記事一覧

一足早く海開き シギラビーチ

2021/03/21 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24265-1.jpg
浅瀬で水浴びを楽しむ家族=19日、シギラビーチ

 南西楽園リゾート(高橋洋二会長)は19日、シギラビーチで海開きを行い、2021年シーズンの営業を開始した。宮古島内のビーチでもっとも早い海開きとなり、観光客らはカヤックや水浴びをして楽しんだ。
[全文記事]

パニパニシネマ、バリアフリー上映体験会

2021/03/19 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24255-1.jpg
聴覚障害用メガネをつけた招待客と青潮園職員(右)=17日、よしもと南の島パニパニシネマ

 平良下里の映画館よしもと南の島パニパニシネマ(下地史子館長)はバリアフリー上映の推進のため、聴覚障害者用メガネ型端末MOVERIO(モベリオ)を5台導入。17日、青潮園(加島良枝施設長)利用者5人を『えんとつ町のプペル』上映に招待し体験会を開催した。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2021/03/15 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日3月14日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

「あいのりタクシー」手応え 宮古島市あす終了

2021/03/14 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24232-1.jpg
宮古島MaaSアプリ(左)と沖縄MaaS購入画面=資料画像

 1月25日より実施されていた宮古島MaaSの実証実験が15日終了する。県独自の緊急事態宣言や宮古島市での新型コロナウイルス感染急拡大と重なり観光客が激減した中での実施だったが、地元客へのサービス提供で有意義なデータが得られたとして、事務局は事業を継続する意向だ。
[全文記事]

「鬼滅」初日120人来場

2021/03/13 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24227-1.jpg
来場者が列をなし賑わう受け付けカウンター=よしもと南の島パニパニシネマ、平良下里

 興行収入歴代1位の記録を塗り替えた人気映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の宮古島での上映が12日、始まった。日本最南端の映画館「よしもと南の島パニパニシネマ」=平良下里=で4月11日まで上映される。初日は2回上映。午前58人、午後65人の計123人が来場し話題作を楽しんだ。開演前のシネマには上映を待ち望んでいた学生や親子連れなど多くの市民が駆け付け賑わいを見せていた。
[全文記事]

JTAが貨物臨時便 野菜滞貨防ぐ

2021/03/13 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24228-1.jpg
JTAの職員によって貨物臨時便に積み込まれるゴーヤ=宮古空港エプロン

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は12日、最盛期を迎えている冬春期野菜など生鮮品の滞貨を防ごうと那覇―宮古線に貨物臨時便1往復を運航し、ゴーヤなど5・6㌧を輸送した。新型コロナウイルス感染拡大の影響による減便が続く中、1便当たりの積載貨物量が増加しており、今後も貨物の状況を見ながら必要があれば臨時便で対応する。宮古地区の冬春期野菜は今後さらに増加が見込まれ、農業関係者は「とても助かる」と安堵していた。
[全文記事]

新型コロナ変異株、県内初確認

2021/03/12 09時05分配信 - 社会・一般 -

 県内で新型コロナウイルスの「変異株」が初めて確認されたことが11日、明らかになった。玉城デニー知事が同日午後、県庁で記者会見し、「N501Y」と「E484K」と呼ばれる2種類の変異株に8人が感染したと発表した。
[全文記事]

コロナワクチン、宮古病院「7回可能」に慎重姿勢

2021/03/12 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24222-1.jpg
通常の注射器(左)とインスリン用注射器=資料写真、提供:宇治徳洲会病院

 ファイザー社のワクチンは1瓶から2・25㍉㍑の量になる。1回の接種に必要な量は0・3㍉㍑なため、理論上1瓶から7回の接種が可能だ。通常の注射器では薬剤の一部が注射器内部に残り使用できないため、5回しか採取できないとされる。京都府の宇治徳洲会病院がインスリン用の注射器を用いれば1瓶から7回分採取が可能と発表した。
[全文記事]

来月4日に「海開き」

2021/03/12 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24223-1.jpg
今年の海びらきについて発表する平良部長(右)=宮古島観光協会

 宮古島観光協会青年部(平良勝久部長)は11日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため2021年海族まつり「第43回宮古島の海びらき」を2年連続で規模縮小して開催すると発表した。4月4日に与那覇前浜ビーチで関係者が出席して海の安全祈願と海びらき宣言が行われる。
[全文記事]

震災10年、祈りのハーモニー捧げる

2021/03/12 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24224-1.jpg
震災の犠牲者に黙とうをささげる参加者ら=てぃだの郷

 東日本大震災の犠牲者を追悼するため、宮古フロイデ合唱団(新城悦子団長)と伊良部島のホテルてぃだの郷(猪子立子代表)は11日、同ホテルで「第10回ストリートピアノでつなぐ祈りのハーモニー」と題したセレモニーを行った。この活動は毎年3月11日に実施されており、今回は8道府県15会場で同時に開催された。
[全文記事]

ページ移動