記事一覧

友利さん、久貝さんが九段 第404回珠算検定 宮古の合格者55人

2021/08/05 09時05分配信 - スポーツ -

 全国珠算教育連盟沖縄支部は3日、第404回珠算検定試験(7月17日、マリンターミナル)の結果を発表した。珠算九段に上野中学1年の友利雫さん、宮古高校2年の久貝鈴華さんが見事合格を果たした。宮古からは55人が珠算・暗算の各段位と級位に合格した。
[全文記事]

県中体連 伊良部島男子バレー九州大会出場へ

2021/07/29 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 24851-1.jpg
準優勝し、九州大会出場を決めた伊良部島中のバレー部=那覇市民体育館

 【那覇支局】県中学校総合体育大会第4日は28日、各地で行われ、那覇市民体育館で行われたバレーボール男子の部で伊良部島中学校が準優勝し、九州大会出場の切符をつかんだ。決勝リーグを1勝2敗の成績ながら、規定により西原を上回った。九州大会は8月2日から県総合体育館などで開催する。
[全文記事]

聖火ランナー14人認定 コロナ禍でリレー中止

2021/07/21 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 24818-1.jpg
市の聖火ランナー14人中6人が出席し、座喜味市長からユニフォームを手渡された=市役所

 宮古島市での聖火リレーが中止となり、聖火をつなぐことができなかったランナー14人が国際オリンピック委員会(IOC)から公式にランナーに認定され、そのユニフォームの贈呈式が20日市役所で行われた。ランナーとして公式認定されるには「トーチで聖火をつなぐ」ことが必要だが、市から県を通じて大会組織委員会に働きかけ特例で認定された。贈呈式には14人中6人のランナーが出席し、座喜味一幸市長からユニフォームを手渡された。
[全文記事]

川満(宮古出身)、王座奪取ならず ボクシングWBOミニマム級

2021/07/16 09時05分配信 - スポーツ -

【那覇支局】世界ボクシング(WBO)アジア・パシフィック・ミニマム級タイトルマッチ12回戦が14日、東京の後楽園ホールで行われた。宮古島市出身で挑戦者の川満俊輝(25)=三迫ジム=は2回2分5秒で王者の重岡銀次朗=ワタナベジム=にTKOで敗れ、王座奪取に失敗した。川満の戦績は7戦6勝(3KO)1敗。
[全文記事]

高校野球県大会 宮古4強ならず 中部商業に惜敗

2021/07/15 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 24791-1.jpg
ベスト8進出を果たした宮古の選手たち=コザしんきんスタジアム

 【那覇支局】第103回全国選手権大会沖縄大会(主催・県高野連)第11日は14日、県内各地でベスト4を懸けた試合が行われ、コザしんきんスタジアム(沖縄市)では宮古が中部商業と戦い、4対5で惜敗した。初回、2点を先制したが、中盤に追い付かれ、終盤勝ち越された。宮古は8回に2点を返す粘りを見せたが、一歩及ばなかった。決勝は18日に行われ、県代表が決定する。
[全文記事]

川満(宮古出身)きょうタイトル戦 WBOミニマム

2021/07/14 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 24789-1.jpg
川満俊輝

 【那覇支局】世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィック・ミニマム級タイトルマッチ12回戦がきょう14日、東京の後楽園ホールで行われる。宮古島市出身の川満俊輝(25)=三迫ジム=が王者である重岡銀次朗=ワタナベジム=に挑む。川満はインタビューで「高校の恩師である知念(健次)監督、家族、宮古島で応援してくださる皆さんと一緒に勝って喜びます。応援よろしくお願いします。アララガマ魂で勝ちます」と勝利への決意を述べた。
[全文記事]

男子は上野、女子は平一が優勝 ミニバスケ6年生交流試合

2021/07/06 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 24753-1.jpg
男子の部を制した上野小のメンバー=4日、南小体育館(提供写真)

 第42回宮古ミニバスケットボール夏季6年生交流大会(主催・宮古ミニバスケットボール連盟)が3、4の両日、男子は南小学校、女子は北小学校を舞台に開催された。男子11校、女子12校が参加したトーナメント戦は、男子は上野、女子は平一が制した。
 男子の部では下地が準々決勝、準決勝ともに60点以上の大差で勝ち進んだが、決勝戦は上野が58―44で勝利した。女子の部では平一が準々決勝76点差、準決勝64点差と圧倒し、決勝戦で北を53―31で退けた。
 試合結果は次の通り。
[全文記事]

高校野球県大会開幕 宮古、宮工・総実連合チーム破る

2021/07/04 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 24743-1.jpg
投打にわたる活躍をした新里選手=アトムホーム宜野湾

 【那覇支局】高校野球の第103回全国選手権沖縄大会が3日、県内各地で開幕し、アトムホーム宜野湾では宮古高校と宮古工業・総合実業高校の連合チームという宮古勢が激突し、互いに熱戦を繰り広げるなか宮古が8対4で勝利した。宮古のエース新里勇人が投打にわたる活躍を見せるなか、宮古工業の3番與那覇颯太が3ランホームランを打つなど粘りの野球を見せたが、一歩及ばなかった。勝った宮古は2回戦で春の県内大会で4強入りした美里工業との対戦する。
[全文記事]

中学校夏季総体サッカー 優勝は平良中

2021/06/27 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 24714-1.jpg
優勝した平良中学校のメンバー=宮古島市陸上競技場、提供写真

 第41回全宮古中学校夏季総合体育大会(主催・宮古中学校体育連盟)のサッカー競技は26日、市陸上競技で3位決定戦と決勝戦を行い、平良中学校が優勝を勝ち取った。平良中は大会を通じて1点も取られることなく勝ち抜いた。平良中と準優勝の北中学校は、7月22日から行われる第48回沖縄県中学校総合体育大会に派遣される。
[全文記事]

高校陸上110H、砂川(宮高3年)南九州8位

2021/06/22 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 24687-1.jpg
砂川太吾

 高校陸上の南九州地区予選大会が17~20日の4日間、熊本県で開かれ県代表の砂川太吾(宮高3年)が男子110㍍障害で8位に入賞した。全国大会出場を懸けた戦いだったが出場権は6位入賞まで。惜しくも届かなかった。
[全文記事]

ページ移動