記事一覧

クララ保育園、開園を関係者ら盛大に祝う

2018/05/19 21時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 19314-1.jpg
関係者らの前であいさつする喜屋武園長=クララ保育園

 小規模保育施設クララ保育園 (喜屋武文代園長) の開園式と祝賀会が19日、 平良西里にある同園で盛大に挙行された。 宮古島市の下地律子福祉部長や関係者らが多数駆けつけ、 同園の発展と宮古島市の子どもたちが健やかに成長してほしいと祈念した。
[全文記事]

健康な心と体作り、ここ・から体操教室が開講

2018/05/09 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 19242-1.jpg
体操教室で平良さん (左) の指導を受けながら体を動かす参加者たち=下地保健福祉センター

 2018年度前期 「ここ・から」 体操教室が8日、 下地保健福祉センターで開講した。 開講式で参加者はこれから実施される健康づくりのプログラムに期待を寄せた。 式後に行われた体操教室では健康な体作りを目指して運動に励んだ。
[全文記事]

「不要不急外出の控えて」はしか流行で注意喚起

2018/04/28 09時06分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 19181-1.jpg
宮古島で感染者が確認されたことからより多くの人たちに注意を呼びかける母子保健推進員(左)=サンエーショッピングタウン宮古衣料館前

 はしか・風しんゼロキャンペーンに伴い宮古島市母子保健推進員連絡協議会 (平良慶子会長) は27日、 市内のスーパー前でチラシ配布を行った。 宮古島で麻しん (はしか) の感染者が確認されたことから、 参加した母子保健推進員は来店客らに 「不要不急の外出は控えること」 「積極的な予防接種の実施」 を勧め、 注意を促した。
[全文記事]

母子のため活動を、保健推進員36人を委嘱

2018/04/19 09時06分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 19118-1.jpg
下地市長から新委員一人ひとりに委嘱状が手渡された=平良保健センター

 宮古島市 (下地敏彦市長) は18日、 平良保健センターで母子保健推進委員に対する委嘱状を交付した。 推進員は平良、 城辺、 伊良部、 下地、 上野の36人。 下地市長は「母子のために活動してほしい」 などと激励した。 交付後には同員連絡協議会の総会も行われ新会長に平良慶子さんが選ばれた。
 交付した下地市長は 「宮古島の子どもや保護者たちのサポートをしてほしい。 県内ではしかが流行している。 宮古島での発生はまだないが、 蔓延したら大変。 対象年齢の子どもたちには予防接種など助成しており保護者にも伝えてほしい」 などと述べた。
[全文記事]

はしか感染拡大に注意、防止には予防接種

2018/04/05 09時03分配信 - 健康・暮らし -

 宮古保健所は4日、 沖縄本島全域で18人の麻しん (はしか) 患者が確認されており、 多くの人たちが患者と接触した可能性があることから、 同所管内での発生報告はないものの、 警戒を呼びかけた。 同所は感染防止のため予防接種が重要だとしており、 麻しんを疑って医療機関を受診する際は必ず医療機関に麻しんの可能性があることを電話で連絡するよう注意を促している。
[全文記事]

ユマニチュード開発者のジネストさん講演会

2018/03/08 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 18857-1.jpg
ユマニチュードの講演に耳を傾ける大勢の来場者たち=6日、 市中央公民館

 認知症などのケア技術として注目されるユマニチュードを開発したフランス人のイヴ・ジネストさんの講演会 (主催・県認知症疾患医療センターうむやすみゃあす・ん診療所) が6日、 宮古島市中央公民館で行われた。 ジネストさんはケアの実例を映像で紹介しながら、 「目を見つめる」 「話す」 「触れる」 「立つことを援助する」 ユマニチュードの基本技術を解説。 「愛情と優しさ」 をもって人間の尊厳を保つためのケアの必要性を訴えた。 会場には大勢の人が訪れ、 ジネストさんの話に耳を傾けていた。
[全文記事]

断酒継続で生存率安定、保健指導従事者研修会

2018/02/10 21時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 18704-1.jpg
アルコールや生活習慣に関連した肝疾患について理解を深める参加者たち=9日、 宮古保健所

 2017年度保健指導従事者向け研修会 (主催・県宮古保健所) が9日、 同保健所で行われた。 宮古島市と多良間村の保健指導に関わる保健師や管理栄養士らが参加し、 アルコールや生活習慣病に関連した肝疾患について理解を深めた。
[全文記事]

地域で自立生活支える 多良間村介護保険ゼミ

2018/02/03 21時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 18661-1.jpg
与那国町の事例をもとに多良間での高齢者支援について意見を交わす参加者=先月31日、 同村コミュニティ施設

【多良間】多良間村 (伊良皆光夫村長) の介護保険ゼミナールが先月31日、 同村コミュニティ施設で行われた。 与那国町社会福祉協議会が行っている地域のつながりや互助を活用した高齢者の自立生活支援、 訪問調査による独居者の生活課題把握、 居場所づくりなどの取り組みを学び、 どんなことが多良間村でできるのかを考えた。
[全文記事]

宮古でもインフルエンザ警報発令

2018/01/24 09時05分配信 - 健康・暮らし -

 宮古保健所は23日、 第3週 (1月15日~21日) の週報で宮古管内の定点医療機関当たりにおけるインフルエンザ報告数が35・75人 (4医療機関で143人) に達し、 警報基準値の30人を超えたため警報を発令したことを発表した。 入院患者数は10人で、 ゼロ~9歳に感染が広がっていることから、 保健所は注意を呼びかけている。
[全文記事]

まずは「少し控えよう」多良間村介護保険ゼミ

2017/12/09 21時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 18353-1.jpg
介護保険ゼミナールの講話に耳を傾ける住民たち=6日、 多良間村コミュニティ施設

【多良間】多良間村介護保険ゼミナール (主催・同村住民福祉課) が6日、 同村コミュニティ施設で行われた。 特定健康診査の結果、 血糖値や血圧などが高い住民が多く、 島で健康な生活を続けるためにも食生活や多量飲酒の改善を求めた。 また高齢化に伴い介護保険料も上昇する中、 介護サービスを維持していく上でも健康づくりや介護予防、 地域の支援、 認知症予防の大切さも呼びかけた。
[全文記事]

ページ移動