記事一覧

初の仕事紹介フェア、11企業が業務内容など説明

2019/02/16 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20904-1.jpg
シニアの仕事紹介フェアで企業の説明を受ける参加者ら=14日、 市中央公民館

「シニアのためのお仕事紹介フェア2019」 (主催・宮古島市生涯現役促進協議会) が14日、 宮古島市中央公民館大ホールで行われた。 同フェアは55歳以上のシニアが対象で、 参加した企業が勤務内容や時間などを説明したあと各ブースでは参加者が担当者と面談した。
[全文記事]

はなぞのこどもえんで上原さんらミニコンサート

2019/02/16 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20905-1.jpg
鍵盤ハーモニカの巧みな演奏で 「情熱大陸」 を披露する上原さん (右) ら=14日、 はなぞのこどもえん

 幼保連携型認定こども園はなぞのこどもえん (新城久恵園長) で14日、 地元で活動する宮古出身音楽家4人によるミニコンサートが行われた。 毎年度、 上原留美子さんを講師に行っている 「おうたあそび」 の締めくくりとして実施しているもので、 上原さんと棚原俊平さん、 島尻真由美さん、 宮国俊彦さんが鍵盤ハーモニカやリコーダー、 スチールパン、 カホンといった楽器の演奏などを披露し、 こどもたちと楽しいひと時を共有した。
[全文記事]

辺野古賛否、県民投票が告示 知事「貴重な一票を

2019/02/15 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20896-1.jpg
県民投票告示の公報を掲示する職員=市役所平良庁舎

 名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票が14日、 告示された。 県は午前9時に県庁の掲示板に公報を掲示し告示。 宮古島市でも午前9時40分頃に選挙管理委員会の職員が掲示した。 期日前投票は15日から始まり23日まで。 市役所平良庁舎1階ロビーで午前8時半から午後8時まで行われる。 投票は24日で即日開票される。 県や宮古島市では 「県民の意思を示す大事な投票である」 として投票を呼びかけている。 (3面に関連) 告示を受け、 玉城デニー知事は 「県民投票は県民のみなさん自身の意思を直接示すことができる大変重要な機会。 ぜひ投票所に足を運び、 貴重な一票を投じてほしい」 とのコメントを出した。
[全文記事]

青少年の家、利用者80万人突破でセレモニー

2019/02/15 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20897-1.jpg
施設利用者累計80万人突破を祝って気勢を上げる来所者ら=13日、 宮古青少年の家

 県立宮古青少年の家 (安慶田昌宏所長) は13日、 施設利用者が累計80万人を突破した。 同日午後、 合同会社ミックス (大塚圭貴代表) が運営する障害児通所3施設の利用児童17人が節目の来所者となった。 記念セレモニーで安慶田所長は 「39年間で80万人が利用した。 市民のみなさんのたゆまない青少年の家を愛する心があったお陰。 これを機会にさらに一生懸命、 青少年の健全育成に頑張っていきたい。 みなさんも大きくなっても遊びに来てほしい」 と呼びかけた。
[全文記事]

大韓航空、下地島空港にチャーター便就航へ

2019/02/15 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20898-1.jpg
下地島空港へのチャーター便就航を語った金本部長 (左) =市役所平良庁舎

 大韓航空日本地域本部の金正洙本部長が14日、 長濱政治副市長と面談した。 非公開で行われ、 面談後に報道陣の取材に応じた金本部長は下地島空港へのチャーター便の就航を予定していることを伝えたという。 具体的には 「4月以降、 (ゴールデンウィークなど) 連休に年4、 5回就航させたい。 ソウルの代理店と協議しながら考えている」 と説明。 定期便就航については 「観光客など利用者の需要がどれくらいあるのかを確認したうえで本社が決めることであり、 今の段階では発言できない」 と話した。
[全文記事]

地域の防災活動学ぶ 松田気象台長が講話

2019/02/15 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20899-1.jpg
防災の講話を聞く参加者たち=下地農村環境改善センター

 宮古島市社会福祉協議会 (饒平名建次会長) は14日、 ボランティア連絡会 (防災学習) を下地農村環境改善センターで行った。各小中高・特別支援学校のボランティア担当者や各福祉関係機関・団体、 民生委員児童委員ら約30人が参加し、 地域で取り組める防災活動について学んだ。
[全文記事]

地区高体連、赤坂君ら3人に全国出場奨励金を交付

2019/02/15 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 20900-1.jpg
(右から)平良会長から奨励金を受け取った南風原君、赤坂君、仲間君=13日、宮古高校

 宮古地区高校体育連盟 (平良智枝子会長) の2018年度奨励金交付式が13日、 宮古高校で行われた。 全国大会に出場する選手が対象となっているもので、 今年度は自転車競技の南風原凜之介君 (宮古工業1年)、 ラート競技の赤坂俊璃君 (宮古総合実業1年) と仲間大知君 (同2年) に交付された=写真=。 1人ひとりに手渡した平良会長は 「全国出場の切符を手にしたみなさんおめでとう。 みなさんの活躍は同じ高校生や小中学生、 地域のみなさんに小さな島でもやればできるという夢と希望を与える。 これまで努力した自分自身を褒めながら支えてくれるみなさんへの感謝の気持ちを忘れず頑張ってほしい。 みなさんの活躍を祈念している」 と期待を寄せた。
[全文記事]

子ども110番家連協、周知徹底など確認

2019/02/14 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20891-1.jpg
今後の活動について関係者らが話し合った=宮古島警察署

 2019年宮古島地区子ども110番の家連絡協議会 (新城浩吉会長) が、 13日、 宮古島警察署 (前花勝彦署長) で開催された。 参加者らは今後の活動計画案について確認し、 「子ども110番の家」 の周知徹底及び連携強化を図り、 子どもたちの安全対策を強化していくことを話し合った。
[全文記事]

東山ファームポンド清掃、底に溜まったヘドロ除去

2019/02/14 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20892-1.jpg
農業用水を抜いてヘドロなどを取り除く作業が行われた=東山ファームポンド

 宮古土地改良区は12、 13の両日、 東山ファームポンドの清掃を行った。 これは2年に1回実施しているもので、 水を抜いた中では依頼した業者が大型クレーンで吊り上げ入れたミニシャボで底に溜まったヘドロなどを取り除く作業を行った。
[全文記事]

多良間小学校児童ら、安全の立て看板製作

2019/02/14 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20893-1.jpg
「ちゅらさん運動」 の一環で制作した安全標語の立て看板を披露した児童たち=6日、多良間小学校

 【多良間】村立多良間小学校の児童たちが 「ちゅらさん運動」 の一環で安全を呼びかける標語の立て看板を製作した。 6日に披露された12人が製作した看板は村内各地に設置される。
[全文記事]