記事一覧

「受け入れ表明のお礼はする」 前宮古市長収賄事件公判

2021/10/06 09時01分配信 - 社会・一般 -

【那覇支局】上野野原の陸上自衛隊駐屯地の土地売却を巡る事件で現金600万円を受け取ったとして収賄罪に問われている前宮古島市長の下地敏彦被告の第2回公判が5日、那覇地裁(小野裕信裁判長)で開かれた。元ゴルフ場社長の下地藤康被告=贈賄罪で有罪判決=と藤康被告の裏金作りに協力したコンサルティング会社の経理職の社員の証人尋問が行われた。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2021/10/04 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日10月3日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

行楽地に賑わい戻る 宣言解除後初の週末

2021/10/03 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25146-1.jpg
外出し休日を楽しむ親子連れ=盛加越公園

 緊急事態宣言が解除されてから初の週末である2日、宮古島市各地の行楽地にはピクニックなどを楽しむ親子連れで賑わいが戻って来た。多くの人が外で遊べることの楽しさを口にしたが、密を避けるなどの行動を継続しているという慎重な声もあった。沖縄県は31日まで飲食店に時短営業を要請するなど独自の規制を導入しており、座喜味一幸市長は1日の会見でマスクの着用などの継続、島外との往来の際はワクチン接種やPCR検査を行うよう求めている。
[全文記事]

狩俣自治会、過疎取り組みで受賞 EV車で無料送迎

2021/10/03 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25147-1.jpg
自治会運用の充電スタンドとEVを前に事業の説明をする國仲会長=狩俣集落センター、平良狩俣

 狩俣自治会(國仲義隆会長)は1日、2021年度過疎地域持続的発展優良事例表彰において、全国過疎地域連盟会長賞を受賞した。過疎地域の持続的発展と風格の醸成を目指した過疎地域の取り組みを推奨するもので、同自治会が幹部の世代交代を機にEV(電気自動車)シェアリング事業や地域の拠点づくり、休園中幼稚園の再開など新たな取り組みを行っていることが評価された。
[全文記事]

下地前市長、無罪を主張 収賄罪を巡り初公判

2021/10/02 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25142-1.jpg
下地敏彦被告

 【那覇支局】上野野原の陸上自衛隊駐屯地の用地売却を巡り便宜を図った見返りに現金600万円を受け取ったとして収賄罪に問われている前宮古島市長の下地敏彦被告(75)の初公判が1日、那覇地裁(小野裕信裁判長)で行われた。下地被告は現金を受け取ったことは認めたが、「政治資金としてもらった。賄賂ではない」と無罪を主張した。
[全文記事]

緊急事態宣言解除で市長呼び掛け「感染予防継続、協力を」

2021/10/01 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25136-1.jpg
市民に向け引き続きの感染防止対策の協力を呼び掛ける座喜味市長=市役所大ホール

 座喜味一幸宮古島市長は30日、1日付けで緊急事態宣言が全面解除となることを受け市役所で会見を開いた。5月23日以降、延長を繰り返し4カ月超の長期間にわたった宣言期間の自粛等の市民の協力に感謝を述べた上で、感染再拡大を防ぐために感染防止対策の継続を呼び掛けた。県の独自対処方針による飲食店の営業時間短縮や酒類提供制限の要請についても協力を求めた。座喜味市長は「一人ひとりの行動が学校や社会生活、経済回復に直結する。気を緩めず徹底し、安心できる日常を取り戻していこう」と語った。
[全文記事]

きょう緊急事態宣言終了、飲食関係者”警戒”も安堵

2021/09/30 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25131-1.jpg
多くの飲食店や宿泊施設が集中する市街地の平良西里及び下里付近=小型無人機で撮影(資料)

 4度にわたり延長され4カ月以上続いた緊急事態宣言は、30日終了する。市内の飲食業や経済団体関係者は解除を歓迎する一方で感染の再拡大を警戒し、県が10月1日から31日まで実施する独自の制限に理解を示した。感染症対策の認証を受けた店舗に午後8時までの酒類提供と午後9時までの営業を許可する制度には、認証を受けていない店舗と1時間しか変わらないことに実効性を疑問視する意見や、制限時間の延長を希望する声が上がった。
[全文記事]

新型コロナ経済団体、宣言解除後の時短継続に理解示す

2021/09/30 09時04分配信 - 社会・一般 -

 宮古島観光協会(吉井良介会長)の平山茂治専務は「宣言解除は大いに歓迎だが手放しに喜べない。感染予防対策をしっかりしないとまた拡大してしまうだろう。県の出しているルールを踏まえた上で、ウィズコロナ時代の生活を送る必要がある」と話した。また、ワクチン接種やPCR検査陰性証明書の活用に期待を寄せたが「やむを得ない事情でワクチンが打てない人に不利益や差別があってはいけない。政府や県はよく考えて仕組みを作ってほしい」と述べた。
[全文記事]

新型コロナ県の感染防止対策認証、宮古島市内320件が申請

2021/09/30 09時03分配信 - 社会・一般 -

 県は緊急事態宣言解除後、10月1日~31日の独自の対策として感染防止対策の認証を受けた飲食店の営業時間を午後9時まで、酒類等の提供を同8時までとしているが、県感染症対策課によると宮古島市内では申請件数320件に対して275店舗(24日現在)が認証されている。県全体で申請件数は増加傾向にあり、独自対策が示されたことからさらに増えると見込まれている。
[全文記事]

パニパニエンタテインメント、来月から旧伊良部中でイベント開催

2021/09/30 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25134-1.jpg
イベント開催に向け清掃された敷地内=旧伊良部中学校

 一般社団法人パニパニエンタテインメント(久貝博義理事長)は「廃校で あそぼう まなぼう!」をテーマに、旧伊良部中学校跡地で「いらぶパニパニパニパニフェスティバル」として10月から毎月イベントを開催する。イベントに先立ち25日、同校敷地内と周辺の清掃活動を行なった。
[全文記事]

ページ移動