記事一覧

宮古で東京五輪の事前合宿、市など3者が覚書

2019/04/14 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 21161-1.jpg
署名の済んだ覚書を披露する (左から) ドリュー氏、 富川副知事、 下地市長=12日、 JTAドーム宮古島

 来年の東京オリンピック・パラリンピック出場に向けトライアスロン競技のオーストラリア代表チームが宮古島市を事前合宿地に選定。 その事前キャンプに関する沖縄県、 宮古島市とオーストラリアトライアスロン連盟の覚書締結式が12日午後6時過ぎからJTAドーム宮古島で行われ、 下地市長らが覚書の文書に署名を行った。 オーストラリアチームは今後、 横浜でのテストイベントのあと5月、 8月、 来年2月に宮古島事前キャンプを張り、 本番に備える。
[全文記事]

トライ宮古島、完走の願い込めて花冠づくり

2019/04/14 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 21162-1.jpg
1人でも多くの選手に無事に完走してほしいと願いを込めて花冠を作る保育士たち=市総合体育館

 全日本トライアスロン宮古島大会のゴールで完走した上位100人の強人たちに贈られる恒例の花冠づくりが13日、 市総合体育館で行われた。 市内の法人保育園に勤務する保育士ら30人ほどが参加し、 スターチスの花とシダの葉を材料に完走への願いを込めた花冠を製作した。
[全文記事]

第35回トライ闘志みなぎらせ開会式 選手が完走誓う

2019/04/13 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 21154-1.jpg
精悍な表情で長丁場のレースに闘志をみなぎらせた選手たち=JTAドーム宮古島

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) 開会式が12日、 JTAドーム宮古島で行われた。 日に焼け精悍な表情の出場予定選手らを前に大会長の下地敏彦市長は心からの歓迎と、 全員が感動のゴールを迎えられるよう激励。 それに応えて昨年総合2位で日本人1位の戸原開人選手=神奈川=が 「精いっぱいの成果を示せるよう誓う」 と力強く選手宣誓した。 35回の節目を迎えた今大会には1700人の選手がエントリー。 レース本番の14日は選手たちが下地与那覇前浜ビーチのスイムを皮切りにバイク、 ラン計202・195㌔の長丁場に挑む。
[全文記事]

【トライアスロン宮古島大会開会式写真特集】

2019/04/13 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 21155-1.jpg
ミス宮古と笑顔いっぱい。 レース前にリラックスした表情の選手

節目の35回大会 目一杯楽しむぞ!

目標達成に全力誓う トライ招待選手共同記者会見

2019/04/13 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 21158-1.jpg
共同記者会見で、 明日のレース本番に向けて意気込みを見せる招待選手たち=JTAドーム宮古島

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) の招待選手共同記者会見が12日、 JTAドーム宮古島で行われた。 前回総合2位で3度目の総合優勝を狙う戸原開人選手 (30) =神奈川=や同女子優勝で最多5回目の優勝を目指す鷲津奈緒美選手 (35) =同=ら8人が本番の意気込みなどを語った。
[全文記事]

第35回トライきょう開会式、ワイド―パーティー

2019/04/12 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 21149-1.jpg
14日のレースに向けて登録受付を行う選手たち=JTAドーム宮古島

 「第35回全日本トライアスロン宮古島大会」 (主催・宮古島市など) の選手登録受付が11日、 JTAドーム宮古島で始まった。 熱く感動のレースが迫る中、 出場する選手たちが訪れて登録を済ませ、 レースナンバーやTシャツなどが入った支給品を受け取っていた。 選手たちはレースへ意気込みを見せながらもリラックスムードでコンディションなどの会話を交わす姿が見られた。 きょう12日も引き続き選手登録受付があり、 午後7時からは同ドーム宮古島で開会式とワイドーパーティーが行われる。
[全文記事]

トライ国内招待選手が来島、戸原、鷲津が意気込み

2019/04/12 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 21150-1.jpg
自身3度目の総合優勝に向けて意欲を見せる戸原開人選手=宮古空港

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) 本番まで残り3日と迫った11日、 国内招待選手らが相次いで宮古入りした。 午後1時前には、 前回大会総合2位で3度目の総合優勝を狙う戸原開人選手 (30、 神奈川県)、 同4時過ぎには前回女子総合1位で3年連続女子最多5度目の優勝を目指す鷲津奈緒美選手 (35、 同) らが宮古空港に到着。 それぞれレース本番での目標達成に向けて全力で取り組むことを誓い合った。
[全文記事]

トライの海外有力選手が来島、ベストレースに

2019/04/11 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 21144-1.jpg
レースに意気込みを見せる (左から) キャスリン・ウォルター選手、 ダニエル・ロビンス選手、 ナデル・レッグ選手=宮古空港

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) まで4日と迫った10日、 海外招待の有力選手たちが宮古入りした。 午前10時前着の東京直行便で到着したのは、 ダニエル・ロビンス選手 (28、 オーストラリア)、 キャスリン・ウォルター選手 (32、 ドイツ)、 ナデル・レッグ選手 (45、 オーストラリア) の3人。 それぞれ宮古島大会に出場できる喜びを語りながら本番でのベストレースに意欲を見せていた。
[全文記事]

熱くトライウィーク始まる、大会成功へ意気高い

2019/04/07 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 21128-1.jpg
トライアスロン本番を待つJTAドームの歓迎ゲート=JTAドーム宮古島

 14日の第35回全日本トライアスロン宮古島大会レース本番まで1週間。 いよいよ熱気を帯びたトライウイークが始まる。 すでに12日に開会式が行われるJTAドーム宮古島入り口には歓迎と大会本番を告げるゲートが設置され大会ムードを高めているほか、 選手・役員・ボランティアに支給される帽子やTシャツ等の備品の確認と整理作業に併せてレースコースの距離表示板や災害にも備えた避難経路を示す看板の設置作業が急ピッチで進められている。 レースコース道路沿いは大会日にあわせて今を盛りと咲く様々な花で彩られており、 熱く華やいだトライ本番に向け熱いムードが島を包みつつある。
[全文記事]

沿道に応援幕登場 第35回トライ本番へ気運高まる

2019/04/03 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 21109-1.jpg
沿道に登場し雰囲気を盛り上げているトライアスロン応援幕=ドン・キホーテ前

 14日に開催される第35回全日本トライアスロン宮古島大会まで10日余りとなり、 コース上には早くも選手を鼓舞する応援幕が掲げられている。 このうち、 総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」 前の柵は例年多くの応援幕が張り出されるが、 今回もすでに7基の応援幕が登場。 名前とゼッケンを大書きし、 激励や奮闘を促す言葉が並び、 選手のモチベーションを挙げるのに一役買っている。 これから大会が近づくにつれ、 スイム、 バイク、 ランの各コース沿いは多彩な応援幕が飾られ、 大会を賑やかに彩ることになる。
[全文記事]

ページ移動