記事一覧

多量飲酒の弊害など学ぶ講演会

2017/11/18 21時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 18223-1.jpg
栗原雄大さん

 宮古地区精神保健福祉普及月間にちなんだ講演会 「お酒との上手な付き合い方~からだとこころへの影響~」 (主催・宮古保健所) が18日、 県宮古合同庁舎で行われた。 琉球病院アルコール病棟医長の栗原雄大さんが講演を行ったほか、 アルコール依存症からの回復者が経験談を話すなど、 約20人の参加者がアルコール使用障害などについての理解を深めた=写真=。
[全文記事]

宮古病院診療費未納約2億6000万円、回収を強化

2017/11/01 09時07分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 18115-1.jpg
未収金についての内容を説明する本永院長 (中央) と本村悠子副院長 (右)、 下地京子事務部長=宮古病院

 県立宮古病院 (本永英治院長) の2017年9月末現在までの診療費未払金が約2億6000万に上ることから、 11月を 「診療費個人負担分未収金対策強化月間」 として回収への取り組みを強化していく。 これまで2542人の未納がある。 同病院では 「未収金が増えると病院経営に必要な資金が不足し、 医療サービスの低下につながる」 と懸念し、 滞納者への納付を呼びかけた。 今年度からは法律事務所への債権回委託を開始したほか、 悪質と思われる滞納者については法的処置等の実施する方針。
[全文記事]

婦人検診始まる、20歳以上の受診呼びかけ

2017/10/11 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 17975-1.jpg
初日から関心のある多くの市民が訪れ検診の手続きを行った=平良保健センター

 宮古島市 (下地敏彦市長) の2017年度集団婦人検診(乳がん、子宮頚がん)が10日から始まった。 初日は午前8時30分から平良保健センターで行われ、 開始時刻に合わせて多くの対象者が会場を訪れた。 10月30日まで市内一円で実施される。
[全文記事]

結核の正しい知識を、予防週間で街頭キャンペーン

2017/09/27 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 17891-1.jpg
買い物客らに結核予防のチラシなどを配布した街頭キャンペーン=25日、 サンエーショッピングタウン食品館前

 2017年度結核予防週間街頭キャンペーン (主催・宮古保健所) が25日、 サンエーショッピングタウン衣料館前などで行われた。 県や宮古島市、 宮古地区婦人連合会の会員が買い物客らにチラシなどを配布し、 結核に対する正しい知識の啓蒙と早期予防を呼びかけた。
[全文記事]

高齢者福祉・介護保険第7次事業計画策定へ

2017/09/01 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 17739-1.jpg
下地市長 (左) から委員らへ委嘱状が交付された=市役所平良庁舎

 宮古島市高齢者福祉計画並びに第7期介護保険事業計画委員委嘱状交付式が31日、 市平良庁舎で行われた。 下地敏彦市長が学識経験者、 保健医療・福祉・行政関係者、 被保険者 (市民) 代表の委員20人に委嘱状を交付した。 第1回委員会では委員長に宮古福祉事務所長の野原勝所長を選出し、 事務局から計画策定と介護保険制度などについて説明。 第7期計画では国から示されている地域包括支援センターの強化や認知症施策の推進などを整備していくほか、 介護予防・日常生活支援総合事業も本格的に実施していく方針。
[全文記事]

健康寿命延ばそう、前期高齢者に介護予防教室

2017/06/27 09時05分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 17326-1.jpg
健康寿命に関する話に耳を傾ける参加者たち=東川根自治会館

 団塊世代が75歳以上を迎える 「2025年問題」 に向けて前期高齢者 (65~74歳) を対象にした宮古島市地域包括支援センターひららの介護予防教室が26日から、 東川根自治会館で始まった。 要介護状態や認知症を予防し、 健康寿命を延ばすため 「口腔、 食事、 運動」 をメインテーマに講習を行う。 希望があれば他地区でも実施していく。
[全文記事]

認知症になりにくい生活様式を、ん診療所研修会

2017/05/20 21時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 17086-1.jpg
認知症の理解や対応、 予防などをテーマに行われた研修会=県宮古合同庁舎講堂

 県認知症疾患医療センターうむやすみゃあす・ん診療所 (竹井太センター長) の認知症研修会が20日、 県宮古合同庁舎講堂で行われた。 同センターの中川浩さんが認知症を発症しにくくし進行を抑制するとされる食生活、 運動習慣、 知的活動などを紹介。 生活習慣病を防ぐ生活様式の大切さ、 脳内がアルツハイマー病の状態でも健常な生活を送っていた人の事例などを挙げながら 「脳を錆びつかせず、 最後まで認知症から逃げ切ろう」 と呼びかけた。
[全文記事]

はしかゼロキャンペーンで交流会

2017/05/16 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 17051-1.jpg
母子保健推進連絡協議会からはしか・風しんゼロキャンペーンのチラシを受け取り予防接種をPRする親子ら=上野子育て支援センターはくあい

 2017年度 「はしか・風しんゼロキャンペーン」 に伴うチラシ配布及び交流会が15日、 上野地域子育て支援センターはくあいで行われた。 多くの親子連れが集まり、 市母子保健推進連絡協議会 (池原和子会長) の会員らから子どものはしか・風しん予防接種を受けさせることの大切さなどを教わり、 子育てミニ講話や歌など多彩な余興で交流を深めた。
[全文記事]

下地柳盛さんが口腔外科認定医、地域の医療充実に

2017/05/13 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 17034-1.jpg
口腔外科認定医に認定された下地柳盛さん (右から2人目) =羽地歯科口腔外科医院

 羽地歯科口腔外科医院副院長の下地柳盛さん (30) がこのほど、 日本口腔外科学会から口腔外科認定医に認定された。 口腔外科に関する経験や学術的な実績等によって認定され、 県内でも認定者は数人のみ、 琉球大学以外で宮古での認定も初めてだという。
[全文記事]

たらま花保存会、紅色より鮮やかに染料「紅餅」づくり

2017/04/15 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 16858-1.jpg
発酵させたタラマバナの花弁を加工する豊見山さん (中央) たち=多良間村字塩川

【多良間】多良間村でタラマバナ (紅花) の収穫が本格化する中、 染料 「紅餅」の加工も始まっている。 摘み取った花弁を杵でついて団子状にするが、 鮮やかな紅色を出すため様々な工程があり、 根気と熟練の技術が求められる。 できた紅餅は 「たらま紅紬」など織物を染めるのに使われている。
[全文記事]

ページ移動