記事一覧

休刊日のお知らせ

2018/08/13 09時01分配信 - 社会・一般 -

 昨日8月12日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

パヤオの日まつり盛況、、マグロ解体ショーなど

2018/08/12 09時08分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19835-1.jpg
鮮やかな手さばきで行われる 「マグロの解体ショー」 には黒山の人だかりができた=佐良浜漁港

 第12回パヤオの日まつり (主催・宮古地区パヤオ管理運営委員会) が11日、 佐良浜漁港で開催された。 マグロの解体ショーやカツオの一本釣り体験、 海洋生物とのふれあいコーナー、 稚魚の放流など様々なイベントが開催され、 会場に詰めかけた地域住民や観光客らは日頃はできない体験を楽しむとともにパヤオへの関心を深めた。 また新鮮な海産物の販売なども行われ、 多くの人たちが買い求める姿が見られた。
[全文記事]

パヤオの日まつり式典で前泊さんら8人表彰

2018/08/11 21時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19833-1.jpg
「パヤオの日まつり」 表彰者たち=佐良浜漁港

 「パヤオの日まつり」 式典 (主催・宮古地区パヤオ管理運営委員会) が11日、 佐良浜漁港内特設会場で行われた。 マグロ大物賞などに選ばれた8人が同委員会の漢那一浩会長から表彰状を手渡された。
[全文記事]

【パヤオの日まつり写真特集】

2018/08/11 21時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19832-1.jpg
取り上げ式でお披露目された宮古島近海で獲れたキハダマグロ=佐良浜漁港

多彩なイベント賑わう

【パヤオの日まつり写真特集】

新月大潮、ここ数年でも特に「高い潮位に注意」

2018/08/11 21時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19829-1.jpg
潮位が高くなり岸壁を超える海水=午前7時、 久松漁港

 夏から秋にかけては海水温が高いなどの影響により年間で最も潮位が高くなる時期だが、 気象台によると今年はここ数年で特に高くなるという。 新月で大潮の11日、 朝の満潮時には海水が岸壁を超える港もあった。
[全文記事]

本土派遣豆記者が取材報告「貴重な体験伝えたい」

2018/08/11 21時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19828-1.jpg
本土での取材活動を報告する豆記者に参加した生徒=宮古教育事務所

 第57次本土派遣豆記者取材報告会が11日、 宮古教育事務所で行われた。 宮古地区から参加した8人の小中学生が北海道や東京での取材活動や交流での貴重な体験から学んだことを発表。 今回の体験を多くの人に伝え、 これからの学校生活などに生かしていきたいと話していた。
[全文記事]

大集団で子育て、ベニアジサシ繁殖期

2018/08/11 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19824-1.jpg
海岸から少し離れた岩礁でコロニーをつくるベニアジサシ=宮古島市内

 この季節、 大橋を渡っているとそのすぐ横を飛ぶベニアジサシをよく見かける。 素早く軽やかに飛翔する姿が宮古の青い空と海によく似合う。 沖縄諸島には夏鳥として飛来し、 7月末から8月にかけて無人島や岩礁などで繁殖するが、 ときには大集団のコロニーを形成することもある。
[全文記事]

環境の守り方学ぼう、夏休みエコツアー

2018/08/11 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19823-1.jpg
夏休みエコツアーで電気自動車に乗る児童=エコパーク宮古

 宮古島市企画政策部エコアイランド推進課の 「夏休みエコツアー」 が10日、 市内のエコ関連施設などで行われた。 参加した小中学生がエコアイランド宮古島の取り組みをはじめ、 どんな施設が環境保全や地球温暖化対策などに役立っているかを学んでいた。
[全文記事]

翁長知事を追悼、県合同庁舎に記帳所開設

2018/08/11 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19822-1.jpg
翁長知事の追悼のために設置された記帳所を訪れた市民ら=県宮古合同庁舎

 翁長雄志知事が8日に逝去したことを受け、 県は10日から県庁や宮古、 八重山、 北部、 中部の各合同庁舎、 東京事務所に追悼のための記帳所を設置した。 県宮古合同庁舎2階の宮古事務所総務課前で17日までの開庁日、 午前8時30分~10時と午後4時~5時に受け付けている。
[全文記事]

下地中生徒が台湾国際交流に出発 日台架け橋に

2018/08/10 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19818-1.jpg
台湾国際交流に出発する下地中学校の生徒たち=宮古空港ロビー

 市立下地中学校 (砂川勝昭校長) の台湾国際交流団が9日、 宮古を出発した。 生徒10人が参加して姉妹校の漢口国民中学校の生徒宅でホームステイをしながら様々な交流を行う。 同校の台湾交流は今年で20周年を迎え、 7月には漢口国民中が宮古を訪れて記念式典が行われた。
[全文記事]

ページ移動