記事一覧

休刊のお知らせ

2021/11/29 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日11月28日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

狩俣海岸に大量の軽石 きょう以降各地漂着か

2021/11/28 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25405-1.jpg
漂着した大量の軽石に覆われた砂浜=平良狩俣

 平良狩俣の海岸に27日、大量の軽石が漂着しているのが確認された。第11管区海上保安部が26日の調査で、同海岸沿岸に確認していたものが流れ着いたとみられる。宮古島市は保良漁港を、池間漁業協同組合は池間漁港を閉鎖し警戒を強めている。海洋開発研究機構(JAMSTEC)は軽石漂流シミュレーションで、宮古諸島に28日から12月上旬にかけてさらに大量の軽石が流れ着くと予測しており、漁業や観光業への影響が懸念される。
[全文記事]

ワクチン集団接種終了 「関係者、市民に感謝」

2021/11/28 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25406-1.jpg
ワクチンの集団接種が終了し職員をねぎらう友利部長(右から2人目)=市役所1階ロビー

 宮古島市での新型コロナワクチン集団接種は27日、終了した。午後4時に受け付けた最後の市民の接種が終了した後、友利克生活環境部長はワクチン対策室や接種に携わった各課の職員をねぎらい、医療従事者の協力や市民のワクチン接種への理解に感謝を述べた。
[全文記事]

「地域のために行動」 宮古青年会議所60周年祝う

2021/11/28 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25407-1.jpg
60周年を迎え、感謝と決意を語る具志堅理事長=ホテルシギラミラージュコンベンションルーム

 宮古青年会議所(具志堅貴昭理事長)の設立60周年記念式典・祝賀会が27日、上野新里のホテルシギラミラージュで開かれ、会員をはじめシニア会会員、地域の経済界や行政関係者、他地域青年会の会員らが出席し、同会議所のさらなる発展と青年らの活躍を祈念した。同会議所は1962年に「宮古青年商工会議所」として設立。20~40歳の若年団体として「修練、奉仕、友情」を信条に掲げ、東京直行便誘致や宮古まつりのミス宮古・綱引き、JC杯少年野球大会、さらには各種の講演会などの活動を精力的に展開してきた。
[全文記事]

んまむぬ杯参加店募集 来年2月12、13日

2021/11/28 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25408-1.jpg
飲食店に「んまむぬ杯」参加を呼び掛ける奥平理事長(中央)ら=平良西里、郷家はなれ

 宮古島調理師会(砂川英輝会長)は27日、平良西里の郷家はなれで記者会見を行い、来年2月12、13日に南西楽園リゾート内ファンキーフラミンゴで開催する第5回んまむぬ杯宮古島フードフェスティバルの参加店舗の募集を呼び掛けた。これまでのように店舗を巡るのではなく、感染防止対策を実施した会場に飲食店が集まってパックに詰めた料理を販売し、テイクアウトまたは別会場で飲食できる形式で行われる。
[全文記事]

県大会勝利へ健闘誓う 宮古島ドリームズ第16期

2021/11/28 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 25409-1.jpg
12月の県大会に向けて勝利を誓う中学硬式野球の宮古島ドリームズ=伊良部野球場

 12月4、5の両日、うるま市具志川球場をメイン会場に行われる第16回沖縄県ジュニア育成会硬式野球大会に出場する中学硬式野球チーム宮古島ドリームズ(仲間俊貴監督、狩俣宏箕主将)は27日、伊良部屋外運動場(野球場)で練習を公開するとともに、勝利に向け健闘を誓った。
[全文記事]

社会人野球など19チーム 新設・伊良部球場でも

2021/11/27 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25400-1.jpg
12月に本格使用がはじまる伊良部野球場=伊良部地区佐和田(資料写真)

 コロナ禍前まで毎年2~3月を中心に宮古の各スポーツ施設で行われていた野球などの春季キャンプが、2022年は2年ぶりに再開される見通しとなった。宮古島市及び市教育委員会によると、26日現在の予約は野球のみだが、ことし完成した伊良部屋外運動場(野球場)のメインスタジアムも含めて市民、下地、城辺の4球場でプロ野球自主トレと社会人、大学・高校合わせて1~3月に19チームが来島を予定している。年明けまでには陸上や駅伝の合宿申し込みも見込まれるという。スポーツキャンプで活気が戻ると期待される一方、関係者では新型コロナウイルス感染状況を注視している。
[全文記事]

県共進会団体賞称え、産業発展功績で表彰

2021/11/27 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25401-1.jpg
県畜産共進会団体賞の功績により市から表彰された(左3人目から)川上さん、荷川取さん、砂川さん=JAおきなわ宮古地区本部大ホール

 宮古島市(座喜味一幸市長)は26日、2021年度沖縄県畜産共進会で市町村合併後では初の団体賞を受賞した荷川取広明さん(成雌第1類さち号・かづき号、成雌第2類りょうこ号)、砂川健治さん(成雌第2類みにい号)、川上政子さん(若雌第2類まさゆり号)を産業発展功績で表彰した。JAおきなわ宮古地区本部大ホールで行われた表彰式で賞状を授与した座喜味市長は「今回の成果が宮古島市の畜産農家のパワー、元気になる」と称えた。
[全文記事]

青い海へジャンプ! 来間大橋でバンジー体験

2021/11/27 09時03分配信 - 社会・一般 -

 第23回沖縄宮古島観光感謝祭(主催・市、共催・宮古島観光協会)は2日目の26日、現地視察が行われ、旅行商品造成に役立ててもらおうとルーフトップバスによる島巡りなどで観光地を紹介した。来間大橋ではバンジージャンプ体験が行われ、参加した旅行社の社員が青い宮古の海へのジャンプに挑戦した。
 バンジージャンプは観光感謝祭に合わせて群馬県から専門事業者を呼んで特別に許可を得て行われ、感謝祭参加者だけでなく地元住民も楽しんだ。大橋の最も高い22㍍からジャンプし、海面近くに達するとロープによって再び弾むように舞い上がっていた。
[全文記事]

狩俣中生徒3人が受賞報告 神のバトン賞、お~いお茶俳句

2021/11/27 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25403-1.jpg
笑顔でピースする(前列左から)砂川さん、川満さん、國仲さんと(後列左から)平良校長、大城教育長、神里教諭=市役所会議室

 詩や俳句で受賞した狩俣中学校の生徒3人らは26日、市役所に大城裕子教育長を訪ね報告した。川満歩夢さん(2年)は第19回神のバトン賞(琉球新報社主催)で最高賞に、國仲秀弥さん(3年)は同賞佳作に輝いた。砂川琉悟さん(2年)は第32回伊藤園お~いお茶新俳句大賞の佳作特別賞に選ばれた。平良満洋校長と3人を指導した国語担当の神里那美教諭も同行した。
[全文記事]