記事一覧

下地柳盛さんが口腔外科認定医、地域の医療充実に

2017/05/13 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 17034-1.jpg
口腔外科認定医に認定された下地柳盛さん (右から2人目) =羽地歯科口腔外科医院

 羽地歯科口腔外科医院副院長の下地柳盛さん (30) がこのほど、 日本口腔外科学会から口腔外科認定医に認定された。 口腔外科に関する経験や学術的な実績等によって認定され、 県内でも認定者は数人のみ、 琉球大学以外で宮古での認定も初めてだという。
[全文記事]

たらま花保存会、紅色より鮮やかに染料「紅餅」づくり

2017/04/15 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16858-1.jpg
発酵させたタラマバナの花弁を加工する豊見山さん (中央) たち=多良間村字塩川

【多良間】多良間村でタラマバナ (紅花) の収穫が本格化する中、 染料 「紅餅」の加工も始まっている。 摘み取った花弁を杵でついて団子状にするが、 鮮やかな紅色を出すため様々な工程があり、 根気と熟練の技術が求められる。 できた紅餅は 「たらま紅紬」など織物を染めるのに使われている。
[全文記事]

刺激与えて脳活性化

2017/04/06 09時05分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16801-1.jpg
お手玉を 「取り」 「渡す」 動作を行うエクササイズに取り組む受講者=3日、 スポーツアカデミー宮古島

 スポーツアカデミー宮古島 (石垣真由美所長) は3日、 脳活性化プログラム・シナプソロジー普及員養成講座を行った。 手軽にできるエクササイズを通して脳に刺激を与えて認知機能や判断力、 感覚などの向上を目指すもの。 高齢者の健康教室などでも行っており、 同所では普及に向けて取り組んでいる。
[全文記事]

100歳まで健康な脳を、認知症予防の教室修了

2017/03/31 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16764-1.jpg
脳の健康教室を修了した第7期生たち=29日、 にこにこサービス

 介護事業所のにこにこサービス (赤嶺節子代表) が認知症予防のため開催している 「脳の健康教室」 の修了式が29日、 平良東仲宗根の同所で行われた。 昨年10月から3月まで受講した第7期生7人に修了証書を贈られた。 同教室では簡単な計算や音読、 受講生同士のコミュニケーションなどで脳を活性化させることを目的に行われている。
[全文記事]

発症前に歯科治療を、認知症と口腔ケアで研修会

2017/02/18 21時06分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16522-1.jpg
認知症患者の口腔ケアの重要性などについて講話する平良院長=17日、 県宮古合同庁舎講堂

 県認知症疾患医療センターうむやすみゃあす・ん診療所の認知症研修会が17日、 県宮古合同庁舎で行われた。 KAZUデンタルクリニックの平良和枝院長が認知症と歯科の関わりや現状、 高齢者の口腔ケアの重要性などについて解説。 大勢の介護関係者らが参加して講話に耳を傾けた。
[全文記事]

きょう雨水、カエンボク咲く

2017/02/18 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16511-1.jpg
くもり空の下で色鮮やかなカエンボクの花が咲き始めた=市総合体育館

 18日は24節気の一つ 「雨水 (うすい)」。 暦の上では草木が芽生える頃とされ、 農耕の準備を始める目安とされている。 空から降る雪が雨に変わり、 氷が溶けて水になるとの意。 寒さのピークともされ、 春一番が吹く時期とされる。
[全文記事]

乳がん検診受けよう」早期発見の重要性説明

2017/02/03 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16416-1.jpg
玉城研太郎さん

 那覇西クリニックの医師玉城研太郎さんを講師に招いた 「研太郎先生の乳がん (おっぱい) 勉強会」 が2日、 下地保健福祉センターで行われた。 多くの市民が参加し、 玉城さんから県内の乳がんの状況などについて説明を受けるとともに、 早期発見が重要との認識を深めた。
[全文記事]

県母子推進会長賞受賞を報告

2017/01/26 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16369-1.jpg
下地市長に笑顔で報告する宮城さん (左から3人目) ら5人の受賞者たち=市役所平良庁舎

 今月19日に宜野湾市で開催された第50回沖縄県母子保健大会で会長賞表彰された母子保健推進員の宮城好子さんら5人が25日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬し、 受賞を報告、 「今後も地域の親子、 住民のため活動に取り組みたい」 と述べた。
[全文記事]

心の健康サプリ講座で「節酒」勧める

2016/12/20 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16163-1.jpg
=写真=

 宮古島市障がい福祉課の心のサプリ講座 「断酒でも禁酒でもない!節酒で変る宮古の未来」 が18日、 市中央公民館で開催された=写真=。 宮古島市出身で久里浜医療センター教育情報部長の真栄里仁医師が飲酒のメリットとデメリットについて解説し、 健康を損なわないため飲酒量をコントロールする 「節酒」 を勧めた。
[全文記事]

精神保健へ理解求める、宮古病院でハートフェア

2016/11/11 09時06分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 15928-1.jpg
多くの地域住民らが訪れ、 デイケア利用者らが制作した作品を購入していた=宮古病院

 県立宮古病院 (上原哲夫院長) の第13回ハートフェア (奥平史仁実行委員長) が10日、 同所正面玄関前、 デイナイト室などで行われた。 同院精神科デイ・ナイトケア利用者らが作業療法の一環で作成した手工芸品や木工芸品などが展示紹介・販売されたほか、 そば、 サーターアンダギー等の軽食販売、 アトラクションなどが実施され、 大勢の人出で賑わっていた。
[全文記事]

ページ移動