記事一覧

とうがにあやぐ大会 来月22日、3年ぶり開催

2022/04/21 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 26015-1.jpg
砂川会長(右から3人目)が座喜味市長(同4人目)に「とうがにあやぐ大会」開催を報告した=市役所市長室

 宮古民謡保存協会、沖縄宮古民謡協会、宮古民謡協会の3団体が主催する「第6回とうがにあやぐ大会」が、5月22日午後5時からJTAドームで開催されることが決まった。主管する宮古民謡保存協会の砂川次郎会長ら団体関係者が20日、市役所に座喜味一幸市長、大城裕子教育長を訪ねて実施を報告するとともに、3年ぶりとなる大会の実施に向けて市側の協力を求めた。
[全文記事]

宮古島市文化協会定時総会 饒平名会長ら再任

2022/04/19 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 26006-1.jpg
市民総合文化祭など活動計画を承認した宮古島市文化協会総会=17日、未来創造センター

 宮古島市文化協会(饒平名和枝会長)の第5回定時社員総会が17日、未来創造センター多目的ホールで開催され、新型コロナウイルス感染症拡大影響のため2年連続で中止となった市民総合文化祭を、今秋予定の国民文化祭「美ら島おきなわ文化祭2022」の地域発信事業と位置づけて実施することや、宮古島文学賞、方言大会などを盛り込んだ22年度活動計画の取り組みを確認した。このほか、21年度活動及び収支報告、22年度予算案、理事・監事選任案を審議、承認した。理事会で饒平名会長、4人の副会長を再任した。
[全文記事]

松原さん宮古民謡熱唱 魅惑の島唄ライブ

2022/03/19 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25871-1.jpg
宮古民謡を演奏する松原さん=13日、沖縄市の音市場

【那覇支局】若き島唄の担い手らが集まった「コザ・宮古島・与那国島 魅惑の島唄 夢の競演」が13日、沖縄市のミュージックタウン音市場で開催された。宮古島からは宮古民謡の第一人者の故・国吉源次さんを師匠に持つ松原忠之さんが「豊年の歌」、「とうがにあやぐ」、「伊良部トーガニー」などを熱唱し、訪れた観客約100人の心に響く民謡を奏でた。
[全文記事]

大濵・佐和田さんに会長賞

2022/03/17 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25861-1.jpg
外間会長(左から2人目)、佐和田さん(同3人目)に表彰状が贈られた=市役所応接室

 座喜味一幸市長は16日、2021年度沖縄県食生活改善推進員連絡協議会会長賞を受賞した大濵美也さんと佐和田恒子さんに市役所で表彰状を伝達した。長年にわたり地域住民の健康を保持するため食生活改善を積極的に推進した功績を表彰し労苦に報いるためのもの。
[全文記事]

上野中卒業式 卒業生が作詞作曲

2022/03/15 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25851-1.jpg
オリジナル卒業ソングを披露する卒業生=13日、上野中体育館

 13日の市立上野中学校(渡久山英徳校長)の卒業式で、30人の74期卒業生が作詞作曲し、音楽教諭の宮国貴子さんが補作・編曲した「思い出を胸に」のオリジナルソングが披露され、教職員や在校生、両親らに感動を与えた。
[全文記事]

「宮古方言の世界第3巻」本日発刊 花View出版

2022/03/06 09時01分配信 - 文化・芸能 -

 花View出版(川満幸弘代表)は6日、宮古方言の世界第3巻『宮古の神話伝説 宮古口(みゃーくふつ)』を発刊する。宮古創世などの神話や伝説15話の宮古方言と訳文を掲載。音声CD化にも取り組んでいく予定。同社では消滅の危機にある宮古方言の継承発展のための学習教材として制作した。
[全文記事]

苧麻糸績み保存会 伝承者養成の成果展示

2022/02/27 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25784-1.jpg
展示された苧麻糸手績み伝承者養成講習の研修生たちの作品=市歴史文化資料館

 宮古苧麻績み保存会(漢那明美会長)の第12回苧麻糸展示会が26日、市歴史文化資料館(旧砂川中)で始まった。2021年度の伝承者養成講習は新型コロナ感染拡大のため休講が続いたが、研修生が自宅で取り組んできた糸績みの成果を展示した。また功労者として多良間村で講師を務めた豊島トシさん(83)を表彰した。来年度は績み手の継続と技術向上を重視した講習を見直していく。展示会は27日も午前10時~午後4時で開催している。
[全文記事]

観光協会 伝統・文化動画で紹介

2022/02/24 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25768-1.jpg
宮古島観光協会YouTubeチャンネル

 宮古島観光協会(吉井良介会長)は2021年度県離島活性化促進事業として宮古圏域伝統・文化動画「聞き込み発見!宮古島」を制作し、同協会のユーチューブチャンネルで配信を開始した。コロナ後の観光誘客に向けて御嶽や湧き水、方言、カツオ漁などを紹介している。
[全文記事]

3年ぶりに劇団四季公演

2022/02/09 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25706-1.jpg
記者会見で詳細を説明する(左から)横山昌司実行委員長、川満会長、下地盛智副会長=7日、宮古島商工会議所会議室

 劇団四季の新作ファミリーミュージカル「はじまりの樹の神話―こそあどの森の物語―」(主催・宮古島商工会議所青年部)が27日、マティダ市民劇場で上演される。開演は午後3時30分(開場は同2時45分)。劇団四季の宮古島公演は3年ぶり。同青年部の川満正人会長らが7日、会議所内で会見を開き詳細を明らかにした。
[全文記事]

第5回宮古島文学賞 入賞3作品が決定

2022/02/05 09時02分配信 - 文化・芸能 -

 宮古島市文化協会(饒平名和枝会長)は4日、第5回宮古島文学賞で一席に会社員の馬場広大さんの「山の女」=宮崎県、二席に自営業の仲間望さんの「夜行島」=北海道、佳作に会社経営の鳥光宏さんの「銀游回帰『スクが来た!』」=千葉県=が入賞したと発表した。仲間さんは2年連続の二席。今回も「島」をテーマに、全国19都道府県から79点の作品応募があった。2回の選考で8点に絞り、3日に未来創造センターで行われた最終選考で決定した。
[全文記事]

ページ移動