記事一覧

佐良浜小、最後の親子トリムマラソン楽しむ

2019/01/07 21時13分配信 - 教育 -

ファイル 20716-1.jpg
同校として最後となる親子トリムマラソンで、 号砲とともに笑顔で駆けだす親子ら=佐良浜小学校

 市立佐良浜小学校 (下地辰彦校長) の第34回親子トリムマラソン大会 (主催・同校PTA) が7日午後、 同校周辺の1・2㌔コースで行われた。 園児・児童計129人とその保護者らが参加し、 新春のさわやかな風を受けながら親子で心地良い汗を流し、 同校として最後となる同大会を楽しんでいた。
[全文記事]

新設校「城辺地区統合中学校」校名選定へ

2018/12/28 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 20681-1.jpg
城辺地区統合中学校 (仮称) の校名の選定などについて報告を受けた委員ら=市役所城辺庁舎

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) の定例会が27日、 市役所城辺庁舎で行われた。 城辺地区の4中学校を統合し、 新設校として2021年4月に開校を予定している 「城辺地区統合中学校」 (仮称) の校名について 「城東」 「城辺」 「ぐすくべ」 の3案から1案に絞りこむことを確認。 年明けの1月定例会で各委員が検討した案を話し合うことになった。 校歌の作詞者は旧城辺町歌の作詞者でもある宮里尚安氏 (砂川出身、 沖縄本島在住) の依頼することが報告され了承された。
[全文記事]

城辺地区統合中学校、校名案「城東」が最多

2018/12/22 09時07分配信 - 教育 -

ファイル 20649-1.jpg
校名制定や校歌制定などで協議する委員ら(提供写真)=20日、 市役所城辺庁舎

 城辺地区統合中学校実施計画策定委員会 (神里清春委員長) の第2回委員会が20日、 市役所城辺庁舎2階会議室で行われた。 校名制定の協議では校名・校章・校歌・制服等検討部会から上がってきた16案などについて、 委員長と副委員長を除く13人で投票した結果、 「城東」 が最多の6票となった。 校名案と投票結果は27日に予定されている市教育委員会 (宮國博教育長) の定例会に報告され、 委員らが16案などから1案に絞り込む予定。 最終的には来年の3月定例会議会に条例案などを提出し、 議決されて決定となる。
[全文記事]

卒業後の進路生かす、地域にない職種企業訪問

2018/12/21 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 20636-1.jpg
事業報告を行う生徒たち=19日、 市中央公民館

 宮古島地域雇用創造協議会 (長濱政治会長) は19日、 市中央公民館で去る11月12日から17日の日程で行われた 「2018年度地域にない職種の企業への訪問・体験等」 に参加した高校2年生らが事業報告会を行った。 生徒たちは訪問したそれぞれの企業で学んだ事の成果を発表した。
[全文記事]

児童が無土器期の調理法学ぶ

2018/12/18 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 20620-1.jpg
児童らが砂浜に穴を掘り石蒸し量に挑戦した=16日、 荷川取漁港内白川浜

 第5回子ども博物館 「石蒸し料理~先史時代の料理法」 が16日、 高野漁港内 (白川浜) で行われた。 市内の小学校に通う4年生から6年生までの児童が土器を使わない調理方法を学ぶとともに博物館職員と一緒に取り組んだ。
[全文記事]

上野地域づくり協議会が上野小・中に激励金

2018/12/15 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 20603-1.jpg
児童生徒の活躍に期待を込め激励金を贈った上野地域づくり協議会の砂川会長 (左) ら=上野小学校

 博愛の里上野地域づくり協議会 (砂川嚴会長) が14日、 上野小学校 (本村晃則校長) と上野中学校 (友利和広校長) に激励金を贈呈した。 児童生徒の文化やスポーツなどの活躍に期待を込めて贈ったもので、 両校とも有効に使っていきたいと感謝した。
[全文記事]

多良間小6年生が漂着ごみの調査 マイクロプラなど

2018/12/14 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 20596-1.jpg
漂着ゴミなどを調べる児童たち=12日、 仲泊トゥブリ

【多良間】村立多良間小学校 (與那覇盛彦校長) の6年生は12日、 仲泊トゥブリで環境学習として漂着ゴミ調査を行った。 NPO法人宮古島海の環境ネットワークが講師を務め、 漂着ゴミやマイクロプラスチックなどを収集して単位面積当たりの量を調べたところ、 日本全体や宮古島の平均を上回るゴミが確認された。 児童たちはゴミによる海洋汚染やプラスチック製品の問題を学んでいた。
[全文記事]

佐良浜小で租税教室 税金の大切さなど学ぶ

2018/12/14 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20594-1.jpg
1億円のレプリカを持ち重さを体験する児童たち=佐良浜小学校

 市立佐良浜小学校 (下地辰彦校長) は13日、 6年生を対象に 「租税教室」 を行った。 宮古島商工会議所 (下地義治会頭) の武島明弘さんが講師を務め、 「税金は私たちが安全で豊かな生活が送れるよう私達全員で負担する会費のようなもの」と説明した。児童らは税について学び理解を深めた。
[全文記事]

鏡原中で劇団道化が公演、生徒もゲスト出演

2018/12/12 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 20583-1.jpg
劇団道化の役者と一緒に揺れるバスの中を演じる生徒ら=10日、鏡原中学校

 市立鏡原中学校 (下地悦子校長) は10日、 文化庁委託事業 「2018年度戦略的芸術文化創造推進事業」 の一環として演劇鑑賞を行った。 同校体育館で行われた公演は、 福岡県の劇団道化が 「知覧・青春~アイ・アム・ヒア」 を演じた。 生徒ら4人もゲスト出演し、 舞台と観客が一体となり笑いありの楽しいひと時を過ごした。
[全文記事]

問題解決プロセス学ぶ、久松中で出前授業

2018/12/12 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20580-1.jpg
藤田さん (中央) の指導を受けながら問題解決のプロセスに向けて意見を出し合う生徒たち=久松中

 IT企業ヌーラボ (本社福岡県、 橋本正徳代表) のリゾートワーク制度で宮古島に滞在する社員の出前授業が11日、 市立久松中学校で行われた。 同社開発チームリーダーの藤田正訓さんが問題解決のプロセスを生徒たちに体験させ、 手段に囚われず議論の中で見失いがちな目的 「ゴールを決めること」 を意識するよう教えていた。
[全文記事]

ページ移動