記事一覧

池間さん砂川さん最高賞、琉球古典芸能コンクール

2018/12/25 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20662-1.jpg
(左から) 新人賞の下地久代さん、 最高賞の砂川さん、 師範の池間美代子さん、 最高賞の池間香苗さん、 優秀賞の下地麻祐梨さん=23日、 玉城流敏風会宮古支部池間美代子琉舞研究所

 琉球古典芸能コンクール舞踊部門で玉城流敏風会宮古支部池間美代子琉舞研究所の池間香苗さんと砂川愛花さんが最高賞、 下地麻祐梨さんが優秀賞、 下地久代さんが新人賞に合格。 また池間香苗さん、 下地麻佑梨さん、 下地久代さんが小波流琉球きからじ結 (髪結) の教師免許を取得。 下地麻佑梨さんは高校2年生で県内最年少だという。 池間美代子さんは玉城流敏風会の師範免許を取得した。
[全文記事]

15~16世紀の生活跡、保里遺跡発掘を市民に説明

2018/12/25 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20658-1.jpg
保里遺跡発掘調査現場を説明する市教委の久貝さん=23日、 平良西仲宗根

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) は23日、 道路拡張工事に伴い発掘調査が行われている平良西仲宗根の保里 (ふさてぃ) 遺跡の現場説明会を行った。 15~16世紀の建物跡をはじめ廃棄土抗からは魚やウミガメ、 動物の骨、 貝殻、 また多種多様な陶磁器や土器など当時の人々の生活の様子がうかがえるものが出土しており、 参加した多くの市民が説明に耳を傾け地域の歴史を学んでいた。
[全文記事]

沖縄空手振興ビジョン説明会実施

2018/12/22 21時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20652-1.jpg
地元の児童生徒たちに空手を指導する豊見城あずささん=久松中体育館

 沖縄空手振興ビジョンロードマップ策定説明会 (主催・県文化観光スポーツ部空手振興課) が22日、 久松中学校体育館で行われた。 多良間村出身で沖縄劉衛流龍鳳会 「あずさ道場」 館主の豊見城あずささんが地元の児童生徒を指導。 空手の基本から実践的な技を後輩たちに教えていた。 今年3月に策定された沖縄空手振興ビジョンに関しては当面取り組む課題としてユネスコ無形文化遺産への登録を目指していることなどが説明された。
[全文記事]

紅型作家の藤﨑新さん、上布に惹かれて移住

2018/12/22 21時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20651-1.jpg
初めて取り組む 「大漁旗」 の下絵と藤﨑さん=平良下里、 WEATHER PERMTTING OKINAWA

 那覇市壺屋出身の紅型作家藤﨑新さん (30)。 「宮古上布に惹かれて」 今年7月に宮古島市に移住して制作に取り組むほか、 公民館講座などで紅型を住民に教えている。 いずれは宮古に工房を構えたいと考えており、 先人から伝えられた沖縄の技法を生かし 「宮古島の海の青」 を表現した新しいものを作りたいと意気込みを見せている。
[全文記事]

来年3月17日にみやこじま青少年国際音楽祭

2018/12/21 09時06分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20641-1.jpg
みやこじま青少年国際音楽祭について発表する実行委員会の下地市長 (中央) ら=市役所平良庁舎

 第5回みやこじま青少年国際音楽祭 (主催・同実行委員会) が来年3月17日にマティダ市民劇場で開催される。 今回は初めての試みとして宮古の民謡に合わせて民話を語る音楽物語 「かぎすま」 をはじめ、 国内外の一流演奏家や宮古・台湾・タイの青少年オーケストラによる演奏などを予定。 また来年7月には宮古島ジュニアオーケストラの第2回ヨーロッパ演奏旅行も行われる。
[全文記事]

城辺新城・アラフ遺跡の市文化財指定を答申

2018/12/21 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20637-1.jpg
宮國教育長に 「アラフ遺跡」 の市文化財指定の答申を行う梶原会長 (右) =市役所城辺庁舎

 宮古島市文化財保護審議会 (梶原健次会長) は20日、 市教育委員会 (宮國博教育長) に城辺新城海岸の史跡 「アラフ遺跡」 について、 市文化財指定の答申を行った。 梶原会長が11月6日付けで諮問のあった同遺跡の審議を行った結果、 「規模や出土品の多さから見て先島先史時代後期を代表する遺跡であり、 貝斧埋納遺構の存在や保存状態が良好であることも踏まえると文化財的価値が優れている。 急ぎ文化財指定し遺跡の保存、 周知を図るべき」 とした。 同委員会は告示後の28日に指定する予定。
[全文記事]

時代を越え歌で元気に、ナツメロ歌謡ショー

2018/12/15 21時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20611-1.jpg
オープニングで 「東京ラプソディ」 を出演者全員で合唱する一心歌の会=14日、 マティダ市民劇場

 一心歌の会 (平良敏彦会長) の第2回ナツメロ歌謡ショーが14日、 マティダ市民劇場で開催された。 会員18人が日々歌い込んできた昭和の歌謡曲などを熱唱した。 会場には大勢の観客が訪れ、 若かりし日に歌い親しんだ懐かしのメロディを楽しんでいた。
[全文記事]

恩師へ届ける感謝の歌声、細川久美子さんしのび

2018/12/12 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20579-1.jpg
細川久美子さん

 神奈川県にある昭和音楽大学で教授を務め、 今年5月に亡くなった細川久美子さんを偲ぶ会が8日、 市内で行われた。 細川さんの教え子たちは宮古島市にも多数おり、 恩師の訃報を受けて、 恩師への感謝の気持ちを歌声で伝えようと企画された。 会場には教え子をはじめ音楽関係者も駆け付け細川さんの冥福を祈った。
[全文記事]

砂川彩華さん(平良中3年)が琉球古典芸能コン新人賞

2018/12/08 21時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20567-1.jpg
琉球古典芸能コンクールで琉球舞踊新人賞を受賞した砂川さん=國吉次子琉舞研究所宮古支部

 第53回琉球古典芸能コンクール (主催・琉球新報社) で砂川彩華さん (平良中3年) が琉球舞踊新人賞を受賞した。 8日に師匠の玉城流國瑞会の國吉次子さんと報告した砂川さんは 「緊張したが稽古の成果を出すことが出来た。 賞状をもらって実感が湧いてきた」 と笑顔。 3年後の優秀賞に向けても 「稽古に頑張っていきたい」 と意欲を見せた。
[全文記事]

宇山さん玉城さん優秀賞、琉球古典芸能コン

2018/12/08 21時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20564-1.jpg
琉球古典芸能コンクールで優秀賞に合格した (左から) 玉城さんと宇山さん、 波平さん=7日、 宮古新報社

 第53回琉球古典芸能コンクール (主催・琉球新報) がこのほど行われ、 琉球古典音楽野村流伝統音楽協会波平重夫研究所の宇山正さん (69) と玉城克也さん (63) が三線で優秀賞に合格した。 同部門には70人が挑戦し、 合格者は39人、 合格率は55・7%だった。
[全文記事]

ページ移動