記事一覧

多良間小6年生が環境教育で海岸漂着物調査

2017/12/15 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18381-1.jpg
漂着物調査で海岸のゴミを回収する児童たち=13日、 多良間村仲泊トゥブリ

【多良間】村立多良間小学校 (川上尚栄校長) の6年生は13日、 環境教育として同村内の海岸で漂着物調査を行った。 NPO法人宮古島海の環境ネットワークが講師を務め、 漂着したゴミを回収し分類することで、 発生源の抑制に向けてどんな行動ができるか学んだ。 また海洋中を漂うマイクロプラスチックが動物に及ぼす悪影響についても教わっていた。
[全文記事]

ツノジ御嶽で台風被害の改修祝う

2017/12/14 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18377-1.jpg
柱 (奥) や壁 (左) が修繕されスロープの取り付けられた=ツノジ御嶽

 下地洲鎌にあるツノジ御嶽で13日、 奉賛会 (仲里昌光会長) らが同御嶽の改修が終わったことを報告し祝った。 下地敏彦市長や教育委員会、 建設業者などの関係者ら約20人が出席。 きれいになった柱や壁などを見て喜んだ。
[全文記事]

待機児童数132人で4月から69人増

2017/12/14 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18376-1.jpg
市長の政治姿勢などについて論戦が交わされた一般質問=市役所平良庁舎

 宮古島市児童家庭課によると2017年10月1日現在での待機児童数は132人で4月から69人増となっていることが分かった。 要因として出生や4月1日以降の入所申し込み数に対しての受け皿不足などと分析しており、 来年度は新たに認可外保育所に認可化や保育士確保など待機児童解消へ向けて取り組みを進め、 減少につなげたいとしている。 13日から始まった市議会12月定例会の一般質問で佐久本洋介氏の質問に答えたもの。 この日は佐久本氏のほか4人が登壇し市政全般について当局を質した。
[全文記事]

立て看板設置で車上ねらいに注意喚起

2017/12/14 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18374-1.jpg
車上ねらいへの注意を促す看板を設置した関係者=12日、 島尻漁港

 宮古島地区防犯協会 (前川尚誼会長) は12日、 平良島尻の島尻漁港で 「車上ねらい」 への注意を促す立て看板を設置した。 前川会長や同協会員をはじめ、 宮古島警察署員や防犯島尻パーントゥ支部員も協力し、 2カ所に看板を設置した。
[全文記事]

大相撲巡業で関取ら病院慰問

2017/12/13 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18369-1.jpg
嬉しくて思わず豊ノ島さんに抱き着く利用者=徳洲会病院

 2017年冬巡業 「大相撲宮古島場所」 で宮古島に来島している豊山さんらが12日、 平良松原の宮古島徳洲会病院を訪れ、 通所リハビリテーションの利用者らを慰問した。 現役力士を目の前に利用者らは目を輝かせ、 中には握手の際思わず力士に抱き着く人もいた。
[全文記事]

城辺統合中用地選定の白紙撤回要請

2017/12/13 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18368-1.jpg
パーマー代表が要請文を読み上げ下地市長 (右) に手渡した=市役所平良庁舎

 砂川・城辺・福嶺保護者および住民有志会 (パーマー園江代表) のメンバーが12日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 城辺地区統合中学校用地選定について教育委員会の説明が不十分などと指摘し、 白紙撤回を求めた。 これに対して下地市長は 「要請は受け取るが議会の流れを見たい」 など話した。
[全文記事]

宮古島海中公園入園者50万人達成記念セレモニー

2017/12/12 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18366-1.jpg
50万人目の入園者となり喜びの表情を浮かべる狩俣さん一家 (左側) =10日、宮古島海中公園前

 宮古島海業管理センター (代表・豊見山健児宮古島観光協会長) が管理、 運営する宮古島海中公園の入園者数が10日、 50万人を達成した。 記念のセレモニーが同日午後催され、 50万人目となった狩俣秀樹さん (34) =平良狩俣=一家を豊見山代表、 職員らがくす玉と花束で迎え、 宮古―那覇間の往復航空券や宮古島産のクルマエビなどを贈り、 祝った。
[全文記事]

宮古島への陸自配備計画で保良部落会が反対決議

2017/12/12 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18365-1.jpg
陸自宮古島配備で弾薬庫などが予定されているとされている 「保良鉱山」 =城辺保良の県道南岸線沿い

 防衛省が陸上自衛隊宮古島配備でミサイル弾薬庫・射撃場訓練場について城辺保良の南海岸に位置する採石場 「保良鉱山」 を予定しているとの一部報道を踏まえ、 保良部落会 (砂川春美会長) は10日に開いた臨時総会で配備反対を賛成多数で決議した。 今後、 防衛省及び市当局などに決議文を送付するとともに、 反対の署名活動などを展開する方針も確認した。
[全文記事]

下地中が恒例の強歩大会 生徒ら47キロに挑戦

2017/12/12 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18362-1.jpg
号砲とともに一斉に正門からフィールドへ駆け出す生徒たち=10日、 下地中学校正門前

 市立下地中学校 (砂川勝昭校長) の2017年度第37回強歩大会が10日、 同校を発着し東平安名崎を折り返す47・4㌔のコースで行われ、 生徒たちが歩きながら互いの和を深め、 完歩を目指した。
[全文記事]

宮古高校で交通安全講話 交通事故の怖さ学ぶ

2017/12/12 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 18361-1.jpg
中地交通課長 (右) の講話を熱心に聴く高校生たち=宮古高校

 県立宮古高校 (平良智枝子校長) で11日、 3年生を対象にした交通安全講話が行われた。 宮古島警察署 (大城辰男署長) の中地誠交通課長が講師を務め、 高校生に関係の深い交通事故や飲酒運転などについて多くの事例を通して危険性を示した。
[全文記事]

ページ移動