記事一覧

Rhマイナスの会総会

2019/06/13 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21428-1.jpg
活動の報告や会員を増やしていくことなどを確認したみゃーくRhマイナスの会の定期総会=9日、うむやすみゃーす・ん診療所

 みゃーくRhマイナスの会(竹井太会長)の2019年度定期総会が9日、平良下里のうむやすみゃ~す・ん診療所で行われた。毎月1回開いている定例会の報告や緊急輸血で血液が必要となったときに普段から会員が親睦を深めておくことの重要性が強調。竹井会長はあいさつで、お互いで命を守るためにも会員を増やしてくことの重要性も強調し、会が発足して10年伸び悩んでいる会員を増やしていくことを呼びかけた。
[全文記事]

新卒者の求人確保など取り組み、市労働局ら意見交換

2019/06/12 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21419-1.jpg
雇用対策協定運営協議会の冒頭、あいさつする下里課長(正面)=宮古公共職業安定所

 宮古島市(下地敏彦市長)と厚生労働省沖縄労働局(安達隆文局長)が地域の雇用情勢改善などに取り組む市雇用対策協定運営協議会の2019年度協議会が11日午後、宮古公共職業安定所で行われた。今年度の取組事項・目標設定を協議し、▽新規高校卒業予定者の求人確保=目標50人▽生活保護受給者の支援対象者数の確保=同10人▽生活保護受給者の就職件数=同7人▽55歳以上の高年齢者等の就職件数=同327人▽障害者の就職件数=同68人―と決定。達成に向けて連携して取り組んでいくことを確認した。
[全文記事]

宮古新報社チャリティーゴルフ、収益金を市社協に寄贈

2019/06/12 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21420-1.jpg
チャリティーゴルフ大会の収益金を市社協・饒平名建次会長(右)に贈る宮古新報社の下地明社長=市社協伊良部支所

 去る8日、伊良部下地島のパブリックコース「サシバリンクス伊良部」で宮古新報社主催チャリティーゴルフ大会が開かれ、大会収益金の一部を市社会福祉協議会伊良部支所に寄贈した。11日、贈呈式が同社協伊良部支所がある市伊良部老人福祉センター大広間で行われ、同社から金一封が贈られた。
[全文記事]

うむい宮古島が20年版笑顔カレンダー撮影会

2019/06/12 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21423-1.jpg
9日昼行われた笑顔カレンダー撮影会=TSUTAYA駐車場

 今回で7回目となる「笑顔カレンダー宮古島」撮影会(主催・うむい宮古島)が、9日午後1時からTSUTAYA沖縄宮古島店前で行われた。次々と訪れた人たちがカメラのファインダーの前に立ち笑顔を浮かべて撮影に臨んでいた。
[全文記事]

沖縄本島でみゃーくふつの会結成へ、30日に総会と講演

2019/06/12 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21421-1.jpg
準備委員の(後列左から)下地広信さん、砂川正吉さん、豊島健蔵さん、(前列左から)天久勝義さん、 伊佐照雄さん、垣花譲二さん、下地トミ子さん=11日、浦添市てだこホール市民サロン

【那覇支局】宮古地方独特の言葉である宮古語の保存、継承などを目的とする「みやーくふつの会」結成に向け11日、浦添市てだこホール市民サロンで結成準備委員会が開かれた。準備委員は、下地与那覇出身で浦添市文化協会の文芸部会長を務める垣花譲二さん=浦添市在住=など8人で構成。30日に行われる結成総会を前に設立趣意書や活動計画案などを確認した。
[全文記事]

目指せ全国出場、宮古高後援会が九州派遣生徒に激励金

2019/06/12 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 21422-1.jpg
激励金を贈った仲間会長(前列右端)と九州大会に意欲を見せた生徒たち=宮古高校視聴覚室

 沖縄県高校総合体育大会で入賞するなど活躍した宮古高校(津野良信校長)の生徒たちに10日、同校後援会(仲間龍典会長)から激励金が贈られた。
 激励を受けたのは団体優勝などを決めた男子卓球や陸上、自転車、写真の各部生徒たちで、何れも九州大会出場が決まっている。
 それに向けて同日午後1時過ぎから同校視聴覚室で県大会の結果報告会と激励金贈呈式が行われた。
[全文記事]

ミヤコカナヘビが県天然記念物に指定

2019/06/11 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 21414-1.jpg
11日付けで県の天然記念物に指定されるミヤコカナヘビ(県提供)

【那覇支局】宮古島の固有種でトカゲ類の「ミヤコカナヘビ」が県指定天然記念物として11日付けで新規指定される。県指定の天然記念物は2010年9月に「ミヤコサワガニ」が指定されて以来50件目となる。
[全文記事]

新報エッセー 島尻芳一さん

2019/06/11 09時04分配信 - 連載・企画::新報エッセー「島の彩」 -

ファイル 21415-1.jpg
島尻芳一さん

 今年の3月まで長男夫婦はフランスのパリに6年間在住していた。その間、長男夫婦宅を訪ね通算で約90日間滞在した。フランスの面積は、約55万平方㌔㍍、人口6600万人、平野は国土の70%を占める。農村地帯を移動する車窓から眺めると、畑や牧草地が地平線まで続く緑豊かな農業大国である。この地平線の風景は、ずばりヨーロッパ大陸なのだ。フランスを初めて訪ねたのは2014年6月だった。このフランスの滞在90日間の観光と生活エピソードの一端を綴りたいと思う。
[全文記事]

時津風部屋合宿、熱気溢れる朝稽古

2019/06/11 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 21416-1.jpg
突き出しや押し出しなどの決まり手を何度も練習する力士ら=9日、VillaKarimata

 8日より始まった大相撲の時津風部屋合宿の朝稽古が9日の午前8時、VillaKarimataに設置された土俵で行われた。朝稽古は一般公開されており、早朝から多数の市民が訪れ、土俵上で繰り広げられる力士の稽古の迫力に圧倒されていた。
[全文記事]

平良西原でナナムインマ継承願うシンポジウム

2019/06/11 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21417-1.jpg
シンポジウム「カギウグナーイ」のパネリストら=9日、西原地区公民館

 宮古島市平良西原出身の写真家・長崎健一さん(37)の写真集「カギナナムイ」の出版を記念する写真展に関連したシンポジウムが9日、午後2時から西原地区公民館ホールで開かれ、写真集のモデルになったツカサや地域住民、郷土史研究家、写真愛好家など多くの人々が訪れ、パネリストの話す写真集の感想や、ナナムインマ経験者らの「縦と横の絆が大切」との話に聞き入った。
[全文記事]