記事一覧

あすから臨時休校、県立高校夏休み終了も

2020/08/10 21時22分配信 - 教育 -

ファイル 23291-1.jpg

 県立高校の夏季休業(夏休み)が10日終了し、11日に授業が再開する予定となっていたが、県教育委員会は10日、宮古地区を含む一部について12日から16日まで臨時休校すると発表した。11日は登校後、速やかに下校させる。1、2年生は休校し、3年生については時差登校や短縮授業を行うとしている。特別支援学校は原則、全学年休校。
[全文記事]

伊良部高校、来年3月廃校

2020/08/04 09時01分配信 - 教育 -

 沖縄県教育委員会(金城弘昌教育長)はこのほど開いた会議で、県立伊良部高校の廃止議案を可決した。2019年度から生徒募集を停止し、今年度で在校生が卒業することが理由。21年度高校入学定員で、中学3年生在籍減少を踏まえ宮古高校普通科を現行の5クラスから1減の4クラスとする報告もあった。
[全文記事]

感染者発生は5日間休校、市教委定例会で対応確認

2020/07/31 09時04分配信 - 教育 -

 宮古島市教育委員会(宮國博教育長)は30日、市役所城辺庁舎で第8回目となる定例会を開いた。定例会では、学校における新型コロナウイルス感染者が発生した場合の対応などについて確認がなされた。
[全文記事]

宮古高校文化系部活動が合同フェス

2020/07/25 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 23214-1.jpg

 県立宮古高校(津野良信校長)の文化系部活動合同「M・Mフェス」が、23日午後6時半から荷川取漁港内野外ステージで行われ、夕焼けの中で生徒たちが汗を流しながら歌やダンスで自己を表現し、集まった観客を魅了した。
[全文記事]

北中学校でサイバー犯罪防止教室、ネット危険性を知る

2020/07/23 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 23206-1.jpg

 生徒らにインターネットの危険性と正しい使い方を伝えるため、北中学校(久高三彦校長)は22日、全校生徒を対象に「サイバー関連犯罪被害防止教室」を開いた。
[全文記事]

宮古工業で宮古法人会がビジネスマナー講習

2020/07/23 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 23207-1.jpg

 宮古工業高校で22日、同校2年生を対象にしたビジネスマナー講習(主催・沖縄宮古法人会)が行われた。市内でウェディングサービスを提供する幸の鳥ウェディングの河野睦美代表が講師を務め、社会人として身に付けるべきマナーや心構えを教えた。
[全文記事]

下地中、漢口中の台湾交流20周年で記念誌

2020/07/21 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 23196-1.jpg

 下地中学校(濱川成共校長)は20日、2018年に台湾の漢口國民中学校(漢口中)との国際交流20周年を迎えたことを記念して制作した「台湾国際交流20周年記念誌」の発刊を発表した。
 この交流は同校の生徒を海外へ派遣、研修体験を通し、国際人として活躍できる感性と教養を育成するとともに、体験を全生徒で共有し、交流に関わりを持つことで言語活動の充実、向上を図る機会とすることを目的に1999年度から開始した。
[全文記事]

青少年の家、イモ掘り体験でティダの子園児ら笑顔

2020/07/17 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 23179-1.jpg

 宮古青少年の家(島尻政俊所長)の2020年度自主事業「畑で旬を体感しよう・さつまいも収穫」が16日、平良東仲宗根添の市熱帯植物園東側にある同所ふれあい農園で行われ、ティダの子保育園(友利早苗園長)の子ども達22人が作業に汗を流しながらイモ堀りを楽しんだ。
[全文記事]

教職員組合、学力調査を弾力的に実施を要請

2020/07/17 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 23181-1.jpg

 県教職員組合宮古支部の友利徳寿委員長は16日、城辺庁舎を訪れ、市教育委員会の宮國博教育長に「全国学力・学習状況調査の実施および自校採点・Webシステム入力」の弾力的な運用を求めた。
[全文記事]

初の専門学校22年春開校、市が知晴学園と協定

2020/07/15 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 23168-1.jpg

 宮古島市(下地敏彦市長)と琉球リハビリテーション学院(金武町)を運営する智晴学院(儀間智理事長)は14日、市役所平良庁舎で高等教育機関(専門学校)設置の取り組みについて協定を締結した。2022年4月に旧市中央公民館(現平良老人福祉センター)を増改築して開校を目指す方針だ。同市で高校以上の教育機関が設置されるのは初めて。同学園は、観光に医療福祉の知識を持った人材育成という新しい形の学科を目指すとしており、当初は2学科80人(2年間)を募集する計画で、9月までに学校名を含めて公表するとしている。下地市長は協定締結に「画期的なこと。(若者流出など)本市の課題解決のため素晴らしい機関を協力してつくり上げたい」と述べた。
[全文記事]

ページ移動