記事一覧

結の橋学園と北中城小の児童ら楽しく交流

2019/06/20 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21457-1.jpg
グループに分かれ結の橋、北中城の児童が交流し親交を深めた=結の橋学園

 沖縄本島中部、北中城村立北中城小学校(目取真康司校長)の5年生児童109人、引率教諭8人が19日午後、伊良部島に2泊3日の予定で来島。結の橋学園の5年生児童37人と交流するとともにホストファミリーの家で楽しいひと時を過ごした。
[全文記事]

鏡原で76㍉の降雨

2019/06/19 09時01分配信 - 社会・一般 -

 17日夜、宮古島地方の一部で強い雷雨が発生。県道平良城辺線は一部区間で水が車道に溢れ、雷鳴が轟くなど通行に支障を来した。
[全文記事]

宮古空港ターミナル総売上高9億5200万円

2019/06/18 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21445-1.jpg
昨年度の事業報告や議案審議などが行われた宮古空港ターミナルの第42期定時総会=ホテルアトールエメラルド宮古島

 宮古空港ターミナル(下地義治社長)の第42期定時株主総会が17日、ホテルアトールエメラルド漲水の間で開かれた。2019年度3月決算によると総売上高は、前年度より4・7%増の9億5222万3000円と堅調に増加した。これは乗降客数の増加により直営店の売上が過去最高となったことなどが好影響を与えた。また、新しい専務取締役に川満勝也氏が就任することになり、下地洋一専務取締役は相談役に就くことになった。
[全文記事]

在沖多良間郷友会総会、新敬老、新高校生を祝福

2019/06/18 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21448-1.jpg
音頭に合わせて乾杯する郷友ら=16日、那覇市のマリエールオークパイン

【那覇支局】在沖多良間郷友会(来間玄次会長)の2019年(第62回)定期総会、敬老会、新高校生激励会が16日、那覇市のマリエールオークパインで行われた。郷友や関係者ら約120人が参加して、19年度活動計画など5議案を審議・承認したほか、新敬老者35人を祝福するとともに互いの健康を喜びながら楽しいひと時を過ごした。今年4月から本島で生活を始めた新高校生5人もそれぞれあいさつし、会場を大いに盛り上げた。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2019/06/17 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日6月16日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

多良間の「抱護」認定証伝達森林学会の林業遺産

2019/06/15 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21435-1.jpg
伝達式で、長嶺部長から認定証を受け取り喜びを見せる伊良皆村長(左)=県庁

【那覇支局】一般社団法人日本森林学会から県内初、国内で34件目の林業遺産として「琉球王朝時代の『多良間島の抱護(ホーゴ)』と『林政八書』」が5月28日に認定され、その伝達式が14日、県庁であった。
[全文記事]

名義変更に異議保良鉱山相続人が弾薬庫計画反対

2019/06/15 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21437-1.jpg
保良鉱山の所有権確認請求裁判などで会見したミサイル・弾薬庫配備反対住民の会など=市役所平良庁舎

 陸上自衛隊が弾薬庫の建設を予定している保良鉱山の開発を行ってきた宮古総合開発が、地権者や相続人を相手に起こした裁判の所有権確認請求事件の口頭弁論が14日、那覇地裁平良支部であった。この裁判は他人の土地でも10年ないし20年の長い期間使っているという事実があるとその人の名義になる制度の時効取得を求めて起こしたもので、同社は長い間使った権利を認める専有を根拠に主張しているという。多数の相続人のうち(14日現在で)3人が建設に反対し名義変更に異議を唱えており、この日の裁判後に代理人の喜多自然弁護士とミサイル・弾薬庫配備反対住民の会がなど4団体が市役所平良庁舎で会見した。
[全文記事]

県内待機児童1702人、宮古島市は12人

2019/06/14 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21430-1.jpg
市別待機児童数表

【那覇支局】県子育て支援課は10日、 ことし4月1日時点の速報値で認可保育施設に入れない県内の待機児童数が前年同期比168人 (9・0%) 減の1702人だったと発表した。 待機児童数は4年連続の減少で、 施設など受け皿が増えたことによる認可定員数の増加が影響した。
[全文記事]

多良間幼稚園園児ら、大きい芋収穫で大喜び

2019/06/14 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21432-1.jpg
芋掘り体験を楽しんだ園児たち=4日、多良間幼稚園

【多良間】多良間幼稚園の園児たちは4日、同園裏の畑に植えた芋掘り体験を行った。教諭らに手伝ってもらいながら土を掘った園児たちは、大きな芋や面白い形の芋が顔を出すと大喜び。
[全文記事]

まるで黄色いじゅうたん

2019/06/13 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21425-1.jpg
 平良宮原地区内のほ場に植えられた緑肥用などのヒマワリが開花時期を迎えて見ごろとなっており、南国の夏の到来を感じさせる鮮やかな花が道行く市民や観光客らの目を楽しませている。
 大小様々に咲く花が道路沿いに彩りを添え、遠目にはまるで黄色い絨毯(じゅうたん)のようだ。

ほ場にヒマワリ咲く

ページ移動