記事一覧

秋風に”鷹柱”舞う、サシバ大群飛来

2018/10/11 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20203-1.jpg
空中で渦を巻くように飛び 「鷹柱」 を作るサシバの群れ=下地島

 10日、 伊良部島や下地島の上空で渡り鳥サシバの大きな群れが確認された。 北東からのやや強い風を受けて飛来し、 空中で渦を巻くように集まって飛ぶ 「鷹柱」 を何度も作っていた。 この日がこれまでで最も大きな群れとなったようだ。
[全文記事]

高圧ガス防災訓練実施、県など

2018/10/11 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20199-1.jpg
高圧ガス配送車両の緊急措置訓練を行う参加者=宮古島市消防本部構内

 高圧ガス保安推進月間にちなんだ2018年度宮古地区高圧ガス防災訓練 (主催・県、 県高圧ガス保安協会) が10日、 宮古島市消防本部構内で行われた。 同地区内の高圧ガス関係事業所や県、 消防などの職員らが参加し、 高圧ガスの燃焼、 爆発特性実験や緊急措置訓練などを通して防災意識を高めるとともに、 関係機関と協力して保安体制を強化する決意を新たにした。 訓練前には酸素・アセチレン消費事業所対象の講習会が県宮古合同庁舎で行われた。
[全文記事]

県産業安全衛生大会で友利寛忠さん大臣表彰

2018/10/11 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20198-1.jpg
厚生労働大臣表彰を受けた友利さん (前列中) と沖縄労働局長表彰の上地代表 (同右)、 宮城さん (同左)、 松尾さん (後列右)、 県労働基準協会長表彰の島尻穣さん (同中)、 與那覇さん (同左) =ラグナガーデンホテル

【那覇支局】2018年度県産業安全衛生大会 (主催・県労働基準協会ほか) が10日午後、 宜野湾市のラグナガーデンホテルで行われた。 このほど、 宮古地区から厚生労働大臣表彰 (功績賞) が決まった先嶋建設副社長の友利寛忠さん (県労働基準協会宮古支部長) に表彰状が伝達授与されたほか、 沖縄労働局長表彰で勝建設 (上地健司代表) が奨励賞 (安全確保対策)、 宮城英文さん (日本ボイラ協会沖縄支部講師) が功績賞、 松尾優二さん (宮古地域産業支援センター前コーディネーター) が安全衛生推進賞を受賞。 県労働基準協会長表彰で、 大政建設 (島尻典子代表) が優良賞、 沖縄製糖技術参与の與那覇勝幸さんが功労賞を受けた。
[全文記事]

「美しい花と心育てる」狩俣小で人権の花植付

2018/10/10 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20196-1.jpg
インパチェンスとベゴニアの花を植え付ける児童ら=狩俣小学校体育館

 2018年度 「人権の花運動」 の植え付け式 (主催・宮古島市) が9日、 狩俣小学校体育館で行われた。 34人の児童たちが人権擁護委員らと一緒にプランターに花を植え、 互いに協力しながら花を栽培していくことを誓った。 この運動は子どもが互いに協力しながら花を栽培することで情操をより豊かにし、 命の大切さや相手への思いやりなど基本的人権の尊重の精神を身につけることを目的に実施。 毎年、 市内の小学校の中から実施校を選定して行っている。
[全文記事]

サシバ保護アピール~出発式と飛来調査

2018/10/10 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20195-1.jpg
合同パトロールの参加者=8日、 市伊良部庁舎

 渡り鳥として親しまれているサシバ (ワシタカ科) の飛来数調査が8日、 市役所伊良部庁舎屋上で始まった。 21日まで正午から午後6時まで行われる。 初日は59羽の飛来が確認された。 また、 4時30分から 「2018年度サシバ保護合同パトロール出発式」 が同庁舎玄関前で開催され、 県や市の職員、 宮古野鳥の会、 地域づくり協議会、 伊良部中学校、 伊良部高校が参加し、 保護をアピールした。
[全文記事]

英語リトミック楽しむ~エコチル調査

2018/10/10 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20194-1.jpg
英語の歌で動作をつけて感情表現するのを楽しむ親子連れ=7日、 市働く女性の家

 環境省が実施する 「エコチル調査」 の協力者とスタッフの交流を図るためのレクリエーション 「英語リトミックinハロウィン」 (主催・エコチル調査琉球大学 (沖縄) サブユニットセンター) が7日、 市働く女性の家で行われた。 ハロウィンの仮装をした子どもたちが参加し、 英語の歌やゲームなどを楽しんだ。
[全文記事]

第13回なりやまあやぐまつり 漢那さんが大賞獲得

2018/10/09 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20190-1.jpg
なりやまあやぐ大賞に選ばれた漢那さん (中央) と上位入賞者たち=7日、 友利インギャーマリンガーデン海上特設舞台

 第13回なりやまあやぐまつり (主催・同実行委員会、 友利部落会) が7日、 城辺友利のインギャー特設会場で開催された。 2週連続の台風の影響で実施が危ぶまれたものの、 過去最多となる92人が出場し、 一般の部本選では20人が幻想的な海上舞台で伝統の 「なりやまあやぐ」 を朗々と唄いあげた。 グランプリとなる一般の部のなりやまあやぐ大賞には漢那林さん(41)、 子どもの部の御神山賞には友利涼さん (平一小4年) がそれぞれ選ばれた。
[全文記事]

【なりやまあやぐまつり写真特集】

2018/10/09 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20189-1.jpg
座開きで友利の獅子舞を披露する友利獅子舞保存会=7日、 友利インギャーマリンガーデン海上特設舞台

幻想舞台に歌響く

【なりやまあやぐまつり写真特集】

仮面神パーントゥ登場 泥塗りつけ厄払い

2018/10/09 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20188-1.jpg
泥を塗り厄払いする奇神パーントゥが出現。 集落内に悲鳴や歓声が響いた=島尻購買店付近

 国の重要無形民俗文化財に指定されている 「島尻のパーントゥ」 が8日、 同集落で始まった。 全身泥だらけの奇神パーントゥ3体が集落内を駆けまわりながら住民や建物などに泥をなすりつけて厄を払い、 むこう1年の無病息災を祈願した。 きょう9日も行われる。
[全文記事]

博愛の里上野まつり 地域住民ら交流、協調深める

2018/10/09 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20186-1.jpg
〇×クイズに正解し喜ぶ参加者たち (右) =7日、 上野体育館

 第11回博愛の里上野まつり (主催・博愛の里上野地域づくり協議会) が7日、 上野体育館で開催された。 会場には老若男女問わず多くの地域住民が参加し、 部落対抗リレーやクイチャーなど芸能の舞台を楽しむとともに、 交流を深めた。
[全文記事]

ページ移動