記事一覧

「信用力を地域へ発信」中小企業同友会22年度総会

2022/05/15 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 26123-1.jpg
総会で22年度活動方針などを提案する砂川支部長=ホテルアトールエメラルド宮古島

 県中小企業家同友会宮古支部の第30回支部総会が14日、平良下里のホテルで行われ、「経営指針を確立し、着実に実践し、自社の信用力を地域社会へ力強く発信していこう!」をスローガンとした2022年度活動方針などを承認した。今年7月7、8の両日に沖縄で開催される中小企業家同友会全国協議会の定時総会にも積極的に参加する。役員には砂川幸男支部長(ひろし不動産社長)を再任した他、新たに副支部長にリゾートライフの柿本節子相談役、幹事長に先嶋産業の友利博明社長を選任した。
[全文記事]

コロナ警報で市長、医療関係者「医療体制がひっ迫」

2022/05/14 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 26114-1.jpg
座喜味市長(左)と岸本院長らが会見を開いた=市役所2階大ホール

 座喜味一幸市長は13日、市役所で宮古病院の岸本信三院長、宮古地区医師会の竹井太会長、宮古保健所の木村太一所長と共同会見を開き、宮古圏域での新型コロナ感染拡大により医療体制がひっ迫しているとして、市民に感染対策の徹底を強く訴えた。また、県が26日まで発出しているコロナ感染拡大警報期間中は、子どもを守る対策を重点的に行う必要があるとして、登下校時や自宅など6つの場面での注意事項を具体的に呼び掛けた。  
[全文記事]

平良・城辺小 復帰記念に県産品食材の特別給食

2022/05/14 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 26115-1.jpg
復帰50年を記念して沖縄県産食材を多く用いた給食を提供した=北小学校

 15日の沖縄県本土復帰記念日を控えた13日、平良・城辺両地区の小学校で、沖縄県産品の食材を多く使用した特別メニューの給食が提供された。宮古島市の共同調理場は現在、学校給食への地場産物提供に積極的に取り組んでいる。
[全文記事]

北中 復帰記念に米統治時代歴史の特設授業

2022/05/14 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 26116-1.jpg
池間教諭(右)が全校生徒を対象に復帰50年特設授業を行った=北中学校体育館

 北中学校(久高三彦校長)は13日、同校体育館で全校生徒を対象に、沖縄の日本復帰50年を学び、考えるための特設授業を行った。沖縄の未来を担う生徒たちに復帰前後の社会変化や今後のあり方についての理解と認識を深めさせるとともに、地域社会に主体的に参画しようとする意欲や態度を育成することがねらい。
[全文記事]

南秀同窓会 安谷屋会長ら新役員が就任あいさつ

2022/05/14 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 26117-1.jpg
(左から)下地副会長、安谷屋会長、平良副会長。役員らは会の活性化に意欲を見せた=宮古新報社

 宮古高校の卒業生らでつくる南秀同窓会の安谷屋政秀会長らが13日、宮古新報社(新城竜太社長)を訪ね、新役員体制を報告した。安谷屋会長は同会が毎年行う「卒業50年を祝う会」や奨学金給付式といった事業の意義を説明し、会の活動活性化に向け意欲を見せる一方、若年層OBの参加が少ない現状を課題にあげた。
[全文記事]

「本土復帰前の祭祀写真展」パリギャラリーが開館

2022/05/14 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 26118-1.jpg
本土復帰前の宮古の祭祀を撮影した岡本さんの写真展=平良字下里、パリギャラリー

 平良字下里の「パリギャラリー」がきょう14日正午からオープンする。初回は祥雲寺住職の岡本恵昭さんが本土復帰前に民俗祭祀(さいし)の調査研究のため撮影した写真を展示する。オープニングイベントとして午後4時半~5時半、同ギャラリーの企画を担当するアーティストの新城大地郎さんと写真家の石川直樹さんのトークイベントが行われる。入場無料。
[全文記事]

13日から2週間 宮古圏域に警報発出

2022/05/13 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 26109-1.jpg
会見した玉城知事=12日午後、県庁

【那覇支局】玉城デニー知事は12日午後、県の新型コロナウイルス対策本部会議後に会見し、宮古圏域と本島の市町村にコロナ感染拡大警報を発出すると発表した。期間は13日から26日まで。県内では大型連休以降、過去最多の陽性者数が記録されたため、県は子どもや高齢者の感染拡大防止を目的に対策徹底を呼びかける。玉城知事は宮古の11日時点の病床使用率は57・6%と高く「入院調整に困難が生じる60%が近く厳しい」と強調した。
[全文記事]

市都市計画課、中心市街地活性化で公募 西里・下里通り

2022/05/13 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 26110-1.jpg
宮古島市は中心市街地活性化基本計画策定の作業に着手する=写真は平良西里周辺(無人小型機で撮影、資料写真)

 宮古島市都市計画課は現在、西里大通り・下里通り周辺の中心市街地活性化計画策定に向けて委託事業者を公募している。同地域は長らく宮古の中心地として栄えてきたが、住民の減少や旧平良庁舎の移転などの社会観環の変化により、空洞化や賑わいの減少が懸念されているため。旧平良市時代にも数回にわたり再開発事業が行われてきたが、より実効性・実現性の高い計画とするため総理大臣認定を受けることを目標にしているという。
[全文記事]

1972年宮古の姿を展示 15日まで「追悼写真展」

2022/05/13 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 26111-1.jpg
故・勇崎さんの作品の前に立つ石川さん=10日、那覇市の県立博物館・美術館

【那覇支局】「写真甲子園」の発案者で昨年7月に死去した勇崎哲史さんの追悼写真展「光の記憶」が15日まで那覇市の県立博物館・美術館で開催されている。復帰前後の宮古島や大神島の写真を中心に82点の作品が展示されている。入場は無料。
[全文記事]

市教委、円滑な幼小接続へ 7エリアに連絡会を編成

2022/05/13 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 26112-1.jpg
小学1年生の担任と幼児教育関係者がエリア別に協議を行った=市役所2階大ホール

 宮古島市教育委員会(大城裕子教育長)は12日、市役所で、2022度の「第1回保幼こ小エリア連絡会」を開いた。市内の各小学校の1年生担任と幼児教育(保育・幼稚・こども園)関係者が集まり情報を共有することで、円滑な幼小接続の充実を図るもの。今年度は幼小協働での接続期カリキュラム作成などに取り組んでいくという。
[全文記事]