記事一覧

県幼少年剣道錬成大会 宮古B24年ぶりに上位入賞

2017/05/24 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 17105-1.jpg
剣道の県幼少年錬成大会第2部で3位入賞した宮古郡連盟少年教室Bチーム=21日、 宮古空港

 剣道の沖電工杯争奪第39回県幼少年錬成大会 (主催・県剣道連盟ほか) が21日、 那覇市の県立武道館アリーナで開催され、 4年生以下の第2部に出場した宮古郡連盟少年教室B (根間優美監督) が3位に入る健闘を見せた。 宮古勢の上位入賞は1993年の優勝以来、 24年ぶりという。
[全文記事]

近藤花音さんが県少年空手交流大会で3連覇

2017/05/24 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 17103-1.jpg
3連覇を達成し笑顔を見せる近藤さん=20日、 那覇市の県立武道館

 県スポーツ少年団空手道交流大会 (主催・県スポーツ少年団) が20日、 那覇市の県立武道館で行われた。 同大会は、 県空手道連盟会員で各市町村・県のスポーツ少年団に登録している県内22団体が出場し個人形や組手などの部門で熱戦が展開された。 結果、 凛道場宮古島支部の近藤花音 (南小6年) が個人形の部で3連覇を達成した。
[全文記事]

比嘉大吾が世界王座獲得、ボクシングWBCフライ級

2017/05/20 21時07分配信 - スポーツ -

 WBC (世界ボクシング評議会) 世界フライ級タイトルマッチ12ラウンドが20日、 東京都の有明コロシアムで行われ、 県立宮古工業高校出身で同級1位の比嘉大吾 (白井・具志堅スポーツジム) が前同級王者のファン・エルナンデス (30) =メキシコ=に挑戦した。 試合は序盤から、 比嘉が前に出るボクシングを展開。 激しい打ち合いの末、 6ラウンドに比嘉が3度のダウンを奪い、 ベルトを奪取。 沖縄から25年ぶりとなる世界チャンピオンが誕生した。 第2の故郷、 宮古島からも応援団が駆けつけた。

沖縄尚学アベックV、県高校柔道大会団体戦

2017/05/20 21時05分配信 - スポーツ -

ファイル 17088-1.jpg
11連覇を成し遂げた沖縄尚学男子柔道部=宮古総合実業高校

 2017年度県高校総合体育大会第61回県高校柔道競技大会・第28回県高校女子柔道競技大会 (主催・県高校体育連盟柔道競技専門部・県柔道連盟) が20日から、 宮古総合実業高校体育館で開催されている。 同日は団体戦が行われ、 男子10チーム、 女子4チームが出場。 日頃の練習成果を発揮し、 熱戦を繰り広げた。 結果、 沖縄尚学が男女アベック優勝を果たした。 今回で沖縄尚学は男子が11連覇、 女子が12連覇の快挙となった。
[全文記事]

宮古島で県高校総体柔道競技、男女22チーム出場

2017/05/20 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 17082-1.jpg
勝利に向け闘志を燃やす選手たち=宮古総合実業高校体育館

 2017年度県高校総合体育大会 「第61回県高校柔道競技大会・第28回県高校女子柔道競技大会」 (主催・県高校体育連盟) の開会式が19日、 宮古総合実業高校体育館で開催された。 男子16校、 女子6校が集まり、 2日間にわたる熱戦に闘志を燃やした。
[全文記事]

スキージャンプの葛西紀明さんら宮古島合宿入り

2017/05/17 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 17059-1.jpg
合宿に向け意欲を見せる (左2人目から) 葛西さん、 伊藤さんら=宮古空港

 土屋ホームの監督で自身も選手として活躍するスキージャンプ男子の葛西紀明さん (44) ら6人が16日、 宮古島合宿のため来島した。 合宿には同チームの伊藤有希さん (23) ら選手4人も参加。 葛西さんは 「このキャンプは僕たちにとって一番大事。 来年の平昌オリンピックでメダルが獲れるようしっかりとトレーニングしたい」 と意気込みを語った。
[全文記事]

比嘉大吾選手「世界王者に」エール

2017/05/16 09時07分配信 - スポーツ -

ファイル 17055-1.jpg
横断幕の前で比嘉選手にエールを送る下地市長 (右2人目) ら=市役所平良庁舎

 今月20日に東京・有明コロシアムで開催されるトリプル世界戦に臨むWBC世界フライ級1位の比嘉大吾選手 (白井・具志堅スポーツジム) を応援しようと比嘉大吾後援会宮古支部 (本村繁信支部長) のメンバーや宮古島市の下地敏彦市長らが15日、 市役所平良庁舎で横断幕を掲げ 「世界王者になってほしい」 と激励した。
[全文記事]

手登根君、重量挙げ高校日本一を報告

2017/05/16 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 17054-1.jpg
県教育庁を表敬訪問して全国一となった喜びと今後の抱負を報告した手登根君 (前列右から2人目) ら=県庁

【那覇支局】3月の第32回全国高校ウエイトリフティング競技選抜大会男子105㌔超級で優勝した宮古高校の手登根武魁君 (3年) と平良智枝子校長、 監督の渡慶次晃教諭が15日午後、 県教育庁を表敬訪問して優勝の喜びを報告した。
[全文記事]

市Jrハンドボールチーム結成式 男女23人が参加

2017/05/12 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 17029-1.jpg
今年のジュニアハンドボールチームに参加する児童たち=10日、 市総合体育館会議室

 宮古島市ジュニアハンドボールチームの結成式が10日、 市総合体育館で行われた。 今年度は小学1~6年生の男女23人が参加。 ハンドボールの楽しさを体験するとともに、 体力の向上や異年齢集団での活動などに取り組む。 島内外での交流試合の他、 琉球コラソンによるハンドボールスクールも予定している。
[全文記事]

近藤と上田が女子形で優勝、県少年少女空手選手権

2017/05/10 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 17015-1.jpg
形競技で優勝した (右から) 近藤と上田、 準優勝の野原=7日、 県立武道館

 沖縄県少年少女空手道選手権大会 (主催・県空手道連盟) が7日、 県立武道館で開催され、 形競技女子の部で凜道場から出場した小学1年の上田楓乃 (宮古島支部・久松) と小学6年の近藤花音 (同・南) が優勝、 小学3年の野原雫 (多良間支部・多良間) が準優勝し、 全国及び九州大会の出場権を獲得した。
[全文記事]

ページ移動