記事一覧

宮古「寒の戻り」1月下旬並み

2020/04/24 09時01分配信 - 科学・環境 -

ファイル 22811-1.jpg
宮古島地方はどんよりとした雲が立ち込め、寒い1日となった=カママ嶺公園から市街地望む

 宮古島地方は19日、一日中どんよりとした曇り空が広がり、最高気温が19・9度までしか上がらず、1月下旬並みの気温になった。
 宮古島地方気象台の観測によると、宮古島地方の23日の最高気温は午前9時の19・9度で、前日の22・1度より2・2度、平年の25・8度より5・9度も低かった。
[全文記事]

大神島野良ネコの避妊、去勢手術へ全島で50~60匹、環境悪化で

2020/04/16 09時03分配信 - 科学・環境 -

ファイル 22773-1.jpg
島の至るところで見られるネコ=大神島

 宮古島セーブ・ザ・アニマル(中原絵梨奈代表)は今月18日から大神島に渡り、野良ネコを捕獲。避妊・去勢手術を施した上で島に戻す活動を始める。大神自治会の協力要請を受けたもので、増えすぎた猫の糞尿や、発情期の鳴き声の騒音が理由。大神島の人口は約20人で、これに対し野良ネコは50~60匹と推定されている。
[全文記事]

イワサキクサゼミ 鳴き声響く

2020/04/05 09時03分配信 - 科学・環境 -

ファイル 22726-1.jpg
「ジー、ジー」の鳴き声を響かすイワサキクサゼミ=城辺東海岸

 雨や曇り気味の天候が続いている宮古島地方では、国内最小のセミとして親しまれている「イワサキクサゼミ」の「ジー、ジー」という鳴き声が各地でよく聞こえるようになってきた。
[全文記事]

伊良部島周辺でジュゴン痕跡

2020/04/03 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 22715-1.jpg
伊良部島周辺で確認された食べた痕跡状況(環境省資料より)

 環境省は2日までに、国の天然記念物ジュゴンの2019年度生息緊急調査結果を発表した。これまでの沖縄本島北部の古宇利島周辺や名護市東海岸、国頭村東海岸、渡名喜島、西表島、波照間島のほか、新たに目撃情報のあった伊良部島を対象に実施し、伊良部島周辺ではジュゴンが海草を食べた跡と考えられる痕跡が64カ所、痕跡が密集している場所が8カ所も見つかったことが新たに分かった。漁業者の情報を元に地域住民に対する聞き取りを行い、ジュゴンと思われる大型動物の目撃情報が4件あった。
[全文記事]

「イペー」黄色の花咲き始める

2020/04/03 09時01分配信 - 科学・環境 -

ファイル 22718-1.jpg
黄色の鮮やかな花を咲かせるコガネノウゼン(イペー)=平良東仲宗根

 街路樹や庭園木として植栽され、沖縄では「イペー」の名称で親しまれているコガネノウゼン(ノウゼンカズラ科)の黄色の鮮やかな花が各地で咲き始めた。3~4月が開花期とされるが、今年は天候の影響か開花が遅れているもよう。
[全文記事]

ひとあし早く月桃花咲く

2020/03/29 09時01分配信 - 科学・環境 -

ファイル 22697-1.jpg
例年と比べて早くも花を咲かせるゲットウ=平良東仲宗根の道路沿い

 「春分」を過ぎ、日中の気温が上昇する中、例年は5月ごろに開花するゲットウ(=月桃、ショウガ科、方言名・サニン)が平良東仲宗根の道路沿いで咲いているのが見られた。ことしに入って平年値を上回る高い気温が続いている影響もあってか、一つの株にいくつもつぼみをつけている。
[全文記事]

きょう「サンゴの日」 宮古のサンゴは回復基調

2020/03/05 09時03分配信 - 科学・環境 -

ファイル 22587-1.jpg
下地島空港で放映されている「ノータッチサンゴ」の動画

 きょう5日は「サンゴの日」。宮古島でサンゴの保全活動に取り組んでおり、昨年12月に「生物多様性アクション大賞2019」で環境大臣賞を受賞したエコガイドカフェの猪澤也寸志代表に宮古島のサンゴの状況について話を聞いた。
[全文記事]

狩俣中が特選受賞 19年度緑の育樹祭・緑化コンクール表彰

2019/11/10 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 22091-1.jpg
県知事賞を受賞し笑顔を見せる狩俣中の久高三彦校長=9日、浦添市のてだこ広場

【那覇支局】全島緑化県民運動2019年度緑の育樹祭(主催・県緑化推進委員会、浦添市)が9日、浦添カルチャーパーク内てだこ広場で行われた。緑を大切にする活動を顕彰する19年度緑化コンクールの表彰で、学校環境緑化の部で狩俣中が特選(県知事賞)を受賞した。久高三彦校長は「受賞は積み重ねてきた歴史。生徒はもちろん、歴代校長やPTA、地域の皆さん、学校を支えてきた方々に感謝したい」と述べた。
[全文記事]

マニラヤシ葉が褐変

2019/08/28 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 21764-1.jpg
新葉部が褐変しているマニラヤシ=伊良部島県道

 市内にはマニラヤシが街路樹として多く植樹されている。南国の雰囲気をかもしだしているマニラヤシだが最近葉が枯れている木が目立っている。伊良部島の県道や城辺線の木も同様に褐変し、景観が損なわれている。
[全文記事]

沖銀全県下でクリーン活動

2019/08/04 09時01分配信 - 科学・環境 -

ファイル 21667-1.jpg
パイナガマビーチのクリーン活動に精出した支店行員=パイナガマビーチ

 (株)沖縄銀行(山城正保頭取)は3日、同行創立記念イベントとして県内9カ所のビーチで一斉にクリーンビーチ活動を実施した。
 宮古地区でも宮古支店の職員有志15人が参加し、午前9時過ぎからパイナガマビーチのごみ拾いなどの清掃活動を行った。
[全文記事]

ページ移動