記事一覧

県が下地島空港利活用実施計画策定

2017/03/10 09時06分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】県は8日、下地島空港及び周辺用地の利活用実施計画を策定したと公表した。同日、 FSO(玉那覇尚也代表)、三菱地所(杉山博孝社長)と同利活用事業に係る基本合意書を締結したことを踏まえ、 2014年度に策定した基本方針で掲げた利活用の目標像を実現するための個々の事業内容を具現化し、 今後の取り組みを広く公に明らかにすることを目的としたもの。実施計画では、 ▽実施計画策定の趣旨▽計画の性格と役割▽計画に位置づける事業の選定▽民間事業者、 県及び地域機関の役割分担▽利活用の目標像の実現に向けて実施する事業の構成▽事業の実施計画▽事業の成果目標▽事業の実施に向けた取り組み─などについて明記している。
[全文記事]

下地島空港利活用、県が2事業と基本合意

2017/03/09 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16631-1.jpg
基本合意書に締結した(左から)杉山社長、翁長知事、玉那覇代表=県庁

【那覇支局】沖縄県 (翁長雄志知事) は8日、 県庁で下地島空港及び周辺用地の利活用に係る基本合意書締結式を行った。 FSO (北谷町) の玉那覇尚也代表、 三菱地所 (東京都) の杉山博孝社長と基本合意書を締結した翁長知事は 「いずれも成長著しいアジア経済のダイナミズムを取り込むことができるインパクトのある事業で、 宮古圏域のみならず県全域への波及効果が期待できる」 と期待を寄せ、 宮古圏域、 県全体の発展に向けた取り組みに意欲を見せた。
[全文記事]

多良間村17年度一般会計25・5億円

2017/03/09 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16628-1.jpg

【多良間】多良間村 (伊良皆光夫村長) は8日までに2017年度予算案をまとめた。 一般会計は25億5500万円で前年度当初に比べて33億4866万円、 56・4%減少した。 前年度は宮古製糖多良間工場建替え事業の着手で大幅に伸びたものが、 ほぼ平年並の予算規模に戻った。 新規事業は観光関連施設として食事・土産品施設の整備、 水納島の連絡船建造事業などが盛り込まれた。 10日開会の同村議会3月定例会に提案される。
[全文記事]

バイオエタノール、赤字も「継続必要」と理解求める

2017/03/08 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16621-1.jpg
指定管理されているバイオエタノール製造施設=下地上地

 市議会総務財政委員会 (嵩原弘委員長) が7日、 市役所平良庁舎で行われ、 市当局が2016年度補正予算でバイオエタノール高効率製造流通事業の委託料を減額補正したことについて、 委員からは 「減額しても8500万円の事業費に対して収入見込みは60万円程。 いつまのでこの事業を続けるのか」 などと質疑が挙がった。 バイオエタノールはこれまでE3燃料に活用するための実証事業が行われていたが、 16年に国がE3燃料としての事業を認めない方針を示したとしながらも市当局は、 「事業継続は必要と考える」 と理解を求めた。
[全文記事]

パイナガマ海空すこやか公園、今夏供用開始へ

2017/03/07 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16617-1.jpg
整備が進められているパイナガマ公園海空すこやか公園の現場=平良下里

 宮古島市 (下地敏彦市長) が2014年度で本体工事に着手していたパイナガマビーチ南側の 「パイナガマ海空すこやか公園」 が3月末で完了し、 今夏にも供用開始される運びとなった。 6日の宮古島市議会 (棚原芳樹議長) 3月定例会本会議の質疑で、 市当局が公園の設置・管理条例制定に関連し、 6月定例会での指定管理者の提案、 供用開始を夏休み前とする意向を明らかにした。 同公園は都市公園では初めて、 バーベキューを含む火気使用が可能となる。
[全文記事]

下地島空港利活用事業、三菱地所補助5億円計上

2017/03/04 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16602-1.jpg
新年度一般会計など予算関連の質疑が行われた市議会3月定例会=市役所平良庁舎本会議場

 宮古島市議会 (棚原芳樹議長) の3月定例会は3日、 上程されている予算関連の議案に対する質疑が行われた。 県の下地島空港及び周辺用地利活用事業候補に選定されている三菱地所 (東京) が提案している国際旅客ターミナルについて、 林野庁事業導入を予定していることが分かった。 整備に対する林野庁補助金を県、 市を経て同社に交付するため、 2017年度当初予算に5億円を上程した。 高吉幸光氏の質問に対して友利克企画政策部長が答弁した。 定例会は6日、 上程されている条例関係の質疑が予定されている。
[全文記事]

長濱政治副市長3期就任、第2次総合計画など意欲

2017/03/04 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16601-1.jpg
3期目となる副市長の辞令交付のあと職員から花束を受け取る長濱氏=市役所平良庁舎

 宮古島市議会3月定例会初日の2日、 副市長同意案が可決されたことを踏まえ、 長濱政治氏 (68) が3日、 就任した。 3期目。 同日午前、 市役所平良庁舎で下地敏彦市長が辞令を交付し、 「2期8年間、 共に市政を支えていただき感謝したい。 3期目は私の政治生命の総仕上げになり、 一緒にやっていただきたい。 宮古島市の発展のために協力してほしい」 と語った。
[全文記事]

多良間村公共施設等エコ推進事業計画策定委員会

2017/03/04 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16596-1.jpg
=写真=

【多良間】多良間村公共施設等エコ推進事業計画策定委員会 (富盛玄三委員長) が2日、 同村役場で行われた=写真=。 村内公共施設等でのCO2削減や省エネルギーに向けて2017年度から5年間実施するエコアクションプランとして太陽電池一体型LED街灯の設置、 電気自動車の導入などが提案された。
[全文記事]

さらなる飛躍を決意 下地市長が17年度施政方針

2017/03/03 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16595-1.jpg
17年度施政方針を述べる下地敏彦市長=市役所平良庁舎

 宮古島市の下地敏彦市長は2日に開会した市議会3月定例会で2017年度の施政方針演説を行い、 「活力と賑わいのある豊かな島づくりの推進」、 「あらゆる分野における女性の活躍への男女共同活躍社会の実現」 等に取り組んでいく決意を示した。 また宮古島への陸自配備計画に触れ、 「了解を表明した」 と話した上で、 引き続き配備計画の丁寧な説明を防衛省に求めていく考えを示した。
[全文記事]

予算、条例など64件を上程 市議会3月定例会開会

2017/03/03 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16594-1.jpg
2017年度一般会計予算をはじめ、 64件の議案が上程された市議会3月定例会=市役所平良庁舎

 宮古島市議会 (棚原芳樹議長) の3月定例会が2日、 開会した。 会期は27日までの26日間。 宮古島市 (下地敏彦市長) が総額382億7200万円の過去最大規模となる2017年度一般会計予算をはじめ、 64件の議案を上程、 説明した。
[全文記事]

ページ移動