記事一覧

沖縄宮古法人会が定時総会、17年度事業など承認

2017/05/26 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17117-1.jpg
前年度決算、 役員改選案などを承認した宮古法人会の総会=24日、 宮古島商工会議所

 沖縄宮古法人会 (野津武彦会長) の第6回定時総会が24日、 宮古島商工会議所ホールで開催され、 2016年度事業及び17年度事業計画・収支予算報告のほか、 16年度決算と任期満了に伴う役員改正案を審議、 承認した。 会長には野津氏が再任された。
[全文記事]

大和電工が県土木建築部長表彰受ける

2017/05/26 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17115-1.jpg
表彰式で、 宮城理県土木建築部長から表彰を受ける宮里代表 (右) =24日、 ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城

【那覇支局】沖縄県電気管工事業協会 (中村達会長) の第62回通常総会と表彰式が24日午後、 那覇市のダブルツリーbyヒルトン那覇首里城で行われた。 会員資質の向上と人材の育成、 地域社会への貢献、 労働安全衛生活動の実践といった17年度事業計画などを審議・承認したほか、 17年度県土木建築部優良建設業者表彰では、 宮古から大和電工 (宮里敏彦代表) が県土木建築部長表彰を受けた。
[全文記事]

宮古家畜保健衛生所 苗植え付け方法講習

2017/05/25 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17109-1.jpg
カットした苗を鋤き込み、 後ろから踏みしめていく参加者たち=宮古家畜保健衛生所

 宮古家畜保健衛生所 (仲村敏所長) は24日、 肉用牛の牧草トランスバーラの普及に向けた草地等講習会を行った。 宮古地域では作付面積の65%をローズグラスが占めており、 同家保では栄養価が高く刈り取り適期が長いなどの特長を持つトランスバーラへの転換を推進している。 講習は和牛改良組合青年部を対象に行われ、 苗の植え付け方法などを学んだ。 同家保では苗の提供も行い、 先ず青年部が栽培することで地域への普及を図っていく。
[全文記事]

商品開発、販売力向上へ~宝物プロジェクト

2017/05/23 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17098-1.jpg
宮古島の宝物プロジェクトで野口さん (右) のセミナーを聴講する参加者ら=宮古島商工会議所

 宮古島の宝物つながる・つなげるプロジェクト (主催・宮古島商工会議所) のスタートアップセミナーが22日、 同会議所会議室で開催され、 市内事業者が参加し、 宮古島の地域食材や資源を生かした商品やサービス創出に向け、 商品開発・販売力向上について学んだ。 今後は8月までの期間、 セミナーやワークショップが計5回開かれる。
[全文記事]

就農者高齢化改善が課題・農でグッジョブ推進会議

2017/05/23 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17097-1.jpg
議案について検討する参加者ら=県宮古合同庁舎

 2017年度宮古地区農でグッジョブ推進会議 (名嘉真清美会長) が22日、 県宮古合同庁舎で開催された。 16年度活動実績、 17年度活動計画を報告したほか、 青年農業者などの実態調査や新規就農支援対策などについて報告、 意見交換を行った。
[全文記事]

イオン琉球が宮古島市に「WAON」寄付金贈る

2017/05/20 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17080-1.jpg
下地市長に宮古島WAONの寄付金を贈呈するイオン琉球の佐方社長 (右) =市役所平良庁舎

 イオン琉球 (南風原町、 佐方圭二社長) は19日、 地域振興型電子マネー 「エコアイランド宮古島WAON」 の利用金額の一部91万8589円を宮古島市 (下地敏彦市長) に寄贈した。 贈呈式が同日、 市役所平良庁舎で行われ、 関係者が寄付を通した環境保全推進、 地域振興に向けての取り組みに期待した。
[全文記事]

宮古流通企画モリンガが特別賞、にんぽんの宝物GP

2017/05/17 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17061-1.jpg
にっぽんの宝物JAPANグランプリに出場した (左2人目から) 松吉さん、 中村さん、 松本さん、 川満さん=宮古島商工会議所

 今月4日に福岡県北九州市で開催された 「にっぽんの宝物JAPANグランプリ」 で、 宮古島市から出場した宮古流通企画 (川満健一代表) のモリンガティーバッグが審査員特別賞、 オルタナティブファーム (松本克也代表) とプラネット・フォー (中村良三代表) の黒糖・バナナスイーツ作り体験が敢闘賞に選ばれた。 また同大会にはレッドドラゴン (松吉秀樹代表) のガーリックシュリンプソースも出場した。
[全文記事]

宮古上布後継者育成事業の修了・研修生を激励

2017/05/13 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17038-1.jpg
研修で製作した反物と豊見山さん=伝統工芸品センター

 宮古上布後継者育成事業の2016年度閉講式及び17年度開講式が12日、 上野野原の伝統工芸品センターで行われた。 1年間、 製織の研修を受けてきた豊見山清香さんに修了証書が授与された。 17年度は下地千代さん、 宮国利恵さん、 棈松順子さんが受講。 研修を実施する宮古織物事業組合をはじめ関係者が、 伝統工芸の技術習得と継承に向け期待を込めていた。
[全文記事]

宮古労基署まとめ 2016年労災は過去最多の52件

2017/05/12 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17033-1.jpg
労働災害推移表

 宮古労働基準監督署 (宮國浩署長) によると、 2016年の休業4日以上の労働災害は52件で前年比18件、 52・9%と大幅に増加し、 過去最多を更新した。 死亡事故は5年連続で発生していないが、 第3次産業での発生が増加しており、 特に旅館ホテル業や社会福祉施設での事故が目立つという。 経験年数の低い被災者も多いなど人手不足に伴う業務量の増加が労災につながっている恐れもある。 17年も3次産業は増加傾向にあり、 同労基署では事業所への安全管理に関する説明会や担当者の配置推奨など労災防止に取り組んでいく。
[全文記事]

「黒糖の日」で多良間産PR

2017/05/11 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 17025-1.jpg
宮糖職員から多良間島産黒糖をもらう到着客の子ども=宮古空港

 「黒糖の日」 の5月10日、 県宮古農林水産振興センターと宮古製糖は羽田や関西からの直行便で宮古空港に到着した観光客らに多良間産黒糖を配ってピーアールした。 また県宮古合同庁舎1階ホールでは12日まで黒糖に関するパネル展も行っている。
[全文記事]

ページ移動