記事一覧

市働く女性の家2017年度利用1万6000人

2018/03/24 21時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18965-1.jpg
各サークルは 「ゆいみなぁフェスティバル」 で活動の成果を披露している=2月10日、 市働く女性の家

 宮古島市働く女性の家によると2017年度の利用者数は3月20日現在、 1万6039人 (個別利用1524人、 グループ活動8529人、 その他5986人) となっている。 過去8年の利用者数で最も多かった12年度の1万4962人を超えた。 男女共同参画関連講座、 育児サポーター養成講座などの事業や書道、 俳句、 コーラス、 ギターなどのサークルが利用。「ゆいみなぁフェスティバル」 では作品の展示や舞台発表で1年間の活動の成果を披露した。
[全文記事]

子どもエイサー体験教室、練習成果を披露

2018/03/24 21時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18964-1.jpg
これまでの練習の成果を披露する子どもたち=北小学校体育館

 第2回子どもエイサー体験教室・ニライカナイミャーク・ちびっこらんど合同発表会 (主催・ニライカナイミャークエイサー太鼓) が24日、 北小学校体育館で行われた。 体験教室で練習を重ねてきた子どもたちが舞台で堂々と練習の成果を発表し、 晴れやかな表情を見せていた。
[全文記事]

「子ども基金」を贈呈、沖縄セルラー

2018/03/24 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18959-1.jpg
上地理事長に子ども基金を贈る田代執行役員(左)=上野児童館

 沖縄セルラー電話は23日、 NPO宮古島市学童保育連絡協議会 (上地常美理事長) とNPO法人いけま福祉支援センター (前泊博美理事長) に 「子ども基金」 を贈った。 県内で子ども支援を行う団体への寄付で、 2017年度は前期、 後期の10団体に贈っており、 宮古島市からは2団体が選ばれた。
[全文記事]

宮高吹奏楽部がこどもえんでミニコンサート

2018/03/24 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18958-1.jpg
ミニコンサートで演奏する宮古高校吹奏楽部員ら=はなぞのこどもえん

 はなぞのこどもえんで23日、 宮古高校吹奏楽部のミニコンサートが行われた。 部員らがミッキーハウスマーチやトトロなど楽しい音楽を演奏し、 園児たちを喜ばせた。
[全文記事]

宮古産トマトの活用学ぶ、農漁村女性組織連絡協

2018/03/24 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18957-1.jpg
ムーラン (野菜漉し器) でトマトをピューレにする講師の望月さん (右) と興味深い様子で学ぶ参加者たち=市働く女性の家ゆいみなぁ

 地産地消を推進するための 「第2回地域産物活用講習会」 (主催・宮古地区農漁村女性組織連絡協議会) が23日、 市働く女性の家ゆいみなぁで行われた。 参加者らは宮古島産トマトを使ったイタリア料理の活用事例を学び、 交流を深めた。
[全文記事]

宮古圏域の10小学校で卒業式 学び舎巣立つ

2018/03/23 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18952-1.jpg
卒業式を終えて校門前で記念撮影する卒業生ら=北小学校前

 宮古島市、 多良間村の小学校10校で22日、 一斉に2017年度卒業式が開催され、 保護者や在校生、 教職員、 市村教育委員会、 県宮古教育事務所、 地域住民ら関係者が見守る中、 卒業生が6年間慣れ親しんだ学び舎をあとにした。 宮古の卒業シーズンは同日で最後となった。 (6・7面に特集)  卒業式が行われたのは、 市立北、 南、 鏡原、 西辺、 西城、 下地、 来間、 上野、 伊良部、 村立多良間の10校。 各校とも体育館で式典を実施し、 胸に花やリボンを飾った卒業生がやや緊張した表情で臨んだ。
[全文記事]

宮工生が定年退職の校長らに手作りかりゆしウェア

2018/03/23 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18951-1.jpg
生徒からのかりゆしウェアの贈呈を喜ぶ伊志嶺校長 (前列右から3人目) ら=宮古工業高校

 宮古工業高校 (伊志嶺秀行校長) で22日、 今月31日付で定年退職する教員4人と教職員10人に 「かりゆしウェア」 が贈呈された。 服飾デザインコースの2、 3年の生徒たちが製作した手作りのかりゆしウェアに教職員らは笑顔。 贈呈後にさっそく身に着け、 「とても似合っている」 との言葉に満足そうな表情を見せていた。
[全文記事]

認知症サポーター講座 17年度は608人が受講

2018/03/23 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18950-1.jpg
認知症サポーター養成講座の活動報告などが行われキャラバン・メイト連絡会=市働く女性の家

 宮古島市認知症キャラバン・メイト連絡会が22日、 市働く女性の家で行われた。 2017年度のサポーター養成講座ではキャラバン・メイト10人で608人が受講したことを報告。 講師役のキャラバン・メイトを務めた沼口克代さんら10人に感謝状が贈られた。
[全文記事]

毎月18日は”市場の日”で公設市場が朝市

2018/03/22 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18944-1.jpg
朝食におにぎりや総菜、 アフなどを買い求める来場者たち=18日、 市公設市場

 宮古島市公設市場で毎月18日 「市場の日朝市」 が開かれている。 午前7時から軽食や野菜の販売、 フリーマーケットなどを行い、 多くの人が市場に足を運ぶきっかけを作ろうとしている。 時代は移り変わり、 昔日の賑わいを取り戻すことは叶わないかもしれないが、 朝市から新しい市場の役割を見つけようと一歩を踏み出している。
[全文記事]

きょう「春分」も寒気 イペー花咲きはじめ

2018/03/21 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18939-1.jpg
強い陽射しが照りつける中で鮮やかな黄色の花を咲かせるコガネノウゼン (イペー) =平良西仲宗根

 21日は24節気の一つ 「春分 (しゅんぶん)」 で、 祝日となっている。 1年のうちでも 「秋分」 「夏至」 「冬至」 とともに重要とされる。 昼夜の長さがほぼ同じとされる。 春分をはさんで前後3日間を 「彼岸」 という。 「暑さ寒さも彼岸まで」 と言われるように、 本格的な春の訪れとされる。
[全文記事]

ページ移動