記事一覧

いらぶ大橋海の駅が供用開始

2020/06/02 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22976-1.jpg
テープカットを行う関係者ら=1日、いらぶ大橋海の駅前駐車場

 伊良部島の観光拠点施設として伊良部大橋の伊良部島側に整備された「いらぶ大橋海の駅」が1日、供用開始した。午前10時には同施設の玄関前でオープンセレモニーが行われた。下地敏彦市長、県宮古土木事務所の金城盛康所長らのテープカット、約50人が参列しての式典及び内覧会が開かれ、門出を祝った。セレモニー後は一般客に開放され、賑わいを見せていた。
[全文記事]

沖縄ヤマト運輸、マンゴー出荷に「船舶クール輸送」提案

2020/05/30 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22962-1.jpg
収穫の最盛期にいかに消費者に届けるかがテーマとなった=県宮古合同庁舎

 宮古島市マンゴー産地協議会(会長・福里匡市農政課長)が29日、県宮古合同庁舎で開かれた。この中で今年のマンゴー出荷について、新型コロナウイルスの影響による各航空会社の減便措置で、空路に頼るのが厳しい状況であることが確認。これから来る収穫の最盛期にいかに消費者に届けるかがテーマとなり、同席した沖縄ヤマト運輸の職員が「船舶クール輸送」を農家に向け提案した。
[全文記事]

市の経済支援助成金、来月12日まで期限延長

2020/05/30 09時03分配信 - 産業・経済 -

 宮古島市が新型コロナウイルス感染拡大の影響で一時的に業績が悪化し資金繰りがひっ迫した事業所に一律10万円を助成する経済対策事業で、25日付で申請受付を締め切った「事業者経営支援助成金給付」に要望や問い合わせが相次いでいるとして、29日までに救済措置として期限を6月12日まで延長することを決定した。
[全文記事]

JTA、緩和受け羽田便を来月18日再開

2020/05/30 09時01分配信 - 産業・経済 -

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は29日までに、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で4月17日から運休している宮古―羽田線について、政府の緊急事態宣言が今月25日に解除され、さらに首都圏との間の県をまたぐ移動が6月19日から緩和される見通しとなったことを受け、18日に宮古発羽田着、19日に羽田発宮古着で再開すると発表した。
[全文記事]

いらぶ大橋海の駅、来月1日オープンセレモニー

2020/05/29 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22960-1.jpg
6月1日にオープンする「いらぶ大橋海の駅」の看板(左)と施設=伊良部池間添

 伊良部大橋の伊良部島側に整備された「いらぶ大橋海の駅」を指定管理する伊良部島産業振興(奥濱剛代表)は27日、6月1日の施設のオープンについて概要を発表した。当日は午前10時から県及び市、同社関係者によるセレモニーに続いて、1階の土産・物産フロアと2階のレストランが営業開始する。
[全文記事]

市独自の支援策、申請1000件

2020/05/28 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22952-1.jpg
助成金給付で申請書配布が行われたコーナー=4月27日、平良第2庁舎

 宮古島市が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた事業者に、一律10万円を助成する経済対策事業で、感染症対策関連融資を受けていない宿泊・飲食・マリン関係を対象とした「事業者経営支援助成金給付」が25日(消印有効)に締め切られた。市観光商工課によると、27日までに申請があったのは約900件で、うち約840件を受け付け。交付を決定した約550件を6月5日までに支払い(口座振込)する予定。融資を受けた事業者対象の「中小・零細企業助成金給付」は、これまで100件近くの申請があり、両給付の申請合計は約1000件に上る。
[全文記事]

特別定額給付金、3千件超の申請

2020/05/28 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22953-1.jpg
申請書や添付書類の確認作業に追われる職員ら=平良第2庁舎の給付支援室内

 10万円の特別定額給付金申請が27、28の両日で3千件を超えた。市役所平良第2庁舎1階に設置された宮古島市新型コロナウイルス対策給付支援室には、郵送された申請書類の入った封筒が次々と届けられ、職員らが申請書類の確認に追われた。また、窓口を訪れての提出も多く、手続きを待つ市民の姿が目立った。
[全文記事]

外国客0、復帰後初

2020/05/27 09時04分配信 - 産業・経済 -

 【那覇支局】県文化観光スポーツ部(渡久地一浩部長)は26日、4月の入域観光客数は前年同月比90・9%(77万4100人)減の7万7300人で、外国客は復帰後初となる0人だったと発表した。7万人台は1977年9月以来となり、減少数・率ともに過去最大の落ち込みとなった。
[全文記事]

いらぶ大橋海の駅、観光拠点施設6月供用へ

2020/05/26 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22942-1.jpg
6月1日に供用開始する「いらぶ大橋海の駅」の観光拠点施設=伊良部字池間添

 県道平良下地島空港線「伊良部大橋」の伊良部島側で県が2017年度から整備を進めている橋詰め広場内に宮古島市が19年度で建設した観光拠点施設が6月1日、供用開始する。施設内には1階に地元特産品などを扱う売店、2階にレストランが設けられ、エメラルドグリーンの美しい海、伊良部大橋、宮古本島などの眺望を楽しむことができ、伊良部大橋とともに宮古の新たな観光名所としての活用が期待されている。広場の愛称は「いらぶ大橋海の駅」で、看板も設置されている。
[全文記事]

持続化給付金申請、4日間で56件

2020/05/26 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 22943-1.jpg
サポートセンターでの申請作業デモンストレーションの様子=20日、宮古島商工会議所

 国の「持続化給付金」で、宮古島市が宮古島商工会議所に事業委託して20日に開設した申請サポートセンターを利用した申請が土日を除く25日までの4日間で56件に上り、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で売上が大幅に落ち込んでいる事業者の厳しい現状が改めて浮き彫りとなった。同会議所によると26日以降も予約があり、オンライン申請のみという条件での手続きに困っている事業者は、早めの電話予約で申請するよう利用を呼びかけている。
[全文記事]

ページ移動