記事一覧

宮古島市子連が祭り中止で菓子配布

2020/12/22 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23887-1.jpg
単位子ども会育成会に菓子を配る関係者=20日、下地農村環境改善センター

 宮古島市子ども会育成連絡協議会(奈良俊一郎会長)は20日、下地農村環境改善センターで23団体の各子ども会約700人分のクリスマスプレゼントとしてお菓子と飲み物をプレゼンした。毎年、12月に開催していた市子連祭りが新型コロナウイルス感染症の影響で中止となったため、代わりに実施した。
[全文記事]

年越しそばを自宅で

2020/12/22 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23888-1.jpg
笑顔でそばづくりに挑戦する親子たち=20日、宮古青少年の家野外炊事場

 宮古青少年の家(島尻政俊所長)は20日、野外炊事場で2020年度主催事業「宮古の食文化体験学習」の「親子そばづくり」を開催した。親子で伝統食「宮古そば」づくりに挑戦し、年末の年越しそばを家庭で作れるようにすることが目的。参加親子らは楽しみながら絆を深め合った。
[全文記事]

タクシー乗客に感染防止でマスク着用義務

2020/12/18 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23868-1.jpg
乗車の際はマスク着用を呼びかける下地支部長(右から2人目)ら=県ハイヤー・タクシー協会宮古支部事務所

 県ハイヤー・タクシー協会宮古支部(下地隆之支部長)は17日、加盟14社が新型コロナウイルス感染防止のため乗客にマスク着用を義務付ける内容の運送約款変更を国土交通省に認可されたと発表した。県内では初めて。一部の乗客で未着用が見られ、中には酔客による迷惑行為もあり、乗務員が不安を抱えているため実施した。一律に乗車を断るのではなく、未着用の理由を聞き、マスクを提供するなど段階的に対応する。同支部は「安心安全にタクシーを利用できるようお願いしたい」と理解と協力を求めている。
[全文記事]

Go!5フードラリーWチャンス200人当選

2020/12/17 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23867-1.jpg
Go!5フードラリーWチャンスの抽選を行う新城専務理事=宮古島商工会議所

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)の消費喚起促進事業「Go!5フードラリー」クリスマスWチャンスの抽選会が16日、同会議所で行われ、200人にクリスマスケーキ&チキンセットが当選した。景品引換券の受取は20日午前10時~午後4時、市総合体育館で行われる。
[全文記事]

特殊詐欺気を付けて 年金支給日で啓発活動

2020/12/16 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23858-1.jpg
シーサーみやこ君(右)とともに声掛けを行う田場署長、前川会長=沖縄銀行宮古支店

 宮古島警察署(田場義浩署長)と宮古島地区防犯協会(前川尚誼会長)は年金支給日の15日、沖縄銀行宮古支店で振り込め詐欺等の特殊詐欺被害未然防止に向けた広報啓発活動を実施した。同支店正面入口ではのぼりを掲げ、訪れた客に注意を呼びかけた。この広報活動は今年11月に宮古島市で発生した特殊詐欺後、初となる。
[全文記事]

冬メロン、大玉で高品質

2020/12/16 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23859-1.jpg
下地市長(左から3人目)に宮古島冬メロンをピーアールする下地部会長(同4人目)ら=市役所平良庁舎

 島の駅みやこ出荷者協議会メロン部会(下地伸市部会長)と同店を運営するパラダイスプラン(西里長治社長)は15日、今月から宮古島産冬メロンの出荷販売が始まったことを下地敏彦市長に報告した。今年は秋に大きな台風の被害がなく気候も温暖だったため、大玉で品質の良いメロンができているという。
[全文記事]

車中で映画や音楽鑑賞

2020/12/15 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23853-1.jpg
アニメ映画が上映されたドライブインシアター=12日夜、JTAドーム駐車場

 12、13の両日、JTAドーム宮古島の駐車場で巨大スクリーンを使って車中で映像や音楽を楽しむ屋外イベントが開催された。このイベントはWithコロナ時代の新しい生活様式に対応した宮古島初の試み。12日はドライブインシアター(主催・宮古島商工会議所青年部)、13日はドライブインライブ(主催・ミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル実行委員会)が行われ、会場の広さを生かしたさまざまな演出に観客は興奮している様子だった。
[全文記事]

宮ロック実行委、花火でエール送る

2020/12/15 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23856-1.jpg
市営球場から打ち上げられた花火=13日、カママ嶺公園より

 ミヤコ・アイランド・ロック・フェスティバル実行委員会(野津芳仁実行委員長)は13日、新型コロナウイルス感染症の対応に尽力する医療関係者や宮古島市民にエールを送る目的で打ち上げ花火を開催した。花火は悪疫退散を目的に江戸時代に始まったとされ、同会も新型コロナ終息と1日でも早く日常が戻ることを祈願して行った。観覧による3密を避けるため、打ち上げ場所の告知はされず、サプライズで行われた。
 午後8時半、宮古島市市営球場から打ち上げが始まった。道行く市民らは突然の打ち上げに驚きながらも、久しぶりの花火に歓声を上げていた。

休刊のお知らせ

2020/12/14 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日12月13日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

医療フェーズ5引上げ、宮古病院40病床確保へ

2020/12/10 09時05分配信 - 社会・一般 -

 沖縄県は9日、宮古島市で新たに7人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。全員が宮古島海上保安部の職員で、6日に確認された別の職員の濃厚接触者として検査し、陽性が分かった。6日連続の発生で患者数は21人となった。県は同日、宮古島で入院者数が増えているとして病床確保計画に基づく医療フェーズをこれまでの2番目に高い「フェーズ4」から最も高い「フェーズ5」に引き上げた。県立宮古病院では21床から40床まで病床を確保する予定。宮古島市によると累計は133人となり、指定医療機関の入院は17人、退院115人、死亡1人。同日までの直近1週間当たりの新規感染者数は10万人当たり37・78人。
[全文記事]

ページ移動