記事一覧

かつての姿を後世に 自治会、来間ガーを復元工事

2014/10/11 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11242-1.jpg
復元工事によって海までの水路が掘削された来間ガー=来間島

 かつては海まで注いでいた来間ガーの流れを取り戻そうと、 来間自治会 (来間得良会長) は周辺の復元工事を行っており、 10日にはガーからの水路が海岸に開通した。 島で唯一の水源であり、 本土復帰の頃1975 (昭和50) 年に海底送水管ができるまで女性や子どもが水を汲み険しい崖を運んでいた場所であり、 元の姿を後世に残していこうと工事を実施した。 今月末には完成を予定している。 またガーにまつわる民謡 「かすきだな」 の保存も行っていく。
[全文記事]

健康づくり意識高めて、がんずぅまつり盛況

2014/10/04 21時07分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11212-1.jpg
肥満防止に向け、 有酸素運動の実技指導も行われた=市中央公民館

 健康・長寿県の復活を目指して制定された 「健康おきなわ21」 (第2次) の推進と地域全体の健康づくりに対する意識高揚を目的にした 「ちゃーがんずぅまつり~みんなで目指そう健康長寿」 (主催・県宮古福祉保健所、 共催・宮古島市) が4日、 市中央公民館大ホールであり、 市民多数が参加した。 県立宮古病院医師の嵩原章太さん、 大浜第一病院・運動指導士の山城麗子さんが講師を務め、 生活習慣病予防対策や体にいい体操などを指導した。
[全文記事]

集団健診で早期予防を 市、未受診者に呼びかけ

2014/09/17 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11095-1.jpg
集団健診で血圧測定などを受ける住民ら=平良保健センター

 宮古島市の2014年度の集団健診が、 8月19日から9月27日まで平良保健センターなどで行われている。 城辺・上野・下地・伊良部地区の受診者が前年度より減っていることから、 市では16日から平良地区住民を対象に同センターで行っている健診に 「平良地区以外の未受診者も受けてほしい」 と呼びかけている。
[全文記事]

「島の誇り、宝物」 多良間村、豊里マツさん100歳祝う

2014/09/13 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11070-1.jpg
伊良皆村長 (右) から100歳祝いを贈られ家族に囲まれる豊里マツさん=多良間村、 豊里さん宅

【多良間】多良間村 (伊良皆光夫村長) は12日、 満100歳の豊里マツさんを祝って記念品を贈呈した。 豊里さんは子6人、 孫9人、 ひ孫8人、 玄孫4人。 洗濯と散歩をするのが日課でつい最近まで畑仕事もしており、 いまも元気に家族と楽しく生活しているという。
[全文記事]

健康づくり推進員育成、19人が修了 11人は委嘱状も

2014/09/04 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11019-1.jpg
健康づくり推進員育成講座の修了証書を受けた受講者ら=下地保健福祉センター

 2014年度健康づくり推進員育成講座の閉講式及び委嘱状交付式が3日、 下地保健福祉センターで行われた。 平良哲則生活環境部長が8月上旬からの4回講座で地域の健康問題、 生活習慣病予防、 運動やウォーキングの基本などを学んだ19人に修了証書を授与した。 また健康づくり推進員として活動する11人に委嘱状が交付された。
[全文記事]

一人暮らしでも健康な食生活を…多良間中で食育講座

2014/08/23 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 10940-1.jpg
食育実践講座で調理実習に取り組む中学生3年生たち=20日、 多良間中学校

【多良間】学校栄養士と家庭・地域が連携した食育実践講座 (主催・県学校栄養士会など) が20日、 村立多良間中学校で行われた。 中学卒業後は進学のため島を離れて一人暮らしを始める3年生たちが、 健康な食生活を送れるよう食に関する知識や栄養バランスの良い食事、 また給食の大切さなどを学んだ。
[全文記事]

「野菜不足どう解消」親子で楽しく食育

2014/08/21 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 10928-1.jpg
ワークショップで子どもに野菜を食べさせる方法を話し合う参加者たち=19日、 南小体育館

 宮古地区学校給食協議会・学校保健会 (屋嘉比邦昭会長) の食育講演・ワークショップが19日夜、 南小学校体育館で行われた。 「親子で楽しく食育について学ぶ」 をテーマに琉球大学健康づくり支援プロジェクトLibが講師を務め、 子どもたちに不足しがちな野菜をどう食べさせるかを参加した親子に講演やワークショップを通じて考えてもらった。
[全文記事]

健康食を市民普及 食改協が考案レシピの料理教室

2014/08/15 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 10890-1.jpg
食改推進員が考案した健康料理をつくる参加者たち=下地保健福祉センター調理場

 宮古島市食生活改善推進員協議会の生活習慣病予防を考えた健康食料教室が14日、 下地保健福祉センターで行われた。 食生活改善推進員が考案したレシピの市民への普及を目的に開かれ、 パパイヤやパルダマ、 ヘチマ、 ドラゴンフルーツなど地元農産物を材料に塩分や脂質を抑えたメニューを料理した。
[全文記事]

夏の食中毒にご用心、食品衛生月間でキャンペーン

2014/08/14 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 10884-1.jpg
キャンペーン活動の一環で食品売り場を視察する高校生監視員と山川所長 (右) =サンエーST食品館

 県宮古福祉保健所 (山川宗貞所長) と県食品衛生協会宮古支部 (砂川靖夫支部長) は13日、 市平良のスーパーで2014年度食品衛生月間キャンペーンを展開。 「一日食品衛生監視員」 に任命した地元高校生、 保育園児らとともに店内監視、 チラシ配付等を実施し、 同月間の趣旨をアピールしたほか、 市民や食品取扱施設に向け、 食中毒予防のための取り組み強化を訴えた。
[全文記事]

「健康づくりのリーダーに」 推進員養成講座スタート

2014/08/13 09時06分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 10880-1.jpg
養成講座オリエンテーションで互いに自己紹介する受講者たち=下地保健福祉センター

 宮古島市 (下地敏彦市長) の2014年度健康づくり推進員養成講座が12日から、 下地保健福祉センターで開講した。 同講座は市民の健康づくりへの関心を高めるため、 市民と行政のパイプ役、 地域のリーダー役を育成するため開かれ、 受講後に希望者を同推進員として登録していく。 今回は22人が受講し、 地域の健康問題や生活習慣病予防、 運動やウォーキングの基本などを全4回の講座で学んでいく。
[全文記事]

ページ移動