記事一覧

きょう立秋、暦の上でもう秋、宮古は暑さ続く

2019/08/08 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21680-1.jpg
きょうは立秋。南国・宮古島ではまだまだ暑い日が続き、ハイビスカスなど南国の花が咲き誇っている=カママ嶺公園

 〇・・・きょう8月8日は二十四節気の一つで「立秋」。暦の上では秋となり、時折涼風が吹く季節になる。「暑中見舞い」と書いていた葉書もきょうから「残暑見舞い」となる。
[全文記事]

西中共同製糖場再現検討委員会に市長に要請

2019/08/08 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21682-1.jpg
下地市長に要請書を手渡す久貝共同代表(左)ら=6日、市役所平良庁舎

 西中共同製糖場再現検討委員会(久貝英世・平川昭子共同代表)が6日午後、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、「旧西中共同製糖場の再現・活用による地域活性化」について要請した。これを受け、下地市長は「要請の趣旨は分かった。市役所がどこまでできるのか、みなさんがどこまでやるのか。一つ勉強させてほしい」と述べた。
[全文記事]

下地中生徒ら台湾へ出発「積極的に交流深める」

2019/08/08 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21683-1.jpg
台湾国際交流への意欲もたっぷりに出発した下地中の生徒ら=宮古空港

 市立下地中学校(濱川成共校長)の2019年度第18回台湾国際交流団(団長・村上健輔教頭)が7日、現地に向けて出発した。宮古空港で出発式が行われ、生徒代表の砂川夢來くん(3年)が「台湾の歴史や習慣に触れ、漢口國民中學との交流を楽しみたい。練習して来た言葉が通じるのか不安もあるが、積極的にコミュニケーションを取って関係を深めていきたい」、洲鎌千綾さん(2年)が「初めての海外・国際交流で楽しみな気持ちと不安があるが、台湾のみなさんと仲良くなれるように積極的に話しかけたい。感謝の気持ちを持って7日間の交流を楽しみたい」とそれぞれ交流への決意を述べた。
[全文記事]

「大きく育って」と施肥

2019/08/07 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21674-1.jpg
松原氏農林水産部長からイヌマキの苗木を受け取る各緑の少年団の代表ら=宮古青少年の家

 第43回全国育樹祭県民育樹行事(宮古地区)(主催・県緑化推進委員会、県、市)が6日午後、宮古青少年の家で行われた。市内の緑の少年団や関係団体の担当者ら約40人が参加し、敷地内に植えられたリュウキュウマツやカンヒザクラなどに施肥をする育樹活動に汗を流した。このうち城辺小緑の少年団の新城寿人くん(5年)は「木が大きく育ってほしいと思って肥料を施した」と感想を話していた。
[全文記事]

飲酒運転根絶呼びかけ

2019/08/07 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21676-1.jpg
協賛事業所を代表し前里代表と新里所長が贈呈=宮古郵便局

 「飲酒運転根絶周知用かもめーる」の協賛事業所による贈呈式が6日、宮古郵便局(崎原秀雄局長)で行われた。協賛37社から贈呈された9350通のかもめーるは宮古島市内の各家庭に暑中見舞いを兼ねて送付され、飲酒運転根絶の啓発を呼びかける。
[全文記事]

宮古土地改良区30周年記念式典、関係者が盛大に祝賀

2019/08/06 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21673-1.jpg
宮古土地改良区の設立30周年記念式典で、仲間克氏の代理人の長男・秀吉氏に感謝状を手渡す下地理事長(手前右)=JAおきなわ宮古地区事業本部ホール

 宮古土地改良区(理事長・下地敏彦市長)の設立30周年記念式典及び祝賀会が5日午後、JAおきなわ宮古地区事業本部ホールで行われた。内閣府沖縄総合事務局や県農水部、県土地改良事業団体連合会、市など多くの関係者が出席し、同改良区の節目を祝うとともに、宮古農業の発展に向けたさらなる活躍を祈念した。同改良区の発展に多大な功績があったとして、前理事長の仲間克氏に感謝状が贈られた。
[全文記事]

「8月5日タクシーの日」活動で感謝込め一輪の花プレゼント

2019/08/06 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21672-1.jpg
花を手渡す下地会長(右)=宮古空港

 8月5日のタクシーの日にちなみ、沖縄県ハイヤー・タクシー協会宮古支部(下地隆之支部長)は5日、宮古空港で「タクシーの日」の啓発と日頃の感謝を込めて一輪の花を観光客にプレゼントした。突然のプレゼントに観光客らは驚いていたが花を手渡されると笑顔を見せていた。
[全文記事]

水まつり、プール、流しそうめんなど賑わう

2019/08/06 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21669-1.jpg
親子一緒になって巨大プールに入り楽しんだ=皆福地下ダム公園

 「黄金(くがに)世果報(ゆがふ)宮古用水(みゃーくぬみず)」をキャッチフレーズにした2019宮古みずまつり」が4日、城辺の皆福地下ダム公園で開かれ、大勢の家族連れや観光客などが大勢訪れ、水にまつわる様々なイベントを心行くまで楽しんでいた。
 同まつりは、毎年夏の暑い時期に開かれており、昨年は台風7号の影響で中止となったが、今年は青空の下での開催となった。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2019/08/05 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日8月4日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

大野山林にきたえる集い、シーカヤックに挑戦

2019/08/03 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21660-1.jpg
シーカヤックへの挑戦に意欲を見せる参加児童たち=イムギャー海岸

 県立宮古青少年の家(安慶田昌宏所長)の2019年度主催事業・第38回大野山林にきたえる少年の集いは2日目の2日、市城辺のイムギャー海岸で海浜活動を行った。参加児童14人がシーカヤックなどに挑戦し、班対抗の競漕などを楽しんでいた。
[全文記事]

ページ移動