記事一覧

県警 飲酒運転逮捕者を雇用者に通知 宮古初の4事業者と協定

2021/12/01 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25416-1.jpg
(左から)大城部長、下地副社長、黒島会長、岡部支配人、奥平部長、田場署長=宮古島警察署

 沖縄県警察は11月30日、飲酒運転根絶に向けた情報通知制度の協定を宮古島市内の4事業者(先嶋建設、共和産業、宮古給油所、南西楽園リゾート)と結んだ。飲酒運転の逮捕者が締結先の従業員であると分かった場合、勤務先に逮捕日時などを知らせるもの。同協定を18事業者が結んでおり、宮古島警察署管内では初めての締結となる。同署で行われた締結式で、関係者らは飲酒運転撲滅に向け官民連携して取り組むことを誓った。
[全文記事]

県社会福祉功労で4人、知事表彰

2021/12/01 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25417-1.jpg
社会福祉事業功労者県知事表彰伝達で(左から)仲村さん、座喜味市長、伊志嶺さん、洲鎌さん=11月29日、市役所応接室

 宮古島市の民生・児童委員として長年にわたって地域で活動する伊志嶺一二三さん(64)=腰原(担当、以下同じ)と洲鎌多美子さん(71)=野原越、平良美智子さん(73)=伊良部、仲村幸子さん(73)=前里添5区=の4人が、2021年度社会福祉事業功労者で県知事表彰を受彰した。11月29日、市役所応接室で伝達式が行われ、座喜味一幸市長が賞状を手渡した。
[全文記事]

有効求人倍率1・31倍 宮古職安10月雇用

2021/12/01 09時03分配信 - 産業・経済 -

 宮古公共職業安定所(阿部祐士所長)が30日に発表した2021年10月「雇用の動き」によると、有効求人倍率は1・31倍で前年同月比0・28上昇と6カ月連続で前年を上回った。緊急事態宣言の解除に伴い観光関連産業を中心に新規求人が大幅に増加し、雇用情勢は引き続き「緩やかに改善」しているという。その一方で業種によっては人手不足も懸念されている。
[全文記事]

宮古島市前教育長の宮國氏が文科大臣表彰

2021/12/01 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25419-1.jpg
地方教育行政功労者で文科省大臣表彰を受けた宮國氏(中)と座喜味市長(右)、大城教育長=市役所応接室

 前宮古島市教育長の宮國博氏(76)に対する文部科学省地方教育行政功労者表彰及び九州都市教育長協議会表彰の伝達式が30日、市役所応接室で行われ、座喜味一幸市長、大城裕子教育長が賞状を贈呈し、市教育行政への尽力をたたえるとともに、今後のさらなる活躍を祈念した。
[全文記事]

2年ぶり女子大運動会 多彩な競技で交流

2021/12/01 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 25420-1.jpg
タイヤ回しリレーなど多彩な競技を楽しんだ=11月28日、パイナガマ海空すこやか公園

 第5回宮古島女子大運動会(主催・ぱんだる50cc)が11月28日、パイナガマ海空すこやか公園で2年ぶりに開催された。6チーム60人以上の女性たちが参加し、タイヤ回し競争やぐるぐるバットリレー、5色綱引きなど多彩な競技を楽しんだ。
[全文記事]

保良の鍾乳洞 利活用でルールづくり、市長が方針

2021/11/30 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25411-1.jpg
観光活用の両立が指摘されるクバクンダイ鍾乳洞=城辺保良(自治会提供)

 観光と自然環境の保全・保護の両立が指摘される宮古島市内の海水浴場など海浜利用について、座喜味一幸市長は29日、城辺の保良泉ビーチ沿いで人気が高まる一方、一部事業者の観光客案内による損壊などの影響が問題となっている「保良クバクンダイ鍾乳洞」(通称・パンプキンホール)の利活用でルールづくりに取り組む意向を明らかにした。保良自治会(砂川春美会長)の要請で示した。今後、市内全域のビーチ利用と環境保全のための条例制定も視野に検討を進めるとみられる。
[全文記事]

1年間で死亡事故ゼロ達成 県警が宮古島署表彰

2021/11/30 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25412-1.jpg
田場署長(右から3人目)に盾と激励金が、新里会長(同2人目)に激励金が手渡された=宮古島警察署

 宮古島警察署は2020年11月11日から、管内での交通死亡事故ゼロを継続している。死亡事故ゼロ1年達成を記念して29日、同署で表彰式が開かれ、沖縄県警察本部から盾が、沖縄県警察官友の会から激励金が田場義浩同署署長に贈呈された。県交通安全協会連合会からは、宮古島地区交通安全協会に激励金が贈られた。田場署長は交通事故防止に向けた地域住民のボランティア活動などの協力に感謝し、死亡事故ゼロの継続を誓った。
[全文記事]

諺でミャークフツ学ぶ 貴重な言語継承を

2021/11/30 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25413-1.jpg
ミャークフツの発音方法などを教える狩俣さん=27日、未来創造センター研修室

 2021年度しまくとぅばプロジェクト「諺で学ぶミャークフツ入門」が27日午後2時から、未来創造センター研修室で行われた。琉球大学名誉教授の狩俣繁久さんが宮古島の諺(ことわざ)を例題に方言の発音方法や意味、文法などについて講義するとともに、世界の言語の中でも貴重なミャークフツの継承を呼び掛けた。
[全文記事]

市議選異議申し立て棄却 棚原氏「内容吟味し検討」

2021/11/30 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25414-1.jpg
臨時委員会で異議申し立ての棄却を決定した=市役所

 宮古島市選挙管理委員会(與那覇巖委員長)は29日、2021年度第15回臨時委員会を開き、10月24日執行の市議会議員選挙で次点となった棚原芳樹氏が、狩俣勝成氏の当選を無効とし自身を当選人とするよう求めた異議申し立ての棄却を決定した。
[全文記事]

「行くぞ甲子園」球児応援に100人参加 チャリティゴルフ大会

2021/11/30 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 25415-1.jpg
甲子園を目指す球児を応援するためのチャリティゴルフでプレイする参加者=28日、オーシャンリンクス宮古島

 宮古島甲子園プロジェクト(平良勝之会長)主催の「行くぞ甲子園宮古島応援団チャリティゴルフ大会」が28日、城辺保良のオーシャンリンクス宮古島で開催され、スポーツ、経済関係者ら約100人が参加し、プレイを通し球児たちにエールを送った。
[全文記事]