記事一覧

県議会で玉城知事、下地島空港の軍事利用反対表明

2020/09/25 09時05分配信 - 政治・行政 -

【那覇】沖縄県議会(赤嶺昇議長)の9月定例会は24日、代表質問がはじまった。玉城デニー知事は、下地島空港の自衛隊使用問題で「屋良覚書及び西銘確認書で人命救助、緊急避難など特にやむを得ない事情を除いて民間航空機使用の方針で管理運営することが確認されている」とし、「確認文書は尊重されるべきものと考えており、下地島空港の新たな利活用検討においても民政的な利活用の検討を進めている」と述べ、反対の立場を表明した。
[全文記事]

県議会一般質問、下地康教氏28日、國仲昌二氏1日

2020/09/25 09時04分配信 - 政治・行政 -

 県議会9月定例会は28日から一般質問が行われる。宮古島市区選出の下地康教氏(沖縄自民党)は28日、國仲昌二氏(てぃーだネット)は10月1日の予定。
[全文記事]

新型コロナで来年の成人式典中止、祝金1万円給付

2020/09/25 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23491-1.jpg
狩俣政作氏

 開会中の宮古島市議会(山里雅彦議長)9月定例会は24日、一般質問2日目が行われた。市教育委員会(宮国博教育校)は「2021年の成人式典の開催について」の質問に対し、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮、3密を防止するため、成人式典の開催を中止し、成人祝金を給付すると下地明生涯学習部長が答弁した。この日は砂川辰夫氏、平百合香氏、下地勇徳氏、狩俣政作氏の4氏が登壇、市当局の考えを質した。
[全文記事]

下地氏、4選出馬意向を表明~宮古島市長選

2020/09/24 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23482-1.jpg
4選出馬の意向を改めて示した下地市長=平良庁舎本会議場

 宮古島市の下地敏彦市長は23日の市議会9月定例会一般質問で、次期市長選挙に向けて改めて4選出馬の意向を表明した。下地市長は正式表明の時期を明言しなかったものの、「気力も体力も充実しており、令和の新しい時代を市民と一緒に成長する宮古島へと移行していくためにも、継続した政権による行政運営こそが市の発展につながるものと考えている」と述べ、市政継続を強調した。この上で今後の取り組みで総合庁舎開庁に伴う新たな街づくり、ソフト事業の展開などを示した。
[全文記事]

うえのドイツ文化村、売却視野に検討

2020/09/24 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23483-1.jpg
宮古島市が売却を視野に検討する方針を示したドイツ文化村=上野宮国

 宮古島市は上野宮国で旧上野村が整備した「うえのドイツ文化村」について23日、供用開始から25年以上を経過して老朽化が進み、維持管理に多額の費用がかかる状況を踏まえ、今後、売却も視野に検討する方針を明らかにした。市議会9月定例会一般質問で楚南幸哉観光商工部長が我如古三雄氏に答えた。
[全文記事]

次期市長選、勢力の体制構築が焦点

2020/09/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

 任期満了に伴って2021年1月10日告示、17日投開票で執行される第5回宮古島市長選挙は、保守、革新両陣営の対立構図だけでなく、それぞれの勢力の体制構築が今後の焦点となりそうだ。前回(17年)は保革ともに分裂し、4人が立候補して激戦を展開しただけに、今後の動向が注目される。保守陣営は現職の下地敏彦氏(74)が4選出馬の意向で、開会中の市議会9月定例会一般質問初日の23日にも正式に表明する見通しだ。一方、革新系及び「オール沖縄」勢力は現時点で具体的な動きはないものの、「一本化」を目指して11月をめどに候補者を擁立するとみられる。
[全文記事]

きょうから市議会一般質問

2020/09/23 09時02分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市議会(山里雅彦議長)の9月定例会は23日、一般質問がはじまる。土日を除く29日までの5日間。質問を通告したのは20人。新型コロナウイルス感染症拡大による影響や予防策、経済対策などを中心に、市長の政治姿勢や施政方針及び行財政、教育、農林水産業などについて論戦を展開する。
[全文記事]

自衛隊の下地島空港使用を提言~自民国防議連

2020/09/19 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23461-1.jpg
自民国防議連が使用を提言する下地島空港(資料写真)

 自民党国防議員連盟(会長・衛藤征士郎元防衛庁長官)が17日に党本部で開いた会合で、下地島空港を含む南西諸島の空港・港湾を自衛隊が使用できるよう優先順位をつけて整備し、中国の圧力が強まる尖閣諸島(石垣市)の有効支配に実効性を高める提言をまとめたことが、18日までに分かった。パイロット訓練飛行場として整備された下地島空港は、本土復帰前年の1971年、国と琉球政府(当時)が民間航空以外で使用しない「屋良覚書」を締結し、軍事利用を禁じている。これまでも米軍機が強行使用するたびに、県及び地元市民から軍事利用に反対する声が上がっていた。現在、同空港には民間航空会社による本土定期路線が就航し、10月25日にも新たな路線開設が予定されている。加えて第2期利活用事業で「宇宙港」事業が決まるなど、民間活用が高まる中、自衛隊使用の提言は大きな波紋を広げそうだ。
[全文記事]

宮古病院19年度決算赤字を計上

2020/09/17 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23454-1.jpg
県立宮古病院の19年度決算は純損失を計上した=同病院外観(資料写真)

 【那覇】2019年度沖縄県病院事業会計決算は、収益が前年度比31億8098万円(5・7%増)の591億5398万円、費用が23億2841万円(4・1%)増の587億7966万円で、純利益は3億7432万円となった。前年度繰越欠損金93億2617万円を差し引いた欠損金は89億5185万円となった。総収支比率は100・6%と前年度を1・4ポイント上回った。本来業務に医業損失は3・2%縮小の58億8882万円となり、医業費用に対する割合(収支比率)は0・7ポイント増の89・5%。県立6病院の経営状況は、北部、中部、南部医療センター・こども医療センターは純利益(黒字)、宮古と八重山、精和は純損失(赤字)をそれぞれ計上した。
[全文記事]

県議会9月定例会が開会、新型コロナ対策に103億円

2020/09/16 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23446-1.jpg
新型コロナウイルス対策費などを盛り込んだ一般会計補正予算などが上程された9月定例会開会初日=県議会本会議場

【那覇】沖縄県議会(赤嶺昇議長)の9月定例会が9日、開会した。玉城デニー知事が新型コロナウイルス感染症緊急対策を中心に103億9460万円を追加する2020年度第6次一般会計補正予算案など42議案を提出、説明した。宮古関係は宮古空港に化学消防車を導入する財産取得、21年3月に伊良部高校を廃止する県立高校設置条例改正など。補正後の歳入歳出予算総額は8691億1587万円と、過去最大規模を更新した。第6次新型コロナ関連予算は103億4666万円となり、5次補正分までを含めた対策費合計は1179億円。
[全文記事]

ページ移動