記事一覧

宮古病院にカステラ100個寄贈 亀川菓子店、2日かけて調理

2021/12/03 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25428-1.jpg
本永院長(中)にカステラを寄贈し記念撮影に応じる亀川さん夫妻=宮古病院

 創業64年の老舗、亀川菓子店(平良下里)は2日、宮古病院に黒糖カステラ100箱を寄贈した。亀川弘代表と妻のミツ子さんが病院に本永英治院長を訪ね直接手渡した。約2年間の新型コロナウイルス感染症への対応に感謝を込めたもの。長女の成子さん、次女のまさよさんも同席した。
[全文記事]

狩俣漁港で軽石撤去作業

2021/12/02 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25423-1.jpg
大量の軽石を除去するため、地元漁師らが重機を用いて作業を行った=狩俣漁港

 狩俣漁港内にスロープ状の物揚げ場が埋め尽くされるほどの大量の軽石が漂着したことが1日、確認された。地元漁師らは建設業者から機材の提供を受け、同日早朝から撤去作業に追われた。市によると、漁港への漂着としては同漁港ほどの被害は他に確認されていない。市は予算措置を講じ支援する方針だ。
[全文記事]

市役所1階で障害者週間文化作品展 10日まで

2021/12/02 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25424-1.jpg
展示作品を興味深そうに鑑賞する家族=市役所1階エントランスホール

 2021年度障害者週間文化作品展が11月30日から市役所1階エントランスホールで開かれ、全89点の個性豊かな作品を展示している。標語部門で最優秀賞に輝いた加島良枝さんの「認め合う 心がつくる バリアフリー」がテーマ。そのほかの部門については来場者の投票で選ぶ。市障がい福祉課は多くの来場と投票を呼び掛けている。10日まで。
[全文記事]

県警 飲酒運転逮捕者を雇用者に通知 宮古初の4事業者と協定

2021/12/01 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25416-1.jpg
(左から)大城部長、下地副社長、黒島会長、岡部支配人、奥平部長、田場署長=宮古島警察署

 沖縄県警察は11月30日、飲酒運転根絶に向けた情報通知制度の協定を宮古島市内の4事業者(先嶋建設、共和産業、宮古給油所、南西楽園リゾート)と結んだ。飲酒運転の逮捕者が締結先の従業員であると分かった場合、勤務先に逮捕日時などを知らせるもの。同協定を18事業者が結んでおり、宮古島警察署管内では初めての締結となる。同署で行われた締結式で、関係者らは飲酒運転撲滅に向け官民連携して取り組むことを誓った。
[全文記事]

県社会福祉功労で4人、知事表彰

2021/12/01 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25417-1.jpg
社会福祉事業功労者県知事表彰伝達で(左から)仲村さん、座喜味市長、伊志嶺さん、洲鎌さん=11月29日、市役所応接室

 宮古島市の民生・児童委員として長年にわたって地域で活動する伊志嶺一二三さん(64)=腰原(担当、以下同じ)と洲鎌多美子さん(71)=野原越、平良美智子さん(73)=伊良部、仲村幸子さん(73)=前里添5区=の4人が、2021年度社会福祉事業功労者で県知事表彰を受彰した。11月29日、市役所応接室で伝達式が行われ、座喜味一幸市長が賞状を手渡した。
[全文記事]

宮古島市前教育長の宮國氏が文科大臣表彰

2021/12/01 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25419-1.jpg
地方教育行政功労者で文科省大臣表彰を受けた宮國氏(中)と座喜味市長(右)、大城教育長=市役所応接室

 前宮古島市教育長の宮國博氏(76)に対する文部科学省地方教育行政功労者表彰及び九州都市教育長協議会表彰の伝達式が30日、市役所応接室で行われ、座喜味一幸市長、大城裕子教育長が賞状を贈呈し、市教育行政への尽力をたたえるとともに、今後のさらなる活躍を祈念した。
[全文記事]

休刊のお知らせ

2021/11/29 09時00分配信 - 社会・一般 -

 昨日11月28日(日)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

狩俣海岸に大量の軽石 きょう以降各地漂着か

2021/11/28 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25405-1.jpg
漂着した大量の軽石に覆われた砂浜=平良狩俣

 平良狩俣の海岸に27日、大量の軽石が漂着しているのが確認された。第11管区海上保安部が26日の調査で、同海岸沿岸に確認していたものが流れ着いたとみられる。宮古島市は保良漁港を、池間漁業協同組合は池間漁港を閉鎖し警戒を強めている。海洋開発研究機構(JAMSTEC)は軽石漂流シミュレーションで、宮古諸島に28日から12月上旬にかけてさらに大量の軽石が流れ着くと予測しており、漁業や観光業への影響が懸念される。
[全文記事]

「地域のために行動」 宮古青年会議所60周年祝う

2021/11/28 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25407-1.jpg
60周年を迎え、感謝と決意を語る具志堅理事長=ホテルシギラミラージュコンベンションルーム

 宮古青年会議所(具志堅貴昭理事長)の設立60周年記念式典・祝賀会が27日、上野新里のホテルシギラミラージュで開かれ、会員をはじめシニア会会員、地域の経済界や行政関係者、他地域青年会の会員らが出席し、同会議所のさらなる発展と青年らの活躍を祈念した。同会議所は1962年に「宮古青年商工会議所」として設立。20~40歳の若年団体として「修練、奉仕、友情」を信条に掲げ、東京直行便誘致や宮古まつりのミス宮古・綱引き、JC杯少年野球大会、さらには各種の講演会などの活動を精力的に展開してきた。
[全文記事]

青い海へジャンプ! 来間大橋でバンジー体験

2021/11/27 09時03分配信 - 社会・一般 -

 第23回沖縄宮古島観光感謝祭(主催・市、共催・宮古島観光協会)は2日目の26日、現地視察が行われ、旅行商品造成に役立ててもらおうとルーフトップバスによる島巡りなどで観光地を紹介した。来間大橋ではバンジージャンプ体験が行われ、参加した旅行社の社員が青い宮古の海へのジャンプに挑戦した。
 バンジージャンプは観光感謝祭に合わせて群馬県から専門事業者を呼んで特別に許可を得て行われ、感謝祭参加者だけでなく地元住民も楽しんだ。大橋の最も高い22㍍からジャンプし、海面近くに達するとロープによって再び弾むように舞い上がっていた。
[全文記事]

ページ移動