記事一覧

県サトウキビ競作会向け上里豊一さん株出で挑戦

2017/02/15 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16492-1.jpg
サトウキビ競作会で全刈調査が行われた上里さんのほ場=平良成川

 2016/17年期沖縄県サトウキビ競作会 (主催・県糖業振興会) の宮古地区全刈調査が14日、 平良成川の上里豊一さんのほ場で行われた。 前年は春植で農林水産大臣賞を獲得した上里さんだが、 今年は株出で沖縄県1位を目指す。 結果は4月20日の 「サトウキビの日」 に発表される。
[全文記事]

多良間村でキビ害虫イネヨトウの交信かく乱防除

2017/02/11 21時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16478-1.jpg
イネヨトウ一斉防除でフェロモンチューブを設置する参加者たち=多良間村

【多良間】多良間村で11日、 サトウキビの害虫イネヨトウの交信かく乱一斉防除が行われた。 生産農家をはじめ宮古製糖多良間工場、 JAおきなわ多良間支店、 多良間村役場が参加し、 イネヨトウの根絶に向けて村内全域のサトウキビほ場や発生源となる周辺の雑草地などにフェロモンチューブを設置した。
[全文記事]

17年度市当初予算 一般会計382億円計上

2017/02/11 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16472-1.jpg
2017年度宮古島市一般会計当初予算案

 宮古島市 (下地敏彦市長) は10日、 2017年度予算案を各部局に最終内示した。 一般会計総額は合併後で過去最高となった前年度当初と比べて0・4%増の382億7200万円となった。 普通交付税の合併算定替の段階的減額2年目となる中、 生活保護扶助など民生費が増加したことに加え、 未来創造センターやリサイクルセンター建設などの大型事業継続、 農林水産や土木、 教育、 公債費などに予算を配分した。 同市の財政標準規模約190億円の2倍となる過去最大規模の予算編成が2年連続となったことに長濱政治副市長は 「 (合併による) 必要な事業を積み上げた結果。 大型工事が続いているが、 しばらくすれば落ち着く」 との見解を示した。
[全文記事]

沖縄公庫フォーラム 所得循環構造が重要と講演

2017/02/09 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16456-1.jpg
公庫フォーラムで山崎氏の講話に聴き入る参加者ら=7日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 2016年度の沖縄公庫フォーラム (主催・沖縄振興開発金融公庫) が7日、 平良下里のホテルで開催され、 取引企業や国、 県、 市などの公共機関や団体などの関係者が出席し、 日本政策投資銀行グループで価値総合研究所の山崎清氏 (執行役員パブリックコンサルティング第4事業部長) の 「沖縄経済環境を踏まえた企業経営」 をテーマにした講演に聴き入った。
[全文記事]

ルックジョブ宮古開催 多様な仕事を中高生が体験

2017/02/09 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16453-1.jpg
「ルックジョブ」の美容師コーナーを見学する生徒たち=市中央公民館

 沖縄県専修学校各種学校協会の適正・適職・職業体験フェスタ 「ルックジョブ宮古」 が8日、 市中央公民館で開催された。 中高生に職業意識を高めてもらおうと、 同協会加盟の専門学校などが多種多様な職業を体験も交えながら紹介。 生徒たちは関心を持った職種のブースを訪れ、 業務内容などの説明を受けた。
[全文記事]

花と食フェス伊志嶺さんのゴーヤが県知事賞を受賞

2017/02/07 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16444-1.jpg
金賞受賞を喜び、 今後の生産活動に意欲を見せる (左2人目から) 伊志嶺さん、 砂川さん=5日、 県立武道館アリーナ棟

 【那覇支局】開催中のおきなわ花と食のフェスティバル2017 (主催・同推進本部) は5日、 那覇市の奥武山公園県立武道館アリーナ棟で花き・野菜・果樹品評会の表彰式が行われた。 宮古島市からは、 ゴーヤー部門で伊志嶺一之さん (60) が金賞 (県知事賞) を受賞。 とうがん部門の砂川博昭さん (54) も金賞 (県農林水産部長賞) に輝いた。
[全文記事]

花と食フェス開幕、野崎・砂川さんら県農林漁業賞

2017/02/04 21時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16436-1.jpg
県農林漁業賞の表彰とふるさと百選の認定を受け、 喜びを見せる (前列左から) 砂川さん、 本村会長、 島尻勝広農林水産部長、 野崎達男さん・幸子さん=奥武山公園

【那覇支局】 「てぃだサンサン 食べたらがんじゅう 沖縄産!」 をキャッチフレーズに4日、 おきなわ花と食のフェスティバル2017 (主催・同推進本部) が那覇市の奥武山公園で開幕した。 5日までの2日間、 「地産地消」 のテーマのもと県産農林水産物や加工食品の展示、 試食・販売コーナー、 おきなわ島ふ~どグランプリ、 レストランバスなどの多彩な催しが行われる。 初日から、 多くの県民や観光客らが会場に詰めかけて賑わいを見せていた。
[全文記事]

各部門の1位表彰、島の駅出荷協が総会

2017/02/03 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16421-1.jpg
年間販売ランキング各部門1位の表彰者たち=1日、 島の駅みやこ

 島の駅みやこ出荷者協議会 (上地登会長) の総会が1日、 平良久貝の同店内で行われ、 2017年度事業計画などを承認した。 同店の16年度売上高は4億7600万円で前年度比19・9%増加、 那覇市に出店する17年度は8億8200万円の売上を目指している。 総会後には16年の年間販売額ランキング各部門の表彰式が行われた。
[全文記事]

平良港をクルーズ拠点に選定 漲水14万㌧級バース

2017/02/01 09時07分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16408-1.jpg
平良港の国際クルーズ拠点選定で会見した下地市長 (右) ら=市役所平良庁舎

 国土交通省港湾局は31日、 「官民連携による国際クルーズ拠点」 を形成する港湾として、 応募のあった沖縄県の平良港、 本部港を含む全国6港湾を選定すると発表した。 同局、 港湾管理者とクルーズ船社は今後、 計画書 (目論見) の内容を踏まえ、 それぞれ必要なハード・ソフト両面の取り組みを進める。 平良港湾管理者の宮古島市 (下地敏彦市長) は、 世界最大のクルーズ客船運航会社カーニバル・コーポレーション&PLCとともに中国発着クルーズ主要拠点寄港地を目指す方針で、 漲水地区に国直轄事業で14万㌧級の専用岸壁、 カーニバル社がターミナルをそれぞれ3年間で整備する。
[全文記事]

鳥フル侵入許さない 全国的発生で緊急消毒を実施

2017/02/01 09時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 16407-1.jpg
全国的な鳥インフルエンザ発生を受けて予防のため消石灰を散布する畜産技術員たち=市内の養鶏場

 国内で高病原性鳥インフルエンザのウイルスが多数確認され、 全国的に発病リスクが高まっていることを受け宮古家畜保健衛生所 (仲村敏所長) は31日、 市内の養鶏場で緊急消毒を行った。 現在のところ沖縄県内でウイルスは確認さていないが、 家畜伝染病予防法に基づき侵入防止に万全を期すため実施。 農林水産省では予防対策として野鳥等の野生動物の家きん舎侵入防止、 十分な消毒などを呼びかけ、 異状を見つけた場合は家保に連絡するよう求めている。
[全文記事]

ページ移動