記事一覧

重機入れない海岸に強力吸引車で軽石回収

2022/04/02 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25935-1.jpg
強力吸引車による軽石回収を実演する中道環境開発の社員=城辺浦底海岸

 地下ダム工事の建設汚泥の回収・リサイクルなどを行っている中道環境開発(熊本県、中道和徳代表)は1日、城辺浦底海岸で強力吸引車を使った軽石回収の試験施工見学会を行った。海岸までホースを伸ばして回収するため重機や回収機械、車両が入りにくい場所での作業に適しているという。
[全文記事]

きょうから4月 官公庁など新年度スタート

2022/04/01 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25927-1.jpg
宮古保健所構内に植栽されたデイゴの花が満開となった=平良東仲宗根

 〇…きょうから4月。官公庁や民間企業は2022年度の新たな業務がはじまり、新採用の職員や社員が社会人としての一歩を踏み出す。宮古島市は新型コロナウイルス感染症発生から2年目の年度始めとなるが、第7波が懸念されるなど収束の見えない不安な状況がまだ続きそうな気配だ。
[全文記事]

宮古島市、25人が定年退職 

2022/04/01 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25928-1.jpg
式典後に記念撮影する定年退職者ら=市役所正面玄関

 宮古島市(座喜味一幸市長)の2021年度退職辞令交付式が31日市役所大ホールで行われ、市長部局、水道事業、教育委員会、消防本部の定年退職者ら25人が座喜味市長らから退職辞令を受け取った。駆け付けた多数の同僚や家族らが長年の労をねぎらい、退職者らは公務員生活を終えた。
[全文記事]

市教育事務所、校長らに退職辞令交付式

2022/04/01 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25929-1.jpg
退職辞令交付式で記念撮影する教職員ら=県宮古合同庁舎(提供)

 宮古教育事務所(宮城克典所長)は31日、県合同庁舎5階で校長をはじめ教職員に対する退職辞令を交付した。宮城所長は元号が3度変わり、週5日制や学習指導要領改訂、外国語活動、デジタル化などを踏まえて「歩んだ道のりは激流にもまれながらの厳しい道のりだったが、強い信念で乗りきった」と述べ、長年にわたる教育活動を労った。
[全文記事]

北中1期卒同窓会、還暦記念に寄付金

2022/04/01 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25930-1.jpg
還暦記念の寄付金が池間会長(手前右)から砂川校長(同左)に手渡された=北小校長室

 宮古島市立北中学校第1期卒同窓会(池間康会長)のメンバーが31日、母校の市立北小学校に砂川靖夫校長を訪ね、「母校の後輩たちの教育環境整備に役立ててほしい」と還暦記念の寄付金を贈呈した。
[全文記事]

サンゴ回復傾向 海中公園環境整備委員会

2022/03/31 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25922-1.jpg
海中公園周辺海域のサンゴの状況について報告された専門委員会=市役所会議室

 2021年度市海中公園環境整備専門委員会(委員長=土屋誠琉球大学名誉教授)が30日、市役所で行われ、同公園周辺海域でサンゴの被度が13・3%と初めて10%を超え、景観上も回復傾向が明瞭になっていると報告された。22年度も引き続きサンゴが自然に加入する基盤の設置や管理を中心とした群集回復の取り組みを実施する予定。
[全文記事]

狩俣栄吉さん、85歳でCDデビュー

2022/03/31 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25924-1.jpg
自ら作詞した演歌を発表した狩俣さん=29日、RBC宮古サテライト

 平良仲宗根の狩俣栄吉さん(85)はこのほど、自ら歌って作詞も手掛けた演歌「男の魂(こころ)」、「縁(えにし)」をCDに収録しRBC宮古サテライトスタジオで発表した。子どものころから歌が好きだったという狩俣さんは75歳を越えたころから歌に夢中になり、「生あるうちに自らの生きざまを形にしたい」との思いで制作に至ったという。
[全文記事]

新型コロナ 宮古島市39人、県内984人

2022/03/30 09時05分配信 - 社会・一般 -

 【那覇支局】県は29日、宮古島市で新たに39人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。1日で30人以上の感染者が確認されるのは2月8日の38人以来、49日ぶり。累計は3950人。多良間村では1人の感染が確認された。累計76人。県内では新たに984人の感染が確認された。900人を超えるのは24日以来、5日ぶり。累計12万189人と12万人台になった。
[全文記事]

大神―島尻定期航路「ウカンかりゆす」就航

2022/03/30 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25917-1.jpg
大神と島尻を結ぶ定期航路に就航した「ウカンかりゆす」=島尻漁港

 平良島尻と大神島を結ぶ定期航路に今月14日、宮古島市(座喜味一幸市長)が2021年度事業で建造し、大神海運(與那城敏社長)が運航する新造船「ウカンかりゆす」(18㌧)が就航を開始した。30日午後、大神島で就航記念式典が催される。
[全文記事]

盗難被害の収穫袋の一部見つかる 上野字野原

2022/03/29 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25912-1.jpg
見つかったハーベスターの収穫袋=上野字野原

 市内で盗難が相次いでいるハーベスターの収穫袋の一部が上野字野原で放置されているのが発見された。28日までに被害にあったオペレーター6人が宮古島警察署に被害届を出した。宮古地区ハーベスター運営協議会には34枚の盗難と見られる被害が報告されている。収穫袋の盗難は毎年のように発生しており、同協議会ではサトウキビの積込作業後には早めに回収するよう呼び掛けている。
[全文記事]

ページ移動