記事一覧

風にふわり舞う、トックリキワタの綿毛

2015/04/17 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 12390-1.jpg
青空のもとで、陽射しを受けた白い綿毛が映えていた=平良下里

 4月も半ばを過ぎ、 気温が25度を超す 「夏日」 となる日が多くなってきたこのごろ、 平良下里の県道沿いでは、 トックリキワタ (パンヤ科の落葉高木) の果実がはじけ、 綿毛が顔を出している。 道路沿いの市営馬場団地の駐車場では、 種子を包んだ綿毛が風に吹かれてふわふわと飛ぶ様も見られている。
[全文記事]

「最初で最後の花を」リュウゼツランが開花

2015/03/19 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 12211-1.jpg
長い年月をかけて1度きり花を咲かせるリュウゼツラン=市役所伊良部支所駐車場

 長い年月をかけて1度だけ花を咲かせるリュウゼツランが市役所伊良部支所の駐車場で開花している。 うりずんの暖かで穏やかな青空に鮮やかな黄色い花が映える。
[全文記事]

絶滅危惧ケミズキンバイ 環境クラブが保護乗りだし

2015/02/07 21時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 11973-1.jpg
ケミズキンバイの花

 宮古島環境クラブ (下地邦輝会長) が、 添道サガリバナ群生地で希少種のケミズキンバイ (沖縄県版・絶滅危惧種Ⅱ類) の保護・増殖に乗り出した。 ケミズキンバイは水面に生える多年草。 夏になると小さな白い可憐な花を咲かせる。 群生地内の人工池 (沈砂地) でわずかに生育しているが、 外来種のホテイアオイに生育域を狭められ、 消滅の危機にさらされている。
[全文記事]

宇宙飛行士・若田さんとネット通し質疑応答

2014/11/04 09時02分配信 - 科学・環境 -

ファイル 11390-1.jpg
ネット中継で子どもの質問に応える宇宙飛行士の若田光一さん=2日、 市中央公民館視聴覚室

 JAXA宇宙飛行士の若田光一さんの国際宇宙ステーション (ISS) 長期滞在ミッション報告会 (主催・琉球大学など) が2日、 西原町さわふじ未来ホールを主会場に開催された。 サテライト会場となった宮古島市中央公民館はインターネットで中継が結ばれ、 若田さんのISSでの様々な活動や体験を聴いた他、 子どもたちとの質疑応答が行われた。
[全文記事]

「地球の課題」考えよう…親子ら再生エネルギーなど学ぶ

2014/09/27 21時03分配信 - 科学・環境 -

ファイル 11165-1.jpg
蓄電池を搭載したミニカーを作る親子ら=市中央公民館

 琉球大学が実施している公開講座 「おもちゃ作りを通して学ぶ地球温暖化防止親子講座」 が27日、 同大学宮古島サテライトキャンパスの市中央公民館であり、 親子らが模型風力発電の工作や実験を通して再生可能エネルギーやエネルギー変換などについて学んだ。
[全文記事]

秋の訪れに色づく稲穂

2014/09/27 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 11160-1.jpg
稲穂でテリトリーを構えるショウジョウトンボのオス=先週、 市内平良大浦

 黄金に色づき首を垂れる稲穂に留まる赤いトンボ。 気温30度以上と暑い日の続く宮古島で 「秋らしい」 ひとコマ。 農業基盤整備事業の一環で整備された平良大浦の公園の一角に設けられた水田で、 試験的に栽培しているコメが秋の訪れとともに実っていた。
[全文記事]

市海中公園環境整備専門委、サンゴ再生向け協議

2014/09/05 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 11024-1.jpg
宮古島市海中公園環境整備専門委員会の冒頭、 委員たちに委嘱状が手渡された=市役所平良庁舎

 2014年度第1回宮古島市海中公園環境整備専門委員会 (委員長・土屋誠琉球大学名誉教授) が4日、 市役所平良庁舎で行われた。 委員7人への委嘱状が交付されたほか、 サンゴ移植・オニヒトデ対策等の経過及び本年度計画など3議案を審議、 承認した。 委員長・副委員長選任も行われ、 土屋委員長が留任。 副委員長には村吉順栄市農林水産部長が選任された。
[全文記事]

8月気象、気温平年より高く

2014/09/05 09時01分配信 - 科学・環境 -

 宮古島地方気象台は3日、 2014年8月の気象をまとめた。 同月は高気圧に覆われて晴れた日が多かったが、 気圧の谷や湿った気流の影響で曇りや雨の日もあった。 月平均気温は平年より高く、 月降水量と月間日照時間は平年より少なかった。 下地島空港では2日に日最低気温29・0度を観測し、 同月としては過去最高を更新。 また多良間空港では月降水量53・5㍉と少ない方から1位を更新した。
[全文記事]

旅鳥セイタカシギ、水辺に舞う

2014/08/28 09時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 10974-1.jpg
=写真=

 ピンク色の細長い足で歩く姿から水辺の 「バレリーナ」 「貴婦人」 と呼ばれるセイタカシギが宮古島で羽根を休めていた。 沖縄には9~3月に飛来する旅鳥。 まだまだ暑さの続く中、 エサを探していた=写真=。 毎年のように現れるが個体数は少ないようだ。 環境省から絶滅危惧種Ⅱ類に指定されている。

 世界の広い地域に分布しており、 国内でも繁殖例がある。 全長約37㌢だが足が長いため大きく見える。 英名では 「竹馬」 を意味する。 干潟や水溜まり、 河口などに飛来して主に昆虫や小魚、 エビ、 カニなどを捕えて食べている。

ソーラーカー速度世界新樹立、下地島空港で篠塚さん

2014/08/21 09時07分配信 - 科学・環境 -

ファイル 10932-1.jpg
世界記録91.333km/hの樹立に喜びを見せるチームSHINOZUKAの関係者ら=下地島空港

 パリ~ダカールラリーで日本人初のチャンピオンに輝いた経歴を持つ篠塚建次郎さん (65) が代表を務めるチームSHINОZUKAの 「ソーラーカー世界最速記録」 挑戦が20日、 下地島空港滑走路で行われた。 午後零時過ぎから、 2011年1月にオーストラリアのチームが樹立した世界記録 (88・738km/h) 超えにチャレンジした結果、 見事91・333km/hを記録。 篠塚さんは 「風が強くコントロールが難しかったが記録を出せて安心した」 と喜びを語った。 ギネス記録に申請中で22日にはギネス認定員立ち会いのもと、 さらなる記録更新を目指す。
[全文記事]

ページ移動