記事一覧

6人が最優秀賞 障害者週間文化作品展

2021/12/23 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25517-1.jpg
座喜味市長と記念撮影する受賞者ら=市役所大ホール

 2021年度障害者週間文化作品展の表彰式が22日、市役所で開かれた。障がい者たちによる作品89点の中から市民251人の投票で選ばれた受賞者を表彰。座喜味一幸市長が受賞者一人ひとりに賞状を手渡し祝いの言葉を送った。
[全文記事]

平良中、金管8重奏が九州出場 県アンサンブルコンテスト

2021/12/23 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25518-1.jpg
県代表で九州大会に出場する金管8重奏のメンバー(2人欠席)=平良中学校

 第46回県アンサンブルコンテストがこのほどうるま市民芸術劇場で開催され、平良中学校吹奏楽部の金管8重奏とサックス5重奏が金賞を受賞した。このうち金管は来月2月12、13日に熊本県で開催される九州アンサンブルコンテストに出場する。
[全文記事]

市議会定例会 27議案を全会一致で可決

2021/12/22 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25509-1.jpg
各常任委員会委員長の報告を踏まえて議案を可決した市議会12月定例会最終本会議=市議会本会議場

 宮古島市議会(上地廣敏議長)の12月定例会は21日、最終本会議を開き、上程されていた2021年度一般会計補正予算を含む27件の議案をいずれも全会一致で可決した。今定例会には一般会計予算で、18歳以下に対する子育て世帯等臨時特別支援などで2回の補正計11億4211万円が計上され、開会当初上程の17億2126万円も含めて3回合計28億6337万円が追加された。議決後の歳入歳出総額は426億1985万円となった。
[全文記事]

伊良部球場こけら落とし 東京六大学準公式野球が対抗戦

2021/12/22 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 25510-1.jpg
6大学の選手を前に始球式を行う座喜味市長=伊良部野球場

 東京六大学準硬式野球連盟(宮内孝知会長)は21、22の両日、同連盟結成75周年記念のキックオフイベントとして、宮古島市で対抗戦を行う。21日には伊良部球場のこけら落としとして、六大学選抜と宮古島選抜の記念試合も実施。座喜味一幸市長が始球式を担った。同球場は伊良部佐和田の平成の森公園内で、市が2020年度から整備を進めてきた。六大学は宮古島ドリームズへの野球教室を開いたほか、宮古高校野球部との合同練習も行う予定。
[全文記事]

選手100人らが軽石除去 遠征で地域貢献

2021/12/22 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25511-1.jpg
軽石撤去のボランティア活動を行う学生選手ら=20日、高野漁港沿い海岸

 21、22の両日の対抗試合で宮古島に遠征中の東京六大学準公式野球連盟(宮内孝知会長)は20日、高野漁港沿い海岸で軽石撤去のボランティアを行った。東京、早稲田、慶応、立教、明治、法政の6大学の選手約100人のほかマネージャーや役員ら多くの関係者で取り組み、土のう袋500枚分の軽石を集めた。
[全文記事]

宮古島甲子園PJ 球児応援ステッカー、購入呼び掛け

2021/12/22 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25512-1.jpg
6団体がステッカーを購入した。右から3人目が平良会長=ホテルニュー丸勝前

 宮古島甲子園プロジェクト(平良勝之会長)の球児応援ステッカーを宮古島商工会議所など6団体が計500枚購入した。平良会長は20日、平良西里のホテルで会見し、宮古島から甲子園初出場を目指し機運を高めるため、市民に広く購入を呼び掛けた。
[全文記事]

県アンサンブルコンテスト 宮古高2部門で金賞

2021/12/22 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25513-1.jpg
県アンサンブルコンテストで金賞に選ばれたクラリネット6重奏=宮古高校音楽室

 第46回県アンサンブルコンテストがこのほど、うるま市民芸術劇場で開催され、宮古高校吹奏楽部のクラリネット6重奏と金管8重奏が金賞を受賞した。このうちクラリネットは来年2月12、13日に熊本県で開催される九州アンサンブルコンテストに出場する。
[全文記事]

10万円、年内に一括給付へ 子育て世帯支援で補正予算計上

2021/12/21 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 25504-1.jpg
座喜味市長(中央)が9次補正予算を追加提案した=市議会本会議場

 宮古島市(座喜味一幸市長)は20日、市議会12月定例会に子育て世帯等臨時特別支援事業に5億2296万円を計上した一般会計9次補正予算案を提出した。委員会付託を省略し21日の最終本会議で表決される。可決された場合、市は児童手当を受け取っている家庭には23日に10万円を一括で振り込む方針。8日に提出した8次補正予算では5万円を先行給付し残り5万円分の扱いは未定としていたが、急ピッチで給付体制を整えた形だ。
[全文記事]

300人が軽石撤去、70トン以上 浦底ビーチ

2021/12/21 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 25505-1.jpg
子どもから大人まで多くの市民が参加し軽石を撤去した=19日、城辺の浦底ビーチ

 宮古島市(座喜味一幸市長)は19日、ちゅら島環境美化全県一斉清掃で、城辺の浦底ビーチの軽石撤去と漂着ゴミの回収を行った。座喜味市長をはじめとした市職員、市議、ボランティアで参加した市民ら総勢300人もの人数が参加し、午前10時から正午ごろまで美化活動に汗を流した。最後まで一緒に作業した座喜味市長は「宮古島市民の社会に役立ちたいという思いは凄い。行政がどうやってそれを引き出すか」と語った。
[全文記事]

特色ある自然の保全を 生物多様性シンポジウムin宮古島

2021/12/21 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25506-1.jpg
宮古諸島の生物多様性をテーマに行われたシンポジウム=19日、ホテルアトールエメラルド宮古島

 県自然保護課主催の生物多様性おきなわブランド発信事業シンポジウムin宮古島が19日、平良下里のホテルで開催された。沖縄を代表する専門家による講演や討論が行われ、特色ある宮古諸島の貴重な固有生物や自然環境の保全を呼び掛けた。宮古高校科学クラブの生徒も研究を発表した。このシンポジウムは生物多様性の保全と利用の両立を目的とした生物多様性保全利用指針OKINAWA「宮古・久米島編」(暫定版)公開に伴い行われた。
[全文記事]