記事一覧

狩俣自治会が表彰 全国過疎地域連盟会長賞

2021/11/25 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25390-1.jpg
表彰を受けた狩俣自治会の國仲会長(左)と賞状を渡す謝花副知事(中)=24日、県庁

 【那覇支局】創意工夫で過疎地域の課題の解決に取り組んでいるとして、2021年度過疎地域持続的発展優良事例表彰(主催・総務省及び全国過疎地域連盟)で全国過疎地域連盟会長賞を受賞した狩俣自治会(國仲義隆会長)の代理表彰式が24日、県庁で行われた。受賞は県内団体としては12年ぶりの快挙となった。
[全文記事]

ワーケーションを地域課題解決に意見交換

2021/11/25 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25393-1.jpg
ワークショップで意見交換する参加者たち=宮古島ICT交流センター

 「ワーケーションウィーク沖縄」にちなみ宮古島市(座喜味一幸市長)は24日、市内でワーケーションを実施している富士通Japanの社員と地元団体や事業者、市職員によるワークショップを行った。同社ではワーケーションで滞在する社員の技能を地域に役立てたいと考えており、参加者は地域の課題解決や経済的な価値の創造などについて意見を交わした。
[全文記事]

ワイドークーポン電子申請、24日まで

2021/11/24 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25386-1.jpg
申請・店舗登録が行えるサイトのQRコード

 新型コロナワクチンを2回接種した市民に交付される1万円分の「ワイドークーポン」の電子申請は24日で終了する。発送は12月中旬以降の予定。紙での申請も受け付けるが、電子申請の処理が終わってからの対応となるため、市はクーポンを早く受け取りたい市民は電子申請を利用するよう呼び掛けている。登録はホームページ(http://waido-coupon.com)またはQRコード、宮古島市公式ラインから。
[全文記事]

高度な再現、VR見学会 日建ハウジング

2021/11/24 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25388-1.jpg
VR見学会で紹介している室内の画像(日建ハウジング提供)

 市内でホテル開発事業を行ってきた日建ハウジング(眞保榮秀一社長、本社・那覇市)は10月から平良荷川取と下地上地で建売住宅「フォアレ宮古島」の販売を開始したが、オンラインによるVR見学会を導入し、高度な仮想現実による再現で完成後の建物内をイメージしやすく紹介している。専用サイトやQRコードからスマホやパソコンで閲覧できる。
[全文記事]

熊本山鹿の物産展、きょうまで【島の駅みやこ】

2021/11/21 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25378-1.jpg
みかんの詰め放題も行われた山鹿物産展=平良久貝、島の駅みやこ

 熊本県の山鹿物産展2021(主催・山鹿市宮古島交流推進協議会)が20日、平良久貝の島の駅みやこで行われた。原木栽培の椎茸や新米、果物、ワインなど山鹿の特産品が展示販売され、訪れた人たちが九州の秋の味覚を買い求めていた。物産展はきょう21日も行われる。9月には宮古島市・山鹿市交流推進協議会が発足しており、今後も民間事業者を中心に物産や児童生徒など相互交流に取り組んでいく。
[全文記事]

18年度の県民所得 宮古島市2.5%増 県企画部発表

2021/11/20 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25369-1.jpg
市・村民所得 18年度地域別1人当たり市町村民所得

 県企画部は19日、2018年度沖縄県市町村民所得(県民所得)を発表した。1人当たりの所得は宮古島市民が224万4千円で対前年比2・5%増、多良間村民が216万4千円で前年比4・8%減となった。県内41市町村のうち宮古島市は31位、多良間村は36位。1人当たりの県民所得は前年度比1・9%増の239万1千円で、過去最高。県の値を100とした場合の宮古地区の所得水準は93・8で、2年連続で県内最下位となっている。
[全文記事]

子牛平均価格69万円 11月期セリ

2021/11/20 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25371-1.jpg
前月の下落から価格を戻した11月期肉用牛セリ市=JA宮古家畜セリ市場

 JAおきなわ宮古地区本部(砂川隆本部長)の11月期肉用牛セリ市が19日、平良山中の同農協家畜セリ市場で行われた。325頭(99・39%)が落札され、このうち月齢12カ月以内の子牛1頭当たりの平均価格は69万5748円で前年同月比2万8015円高、前月比6万3135円高となり、前月落ち込んだ価格を戻した。子牛の上場頭数は289頭だった。
[全文記事]

旧伊良部中でスポーツ・芸術の秋たのしむ パニパニエンタテイメント

2021/11/14 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25346-1.jpg
ゲラゲラ星人と子どもたちがかけっこで楽しんだ=旧伊良部中学校グラウンド

 パニパニエンタテインメント(久貝博義理事長)は13日、旧伊良部中学校跡地で「いらぶパニパニフェスティバル2021」の11月イベント、「Let‘sスポーツ」を開催した。多くの親子連れが訪れかけっこや卓球に汗を流したほか、宮古島の植物で作るリース講座も開かれ、スポーツと芸術の秋を楽しむイベントとなった。
[全文記事]

宮古製糖、沖縄製糖 市内全工場12月から年内操業

2021/11/13 09時03分配信 - 産業・経済 -

 宮古製糖(渡久山和男社長)は12日、2021/22年期サトウキビ製糖操業を城辺工場が12月10日、伊良部工場が同1日、多良間工場が同2日から開始することを決めた。沖縄製糖宮古工場(仲里典和工場長)は同13日からの操業開始を決定している。宮古地区全体の生産量は約37万4千㌧(前期実績35万3514㌧)が予想される。
[全文記事]

宮古島産冬メロン例年より3週間早く入荷

2021/11/12 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 25334-1.jpg
特設コーナーで販売される宮古島産冬メロン=平良久貝、島の駅みやこ

 2021年の宮古島産冬メロンが、平良久貝の島の駅みやこに10日から入荷している。例年より3週間早く、これから徐々に出荷量も増えて12月に入ると本格的なシーズンを迎える。宮古島産メロンは年末年始の贈答品や観光客の土産品として定着しつつあり、同店では冬の特産品にしようと取り組んでいる。また今季は島外販売にも力を入れていく。
[全文記事]

ページ移動