記事一覧

休刊のお知らせ

2021/01/12 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日1月11日(月)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

高校生を対象にプログラミング体験講座

2021/01/11 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 23951-1.jpg
ロボットを一生懸命組み立てる受講生=9日、未来創造センター

 ミャークラボ(根間玄隆代表)は9日、高校生対象のプログラミング体験ワークショップを未来創造センターで行った。神奈川工科大学の吉野和芳教授とマイクロソフト認定教育イノベーターで宮古特別支援学校勤務の下地勇也さんが参加者らにドローンの操縦、ロボットやマイコンのプログラミングを指導した。
[全文記事]

親子で凧揚げ 明るい1年願う

2021/01/11 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23952-1.jpg
大空に舞う凧たち=前福多目的運動広場

 宮古ライオンズクラブ(平戸新也会長)は10日、前福多目的運動場で第31回新春親子凧揚げ大会を開催した。約30組90人の家族がそれぞれ手作りの凧を持ち寄り、久しぶりの陽気の中で凧揚げを楽しんだ。
 大会では参加者から「難しいけど上がったら楽しい」、「風に乗って一緒に飛んでいる気持ちになれる」などの声が聞かれ、楽しむ様子が見られた。
[全文記事]

市長選 座喜味、下地氏が届け出

2021/01/11 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23953-1.jpg
第一声で、これまでの実績を語り行政経験の必要性を訴える下地敏彦候補=平良西里の選対事務所

 任期満了に伴う第5回宮古島市長選挙が10日告示され、届け出順に無所属新人で前県議の座喜味一幸氏(71)=社民、社大、共産、立民推薦と、無所属現職で4選を目指す下地敏彦氏(75)=自民、公明推薦=が立候補を届け出た。17日に投票、即日開票される。オール沖縄・革新系と一部保守の刷新勢力と、自公協力体制による保守の一騎打ちが確定した。両候補はそれぞれの選対事務所前で行われた出陣式に臨み、集まった支持者に当選に向けて最後までの支持を訴えて第一声を放った。下地氏が市政継続するか、座喜味氏が刷新を果たすかが最大の焦点。現市政への評価とともに、新型コロナウイルス感染症拡大防止と経済対策、医療や福祉などを争点としており、有権者の判断が各方面から注目されている。市選挙管理委員会によると当日有権者数は4万4916人(男性2万2602人、女性2万2314人)。
[全文記事]

市議補選、新人5人が立候補

2021/01/11 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23954-1.jpg
下地茜氏

 市議会議員補欠選挙(定数2、17日投開票)が10日告示され、いずれも新人で、無所属で会社員の下地茜氏(41)、保守系無所属で会社員の狩俣勝紀氏(63)、保守系無所属で合同会社代表の中村靖氏(46)=自民推薦、保守系無所属で会社役員の砂川和也氏(40)、無所属の元城辺町議で自営業の友利雅巳氏(60)の5人が立候補を届け出し、2議席を5人で争う選挙戦がはじまった。
[全文記事]

映画「弁当の日」 沖教祖女性部が先行試写会

2021/01/11 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 23955-1.jpg
映画に見入る組合員、教育関係者ら=9日、宮古教育会館

 沖縄県教職員組合宮古支部女性部(下地真喜子部長)は9日、宮古教育会館で4月上映予定のドキュメンタリー映画「弁当の日」の先行試写会を行った。子どもたちの成長が題材の映画に、訪れた組合員や教育関係者は真剣に見入っていた。
[全文記事]

時短要請で市独自協力金20万円上乗せ

2021/01/10 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23946-1.jpg
記者会見を行う下地市長=市総合庁舎大ホール

 県が飲食店やスナックなど接待を伴う遊興施設に要請している営業時間短縮の対象地域に宮古島市が追加されたことを受け、市(下地敏彦市長)は9日、市役所総合庁舎で記者会見を開き、要請に応じた事業所に県が支給する協力金80万円のほか、市独自で20万円を上乗せ支給すると発表した。県に申請される事業者ごとの情報を共有することで手続きを簡略化し、市への申請は不要となる。市はまた、新型コロナワクチンについて、1月中に準備班を組織、国や県と連携して迅速な接種に取り組むとし、2020年度内に高齢者にワクチン接種券を配布予定であることも明らかにした。
[全文記事]

選挙戦きょう告示 下地、座喜味氏一騎打ちへ

2021/01/10 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23947-1.jpg
下地敏彦氏

 任期満了に伴う第5回宮古島市長選挙が10日告示され、17日の投開票に向けて7日間の選挙戦本番に突入する。立候補を予定しているのは保守系の現職で4選を目指す下地敏彦氏(75)と、オール沖縄・革新系と一部保守系の新人で前県議の座喜味一幸氏(71)の2人で、自公協力体制と市政刷新派による一騎打ちとなる。ただ、新型コロナウイルス感染症拡大で特別警戒が続く中で静かな選挙戦となるのは必至だ。市選挙管理委員会によると9日現在の選挙時登録有権者数は4万4916人(男性2万2602人、女性2万2314人)。
[全文記事]

きょうからメロンウィーク 冬の収穫ピーク迎え

2021/01/10 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 23948-1.jpg
収穫のピークを迎えている宮古島産メロン=島の駅みやこ

 冬の宮古島産メロンが収穫のピークを迎えており、島の駅みやこでは10日~17日に「メロンウィーク」を開催する。メロンを含む一定額以上の買い物をすると、メロンの発送料が安くなる。きょうの日曜青空市でもメロンを販売する。同店ではメロンを冬の特産品にしようと取り組んでおり、この機会に多くの住民に利用してほしいと呼びかけている。
[全文記事]

宮古地方、年平均気温かなり高く

2021/01/10 09時02分配信 - 科学・環境 -

 宮古島地方気象台は8日、「2020年宮古島地方の天候」を発表した。それによると平良下里で年平均気温は24・3度(平年差プラス0・7度)と平年よりかなり高く、年降水量は2504・5㍉(平年比124%)で多く、年間日照時間は1775・3時間(同101%)で平年並だった。12月は月降水量が424㍉で(同323%)と統計開始以降で最も多くなり、日照時間は35・8時間(同35%)とかなり少なかった。
[全文記事]