記事一覧

未来創造セ建築2工区請負契約 追加議案を提出

2018/03/15 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18902-1.jpg
未来創造センターが建設されている現場=平良東仲宗根

 宮古島市 (下地敏彦市長) は開会中の市議会3月定例会に、 未来創造センター建設工事 (建築2工区) 請負契約の議案を追加する。 14日の市議会全員協議会で説明した。 19日の本会議で一般質問前に上程、 説明、 質疑を行い、 総務財政委員会に付託する。
[全文記事]

住生活基本計画を策定、バリアフリー化など推進

2018/03/14 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18897-1.jpg
下地市長 (右) に住生活基本計画を答申する宮里氏=市役所平良庁舎

 宮古島市住生活基本計画変更計画等策定委員会 (委員長=宮里大八・琉球大学特命准教授) は13日、 下地敏彦市長に対して2018年度を初年度とする同計画案を答申した。 「互いに支え合い豊かに暮らせる宮古 (みゃーく)」 を基本理念とした新計画では、 高齢者や障がい者、 若者・子育て世帯を支える住宅づくり、 多様な居住ニーズ実現、 地域別課題に対応した良質な住環境、 安心安全で質の高い住宅を基本目標に施策の方針、 指標を示している。
[全文記事]

提出書類で印刷ミス、市議会総務財政委員会

2018/03/14 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18896-1.jpg
指定管理者指定の議案などを審査した総務財政員会=市役所平良庁舎

 宮古島市議会3月定例会は13日、 総務財政、 文教社会、 経済工務の3常任委員会が開かれ、 付託されている条例改正をはじめ、 2018年度特別会計、 公共施設の指定管理者指定の各議案の審査に入った。 15日までに各委員会で議案の採決が行われる。
[全文記事]

伊川秀樹氏会計管理者に、18年度県人事異動

2018/03/14 09時05分配信 - 政治・行政 -

【那覇支局】県 (翁長雄志知事) はこのほど、 2018年度本庁部長級職員の定期人事異動について発表した。 発令は4月1日付。
[全文記事]

助成金申請忘れ補正減~市議会が意見

2018/03/13 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18890-1.jpg
本年度一般会計補正予算を全会一致で可決した市議会3月定例会=市役所平良庁舎本会議場

 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の3月定例会は12日、 2017年度一般会計及び9特別会計などの補正予算の先議案件を総務財政、 文教社会、 経済工務の各常任委員会が報告し、 採決の結果いずれも全会一致で可決した。 一般会計補正予算は、 7億212万円を減額し、 総額を408億9215万円とするもの。 報告では衛生費が 「助成金申請忘れの事務ミスが原因」 で補正減があったとし、 再発防止のマニュアルづくりを検討するよう意見が付された。
[全文記事]

伊良皆村長が施政方針「水あり農業」実現向け

2018/03/10 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18875-1.jpg
開会した村議会3月定例会で18年度施政方針を演説する伊良皆村長=同村議場

【多良間】9日に開会した多良間村議会 (森山実夫議長) 3月定例会で伊良皆光夫村長は2018年度施政方針演説を行った。 主要施策として 「水あり農業」 の実現のため農業用水源とかんがい施設整備に関する国営事業の21年度採択に向けた要請活動等の強化、 肉用牛の担い手育成等を目的とした畜産総合ファームの整備、 UIターンの促進及び定住に向けた人口減少対策の再構築などに取り組んでいくとして 「課題克服のため私を先頭に職員ともどもやるべきことを必死に実行していく覚悟」 と語った。
[全文記事]

市議会予算委員会 18年度一般会計を可決

2018/03/09 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18867-1.jpg
新年度一般会計予算案を審査した市議会予算決算委員会=市役所平良庁舎本会議場

 宮古島市議会3月定例会は8日、 予算決算委員会 (山里雅彦委員長) が開かれた。 委員会設置に伴う一般会計予算審査は2018年度が初めて。 スポーツ観光交流拠点施設 (ドーム) の使用料について市当局は、 基本計画に基づいて算定した前年度当初の1108万円に対して実績見込みが大きく下回ることを踏まえ、 新年度で465万円を計上したことを明らかにした。 一方で歳出では同施設予算を約3300万円としており、 使用料とネーミングライツ収入の300万円を加えてもなお、 大きな差額となっている。 同日は歳入、 歳出について質疑を行い、 全会一致で可決した。
[全文記事]

生活保護世帯減少、扶助費3億円減に

2018/03/08 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市議会3月定例会の文教社会委員会 (平良敏夫委員長) が7日、 市役所平良庁舎で行われた。 市福祉部が生活保護の相談件数が減少していることから2017年度の扶助費を3億円減の19億5600万円とすることなどを説明した。 一方、 委員からは市の事務処理ミスによって生活保護費の支給漏れについて質問があり、 市生活福祉課の亀川隆課長が 「全額支給の請求については県の指導を受けながら国と協議したうえで判断したい」 と答えた。
[全文記事]

個人情報保護条例に罰則規定設ける

2018/03/07 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18853-1.jpg
上程されている条例案などの質疑が行われた=市役所平良庁舎

 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の3月定例会は6日の本会議で、 上程された条例関係及び施設の指定管理の議案などに対する質疑が行われた。 この中で市当局が個人情報保護条例に罰則規定を設けることなどを説明。 宮国高宜総務部長は 「従来の公務員の守秘義務に加え、 罰則規定を設けることでより厳格に個人情報を取り扱うことなどができる」 と強調した。
[全文記事]

市申請手続き忘れ廃家電移送できず保管

2018/03/07 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18848-1.jpg
中間処理業者のコンテナに保管されている廃家電品=平良西里

 一般財団法人家電製品協会からの助成を受けて、 沖縄本島に移送されるはずの廃家電について市環境衛生課が申請手続きを行わなかったことで、 昨年11月から島内の中間処理業者の敷地に保管されている。 5日に行われた市議会 (佐久本洋介議長) の3月定例会で国仲昌二氏の質問に市当局が答えたもの。
[全文記事]

ページ移動