記事一覧

九条の会が憲法記念日で「憲法と平和を語る集い」

2019/05/04 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21249-1.jpg
カママ嶺公園にある憲法九条の碑

 憲法記念日の3日、 市内下里の教会で 「憲法と平和を語る集い」 (主催・みやこ九条の会) が開かれた。 参加者らは 「宮古島へのミサイル配備・軍事要塞化阻止のためにも憲法記念日の意義を踏まえ、 多くの市民と連携して 『九条改憲NO!』 を訴えよう」 とするアピール文を採択した。
[全文記事]

大野山林で自然散策、親子らが植物、生き物観察

2019/05/04 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21250-1.jpg
自然散策では生き物や植物などを観察したほかクジャクも発見した=大野山林

 県立宮古青少年の家 (安慶田昌宏所長) の主催事業 「ようこそ、 森のきょうしつへ~初めての大野山林自然散策」 が3日、 同山林などで行われた。 親子連れ約30人が参加し、 前日の雨でヒンヤリとした山林内で生き物や植物を観察しながら、 豊かな自然の大切さを実感していた。
[全文記事]

県2018年度まとめ、宮古地域の森林率18%

2019/05/04 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21251-1.jpg
宮古の森林率は18%と県平均の47%を下回っている=大野山林

 沖縄県が発行している2018年度版 「宮古概観」 に掲載されている森林管理課がまとめた宮古地域の森林率は地域総面積の17・9%となっており、 県平均の46・9%を大きく下回っている。 面積が少なく土壌条件、 台風常襲地であることなどから干ばつや湖・風害等の被害を受けやすいため、 造林事業および治山事業による積極的な森林の造成と保全が重要な課題となっている。
[全文記事]

市ふるさと納税2億6000万円 前年度比減も高実績

2019/05/03 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21242-1.jpg
ふるさと納税の寄附を呼びかけるパンフレットにはマンゴーなど返礼品が掲載されている

 宮古島市企画政策部企画調整課のまとめによると、 2018年度ふるさと納税の実績は件数が2912件、 金額が2億6401万9500円となった。 17年度に比べると件数が23件増、 金額は7987万円減となっている。 納税額3億4388万円と前年度から約5倍となった17年度よりは減額となってはいるものの、 18年度も3億円にせまる高い金額が寄附されている。
[全文記事]

風に乗り綿毛舞う 市内のトックリキワタ

2019/05/03 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21243-1.jpg
次第にふんわりとし、 種子を包んだ綿毛が風に乗って飛んでいく様子などが見られるトックリキワタ=市熱帯植物園

 市内各地で、 秋から冬にかけて花を咲かせたトックリキワタの実がはじけ、 種子を包んだ綿毛を飛ばす季節になっている。 宮古では街路樹や庭木として植えられており、 あちらこちらで枝につり下がった白い綿の塊が見られている。 はじけたばかりのものは見た目も硬そうだが、 次第にふんわりとしてソフトボールほどの大きさになっているものもある。
[全文記事]

沖縄電力2年ぶり1位 18年県内企業売上高ランク

2019/05/03 09時03分配信 - 産業・経済 -

 東京商工リサーチ沖縄支店は2日、 2018年県内企業売上高ランキング上位100社を発表した。 銀行 (信用金庫含む) ・保険などの金融業を除く18年1月期~12月期の上位100社売上高合計は、 前年比1076億1200万円 (5・1%) 増収の2兆2371億2500万円となった。 総売上高は3年連続で伸び、 前年に続き過去最高を更新した。 沖縄電力が2年ぶりにトップに返り咲いた。 大米建設が増収率25・6%で増収率3位に入り、 全体でも前年から大きく順位を上げて35位にランクインした。
[全文記事]

スペースバルーン打ち上げ コンテスト7チーム参加

2019/05/03 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21245-1.jpg
宮古スペースバルーンコンテストで打ち上げられるバルーン=4月30日、 池間漁港

 第1回宮古スペースバルーンコンテスト 「ミッション2019」 (主催・岩谷技研) が4月30日に開幕した。 より多くの 「やってみたい!」 の気持ちに応えたいというテーマから始まった、 この取り組みは中学生以上がスペースバルーンを上空へ打ち上げ、 小さな宇宙開発を体験できるコンテスト。 各チームに共通のミッション 「スペースバルーンを飛ばせ!カメラで 『地球と宇宙と故郷』 をアピールする被写体を撮影せよ」 が課せられ、 技術や工夫を用いて競い合う。 エントリーしたのは7チーム。 島内からは宮古工業高校自動車機械システム科 (生徒6人) が参加した。
[全文記事]

「令和ベビー」は咲良ちゃん 平良・砂川夫妻の3女

2019/05/03 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21246-1.jpg
母・麻衣子さんに抱っこされてぐっすりと眠る咲良ちゃん=奥平産婦人科医院

 5月2日午前5時12分、 宮古島で令和元年初となる赤ちゃんが誕生した。 市内平良にある奥平産婦人科医院 (奥平忠寛院長) で、 平良在住の砂川秀樹さん (41)、 麻衣子さん (33) 夫妻の三女 「咲良 (さら)」 ちゃんが産声を上げた。 身長は49・4㌢、 体重は3096㌘の元気な女の子で、 両親と、 長女の花菜さん (15)、 次女の百花さん (9)、 祖母の松崎幸代さんに囲まれ大きなあくびをしたりする姿がとても愛らしかった。
[全文記事]

鯉のぼり1000匹風なびく、ドイツ村あすからフェスト

2019/05/02 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21238-1.jpg
ステージ広場では準備が着々と行われていた=うえのドイツ文化村

 鯉のぼりフェスト2019を目前に控えた1日、 うえのドイツ文化村では、 1000匹もの鯉のぼりが風になびき、 ステージとなる広場では準備が進められていた。 たくさんの鯉のぼりの中から、 自分の作った鯉のぼりを探し両親に 「見て。 これだよ」 と伝える児童の姿も見られた。 [全文記事]

多良間村、9日から小学1、2年生対象の学童支援塾開講

2019/05/02 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21239-1.jpg
学童支援塾について説明する桃原さん=4月26日、 多良間村コミュニティー施設

【多良間】多良間村教育委員会は、 5月9日から来年3月12日まで1年近くに渡り、 小学1・2年生を対象に 「わんぱく学童塾」 と銘打った学童支援塾を開講する。 同塾を開講するに当たって説明会が4月26日午後6時から、 村コミュニティー施設で開かれた。
 「わんぱく学童塾」 は放課後の居場所づくりと、 子どもたちに基礎学力を身に付けさせるために開校するもので学習環境の充実を図り地域の学力向上支援を目的として実施するもの。
[全文記事]