記事一覧

野原部落会の基地被害改善陳情を賛成多数で採択

2017/03/15 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16667-1.jpg
野原部落から出された基地被害等の改善を求める陳情は賛成多数で採択された=市役所平良庁舎

 宮古島市議会総務財政委員会 (嵩原弘委員長) が14日、 市役所平良庁舎で行われ、 議決議案3件、 陳情5件の計8件の審議が行われた。 このうち、 上野の野原部落会が陳情した 「航空自衛隊宮古島分屯基地から発生する基地被害などの改善を求める陳情」 について賛成多数で採択することが決まった。 一方で2017年度一般会計予算と市バイオエタノール製造施設の指定管理については委員から多くの質疑があり、 この日の採決は先延ばしし一般質問終了後に採決することになった。
[全文記事]

CCSで宮古島市がブルーライン整備について報告

2017/03/15 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16665-1.jpg
新年度以降の方針等を確認したサイクリングコネクトセッション=県庁

【那覇支局】県土木建築部道路管理課 (小橋川透課長) は14日、 県庁で第2回サイクリングコネクトセッション (=CCS) を開いた。 昨年10月に発足した宮古島市ブルーライン等整備推進実行委員会 (委員長・長濱政治副市長) についての報告などが行われたほか、 2017年度以降のサイクリングコネクト支援業務 (短期・中長期) 案を確認した。 この中で、 小橋川課長は 「前回は取り組みの確認や意見交換など有意義な会合ができた。 今回はこれまで開かれたイベント等の報告や次年度以降の方針・方策等をまとめていきたい。 忌たんのない意見を頂き、 有意義な会にしたい」 などと呼びかけた。
[全文記事]

宮古島市公共施設等総合管理計画を策定

2017/03/14 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は、 市町村合併に伴って所有する305施設の最適化を図るための 「宮古島市公共施設等総合管理計画」 をこのほど、 策定した。 取り組みの実効性を確保し、 成果や進ちょく状況把握、 市民らとの課題意識を共有するため、 公共建築物については2017年度から20年間で施設保有量 (延べ床面積) を16パーセント縮減することを数値目標として盛り込んだ。
[全文記事]

人口減少の現実受け止め、伊良皆村長施政方針

2017/03/11 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16645-1.jpg
2017年度施政方針演説を行う伊良皆光夫村長=多良間村議場

【多良間】多良間村の伊良皆光夫村長は10日に開会した同村議会 (森山実夫議長) の3月定例会で2017年度施政方針演説を行った。 過疎化の進行に対して安定した雇用、 定住環境の確保、 教育・子育て支援によるUIターン促進などを掲げ、 「悲観するのではなく、 人口減少の現実を受け止めながら、 我々にしかできない村づくりが必要」 と訴え、 次世代に持続可能な地域を残すため村民全体で課題解決に取り組もうと呼びかけた。
[全文記事]

一般会計補正予算などを承認、宮古島市議会

2017/03/11 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16644-1.jpg
2016年度一般会計補正予算案などを審議承認した=市役所平良庁舎

 宮古島市議会 (棚原芳樹議長) 3月定例会は10日、 先議案件について採決を行い、 2016年度一般会計及び特別会計補正予算、 公有水面埋立承認など計12議案を可決した。 一般会計補正額は2億6324万円。 30事業・約26億円を次年度繰越とし、 歳出では新技術実証栽培事業の繰入金などを計上した。
[全文記事]

集落排水事業むけ調査へ、多良間村議会一般質問

2017/03/11 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16643-1.jpg
開会した多良間村議会の一般質問に立つ村議=同村議場

【多良間】多良間村議会 (森山実夫議長) の3月定例会が10日、 同村議場で開会した。 今議会には村当局から2017年度一般会計予算案など23議案が上程される。 会期は17日まで。 初日は一般質問が行われ、 この中で生活雑排水を処理する農業集落排水事業に関して村当局は17年度から調査、 20年度着手を目指して進めていくと答弁した。
[全文記事]

三菱地所、LCC本格交渉へ~下地島空港利活用

2017/03/10 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16638-1.jpg
下地市長 (右) を表敬し下地島空港・周辺用地利活用事業基本合意を報告する三菱地所の谷澤常務 (左から2人目) ら=市役所平良庁舎

 県の下地島空港・周辺用地利活用事業で基本合意書を締結した三菱地所 (東京、 杉山博孝社長) は9日、 宮古島市 (下地敏彦市長) に締結を報告するとともに、 事業概要を説明し、 実現に向けて連携を強化することを確認した。 同社は県条例に基づく許認可手続きを踏まえ、 ことし6月にターミナル施設に着工し、 来年9月までに建築と準備を整え、 10月下旬の開業を目指す方針だ。 並行して国内外のLCC (格安航空会社) との本格的な交渉を進める。 国際線については香港、 台湾などを中心とする意向も明らかにした。 運航は1日当たり小型機を6往復することを想定している。
[全文記事]

県が下地島空港利活用実施計画策定

2017/03/10 09時06分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】県は8日、下地島空港及び周辺用地の利活用実施計画を策定したと公表した。同日、 FSO(玉那覇尚也代表)、三菱地所(杉山博孝社長)と同利活用事業に係る基本合意書を締結したことを踏まえ、 2014年度に策定した基本方針で掲げた利活用の目標像を実現するための個々の事業内容を具現化し、 今後の取り組みを広く公に明らかにすることを目的としたもの。実施計画では、 ▽実施計画策定の趣旨▽計画の性格と役割▽計画に位置づける事業の選定▽民間事業者、 県及び地域機関の役割分担▽利活用の目標像の実現に向けて実施する事業の構成▽事業の実施計画▽事業の成果目標▽事業の実施に向けた取り組み─などについて明記している。
[全文記事]

下地島空港利活用、県が2事業と基本合意

2017/03/09 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16631-1.jpg
基本合意書に締結した(左から)杉山社長、翁長知事、玉那覇代表=県庁

【那覇支局】沖縄県 (翁長雄志知事) は8日、 県庁で下地島空港及び周辺用地の利活用に係る基本合意書締結式を行った。 FSO (北谷町) の玉那覇尚也代表、 三菱地所 (東京都) の杉山博孝社長と基本合意書を締結した翁長知事は 「いずれも成長著しいアジア経済のダイナミズムを取り込むことができるインパクトのある事業で、 宮古圏域のみならず県全域への波及効果が期待できる」 と期待を寄せ、 宮古圏域、 県全体の発展に向けた取り組みに意欲を見せた。
[全文記事]

多良間村17年度一般会計25・5億円

2017/03/09 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16628-1.jpg

【多良間】多良間村 (伊良皆光夫村長) は8日までに2017年度予算案をまとめた。 一般会計は25億5500万円で前年度当初に比べて33億4866万円、 56・4%減少した。 前年度は宮古製糖多良間工場建替え事業の着手で大幅に伸びたものが、 ほぼ平年並の予算規模に戻った。 新規事業は観光関連施設として食事・土産品施設の整備、 水納島の連絡船建造事業などが盛り込まれた。 10日開会の同村議会3月定例会に提案される。
[全文記事]

ページ移動