記事一覧

刺激受け視野広げる喜村さん台湾研修に意欲

2019/08/09 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21688-1.jpg
下地市長に海外研修への参加を報告した喜村さん(右から2人目)ら=7日、市役所平良庁舎

 県女性の翼の会みやこ翼の会の猪子立子会長と2019年女性の翼海外(台湾)セミナーに参加する喜村昌代さん(56)らが7日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、参加報告とともに研修への意欲を見せた。この中で喜村さんは「事前研修に参加したが、女性の力で平和や地域のために頑張っているすごい人ばかり。情報をいっぱい貰って自分もその一員になれるように頑張りたい」と意気込みを語った。下地市長は「今回は一生懸命頑張ってきてほしい」と期待を寄せた。
[全文記事]

害虫ツマジロクサヨトウの被害拡大防止へ対策会議

2019/08/08 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21679-1.jpg
対策会議には約100人の農業関係者らが参加し、今後の対応などを確認した=6日、那覇第2地方合同庁舎

【那覇支局】トウモロコシやサトウキビなどに食害をもたらす害虫「ツマジロクサヨトウ」=写真下(右幼虫、左成虫)=が7月に恩納村、多良間村の県内2カ所で発見されたことを受け6日、那覇第2地方合同庁舎で対策会議が開かれた。農林水産省消費・安全局植物防疫課の古畑徹防疫対策室長をはじめとする担当者から、ツマジロクサヨトウの基本情報や調査結果の概要、今後の対応、支援策について説明があり、県内の農業、畜産従事者ら約100人はメモを取りながら熱心に聞き入っていた。
[全文記事]

きょう立秋、暦の上でもう秋、宮古は暑さ続く

2019/08/08 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21680-1.jpg
きょうは立秋。南国・宮古島ではまだまだ暑い日が続き、ハイビスカスなど南国の花が咲き誇っている=カママ嶺公園

 〇・・・きょう8月8日は二十四節気の一つで「立秋」。暦の上では秋となり、時折涼風が吹く季節になる。「暑中見舞い」と書いていた葉書もきょうから「残暑見舞い」となる。
[全文記事]

キャセイパシフィック航空、訓練の下地島空港最適

2019/08/08 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21681-1.jpg
(左から)下地敏彦市長、マーク・ホエイゼネラルマネージャー、上原正司下地空港事務所長=下地島空港

 香港を代表するキャセイパシフィック航空(本社・香港)は7日、下地島空港でボーイング777―300型機(トリプルセブン)によるパイロット訓練の開始を予定していたが台風の接近に伴い延期し、後日行うことを発表した。同航空が日本国内において機体を使用した訓練を行うのは初となる。
[全文記事]

西中共同製糖場再現検討委員会に市長に要請

2019/08/08 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21682-1.jpg
下地市長に要請書を手渡す久貝共同代表(左)ら=6日、市役所平良庁舎

 西中共同製糖場再現検討委員会(久貝英世・平川昭子共同代表)が6日午後、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、「旧西中共同製糖場の再現・活用による地域活性化」について要請した。これを受け、下地市長は「要請の趣旨は分かった。市役所がどこまでできるのか、みなさんがどこまでやるのか。一つ勉強させてほしい」と述べた。
[全文記事]

下地中生徒ら台湾へ出発「積極的に交流深める」

2019/08/08 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21683-1.jpg
台湾国際交流への意欲もたっぷりに出発した下地中の生徒ら=宮古空港

 市立下地中学校(濱川成共校長)の2019年度第18回台湾国際交流団(団長・村上健輔教頭)が7日、現地に向けて出発した。宮古空港で出発式が行われ、生徒代表の砂川夢來くん(3年)が「台湾の歴史や習慣に触れ、漢口國民中學との交流を楽しみたい。練習して来た言葉が通じるのか不安もあるが、積極的にコミュニケーションを取って関係を深めていきたい」、洲鎌千綾さん(2年)が「初めての海外・国際交流で楽しみな気持ちと不安があるが、台湾のみなさんと仲良くなれるように積極的に話しかけたい。感謝の気持ちを持って7日間の交流を楽しみたい」とそれぞれ交流への決意を述べた。
[全文記事]

「大きく育って」と施肥

2019/08/07 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21674-1.jpg
松原氏農林水産部長からイヌマキの苗木を受け取る各緑の少年団の代表ら=宮古青少年の家

 第43回全国育樹祭県民育樹行事(宮古地区)(主催・県緑化推進委員会、県、市)が6日午後、宮古青少年の家で行われた。市内の緑の少年団や関係団体の担当者ら約40人が参加し、敷地内に植えられたリュウキュウマツやカンヒザクラなどに施肥をする育樹活動に汗を流した。このうち城辺小緑の少年団の新城寿人くん(5年)は「木が大きく育ってほしいと思って肥料を施した」と感想を話していた。
[全文記事]

きょうからパイロット訓練

2019/08/07 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21675-1.jpg
=写真=

 きょうから下地島空港でパイロット訓練を予定しているキャセイパシフィック航空(本社・香港)のマーク・ホエイ機長らが6日、宮古島市の下地敏彦市長を訪ね、訓練開始の挨拶を行った=写真=。
 マーク氏は同航空運航管理部門のジェネラルマネージャーで、訓練に先立ち空港の状況を確認するために来島したもの。
[全文記事]

飲酒運転根絶呼びかけ

2019/08/07 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21676-1.jpg
協賛事業所を代表し前里代表と新里所長が贈呈=宮古郵便局

 「飲酒運転根絶周知用かもめーる」の協賛事業所による贈呈式が6日、宮古郵便局(崎原秀雄局長)で行われた。協賛37社から贈呈された9350通のかもめーるは宮古島市内の各家庭に暑中見舞いを兼ねて送付され、飲酒運転根絶の啓発を呼びかける。
[全文記事]

追い込み漁法に支援を

2019/08/07 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21677-1.jpg
下地市長に要請を行った儀保組合長(右から2人目)=市平良庁舎

 宮古島漁業協同組合(儀保正司組合長)と伊良部漁業協同組合(伊良波宏紀組合長)、狩俣ツナカキヤー(友利哲雄代表)、佐良浜アギヤー(国吉正雄代表)ら漁業関係者が6日、下地敏彦市長に伝統漁法の支援を要請した。
[全文記事]