記事一覧

宮古出身現役音大生4人が初の演奏会開く

2019/03/24 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21067-1.jpg
宮古出身現役音大生の演奏会が開かれた=市中央公民館

 宮古島の高校を卒業し、 現役音大生として日々レベル向上に励んでいる有志4人が23日、 第1回演奏会を開催。 多くの関係者や音楽ファンが訪れ、 見事な演奏に聴き入った。
[全文記事]

新獅子頭に「入魂式」 雄109年、雌99年の役目終え

2019/03/23 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21065-1.jpg
自治会関係者が参加し、 厳かに入魂の儀式を執り行った=松原コミュニテーセンター

 松原自治会 (松原正人会長) は22日、 松原コミュニティーセンターで古い獅子から新しい獅子に御魂を移動するための 「入魂式」 を執り行った。 自治会員ら関係者が集い、 100年に一度行われるかどうかという儀式に厳粛に立ち会った。
[全文記事]

みやこじま青少年国際音楽祭開催

2019/03/19 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21042-1.jpg
国内外で活躍する演奏家が披露したみやこじま青少年国際音楽祭=17日、 マティダ市民劇場

 第5回みやこじま青少年国際音楽祭 (主催・同実行員会) が17日、 マティダ市民劇場で行われた。 「民謡と民話と弦楽器で紡ぐ音楽物語~子どもたちに胸を張れる故郷でありたい」 のテーマのもと、 国内外で活躍するヴァイオリンやチェロ、 ヴィオラなど演奏家らが洗練された音色を披露し、 詰めかけた人たちを楽しませた。
[全文記事]

宮古島でブラス・ジャンボリー、約200人が合奏

2019/03/19 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21045-1.jpg
約200人が合奏したブラス・ジャンボリー=17日、 JTAドーム宮古島

 全国から吹奏楽大好きなメンバーが集まる沖縄初のイベント 「ブラス・ジャンボリー2019」 (主催・同実行委員会) が17日、 JTAドーム宮古島で開催された。 飯森範親氏の指揮で、 子どもから大人まで約200人が菅打楽器でクラシックやジャズ、 ポップスなどを大合奏。 ゲストのエリック・ミヤシロ氏がトランペットの演奏で盛り上げた。
[全文記事]

ウィンドウズジュニアアカデミーが英語発表会

2019/03/17 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21039-1.jpg
英語の歌を元気に合唱する子供たち=ウィンドウズジュニアアカデミー教室

 ウィンドウズジュニアアカデミー教室 (ミルトン・アントリウム代表) は16日、 「第20回ウィンドウズ英語発表会」 と 「修了式」 を同教室で行った。 4歳から6歳までの13人が元気に英語の歌や劇を発表した。 集まった保護者たちは、 我が子の姿を携帯電話やスマートホンに収めようと撮影し、 子供たちの発表に大きな拍手を送った。 発表会ののち、 学童保育を利用していた6歳児6人には修了証書が授与された。
[全文記事]

マティダお笑い劇場、「みゃーくふつ」で笑い届ける

2019/03/12 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21013-1.jpg
マティダお笑い劇場では落語などが披露された=10日、 マティダ市民劇場

 宮古島方言 (みゃーくふつ) で元気な笑いをー。 「第4回マティダお笑い劇場」 (主催・宮古島市教育委員会、 マティダお笑い劇場実行員会) が10日、 マティダ市民劇場で開かれ、 大勢の観客が舞台上で繰り広げられる方言劇や方言漫談、 落語に爆笑し、 楽しいひと時を過ごした。
[全文記事]

劇団四季宮古島公演「マジョリン」楽しむ

2019/03/05 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20978-1.jpg
カーテンコールで観客に答える出演者=マティダ市民劇場

 劇団四季ファミリーミュージカル 「魔法をすてたマジョリン」 宮古島公演 (主催・宮古島商工会議所青年部) が3日、 マティダ市民劇場で開演された。 会場には824人が来場し、 舞台の上で繰り広げられる、 マジョリンの世界を楽しんだ。 約2時間のステージの最後のカーテンコールでは観客から出演者に大きな拍手が送られた。
[全文記事]

宮古島文学賞森田さん、佐鳥さん表彰

2019/03/05 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20979-1.jpg
第2回宮古島文学賞の賞状授与を受けた森田さん (前列中央)、 佐鳥さん (同右から2人目) ら=3日、 ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古島市文化協会 (大城裕子会長) 主催の 「第2回宮古島文学賞授賞式並びに祝賀会」 が3日、 市内のホテルで行われた。 全国からの応募80作品の中、 「みなさん先生」 で一席に輝いた森田たもつさん (59) =宮古島市=、 「紺碧のサンクチュアリ」 で佳作の佐鳥理さん (40) =東京=に賞状と記念品が贈られた。 森田さんは昨年の佳作に次いで一席の受賞。 式には選考委員長の椎名誠さん (作家)、 委員のもりおみずきさん (児童文学者) と大城貞俊さん (作家・詩人) も出席し講評を述べながら今後の執筆活動に期待を込めた。 会場には関係者が参列し2人の受賞を祝福した。
[全文記事]

上布保持団体が1年間の活動成果を報告

2019/03/05 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20981-1.jpg
たねとり用の為に作成した定規を持ちながら説明する図案の講師=3日、 市総合博物館

 2018年度宮古上布保持団体伝承者養成事業成果報告会が3日、 市総合博物館研修室で行われた。 報告会には講師などの関係者が集まり、 図案や織りなどそれぞれの活動報告がされると熱心に耳を傾けた。
[全文記事]

あす劇団四季宮古公演 下地市長を訪問し説明

2019/03/02 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20967-1.jpg
劇団四季の澁谷さん (左から3人目)、 丹下さん (同6人目) =市役所平良庁舎

 3日にマティダ市民劇場で行われる劇団四季ファミリーミュージカル 「魔法をすてたマジョリン」 宮古島公演 (主催・宮古島商工会議所青年部) の出演者らが1日、 市役所平良庁舎を訪れ、 下地敏彦市長に公演を説明した。 ニラミンゴ役の丹下博喜さんは 「僕自身宮古島での公演は4回目。 宮古島に来ることが出来て大変うれしい」 と述べた。
[全文記事]

ページ移動