記事一覧

市議会6月定例会閉会 18年度補正予算など可決

2018/06/27 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19547-1.jpg
市当局から上程された議案や市民からの陳情などについて審議、 採決された=市役所平良庁舎

 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の6月定例会は26日、 最終本会議が行われ、 市当局から上程された2018年度一般会計補正予算案など議案や陳情を審議した。 伊良部南地区の断水について各商業施設への損害賠償への陳情について国仲昌二氏が 「今の段階で不採択とするのは早計」 と述べ採択すべきとし、 新里匠氏は 「条例で市は責めを負わないと明記されているため不採択とすべき」 と主張した。 挙手による採決が行われ賛成少数で不採択となった。
[全文記事]

地区個人住民税徴収対策会議で目標97・8%設定

2018/06/27 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19543-1.jpg
総会で17年度事業報告や18年度事業計画などについて審議する会員たち=県宮古合同庁舎

 宮古地区個人住民税徴収対策協議会 (会長=長濱政治宮古島市副市長) の2018年度定期総会が26日、 県宮古合同庁舎で行われた。 17年度の宮古地区個人住民税収入額は30億559万6000円で収入率は97・7%となり、 18年度の収入目標を30億7434万6000円97・8%とした。 市の同税普通徴収の納付期限が7月2日であることから、 同協議会は期限内の納付を呼びかけている。
[全文記事]

禁固刑以上は免職、市職員有罪に”非常に残念”

2018/06/26 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19540-1.jpg
市政全般について論戦を交わした市議会一般質問最終日=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) が行った不法投棄ゴミ撤去事業で市職員が虚偽有印公文書作成・同行使の罪で有罪判決を受けたことについて下地市長は 「非常に残念」 との見解をあらためて示し、 この職員の処分についても 「刑が確定すれば自動的に身分を失う」 と説明した。 開会中の市議会6月定例会一般質問で国仲昌二氏の質問に答えたもの。 また、 同事業の契約の認識についても住民訴訟前後で市の主張が変わっていると指摘した。 定例会は26日、 閉会する。
[全文記事]

農地無断転用で原状回復求め指導が適切

2018/06/26 09時06分配信 - 政治・行政 -

 開会中の市議会定例会一般質問で友利光徳氏が平良松原で農地の無断 (違反) 転用が疑われていることについて対応などを質問した。 これに宮古島市農業委員会の芳山辰巳会長は用地の無断転用にあたるとの見解を示し 「原状回復するよう連携し調査などを行い指導していくことが適切と考えている」 と述べた。
[全文記事]

バイオエタノール製造施設 新たな活用方法を検討

2018/06/22 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19518-1.jpg
バイオエタノール事業や市長の政治姿勢などについて論戦が交わされた=市役所平庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は2012年度より環境省から製造施設を無償譲渡で受け、 E3燃料を主軸とした事業化を目指しスタートし17年度で終了した 「バイオエタノール事業」 について指定管理している日本アルコール産業に19年度まで継続して管理委託し、 「新たな利活用などを検討していく」 との見解を示した。 21日の一般質問で濱元雅浩氏に答えた。 一方、 海岸管理条例の制定に向けては今年3月から進ちょくが無いことも分った。
[全文記事]

下地島空港、県が香港や台湾などで誘致活動実施

2018/06/22 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19517-1.jpg
一般質問の初日に登壇し、 下地島空港活用事業などについて質問した座喜味一幸氏=県議会議場

【那覇支局】開会中の沖縄県議会 (新里米吉議長) 6月定例会は21日、 一般質問が始まった。 宮古島市区選出の座喜味一幸氏の質問を受け、 上原国定土木建築部長は下地島空港の旅客ターミナル計画について 「2019年3月の開業に向け三菱地所による整備が進められている。 現在、 県と三菱地所で国内線は成田や関西等、 国際線は香港や台湾等からの定期便就航を目指し関係航空会社に誘致活動を行っている」 と説明。 空港及び周辺用地の第2利活用期事業について、 「候補事業提案者との実施条件協議を利子1月から開始しており、 年度内の基本合意書締結を目指して条件協議を進めている」 と述べた。
[全文記事]

宮古島市総合庁舎、用地取得遅れ

2018/06/21 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19511-1.jpg
市政全般について4人が市当局の考えをただした一般質問=市役所平良庁舎本会議場

 宮古島市 (下地敏彦市長) が2018年度で本格着手する総合庁舎整備事業が、 用地取得の手続きの関係でスケジュールが3~5カ月の遅れとなることが20日、 明らかになった。 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の6月定例会一般質問で市当局が説明した。 整備が予定されている平良下里の市消防本部北側一帯の敷地面積は3万7197平方㍍で、 9割が国有地となっているが、 当初で予定していた取得に向けた国有財産沖縄地方審議会が6月から10月以降となったことが主な理由で、 同市は早期の開催を求めとしている。 山里雅彦、 粟国恒弘両氏への答弁。
[全文記事]

多良間村議会が開会、一般質問

2018/06/21 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19509-1.jpg
開会した6月定例議会一般質問で答弁する伊良皆村長=多良間村議場

【多良間】多良間村議会 (森山実夫議長) 6月定例会が20日、 同村議場で開会し、 初日は一般質問が行われた。 製糖工場新築工事の遅れに伴い製造設備メーカーが村に追加費用を請求している問題で、 発注者である村が管理を怠ったことが原因と指摘されたが、 伊良皆光夫村長は不十分ではなかったとの認識を示した。 同工事の完了は11月末を予定している。 また、 伊良皆村長は職員採用試験を2019年度から実施すると答弁した。
[全文記事]

市肉用牛センター、2020年度供用開始目指す

2018/06/20 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19503-1.jpg
利活用に向けて改装が予定されている市肉用牛センター=城辺長間 (比嘉ロードパーク西側)

 宮古島市は城辺長間地区の県道北海岸線沿いに旧城辺町が1987年に整備したものの遊休化している市肉用牛センターの利活用について、 2018年度事業で改装し20年度に供用開始を目指している。 19日に行われた一般質問で我如古三雄氏の質問に市農林水産部の松原清光部長が答えた。
[全文記事]

伊良部断水の最大要因は機器損傷

2018/06/20 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19500-1.jpg
一般質問で市政全般について論戦が交わされた=市役所平良庁舎の本会議場

 開会中の市議会6月定例会は19日、 一般質問が行われたが、 多くの議員が伊良部南地区で発生した断水について原因などを質問。 市上下水道部の大嶺弘明部長は 「原因は複合的ながらも最大の要因は第3配水池のボールタップに一部損傷があり正常に作動していなかったことが考えられる」 と説明。 一方、 発生3日前からの水使用量については 「特に変わりのない配水量だった」 と答えた。 我如古三雄氏の質問に答えたもの。
[全文記事]

ページ移動