記事一覧

宮古島市議会、「辺野古移設促進」を可決

2019/06/26 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21482-1.jpg
県知事発言への抗議決議を賛成多数で可決した市議会6月定例会の最終本会議=議場

 宮古島市議会(佐久本洋介議長)6月定例会は25日、最終本会議が行われ、議案15件を可決した。また、「米軍普天間飛行場の辺野古移設を促進する意見書」、「沖縄県知事の尖閣問題発言に対する抗議決議」を賛成多数で可決。内閣総理大臣などに宛てた「米軍CH53大型輸送ヘリコプターからの浦西中学校への部品落下事故に関する意見書」を原案通り可決し、駐日米国大使・在日米軍司令官などに宛てた「同抗議決議」は賛成少数で否決した。
[全文記事]

亀濱氏代表質問、県「離島振興、着実に施策展開」

2019/06/26 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21483-1.jpg
宮古島の陸上自衛隊基地建設などについて質問する亀濱玲子氏=県議会議場

【那覇支局】開会中の沖縄県議会(新里米吉議長)6月定例会は25日、同議場で代表質問を行った。宮古島市区選出の亀濱玲子氏(社民・社大・結)の離島の生活環境および教育・医療・福祉における住民サービスの向上についての質問に対して、宮城力企画部長は「離島振興に係る34の取り組みの評価は順調が27、おおむね順調が3、やや遅いが4となっており、着実に施策展開が図られている。課題は離島の医師数が目標に至っていないこと、公共事業における技術者の確保などが挙げられる」と答弁した。
[全文記事]

新総合博物館今年度に用地選定へ

2019/06/25 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21477-1.jpg
新総合博物館の整備計画などを質問する國仲氏=市議会議場

 開会中の宮古島市議会6月定例会は一般質問最終日の24日、午後から真栄城徳彦、國仲昌二、山里雅彦の3氏が登壇した。新たに建設する市総合博物館の整備計画について、大嶺弘明振興開発プロジェクト局長は「新総合博物館は2017年度に基本構想及び基本計画を策定した。今年度に用地選定員会を設けて建設用地の選定を行う」と説明した。用地選定委員会は、夏中には動き出す見込みだという。國仲氏の質問への答弁。
[全文記事]

九条含め全面改正すべき市長、憲法評価で見解

2019/06/22 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21466-1.jpg
質問する仲里タカ子氏

 開会中の宮古島市議会(佐久本洋介議長)6月定例会一般質問3日目の21日は狩俣政作、仲里タカ子、濱元雅浩、友利光徳、平百合香の5氏が登壇した。仲里氏は下地敏彦市長の政治姿勢の質問で憲法への評価、改正についての考えを聞いた。これに下地市長は憲法制定から70年余が経過し、日本を取り巻く世界情勢の変化などを挙げ、「国民の生命、財産を守る観点からも九条を含めて全面的に改正していくべきだ」との考えを示した。また「九条には自衛隊の設置を正しく位置づけるべき」とも述べた。
[全文記事]

物流センター21年度までに

2019/06/21 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21461-1.jpg
物流センターの早期実現などを質す粟国氏=市議会議場

 開会中の宮古島市議会(佐久本洋介議長)6月定例会は20日、二日目一般質問が行われ、下地勇徳氏、粟国恒広氏、上地廣敏氏、平良和彦氏、高吉幸光氏が、それぞれ市政全般について市当局を質した。その中で粟国恒広氏は、台風などで物流が滞りスーパーが極端な品薄となった昨年の例を挙げ、その解消の手立てとして総合物流センター構想の進捗を質した。これに下地康教建設部長は「平良港にセンター建設を予定しており、今年度に実施設計を行い2021年度までに整備する計画だ」と答弁した。
[全文記事]

高い市税徴収率を維持

2019/06/21 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21462-1.jpg
市税徴収実績を報告する下地市長(右)と宮國総務部長=市長室

 宮古島市の2018年度分市税徴収率は現年度分で98・8%。前年度比で同率となり、滞納繰越分は41・5%で前年度比0・8%増となった。現年度分と滞納繰越分を合わせた徴収率は97・2%で、対前年度比で0・3%増となった。これは、下地敏彦市長、宮國高宣総務部長が20日、午前9時半から会見して発表したもの。下地市長は「『滞納整理の早期着手』や『滞納処分の取組徹底』をしたことが徴収率アップにつながった」と説明した。
[全文記事]

宮古島市議会6月定例会の一般質問始まる

2019/06/20 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21455-1.jpg
上下水道行政などを質問した新里氏=市議会議場

 開会中の宮古島市議会(佐久本洋介議長)6月定例会は19日、一般質問が始まった。観光客の増加でホテルなど宿泊施設の水道水の需要が高まり供給確保が求められている市は2018年度に候補地検討業務を行い、今年度は加治道流域や東添道流域で揚水試験を実施する方針。兼島方昭上下水道部長は「完成目標は2022年で、計画取水量は1日当たり2000㌧を揚水する」と述べ新水源による安定的供給を強調した。新里匠氏への答弁。この日は我如古三雄氏、前里光健氏、島尻誠氏、下地信広氏も登壇し当局の考えを質した。
[全文記事]

部品落下事故へ抗議決議

2019/06/19 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21450-1.jpg
提出議案の説明で登壇した玉城知事(正面)=県議会議場

【那覇支局】沖縄県議会(新里米吉議長)の2019年6月定例会が18日、開会した。会期は7月11日までの24日間で、25、26の両日に代表質問、27、28日と7月1、2日の計4日間に一般質問が行われる。
[全文記事]

市議会懲罰特別委員会、上里氏に3日間出席停止

2019/06/14 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21429-1.jpg
賛成多数で上里氏に「3日間の出席停止」を科すことと決定した市議会6月定例会本会議=市議会議場

 宮古島市議会(佐久本洋介議長)の議員上里樹氏に対する懲罰特別委員会(高吉幸光委員長)は13日、開会した6月定例会で「公開の場での陳謝」とする審査結果を報告したが、上里氏が「今回の懲罰は不当であるため拒否する」と陳謝文の朗読を再三、拒否した。このため再動議により懲罰特別委員会が設置され、委員会の報告を受けた採決の結果、賛成多数で「一定期間の出席停止」が上里氏に科されることが決まった。出席停止の期間は同日から3日間。
[全文記事]

市都市計画審議会が公園区域など原案同意

2019/06/11 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21418-1.jpg
諮問された都市計画案についての答申を長濱副市長に手渡す下地会長(右)=市役所平良庁舎

 宮古島市都市計画審議会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は10日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね、宮古島市諮問第1号で諮問を受けていた宮古都市計画公園の変更(9・6・1号宮古広域公園)について、意見を付帯した上で原案に同意すると答申した。この中で下地会長は、付帯意見について「事業実施にあたっては、沖縄県と宮古島市で連携し、地域住民と十分な意見交換を行い、理解を得られるよう取り組んでいただきたい」と説明した。
[全文記事]

ページ移動