記事一覧

保良部落会の学事奨励会が復活

2019/04/07 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21130-1.jpg
学事奨励会で砂川会長 (左) らから激励を受けた子どもたち=保良公民館

 保良部落会 (砂川春美会長) は6日、 公民館で子どもたちを激励する学事奨励会を行った。 砂川会長が勉強やスポーツなどに頑張った子どもたちを称えるとともに4月から中学生となった平良颯太君と平良夢希叶君の2人に図書券を贈った。
[全文記事]

アンガーマネジメント講演、正しい人間関係学ぶ

2019/04/07 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21132-1.jpg
多くの聴衆が熱心に聞き入ったアンガーマネジメント講演会=5日、 宮古合同庁舎講堂

 怒りの感情をコントロールすることで、 人間関係を円滑にしていくことを目標としたテクニック、 アンガーマネジメントを広く一般に知らしめて行こう―との目的で5日、 日本アンガーマネジメント協会の安藤俊介代表理事を講師に迎えて 「アンガーマネジメント講演会in宮古島」 (主催・医療法人下地診療所、 下地診療所合同会社、 一般社団法人日本アンガーマネジメント協会沖縄支部) が県宮古合同庁舎講堂で開かれ、 出席者は同テクニックについて認識を深めていた。
[全文記事]

各地にまとまった雨、城辺で100㍉降雨

2019/04/06 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21124-1.jpg
水しぶきをあげて走る車=JA宮古前

 5日未明から宮古島地方全域で降り続いた強い雨は昼前には峠は越えたが、 午後からも断続的に降り続き、 一日中すっきりしない天気となった。
[全文記事]

沖縄銀行がトライアスロン成功へ協賛金贈呈

2019/04/06 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21125-1.jpg
大会成功の一助にと目録を下地市長に手渡す伊波常務 (左) =沖縄銀行本店

【那覇支局】沖縄銀行 (山城正保頭取) は5日、 第35回全日本トライアスロン宮古島大会の成功に役立ててと協賛金贈呈を行った。 那覇市の本店を訪れた下地敏彦市長に伊波一也常務が目録を手渡した。この中で、 伊波常務は、 おきぎんグループから今年は参加選手がいないことを残念がりながらも、「大会は非常に盛り上がるので参加するのが楽しみ。 支店のみんなも楽しみながら協力している」 と期待を寄せた。 これを受け下地市長は 「島全体が盛り上がる大きなイベント。 今年も一つよろしくお願いしたい」 と成功に意欲を見せた。
[全文記事]

沖縄伊良部島郷友会が敬老会、86人が仲間入り

2019/04/06 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21127-1.jpg
本部女性部の 「かぎやで風」 が幕開けを飾った=先月31日、 ラグナガーデンホテル

【那覇支局】沖縄伊良部島郷友会 (久貝直次会長) の2019年 (第64回) 敬老会が先月31日、 宜野湾市のラグナガーデンホテルで行われた。
 ことしの新敬老者は7支部合計で86人となり、 郷友や関係者ら約300人が参加して互いの健康を祝いながら楽しいひと時を過ごしていた。
[全文記事]

長年の懸案解消へ拡幅で安心安全な道路に

2019/04/05 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21118-1.jpg
狭い道路空間に人と車が行きかう=大道線国家公務員住宅前

 宮古島市が2012年度から進めている都市計画道路・大道線の整備区間の中でも狭あいで交通安全面で特に問題視されていた大道線外一線 (サンエーカママヒルズ食品館前交差点から南に進んだ国の公務員住宅前交差点) の整備がいよいよ今年度着手される運びとなり、 地域住民にとって朗報だ。
[全文記事]

未来創造センター工事進ちょく9割超、図書館職員引っ越し

2019/04/05 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21119-1.jpg
工事の進ちょく状況や施設概要などの説明を受ける長濱副市長 (右から2人目) =市未来創造センター

 今年7月の開館に向け整備が進む宮古島市未来創造センター整備事業は、 4日までに進ちょく率90%以上となっており、 供用開始に向けて着々と進んでいる。 同日は長濱政治副市長が視察に訪れ、 担当職員から進ちょく状況などの説明を受けた。 長濱副市長は 「通りからだと分からないが、 中に入るとだいぶ進んでいる。 広々としていて庇が長く風通りも良い。 市民がのんびりと過ごせそう。 使い勝手も良さそうだ」 と住民福祉の向上に期待を寄せていた。
[全文記事]

4・7抗議行動実行委弾薬庫問題で市に申し入れ

2019/04/05 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21121-1.jpg
質問事項を読み上げるミサイル基地いらない宮古島住民連絡会の仲里代表=市役所平良庁舎

 1日付の東京新聞で 「陸上自衛隊宮古島駐屯地の保管庫が実は弾薬庫だった」 との報道がなされ、 これに岩谷防衛大臣は国会で 「説明不足だった」 と謝罪するという事態にまで発展したが、 これを受けミサイル基地いらない宮古島住民連絡会などで構成する4・7抗議行動実行委員会の仲里成繁委員長、 清水早子氏、 亀濱玲子県会議員らメンバー約10人が4日、 宮古島市平良庁舎を訪ね友利克企画政策部長と面談し、 ▽この事態に下地市長はどう感じているのか―など4項目の質問事項を読み上げ、 併せて市民説明会を開催してほしいなど2項目からなる要請文を手渡した。
[全文記事]

宮古テレビ全域洸ケーブル化へ、上地社長意欲示す

2019/04/05 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21120-1.jpg
会見で光ケーブル拡張に意欲を見せた上地社長 (中央) ら=宮古テレビ

 「全視聴エリアの光ケーブル化を進めたい」 宮古テレビ (株) の上地克幸社長は4日午前10時から同社で会見を行ない、 代表取締役社長就任の抱負とあわせて同社の今年度の新規事業について明らかにした。
[全文記事]

島の良さPR意欲 友利新さんが宮古島大使に就任

2019/04/04 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21114-1.jpg
宮古島大使として任命された友利さん (右) =市役所平良庁舎

 医師でタレントの友利新さんが3日、 宮古島大使に任命された。 市役所平良庁舎で任命式が行われ、 下地敏彦市長から友利さんに任命証が手渡された。 友利さんは 「私は宮古島出身。 いろいろな人から宮古島の良さを聞き、 生まれた島のすばらしさを再認識している。 精一杯、 島の良さをPRしていきたい」 と述べた。
[全文記事]

ページ移動