記事一覧

西辺中たまうつ授業、SDGsで未来考える

2020/05/26 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 22946-1.jpg
宮古島バブル・観光活性化が持つメリットデメリットを話し合う生徒ら=西辺中学校特別活動室

 市立西辺中学校(渡久山英徳校長)のたまうつ授業「宮古島市版SDGsとは」が25日、同校特別活動室で行われた。市エコアイランド推進課の友利紗綾さんと地域おこし協力隊の神林琢さんを講師に迎え、男女計10人の3年生がSDGsについて学んだ。
[全文記事]

夏休み、8月15日~31日に短縮

2020/05/24 09時05分配信 - 教育 -

 宮古島市教育委員会(宮國博教育長)は、新型コロナウイルス感染拡大影響に伴う約1カ月半の臨時休校で不足する市立小中学校の授業時数確保について、8月14日まで1学期を延長し、夏休み期間を8月15日~31日とすることを決めた。22日に開かれた第1回小中学校連絡会のウエブ会議で伝えた。
[全文記事]

甲子園中止、7月県独自大会

2020/05/24 09時04分配信 - 教育 -

 【那覇支局】県高校野球連盟(岩崎勝久会長)は23日の臨時理事会で、新型コロナウイルスの影響で中止が決まった第102回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)に代わり、独自の県大会を7月4日開幕、トーナメント形式で実施することを決定した。
[全文記事]

小中学、冷房の運用開始

2020/05/20 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 22919-1.jpg
冷房が効いた教室で授業を受ける生徒ら=北中学校

 市立幼稚園および小・中学校に設置された冷房の運用が始まっている。子ども達は18日の学校再開と同時に、冷房が効いた教室を初めて体験した。
[全文記事]

宮古島市立幼小中学校が一斉再開

2020/05/19 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 22911-1.jpg
初日の授業は今後の学校生活の過ごし方について確認がなされた=南小学校

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校が続いていた市立の幼稚園と小中学校が18日、一斉に再開した。この日は例年に比べ1カ月以上遅れた入園式、入学式も行われ、ようやく新しい学校生活がスタートした。各校とも時間短縮、参加者制限による規模縮小、「3密」防止、会場入り口での消毒など感染防止の対策が取られた。
[全文記事]

下地小と来間小が統合式

2020/05/19 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 22913-1.jpg
下地小と来間小の統合式に参加した児童ら=下地小多目的室

 市立下地小学校と3月に閉校した来間小の統合式が18日午前、下地小多目的室で開催され、来間の砂川和月(なつき)さん(3年)を下地の3年生と教職員らが歓迎するとともに、統合による新たな同校のスタートと発展を祈念した。
[全文記事]

福嶺小で一人の新入生歓迎

2020/05/19 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 22914-1.jpg
福嶺小に入学した平良椛陽さん(中央)=福嶺小学校体育館

 福嶺小学校(下地辰彦校長)は18日、同校体育館で令和2年度入学式を開いた。同校での新入生は平良椛陽さんの1人での入学式だったが、教職員や在校生16の人歓迎を受けて元気いっぱい自己紹介し、小学校生活をスタートさせた。
[全文記事]

市内16校、583人が入学

2020/05/19 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 22915-1.jpg
新入生らは全員マスク姿で入場した=南小学校

 市教育委員会によると、市内16の小学校の新1年生は合計583人。このうち南小学校(砂川修校長)の入学式は9時半から行われ、89人(男子41、女子48)の新入生が晴れの門出を迎えた。
[全文記事]

あす小中校入学式

2020/05/17 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 22908-1.jpg
入学式に備えて飾り付けられた式典会場=平良第一小学校

 新型コロナウイルス感染症拡大影響で休校が続いていた宮古島市立の幼稚園と小中学校が18日、一斉に再開する。同日は子どもたちが待ち望んでいた入園・入学式も行われ、ようやく新しい生活がスタートする。市教育委員会によると、5月1日現在の小学校新1年生は583人。
[全文記事]

学校再開、関係者喜ぶ「授業時数確保」心配も

2020/05/14 09時05分配信 - 教育 -

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で宮古島市内の幼小中学校は、3月3日から休校。17日に再開したがすぐに学期末休暇に入り、新学期が始まった先月7日から約40日の長期にわたり休校措置がとられていた。18日からの一斉再開の決定を受け、学校関係者、保護者、児童生徒から再開を喜ぶ声が上がっている。しかし、その一方で緩和することで感染の拡大を懸念する声やこれまでの授業時数の確保、学校行事の縮小などについて心配する声も聞かれた。
[全文記事]

ページ移動