記事一覧

自然学び成長を大野山林にきたえる少年の集い開始

2019/08/02 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21656-1.jpg
入所式を終え、3泊4日の活動に意欲を見せる参加児童たち=宮古青少年の家

 県立宮古青少年の家(安慶田昌宏所長)の2019年度主催事業「第39回大野山林にきたえる少年の集い~サマーチャレンジ」(主催・同所、県教育委員会)が1日から始まった。参加した市内の小学校に通う高学年生14人が3泊4日の日程で、様々な活動に挑戦する。入所式で、安慶田所長は「決まりを守り仲良く活動できるように心がけてほしい。一生懸命あらゆる活動に挑戦し、自然を敬う畏敬の念を五感で実感してほしい。家や学校ではできない活動ばかり。気を引き締め、注意しながら頑張ってほしい」と激励した。
[全文記事]

楽しく演奏してきます

2019/07/31 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 21645-1.jpg
九州大会出場を市長報告した3校吹奏楽部代表メンバーらと学校関係者=市役所平良庁舎

 九州及び南九州吹奏楽コンテストに出場する宮古高校、平良中、北中、それぞれの吹奏楽部代表と学校関係者らが30日、宮古島市の平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、県大会の結果報告と九州大会への意欲を示した。
[全文記事]

外科手術を疑似体験

2019/07/28 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21635-1.jpg
オープンホスピタルで外科手術の擬似体験を行う子どもら=宮古病院

 県立宮古病院(本永英治院長)の第4回オープンホスピタルが27日、同病院1階などで行われた。日頃、見学のできない「医療現場」を子どもを中心に楽しく体験してもらうもので、親子らが外科手術の擬似体験や妊婦・診察体験したほか口腔外科や栄養士、検査室など仕事の説明も受けた。外科手術の擬似体験では子どもたちがガウンや手袋、マスクを装着し看護師の指導を受けながら肉を電気メスで切る体験を行った。
[全文記事]

「まつりだワッショイ!」

2019/07/28 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 21636-1.jpg
みんなで神輿を担いで元気に練り歩いた=花園保育所近く

 社会福祉法人花園保育所(金谷福代所長)の「はなぞの夏まつり」が27日午前、同保育所及び周辺で開かれ、暑い中子どもたちの暑さに負けない元気な声が響いた。
 同夏まつりは、手作り神輿が沿道に出る、同保育所の夏の恒例行事としてお馴染みとなっており、神輿を繰り出すようになってから8年ほどになるという。
[全文記事]

豆記者、東京・北海道へ

2019/07/27 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 21628-1.jpg
取材への抱負を語った豆記者のみなさん=市役所平良庁舎

 第58次本土派遣豆記者の児童生徒及び関係者が26日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を表敬訪問し、豆記者として頑張りたいことなどの抱負を語った。
 今回、宮古島から参加する豆記者は8人で29日から8月3日までの日程で東京・北海道で取材活動を行う。
[全文記事]

鳥の生態研究展始まる

2019/07/27 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21630-1.jpg
アカショウビンの生態など研究成果について説明する植村さん=市総合博物館

 宮古島市総合博物館(平良恵栄館長)で9月1日まで、研究展「宮古島に生息する鳥の生態研究」(主催・北海道大学大学院多様性生物学講座Ⅲ)が行われている。26日午後、同大学院の植村慎吾さんと能重光希さん、同館学芸係の與那覇史香さんが記者会見して展示について説明し、多くの観覧を呼びかけた。
[全文記事]

RORO船で就業体験宮総実海洋科学科2年生4人

2019/07/26 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 21623-1.jpg
宮城船長(手前)から船についての説明などが行われ、熱心に聞き入る実習生たち=琉球海運RO-RO船「ちゅらしま」

 県立宮古総合実業高校海洋科学科の2年生4人が25日、琉球海運の貨物船に乗船し、4日間にわたる就業体験(インターンシップ)をスタートさせた。
 同事業は、若年の船員の人材確保・育成が喫緊の課題となっていることから、沖縄海事産業人材確保・育成推進協議会(事務局・沖縄総合事務局運輸部)では、水産系高校の生徒に対し、内航船員の実態やその魅力を体験させ、近い将来船員への就職等を促すことを目的に、沖縄航路を運航する海運事業者の協力を得て実施しているもので、今回で4回目。
[全文記事]

宮古高校吹奏楽部初の九州大会出場決める

2019/07/25 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21620-1.jpg
見事九州大会出場を決め、笑顔でポーズを決める宮古高校吹奏楽部のメンバー=宮古空港

 沖縄コンベンションセンターで23日開催された、第59回沖縄県吹奏楽コンクール高校の部で、県立宮古高校吹奏楽部が見事金賞に輝き、県内離島の高校では初めて、九州大会出場の切符を手に入れた。24日午後、帰郷した同部のメンバーを学校関係者や父母らが出迎え、快挙を喜んだ。同部は同大会で毎年のように金賞を受賞するものの、あと一歩のところで九州大会出場に届かなかったが、今大会で夢がかなった。
[全文記事]

伊良部島で伊江の児童らカツオさばきに挑戦

2019/07/24 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 21613-1.jpg
児童らは伊良部の民家の方々に教わりながらカツオさばきに挑戦した=22日、伊良部漁業協同組合

 県内の離島の児童ら(小学5年生)が交流する沖縄離島体験交流促進事業が20日から伊良部島で始まり、3日目となる22日は、児童らは伊良部漁業協同組合でカツオさばき体験に挑戦した。今年度は伊江島の西小24人、南大東島の南大東小10人、竹富島の上原小11人の計45人が参加した。
[全文記事]

宮古高校後援会が激励金

2019/07/21 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 21601-1.jpg
激励金を贈った仲間会長(後列左から5人目)と全国大会出場の生徒たち=宮古高校

 宮古高校後援会(仲間龍典会長)は19日、県代表で全国大会に出場する同校の生徒たちに激励金を贈り、期待を寄せた。
[全文記事]

ページ移動