記事一覧

宮古ー羽田、来月5日再開へ

2020/05/24 09時03分配信 - 産業・経済 -

 全日本空輸(ANA)は22日までに6月1日~31日の運航ダイヤを発表した。新型コロナウイルス感染症拡大影響による航空需要落ち込みで運休していた、宮古と羽田(東京)を結ぶ路線を5日から不定期で運航再開するとしている。宮古―那覇についても減便措置を緩和し、1日1往復程度を増やすと見られている。
[全文記事]

10万円給付金の申請書発送

2020/05/23 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22931-1.jpg
定額給付金申請書の入った封筒が詰められた段ボールを運び出す郵便局、市の職員ら=平良第2庁舎

 宮古島市(下地敏彦市長)は22日、国民1人当たり一律10万円を支給する特別定額給付金の申請書を発送した。週明けから順次、各世帯に郵送で届けられる。返信後、申請書や添付資料に不備がなければ、早い世帯では6月1日ごろから指定口座への振り込みがはじまる。対象は約2万8千世帯、約5万4千人で、原則として世帯主が申請する。22日午前、市新型コロナウイルス対策給付支援室で地区ごとに分けられた申請書の封筒が入った段ボールの発送作業が行われ、市と宮古郵便局の職員が対応した。
[全文記事]

多良間村、村民に5万円給付を可決

2020/05/23 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22934-1.jpg
伊良皆村長(手前)の給料減額を説明する仲宗根課長=多良間村議場

 【多良間村】多良間村議会(森山実夫議長)の臨時会が22日、村議場で開かれ、伊良皆光夫村長が新型コロナウイルス感染症対策で村民1人当たり5万円、協力事業者に一律10万円を給付し、子育て世帯臨時給付事業で児童手当に1万円上乗せすることを盛り込んだ5902万円を追加する一般会計補正予算と、自らの給与を6月から3カ月間20%減額する条例制定を提出した。審査の結果、いずれも可決された。
[全文記事]

市がタクシー業界に3600万円の支援

2020/05/22 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22926-1.jpg
タクシーと交通弱者支援を示した下地敏彦市長(左)と下地隆之支部長(右)=市平良庁舎

 下地敏彦宮古島市長と、沖縄県ハイヤー・タクシー協会宮古支部の下地隆之支部長は21日、市平良庁舎で会見を行い、地域の公共交通を確保するために支援事業を行うことを明らかにした。
 会見で下地市長は「新型コロナ感染症の拡大防止に向けた国の緊急事態宣言の発令により、移動制限や外出自粛など様々な活動が制限され、本市においても宿泊業、飲食業、運輸業などに大きな影響を与えている。そういった中、暮らしの様々な面において市民の足となる地域公共交通の確保は非常に重要であり、必要最低限の運行台数を確保する経費支援を目的に、公共交通確保支援事業を実施したい」と述べた。
[全文記事]

商工会議所、物販支援サイト開設

2020/05/22 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22927-1.jpg
宮古島商工会議所が開設する宮古島物販支援サイトのイメージ(同会議所提供)

 宮古島商工会議所(下地義治会頭)は21日、新型コロナウイルス感染症拡大影響による在庫処分支援事業(仮称)で「コロナに負けるな『宮古島物販支援サイト』」を開設した。宮古島圏域の食品関連企業が抱える過剰在庫解消と販路促進支援を実施するもの。
[全文記事]

多良川が「イムゲー」発売

2020/05/21 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22925-1.jpg
多良川が発売した宮古島芋酒「イムゲー」

 多良川(砂川拓也代表)は18日、宮古島芋酒「IMUGE.(イムゲー)」を新発売した。これまで芋酒の製造工程から量産が難しく、産業まつりや一部店舗にて数量を限定して販売を行っていたが、電話やメールによる問い合わせなど反響が大きかったことから改良を加え、一般販売にこぎ着けた。
[全文記事]

セリ価格下げ止まり

2020/05/20 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22917-1.jpg
5月期セリの価格は横ばい状態となった=宮古家畜セリ市場

 JAおきなわ家畜市場の5月期肉用牛セリが19日開かれ、368頭の取引が成立(成立率100%)した結果、子牛の平均価格は53万3898円で、前月とほぼ横ばいとなった。
 新型コロナの影響により本土市場の需要が低迷する中、それを反映する形で宮古市場での4月セリ価格も前月比で4万円安となるなど、下落傾向が続いていた。
[全文記事]

コロナ融資が883件と4倍増

2020/05/17 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22905-1.jpg
融資などの相談が増えている宮古島商工会議所の事務所内=平良西里

 新型コロナウイルス感染症対策で、無利子・無担保融資の特別貸付や中小企業セーフティネット資金など国や自治体の融資などを取り扱っている宮古島商工会議所(下地義治会頭)への各種相談が、4月は883件と前年の222件を約4倍も上回っていることが、16日までに分かった。内容も資金融資など金融や税務などがほとんどという。5月に入っても相談は相次いでおり、新型コロナ影響で業績の落ち込みを懸念する中小企業など市内事業所の厳しい状況が浮き彫りとなっている。
[全文記事]

居酒屋も徐々に客足

2020/05/17 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22909-1.jpg
客足が戻り始めた居酒屋、混雑する時間帯も=市内居酒屋

 政府がコロナ対策の一環として部分解除を宣言したり、県や宮古島市も学校の再開を示す中、市内では徐々にではあるが居酒屋や飲食店に客の戻りが見られ始めている。
[全文記事]

下地島空港に初の羽田線、スカイマーク就航へ

2020/05/15 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22895-1.jpg
羽田空港を結ぶ航空路線にスカイマークがトライアル運航する予定となった下地島空港=伊良部佐和田の同空港外観

 国土交通省は14日、羽田発着枠政策コンテストの評価結果を公表し、みやこ下地島空港と羽田空港を結ぶ航空路線がトライアル運航ながら初めて就航することになった。スカイマークが運航する。2021年3月末から1年間を評価対象期間とするが、早ければ今年の冬ダイヤ(10月25日)暫定運航を可能としている。スカイマークは15年3月末で宮古―那覇線から撤退しており、宮古島に再び就航することになる。
[全文記事]

ページ移動