記事一覧

県高校駅伝大会で宮古が3位入賞、九州大会へ

2018/11/05 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 20351-1.jpg
宮古島に帰島し県高校駅伝競走大会で3位入賞し九州大会出場を報告する宮古高校男子駅伝部の選手ら=3日、 宮古空港

 2日に今帰仁村で行われた男子第66回沖縄県高校駅伝競走大会 (主催・県高校体育連盟、 県教育委員会) で宮古高校男子駅伝部 (與那覇芳和監督) が3位入賞を果たした。 同部員らは3日、 宮古島に帰島し、 宮古空港で出迎えた保護者らに成績と九州大会出場権を獲得したことを報告した。
[全文記事]

宮古高校卓球部が県新人大会で団体・個人V

2018/10/31 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 20323-1.jpg
笑顔で団体と個人の優勝を報告した宮古高校卓球部員たち=宮古空港

 第36回沖縄県高校新人卓球競技大会 (主催・県高校体育連盟、 県教育委員会) が27~29日、 うるま市石川体育館で行われ、 県立宮古高校 (平良智枝子校長) 卓球部が団体で優勝を果たしたほか、 同校1年の兼島研斗がシングルスでも優勝した。 同部員らは30日、 宮古島に帰島し、 出迎えた保護者らに報告した。
[全文記事]

東平安名﨑がんずうマラソン、自然満喫375人完走

2018/10/30 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 20315-1.jpg
東平安名崎がんずうマラソンで一斉にスタートを切るBコースの参加者たち=28日、 城辺陸上競技場

 第5回東平安名崎がんずうマラソン (主催・城辺地区地域づくり協議会) が28日、 東平安名崎をゴールとする4コースで行われた。 「おそいあなたが主役です!」 を合言葉に大勢の市民らが参加し、 自らの体力に応じた距離をマイペースで走った。 晴天となったものの強い風が吹き付けたが、 参加者たちは東平安名崎の雄大な自然を眺めつつゴールを目指した。 ファミリーコースでは親子でウォーキングを楽しんだ。 計375人が完走した。
[全文記事]

【がんずうマラソン写真特集】

2018/10/30 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 20314-1.jpg
東平安名崎がんずうマラソンAコース初出場で優勝し喜びながらゴールする前門孟之さん=28日、 東平安名崎

雄大な東平安名崎のゴールへ

 「おそいあなたが主役です!」 を合言葉に第5回東平安名崎がんずうマラソンが28日、 城辺地区内4カ所をスタートして東平安名崎をゴールするコースで開催された。 台風の影響で強風にさらされたが参加者は自己記録への挑戦や健康づくり、 仲間との親睦、 親子で思い出づくりなどそれぞれ目的を持って東平安名崎のゴールを目指す姿を写真で紹介する。

19校代表選手火花散らす、全宮古小学陸上

2018/10/27 21時03分配信 - スポーツ -

ファイル 20307-1.jpg
3連覇を達成し充実した表情を見せる東小の選手たち=市陸上競技場

 第29回全宮古小学校陸上競技大会 (主催・宮古地区小学校体育連盟) が27日、 市陸上競技場で行われた。 19校から出場した男女代表選手たちが日頃の練習成果を発揮し火花を散らせる戦いを見せた。 結果、 男子は東が優勝し3連覇を達成。 女子は北が2連覇を果たした。
 会場には朝から多くの保護者や家族らが詰めかけ声援を送った。 男子で3連覇した東の仲間拓輝主将 (6年) は 「3連覇はいい思い出になった。 決まった時には嬉しかった。 個人では100㍍で優勝したのでダブルで嬉しい」 と喜んだ。 女子2連覇の北のゴメスデソウザヴィトーリア奈菜主将 (6年) は 「とっても嬉しい。 個人では100㍍と4×100㍍Rのアンカーで優勝できた。 これからも頑張りたい」 と意欲を見せた。
[全文記事]

南風原くん(宮工)自転車競技で九州・全国出場へ

2018/10/27 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 20302-1.jpg
九州大会と全国大会への出場を決めた南風原君=宮古工業高校

 県立宮古工業高校 (金城透校長) の南風原凜之介君 (1年) が、 2018年度沖縄県高等学校新人体育大会の自転車競技ロードレース部門 (50㌔) 3位、 タイムトライアル部門 (1・7㌔) 4位で総合4位となり、 全九州高等学校自転車競技新人大会、 全国高等学校選抜自転車競技大会への出場を決めた。
[全文記事]

ぱんだる50cc主催大運動会で女性パワー発揮

2018/10/23 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 20274-1.jpg
大縄跳びで息を合わせジャンプする参加者ら=21日、 パイナガマ海空すこやか公園

 第3回宮古島女子大運動会 (主催・ぱんだる50cc) が21日、 パイナガマ海空すこやか公園で開催された。 市内の職場や友人らで結成した20チーム約300人の女性たちが参加。 20代から70代まで幅広い年代が様々な競技やリレーなどで競いながら親睦を深めた。
[全文記事]

県高校新人バドミントン、宮古勢3チームは敗退

2018/10/20 21時05分配信 - スポーツ -

ファイル 20266-1.jpg
1回戦、ダブルス1で浦添工業に勝利した宮古の西尾・新城組=宮古高校体育館

 2018年度県高校新人体育大会バドミントン競技 (主催・県高校体育連盟など) 団体戦が20日、 宮古島市総合体育館などで行われた。 宮古勢の男子は宮古が2回戦、 宮古総実が1回戦、 女子では宮古が3回戦で敗退した。 初日でベスト4が出揃い男子は南風原、 那覇、 沖縄水産、 糸満、 女子は糸満、 普天間、 南風原、 コザが勝ち進んだ。 きょう21日は団体決勝まで行われ、 また個人戦が始まる。
[全文記事]

「宮古復活きっかけに」専門部委員長の下地さん

2018/10/20 21時04分配信 - スポーツ -

ファイル 20265-1.jpg
「26年ぶりの今大会を機にもっと宮古が盛り上がれば」と話す下地さん=宮古総実高体育館

 「この大会をきっかけにもう一度、 宮古のバドミントンが活発になれば」 と話すのは県高体連バドミントン専門部委員長の下地敏彦さん (60)。 宮古高校バドミントン部の男子部員第1号で、 その後は県内トップ選手として活躍。 以前、 宮古は高校生の全国出場や県民体育大会優勝など輝かしい成績を残した時期があり 「復活してほしい」 と願っている。
[全文記事]

県高校新人大会バドミントン、宮古開催26年ぶり

2018/10/20 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 20260-1.jpg
開会式で選手宣誓を行う (右から) 砂川智穂さんと新城義樹くん=市総合体育館

 2018年度県高校新人体育大会バドミントン競技宮古島大会 (主催・県高校体育連盟など) の開会式が19日、 市総合体育館で行われた。 26年ぶりとなる宮古島開催には県内から男子46校、 女子45校が出場し、 きょう20日から23日まで同体育館など4会場で試合が行われる。
[全文記事]

ページ移動