記事一覧

宮古工業弁論大会、久貝さん最優秀

2020/12/23 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 23890-1.jpg
5分にまとめた主張を発表する生徒たち=宮古工業高校体育館

 宮古工業高校(金城透校長)は22日、同校体育館で第50回校内弁論大会を開催した。全学年から7人の生徒が弁士として、自ら様々な物事への主張を繰り広げた。審査の結果、肉食について語った3年の久貝優樹さんが最優秀賞に輝いた。
[全文記事]

通信制「島の高等学院」、来春新規開校

2020/12/22 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 23885-1.jpg
島の高等学院開校を発表する学院長の根間さん(中)=個別進学塾Root

 通信制高校サポート校「島の高等学院」が来年4月に新規開校する。21日、学院を運営する平良西里の個別進学塾Root代表で学院長の根間玄隆さんが発表した。オンラインの映像授業で高校卒業資格が取得でき、自由な時間を使って生徒の興味や関心のあることを伸ばし、地域人材を活用したキャリア教育など独自のカリキュラムで多様な学びの場を提供していく。初年度は生徒約30人、3年後には100人を目標にしている。
[全文記事]

下地中が恒例の強歩大会

2020/12/22 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 23886-1.jpg
それぞれのペースで完歩を目指す生徒=20日、嘉手苅コミュニティーセンター前

 下地中学校(濱川成共校長)は20日、「第41回強歩大会」を行った。同校を発着点に宮古製糖(城辺砂川)を折り返す約15㌔のコースで、生徒はそれぞれのペースで完歩を目指した。
[全文記事]

危険物、宮古で4人合格

2020/12/20 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 23881-1.jpg
合格証を手にする(左から)真人さん、陸人君、平良さん、伊良部さん=宮芝スクール、平良久貝

 資格取得の専門塾「宮芝スクール」(濱元誠喜塾長)は19日、このたびの丙種危険物取扱者国家試験に塾生が合格したことの報告会を行った。小中学生の合格は県全体で5人、うち4人を同塾生が占めた。濱元塾長によると同試験は小中学生にとって難解なものという。4人は合格を報告し喜びを語った。
[全文記事]

市内3幼稚園が休園 園児の規定定数満たず

2020/12/19 09時02分配信 - 教育 -

 宮古島市教育委員会(宮國博教育長)は17日、市役所城辺庁舎で開いた定例会で、池間、砂川、福嶺の3市立幼稚園について2021年度は園児が規定数に達しないとして休園することを決定した。一方、19、20両年度の2年間休園した狩俣幼稚園は規定数を上回ったことから再開する。
[全文記事]

市教委、福井大学連合と協定

2020/12/18 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 23869-1.jpg
連携協定を締結した宮國教育長(左)と柳澤氏=市役所平良庁舎

 宮古島市教育委員会(宮國博教育長)と福井大学大学院福井大学・奈良女子大学・岐阜聖徳学園大学連合教職開発研究科(福井県、柳澤昌一科長)との連携協定締結式が17日、市役所城辺庁舎で行われた。従来、教職員が大学院で学ぶ場合は2年間休職した上で研修する必要があったが、「福井大学連合教職大学院」は、学校に在籍して働きながら自ら選択した研究テーマで、大学院の担当者の指導と月1回の東京サテライト校でのカンファレンス参加、さらに学校内での研究共有を通して単位を取得することで2年間の修了を可能としており、国内では初めての取り組みとして注目されているという。
[全文記事]

狩俣中、黒糖づくり体験

2020/12/16 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 23860-1.jpg
圧搾機でサトウキビを搾る児童ら=狩俣小学校

 狩俣小学校(松原伸一校長)は15日、3、4年生を対象に同校で黒糖づくり体験授業を実施した。この授業は総合学習の一環で「狩俣に誇りと自分に自信を」をテーマに行われ、児童らは狩俣自治会の池間豊さんの指導の下、サトウキビの収穫から圧搾、煮詰める作業までを体験し、地元への理解を深めていた。
[全文記事]

平良中休校措置、生徒1人が陽性

2020/12/16 09時02分配信 - 教育 -

 宮古島市教育委員会(宮國博教育長)は15日、市立平良中学校に在籍する生徒1人が14日に登校後に新型コロナウイルス感染が判明したとし、市のガイドラインに基づき15日から18日までの4日間、臨時休校すると発表した。18日に学校を閉鎖して消毒作業を行う予定。15日現在、濃厚接触者については保健所が調査中としている。同校は今月1日現在、生徒数491人、職員45人の在籍。
[全文記事]

宮古地区管打楽器コンテスト、金賞39人

2020/12/13 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 23848-1.jpg
ピアノの伴奏に合わせ金管楽器ユーフォニウムを奏でる小学6年生=北中学校体育館

 宮古地区吹奏楽連盟(池城健会長)は12日、北中学校体育館で第19回宮古地区管打楽器コンテストのソロ部門を開催した。無観客で行われ、小学生45人、中学生24人の合計69人が出場し、審査員らが見守る中、一人ずつステージで練習の成果を披露した結果、39人が金賞に輝いた。このうちフルートの奥平美羽さん(平良中2年)ら5人と、銀賞でクラリネットの神田優海さん(下地中1年)が代表に選ばれた。
[全文記事]

宮古総実高が科学コンテストで県3位

2020/12/12 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 23845-1.jpg
(左から)安座間康教諭とアグリリサーチ部の下里さん、津嘉山さん、本村さん、狩俣さん、川満さん、伊波さん=宮古総合実業高校校長室

 宮古総合実業高校(大山正吾校長)は11日、生物生産科2年生の研究が、科学コンテスト「SCORE!サイエンスオキナワ:起業のための研究能力サイエンス・フェア」で3位を受賞したことを、同校長室で報告した。内容は熱中症対策ドリンクの開発。
[全文記事]

ページ移動