記事一覧

佐渡山安公所長を講師に宮古の災害学ぶ 県民カレッジ

2021/11/14 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25344-1.jpg
野原の霊石の伝承を解説する佐渡山所長(右)=上野野原

 宮古教育事務所は13日、2021年度おきなわ県民カレッジで宮古伝承文化研究センターの佐渡山安公所長を講師に招き、「祭祀と伝説に見る宮古の災害」をテーマに講話を行った。佐渡山所長が宮古に伝わる伝承に登場する津波や台風について紹介したほか、野原の霊石やピンザアブなどを現地に訪れ見学した。
[全文記事]

宮古先史人、DNA鑑定の結果、縄文人 国際研究チーム

2021/11/13 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 25338-1.jpg
DNA鑑定から宮古先史人が北方由来の可能性が示された

 ドイツのマックス・プランク人類史科学研究所を中心にした国際研究チームは10日、宮古島尻の長墓遺跡から出土した人骨のDNAを鑑定した結果、北方から移り渡って来た縄文人であることが分かったと発表した。従来宮古島の先史人は南方から渡って来た非縄文人とされており、定説が覆される可能性がある。一方で宮古島から南方系のシャコ貝製斧は発掘されるが、北方系の石器は一切出土しておらず、真相の解明には更なる研究が待たれる。
[全文記事]

伊良部島小中で運動会代替行事

2021/11/12 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 25333-1.jpg
元気の良いソーラン節を舞い終え保護者らに向けポーズを決める4年生たち=伊良部島小中学校グラウンド

 伊良部島小中学校(結の橋学園、與那覇盛彦校長)と佐良浜幼稚園(同園長)は11、12の両日、同校で運動会の代替行事、体育科保育参観を実施している。新型コロナウイルス感染防止の観点から学年で時間を分けて開催した。秋晴れとなった11日、多くの保護者が見守る晴れ舞台で、児童たちはこれまでの練習成果を元気に披露した。
[全文記事]

砂川うたさん2年連続で県代表 沖縄県緑化県民運動ポスター

2021/11/11 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25331-1.jpg
砂川うたさんの作品

 沖縄県は9日、2021年度沖縄県全島緑化県民運動ポスター原画コンクールの審査結果を発表した。宮古島市からは、西辺小の砂川うたさん(6年)が小学生の部最優秀賞に、北中の仲宗根萌愛さん(1年)が中学生の部で入選に選ばれた。砂川さんの作品は県の代表として国土緑化推進機構主催のコンクールへ推薦し、応募する。
[全文記事]

「火の用心」呼びかけ 福里幼年防火クラブ

2021/11/10 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25324-1.jpg
秋季火災予防運動で「火の用心」を呼び掛ける幼年防火クラブの子どもたち=福里保育園

 2021年度秋季火災予防運動がはじまった9日、福里保育園(福里ます園長)の幼年防火クラブが同園でパレードを行い、元気いっぱいに「火の用心」を呼び掛けた。15日までの期間中、宮古島市消防本部(羽地淳消防長)は広報をはじめ、上野、下地こども園のパレード、火災防御訓練、警棒調査、立入検査を展開し、14日には同本部で見学人数を制限して消防展示訓練を実施する。
[全文記事]

ミヤコカナヘビ保全会議 宮古高校科学部の研究紹介

2021/11/10 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25325-1.jpg
ミヤコカナヘビの保全についてオンライン会議を開いた=市クリーンセンター

 宮古島市と環境省沖縄奄美自然環境事務所は9日、宮古島固有種で県指定の天然記念物であるミヤコカナヘビの保全に向けた連絡会議を開いた。琉球大学の戸田守准教授が、2020年に第42回沖縄青少年科学作品展で最高賞の県知事賞を受賞した宮古高校科学部の研究を紹介した。
[全文記事]

宮工祭、盛況 生徒ら技術でもてなす

2021/11/09 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25319-1.jpg
生徒(左)が運転する列車に乗り笑顔で楽しむ親子たち=宮古工業高校中庭

 宮古工業高校(知念俊一郎校長)は6、7の両日、同校で「工業祭」を開いた。正門受付での検温、消毒など新型コロナウイルス感染防止対策を徹底した上で実施。来場数は延べ2400人以上と大盛況。生徒たちはこれまで授業で培った技術を生かし、催し物などで来場者を楽しませた。
[全文記事]

23年春、砂川地区に民営こども園 福祉法人ムサアザ会

2021/11/04 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 25296-1.jpg
(仮称)いけむらこども園の建設予定地。後ろは砂川保育所=旧砂川中学校敷地内

 いけむら小児科・保育園などを運営する社会福祉法人ムサアザ福祉会(池村幸理事長)は、旧砂川中学校跡地の一部を市から購入し、(仮称)いけむらこども園を2023年4月に開園する。市から運営を委託されている砂川保育所と市立砂川幼稚園を統合し、0歳児から5歳児までを受け入れる。同会は3日、砂川公民館で地域説明会を開き、こども園の施設や方針などを説明した。住民からは地域での事業継続への感謝と期待の声が聞かれた。
[全文記事]

宮古特別支援学校にDVD寄贈 宮古工業高生活情報科

2021/11/03 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25295-1.jpg
自作のDVDを届け記念撮影を行う(右から)下地さん、宮城さん、友利さん、西永校長=1日、宮古特別支援学校

 宮古工業高校(知念俊一郎校長)生活情報科の3年生は1日、宮古特別支援学校を訪れ、実習で自作した調理向けDVD教材を寄贈した。宮工が今年取り組む「母校に恩返しプロジェクト」の一環。この日の寄贈で宮古地区全13中学校への恩返しを果たした。
[全文記事]

コンセント修理で母校に恩返し 宮古工業高2年の宮國くん 

2021/10/29 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25267-1.jpg
=写真=

 宮古工業高校電気情報科2年の宮國愛生くんは27日、同校の「母校の恩返しプロジェクト」の一環で、出身校である上野中学校で壊れたコンセントの修理を行った。同プロジェクトは中学生に工業高校で何が学べるか知ってもらうため、自動車機械システム科、電気情報科、生活情報科の3科がそれぞれの技術を活かした活動を行っている。
[全文記事]

ページ移動