記事一覧

多彩な演舞で魅了 婦人の演芸会、19学区華やかに

2019/06/04 09時00分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21387-1.jpg
地区婦人連合会役員による 「トウガニあやぐ」 で幕を開けた=2日、 マティダ市民劇場

 宮古島市 (地区) 婦人連合会 (島尻清子会長) 主催の 「第53回婦人の演芸会」 が2日、 マティダ市民劇場で行われた。 「人と人・心と心をつなぐ地域婦人」 をテーマに19学区の地域婦人会、 各舞踊研究所・教室などから約200人が出演し、 多彩なプログラムで訪れた市民たちを楽しませた。
[全文記事]

西原の祭祀展示「カギナナムイ」長崎健一さんの写真展

2019/06/02 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21380-1.jpg
写真に見入る人たち=西原地区公民館

 宮古島市平良西原出身の写真家・長崎健一さん (37) =那覇市在=が写真集 「カギナナムイ」 の発売を記念した作品展 「カギナナムイ」 西原の祭祀写真展が、 1日から西原地区公民館ホールで開かれ、 多くの地域住民が訪れ、 熱心に見入っていた。 中には、 他地域に嫁に行って、 時々里帰りする―という女性も訪れ、 懐かしそうな表情で作品を観賞していた。
[全文記事]

劇団パレイド宮古公演「ワンヌイミ」洲鎌さん、仲田さん来場呼びかけ

2019/05/15 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21296-1.jpg
長濱副市長 (右) を訪ねて公演をPRした洲鎌さん(中央)、 仲田さん=市役所平良庁舎

 25日午後2時からマティダ市民劇場で行われる劇団パレイド沖縄公演in宮古島 「大切なもの~ワンヌイミ」 (主催・T-ra creation project) に出演する宮古出身の俳優・洲鎌敏光さん (25、 伊良部長濱出身) とモデルでタレントの仲田克也さん (25、 平良西里出身) が13日、 市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね公演をPRした。 同公演のチケットは一般1800円、 高校生以下1000円。 14日午後7時からは、 平良西里の郷土料理居酒屋 「壱番座」 前で洌鎌さん、 仲田さんがチケットの手売りを実施した。
[全文記事]

宮古の織物展、手わざ品2000点が展示・販売

2019/05/04 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21248-1.jpg
第5回宮古の織物展が始まり、 訪れた市民らが宮古の手わざの展示・体験を楽しんだ=市伝統工芸センター

 第5回宮古の織物展 「すだ~すぬぬと島の工芸市」 (主催・同実行委員会)が3日から、 市伝統工芸センターで始まった。 6日までの4日間、 宮古上布をはじめとする島の自然素材を活用した手わざの品2000点以上が展示・販売されている。この中で、実行委員長の神里佐千子さん (宮古織物事業協同組合専務) は 「宮古の手わざをみなさんに知っていただきたい」 と多数の来場を呼びかけていた。
[全文記事]

方言大会など事業承認 市文化協会が総会

2019/04/30 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21231-1.jpg
事業計画案、 予算案など審議した市文化協会総会総会=27日、 市中央公民館

 昨年一般社団法人となり、 新たなスタートを切った宮古島市文化協会 (大城裕子会長) の2019年度 (第2回) 定時社員総会が27日午後6時から市中央公民館研修室で開かれた。 19年度事業計画案や予算案など審議し、 全会一致で承認した。
[全文記事]

宮古上布、松堂さんら講習終了、伝統伎の伝承に意欲

2019/04/25 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21212-1.jpg
伝統技伝承に意欲見せる松堂さん (中央) と新里代表 (左隣) に講師の下地さん (後列左から二人目) =市城辺庁舎

 宮古上布保持団体 (新里玲子代表) の事業である伝承者養成講習の2018年度閉校式及び同19年度開校式が市城辺庁舎で行われ、 図案・手括りで松堂由樹さん、 洗濯・砧打ちで根間亮次さんが講習を終了。 新たに19年度は4部門で7人が伝統工芸の技習得に臨む。
 講習の終了にあたって新里代表から修了証を受けた松堂さんは、 挨拶で時折涙ぐむなど伝統工芸の技習得の厳しさをにじませながらも 「7年間の間には何度かくじけそうになったが、 周囲に支えられ現在は続けてよかったとの思いです」 と喜びを語っていた。 根間さんは都合で出席できなかった。
[全文記事]

亀川貴敏さんが優勝 第5回とうがにあやぐ大会

2019/04/23 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21200-1.jpg
総勢39人の予選を突破し、 決勝で練習の成果を堂々と披露する愛好者

 第5回とうがにあやぐ大会 (主催・沖縄宮古民謡協会、 宮古民謡協会、 宮古民謡保存協会) が21日午後、 JAおきなわ宮古地区本部ホールで行われた。 12歳から74歳までの愛好者39人が参加した予選を突破した計20人が宮古を代表する民謡 「とうがにあやぐ」 で自慢の歌声と三線演奏を披露。 厳正な審査の結果、 亀川貴敏さん (多良間村出身) が優勝した。 会場には多くの人が詰めかけ、 思いを込めて歌い上げる出場者に大きな拍手を送っていた。
[全文記事]

下地暁さんが新作リリース、宮古島への拘り表現

2019/04/14 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21163-1.jpg
ニューアルバムで宮古島への拘りを表現した下地暁さん=先月28日、 市内サテライト

 様々な音楽活動を通じて宮古を発信し続けているミュージシャンの下地暁さんが、 ニューアルバム 「Fromu Myahk」 を先月28日にリリースした。
[全文記事]

郷里の絆いつまでも、郷友連合藝能祭り開催

2019/04/10 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21143-1.jpg
華々しく第31回藝能まつりの幕開けを飾った 「とうがにあやぐ」 =7日、 てだこ大ホール

【那覇支局】沖縄宮古郷友連合会 (福里栄記会長) 主催の第31回藝能まつりが7日、 浦添市のてだこホールで開催された。 県内各地で研鑽を重ねる郷友たちが多彩な舞台芸能を披露し、 駆け付けた約1000人の郷友らがふるさとに思いを馳せながら華やかな踊りなどを楽しんだ。
[全文記事]

市総合博物館、2018年度入館者1万5000人

2019/04/07 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21131-1.jpg
米軍空中撮影写真展には小学校児童らも訪れた=昨年5月25日、市総合博物館

 宮古島市総合博物館はこのほど、 2018年度入館者数をまとめた。 それによると1万5225人となり、 昨年度1万6671人に比べ1446人減った。 1989年度の開館以降の累積入館者数は39万7957人。 自主事業の企画展などは博物館ミニ展示 「昔のおもちゃ展」、 慰霊の日・平和展 「米軍空中撮影写真からみる戦中の宮古」、 「総合博物館 『もの』 がたり│近代の収蔵資料調査による新発見と価値の再検証│」 などが行われた。 各企画展には地元住民や観光客が訪れるなど好評を得た。
[全文記事]

ページ移動