税引前) は2・8%増の5305万円となった。 17年度では引き続き県と連携して増大する乗降客数に対応するための旅客ビル拡張整備の検討、 設備充実や環境整備を進める。
[全文記事]

2017年県産マンゴー、過去最高の2055㌧見込む

2017/06/21 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17282-1.jpg
今期は豊作が見込まれる宮古島産マンゴー

【那覇支局】沖縄県農林水産部は20日、 2017年第6回記者懇談会で17年県産マンゴーの生産予測と16/17年期サトウキビ及び甘しゃ糖生産実績について発表した。 それによると、 今期のマンゴー生産量は開花期後半の気温が高く着果率が低くなったものの果実の肥大はおおむね順調なことから、 過去最高の2055㌧を見込んでいる。 平年値 (11年~15年のうち中庸3カ年の平均値) 比で339㌧ (20%) 増となった。
[全文記事]

ページ移動