記事一覧

「チーム学校」主体性を 児童生徒の指導研修

2021/11/27 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25404-1.jpg
=写真=

 2021年度生徒指導(児童会・生徒会)担当者研修会(主催・県宮古教育事務所)が25日、県宮古合同庁舎で開かれた。宮古地区小中学校の児童生徒会担当教諭らが出席し、魅力ある学校づくり、自主性を高める指導などを協議した。
[全文記事]

宮古島観光感謝祭を開催島外旅行会社へ観光素材をPR

2021/11/26 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25395-1.jpg
大画面でのプレゼンテーションや商談会が行われた観光感謝祭=ホテルアトールエメラルド宮古島

 第23回沖縄宮古島観光感謝祭(主催・市、共催・宮古島観光協会)が25日、平良下里のホテルで開催された。これまでは東京や大阪などで行われていたが、旅行社への感謝とともに宮古島の観光素材を実際に見て商品づくりに役立ててもらおうと今回初めて地元で開催した。商談会には市内の観光事業者が参加し、旅行社に観光メニューや施設、商品などをピーアールした。きょう26日はルーフトップバスによる島内視察が行われる。
[全文記事]

辺野古工事承認申請、県が不承認を発表

2021/11/26 09時04分配信 - 未分類 -

ファイル 25396-1.jpg
国の辺野古工事設計変更承認申請について「不承認」と発表する玉城知事=25日、県庁

【那覇支局】玉城デニー知事は25日夕に県庁で会見し、米軍普天間飛行場代替施設の移設工事海域で軟弱地盤が見つかったため、国が県に求めていた埋立地の用途・設計変更の承認申請について、不承認にすると発表した。「国の承認申請は、公有水面埋立法に適合しない。環境保全や災害防止について配慮がなく、埋め立ての必要性についても合理性がない」と指摘。国は移設工事を止めるべきと訴えた。
[全文記事]

下地優花さん(上野中3年)ら「善行児童・生徒」で県表彰を受賞

2021/11/26 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25397-1.jpg
笑顔で記念撮影に応じる下地さん(前列左2人目)と友利さん(同3人目)ら=県宮古合同庁舎5階宮古教育事務所研修室

 県退職校長会の2021年度「第23回善行児童・生徒」で県表彰を受賞した下地優花さん(上野中3年)と友利心温さん(下地中3年生)の宮古地区表彰式が25日、宮古教育事務所で開かれた。宮古地区退職校長寿会の上里雅章会長と宮城克典宮古教育事務所長らも出席。下地さん、友利さんと保護者らを祝福し今後の活躍へ期待を述べた。下地さんと友利さんは受賞の喜び、周囲への感謝、今後の抱負などを笑顔で語った。
[全文記事]

ブラックフライデー、大型商戦に店舗期待高まる

2021/11/26 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25398-1.jpg
店内でセールを告知するブラックフライデー向けのPOP=マックスバリュ宮古南店

 26日は米国由来のセール「ブラックフライデー」で市内の商業施設が活気づいている。ここ数年、日本でも定着してきたこともありスーパー、雑貨、服飾販売店などでは「50%オフ」や「ポイント10倍」などお得さを押し出すポスターや掲示物が目立つ。コロナ禍による緊急事態宣言の解除後初とも言える大型商戦。販売店は25日、本格的な消費回復や年末に向けた需要喚起に期待を寄せた。
[全文記事]

22年産葉たばこ始まる、豊作の願い込め播種式

2021/11/26 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25399-1.jpg
22年産の播種を行う上野葉たばこ生産振興会の生産農家=上野字野原、JA上野支店育苗ハウス

 上野葉たばこ生産振興会(太田彰会長)は25日、上野字野原のJAおきなわ上野支店育苗ハウスで2022年産葉たばこの播種式を行った。生産農家20件が順調な生育と豊作に願いを込めて種を播き、今期の生産を開始した。今後、各地区でも播種が行われる。発芽した苗は年内には各農家に配付され、中間育苗を経て来年1月中旬頃には本畑に植え付けられる。
[全文記事]

狩俣自治会が表彰 全国過疎地域連盟会長賞

2021/11/25 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25390-1.jpg
表彰を受けた狩俣自治会の國仲会長(左)と賞状を渡す謝花副知事(中)=24日、県庁

 【那覇支局】創意工夫で過疎地域の課題の解決に取り組んでいるとして、2021年度過疎地域持続的発展優良事例表彰(主催・総務省及び全国過疎地域連盟)で全国過疎地域連盟会長賞を受賞した狩俣自治会(國仲義隆会長)の代理表彰式が24日、県庁で行われた。受賞は県内団体としては12年ぶりの快挙となった。
[全文記事]

「税を考える週間」で集い 児童生徒17人表彰

2021/11/25 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 25391-1.jpg
中学生9人、小学生8人を表彰した=未来創造センター多目的ホール

 税の意義や役割を考え、税に対する理解を深める「税を考える週間」の一環として、2021年度税を考えるつどい(主催・税を考える宮古島連絡会)が24日、未来創造センターで開かれた。21年のテーマは「くらしを支える税」。消費税完納・キャッシュレス納付推進宣言を採択したほか、沖縄国税事務所の松田昌次長が講演を行った。中学生の「税についての作文」で9人、小学生の税に関する絵はがき・標語コンクールで計8人を表彰した。
[全文記事]

緑と花いっぱいの街に グリーン部会、苗を提供

2021/11/25 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25392-1.jpg
苗を持ち上げ撮影に応じる平良部会長(左)と部会員たち=平良東仲宗根添

 宮古島市民運動実践協議会グリーン部会(平良耕次郎部会長)は24日、平良部会長の宅庭で公園・道路里親認定団体など16団体に花木の苗を無料配布した。所狭しと用意された百日草や小菊など多くの苗を、待ち望んでいた会員らが次々と受け取った。
[全文記事]

ワーケーションを地域課題解決に意見交換

2021/11/25 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25393-1.jpg
ワークショップで意見交換する参加者たち=宮古島ICT交流センター

 「ワーケーションウィーク沖縄」にちなみ宮古島市(座喜味一幸市長)は24日、市内でワーケーションを実施している富士通Japanの社員と地元団体や事業者、市職員によるワークショップを行った。同社ではワーケーションで滞在する社員の技能を地域に役立てたいと考えており、参加者は地域の課題解決や経済的な価値の創造などについて意見を交わした。
[全文記事]