記事一覧

市16年度決算、実質・単年度収支が黒字

2017/09/08 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は7日の市議会9月定例会本会議に2016年度決算認定案を提出した。 一般会計は歳入が前年度比0・4%減の415億3722万円、 歳出が2・8%減の391億3366万円となり、 翌年度繰越財源3億2917万円を差し引いた実質収支額は46・26%増の20億7438万円の黒字となった。 前年度実質収支額を差し引いた単年度収支は、 前年度の1562万円の赤字から6億5617万円の黒字に転じた。 財政構造の弾力性を示す経常収支比率は依然として高く、 硬直化が続いている状況となっている。
[全文記事]

委員会条例改正を可決、市議会9月定例会開会

2017/09/08 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17785-1.jpg
一般会計補正予算や市役所位置を定める条例改正などの議案が提出された市議会9月定例会初日=市役所平良庁舎本会議場

 宮古島市議会 (棚原芳樹議長) の9月定例会が7日、 開会した。 会期は27日までの21日間。 一般質問は20日から土日曜を除く26日までの5日間。 初日は下地敏彦市長が3億4784万円を追加する2017年度一般会計補正予算などの議案を上程、 説明した。 議員提案で予算決算委員会を設置する市議会委員会条例の改正を全会一致で可決した。 今定例会は11月12日の任期満了に伴って10月22日に執行される市議会議員選挙前で最後となる。 8日は質疑が行われる。
[全文記事]

EV急速充電器有料化で条令制定へ

2017/09/07 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17774-1.jpg
=写真=

 宮古島市 (下地敏彦市長) は島内に設置されている電気自動車 (EV) 用急速充電器を有料にする方針だ。 使用料は1回300円 (15分)。 これに向けてきょう7日に開会する市議会定例会に管理条例の制定が提案されており、 可決すれば10月2日から施行される。
[全文記事]

未来創造センター 基礎工事追加に伴い開館遅れ

2017/09/05 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17770-1.jpg
未来創造センターの建築工事で基礎工事が進められている現場=平良東仲宗根

 平良東仲宗根の旧宮古病院跡地に建設されている図書館・公民館機能を併設する未来創造センターは、 建築工事の基礎 (杭設置) 工事の追加に伴い、 開館予定が2018年12月から早くても19年7月に遅れることが4日、 明らかになった。 市議会9月定例会に提案する17年度一般会計補正予算案で追加工事分を計上した。 市議会改選に伴って11月に予定されている臨時会に、 工事請負契約の議決変更を上程する方針だ。
[全文記事]

市議会9月定例会 補正予算3億4000万円を計上

2017/09/05 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17771-1.jpg
市議会9月定例会に提出する一般会計補正予算案などの説明を受ける市議ら=市役所平良庁舎

 宮古島市議会 (棚原芳樹議長) の全員協議会が4日、 市役所平良庁舎で行われ、 当局が9月定例会に上程する議案について説明した。 一般会計補正予算3億4784万円を追加するほか、 市役所新庁舎建設へ向けて市役所の位置を定める条例の一部改正などの議案23件、 さらには16年度一般会計歳出歳入決算など認定11件、 諮問3件、 農業委員会委員の任命の同意案17件などが提出される。
[全文記事]

宮古島市、「ごみパンフレット」を改訂を発表

2017/09/02 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17747-1.jpg
=写真=

 宮古島市生活環境部 (下地信男部長) は1日、 市役所平良庁舎でごみの分別方法や収集曜日を示した 「ごみパンフレット」 を改訂したと発表した。 発泡スチロールやトレイを燃やせるごみに分類変更したほか、 表示内容を改善。 併せて正しい分別を心がけるよう広く市民に呼びかけている=写真=。
[全文記事]

県が下地島空港・周辺用地で新事業提案を募集

2017/09/01 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17743-1.jpg
第2期の利活用事業提案募集が行われる下地島空港及び周辺用地=資料写真

【那覇支局】県土木建築部 (宮城理部長) は31日、 下地島空港及び周辺用地の利活用事業に係る提案募集要項を公表した。 同空港についてはすでに国際線ターミナル整備とパイロット事業の2件の実施が決まっているが、 広大な空港関連及び周辺の用地が利活用の余地があるとして、 第2期分となる新たな事業を募集するもので、 来年3月には審査結果を公表する予定。
[全文記事]

新総合博物館建設へ委員会設置

2017/08/31 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17736-1.jpg
下地市長 (右) から委員らへ委嘱状が交付された=市総合博物館

 市総合博物館建設委員に対する委嘱状交付と第1回委員会が30日、 同博物館で行われた。 宮古島市の下地敏彦市長から有識者や市職員など13人に委嘱状が交付された。 第1回の委員会では下地市長からの諮問を踏まえて、 新総合博物館建設に向け基本構想・計画の策定スケジュールの確認や事務局から同館の概要や現博物館の課題などで説明を受けた。 このほか、 委員長選出も行われ、 委員長に宮古島市の長濱政治副市長、 副委員長に市総合博物館協議会の本永清会長が選ばれた。
[全文記事]

肉用牛増頭へ共同宿舎整備提案

2017/08/31 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17735-1.jpg
県農林水産部 (左側) と宮古圏域市村との行政懇談会=JTAドーム宮古島

 県農林水産部 (島尻勝広部長) と宮古圏域市村との行政懇談会が30日、 JTAドーム宮古島で行われた。 県と宮古島市、 多良間村の農林水産業担当者がサトウキビや畜産、 農漁村基盤整備事業などの課題について意見交換した。 このうち肉用牛の増頭対策としては共同畜舎整備による担い手育成等の提案があった。
[全文記事]

市総合庁舎整備で基本構想策定

2017/08/31 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17732-1.jpg
市総合庁舎基本構想策定で下地市長 (右) に報告した池田委員長=市役所平良庁舎

 宮古島市総合庁舎整備事業基本構想・基本計画策定委員会の池田孝之委員長 (琉球大名誉教授) は30日、 下地敏彦市長に 「結いのこころつなぎ市民に親しまれる総合庁舎」 を理念とした構想を報告した。 同委員会は市議会9月定例会で建設予定地を市役所の位置とする条例改正が議決されたあと、 基本計画を審議する。 同市は2018年度までの2年間で実施設計、 19年度から保健センターを併設した総合庁舎建設、 21年4月開庁を目指す。
[全文記事]

ページ移動