記事一覧

透析食レシピクッキング&セミナー

2014/12/15 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11658-1.jpg
セミナーで、 リンの重要性について説明する西岡氏 (奥) =市働く女性の家

 透析食レシピクッキング&セミナー (主催・バイエル薬品、 県腎臓病協議会) が14日、 市働く女性の家ゆいみなぁで行われた。 透析・慢性腎臓病患者やその家族、 医療関係者など参加した市民らが、 講演や調理実習を通して厳しい食事制限のある透析患者らに合った 「透析食」 などについて認識を深めていた。
[全文記事]

喫煙の悪影響など学ぶ、母子保健推進員研修交流会

2014/11/28 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11550-1.jpg
講演で、 喫煙による健康への悪影響などを強調した山代さん (奥) =平良保健センター

 2014年度宮古地区母子保健推進員研修・交流会 (主催・県宮古福祉保健所、 母子保健推進員連絡協議会など共催) が27日、 市平良保健センターで行われた。 同連絡協議会宮古支部の会員ら多数が参加し、 喫煙による健康への悪影響などについて認識を深めた。
[全文記事]

精神保健への理解求め、ハートフェア賑う

2014/11/28 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11548-1.jpg
利用者の手づくり作品がずらりと並び、 買い求める市民らで賑わったハートフェア=宮古病院

 県立宮古病院 (安谷屋正明院長) の第11回ハートフェア (神谷隼野実行委員長) が同所正面玄関前、 デイナイト室などで行われた。 同院精神科デイ・ナイトケア利用者らが作業療法の一環で作成した手工芸品や木工芸品などが展示紹介・販売されたほか、 ぜんざいやそば、 サーターアンダギーなどの軽食販売、 アトラクションが実施され、 大勢の人で賑わっていた。
[全文記事]

「健康づくり」楽しく考える─がんじゅうタイムin宮古島

2014/11/22 21時07分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11524-1.jpg
「おでかけがんじゅうタイム」 では基調講演、 若者のタメになる健康トークなどが行われた=市中央公民館

 楽しみながら健康づくりについて共に考える機会とする 「おでかけがんじゅうタイム2014IN宮古島市」 (主催・沖縄県) が22日、 市中央公民館で開催された。 メタボリックシンドロームの該当者・予備軍の割合が全国一の沖縄では働き盛り世代の死亡率が高いことから、 その原因となっている生活習慣病の予防を強調。 基調講演した山本聡さん (宮古病院脳神経外科部長) は脳卒中の現状と特徴について説明し、 予防としては 「食べ過ぎないようにして運動すること。 入浴で体を温めることにより血圧を下げることができる」 などと述べた。 若者のタメになる健康トーク 「タメトーク」 も行われた。
[全文記事]

認知症ケアのあり方考える 第一三共web講演会

2014/11/22 21時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11519-1.jpg
アルツハイマー型認知症に関するウェブ講演に耳を傾ける参加者=20日、 うむやすみゃあす・ん診療所

 アルツハイマー型認知症に関するウェブ講演会 (主催・第一三共) が20日夜、 市内平良のうむやすみゃあす・ん診療所で行われた。 筑波大学の朝田隆教授が認知症治療におけるケアの考え方について講演。 また認知症治療薬を使って症状の進行を緩和することのメリット等も解説された。 多くの福祉や介護などの関係者が訪れ、 講演に耳を傾けた。
[全文記事]

地域全体で当事者支える─精神保健シンポジウム

2014/11/18 09時05分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11487-1.jpg
「共に生きる社会を目指して」 のテーマで行われた精神保健福祉普及月間シンポジウム=16日、 県宮古合同庁舎講堂

 精神保健福祉普及月間シンポジウム 「共に生きる社会を目指して~精神障害者が安心して暮らせる地域づくり~」 (主催・宮古福祉保健所) が16日、 県宮古合同庁舎講堂で行われた。 当事者が仕事の出来る喜びや家族、 仲間らの支えに感謝。 支援者はこれまでの活動を説明し、 仕事をサポートしている地域住民は信頼関係のなか笑顔を見せた当事者を紹介しながら 「自分に合った働き方を見つけていけばいい」 などとアドバイスした。
[全文記事]

タバコの害早期周知を 田名さん(声友会)が講話

2014/11/18 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11486-1.jpg
声帯摘出後に経験した苦悩などについて語り聞かせた田名さん (左奥) =県宮古合同庁舎

 県身体障害者福祉協会主催の音声機能障害者・食道発声訓練指導者養成講習会が17日、 県宮古合同庁舎で行われた。 県友声会の田名勉会長が声帯摘出後に悩み苦しんだ経験を振り返り、 「喉 (こう) 摘者の多くはタバコが第一の要因。 本土ではタバコの煙がガンの元ということを小学校の授業から指導徹底している」 と紹介し、 県内でも早期導入する必要性を訴えた。
[全文記事]

「住民のため頑張った」 仲田さん県文化功労賞を報告

2014/11/13 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11449-1.jpg
県文化功労賞を受賞した仲田八重子さん (左3人目) =市役所平良庁舎

 社会福祉部門で2014県功労者表彰を受けた仲田八重子さん (81) =市平良西里=が12日、 市役所平良庁舎を訪れ、 下地敏彦市長に受賞の喜びを報告した。
[全文記事]

きょう「立冬」冬の気配現れる頃 真紅に実るローゼル

2014/11/07 09時06分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11415-1.jpg
お茶などの加工食品に使われるローゼルの実の部分=市内下地

 ○…きょう7日は 「立冬」。 冬の気配が現れ始める頃。 この日から立春前日までが冬となる。 宮古島地方も朝夕は冷え込み、 6日は宮古空港で最低気温19・6度を観測したが、 晴天が続くせいか下地島空港では最高気温27・6度と温度差が大きい。 降水量が少ないことも気にかかる。
[全文記事]

発達障がい子育てのヒントに 堀内さんが講演

2014/10/25 21時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 11337-1.jpg
堀内さんの講演に耳を傾ける大勢の出席者たち=下地農村環境改善センター

 宮古島市 (下地敏彦市長) の子育て講演会 「育てにくい子とハッピーに暮らすヒント」 が25日、 下地農村環境改善センターで行われた。 自閉症スペクトラム支援士で発達障害の子どもを持つ堀内祐子さんが講師を務め、 自らの体験をもとに子育てに役立つヒントやアドバイスを紹介。 会場には大勢の人が訪れて講演に耳を傾けていた。
[全文記事]

ページ移動