記事一覧

敏彦被告、再び無罪主張 前宮古市長収賄事件第4回公判

2021/10/20 09時02分配信 - 社会・一般 -

【那覇支局】上野野原の陸上自衛隊宮古島駐屯地の用地取得を巡る贈収賄事件で、国への土地売却への便宜を図った見返りに現金600万円を受け取ったとして、収賄罪に問われている前宮古島市長の下地敏彦被告(75)の第4回公判が19日、那覇地裁(小野裕信裁判長)で開かれた。下地被告は「政治資金として使ってと言われた」と話し、改めて無罪を主張した。
[全文記事]

みやこじま青少年国際音楽祭、2年ぶり開催へ

2021/10/19 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25221-1.jpg
チラシを手に開催をPRする(左から)楚南幸哉生涯学習部長、座喜味会長、天野副会長、砂川理事=市役所市長室

 みやこじま青少年国際音楽祭が12月12日、マティダ市民劇場で開催されることが決まった。2020年度はコロナ禍で中止となったため開催は2年ぶりとなる。同祭実行委員会の天野誠副会長と砂川靖夫理事が18日、市役所に会長の座喜味一幸市長を訪ね市の協力を求めた。
[全文記事]

市から3人、農水産統計調査協力で表彰

2021/10/19 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25223-1.jpg
農業経営調査に協力した下地さん=下地洲鎌の自宅

 2021年度農林水産大臣感謝状伝達式が「統計の日」の18日、各受賞者宅で行われた。農業・漁業経営統計調査に取り組む農家と漁業者が表彰され、宮古島市からは10年以上継続して協力した下地一明さん(67)=下地洲鎌=と前里定広さん(58)=城辺友利=、5年以上で久高勇光さん(64)=平良西仲宗根=に農林水産大臣感謝状が贈呈された。沖縄総合事務局宮古農林水産センターの粕谷誠センター長が賞状を伝達し3人の功労を称えた。
[全文記事]

各候補者 出発式で気勢 選挙ムード一色に

2021/10/18 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25216-1.jpg
市議選告示で立候補届け出を済ませた候補者の陣営では出発式が行われた=平良の事務所前(写真は一部加工)

 宮古島市議会議員選挙が17日告示され、7日にわたる激しい選挙戦が幕を開けた。市選挙管理委員会への立候補届け出を済ませた38人の候補者は、それぞれの選対事務所前で支持者らを前に第1声を放ち、選挙カーに乗り込んで市内各地を遊説し、支持を訴えるとともに自ら掲げた公約実現への決意を表した。
[全文記事]

新型コロナ 宮古島市3日ぶりのゼロ

2021/10/18 09時01分配信 - 社会・一般 -

 【那覇支局】県は17日、宮古島市で新たな新型コロナウイルス感染者はいなかったと発表した。ゼロは14日以来3日ぶり。県内では新たに7人の感染が確認された。累計は5万43人。
 市の宿泊施設療養中3人、自宅療養中、調整中の自宅待機はゼロとなっている。10万人当たりの新規感染者数は5・49人となった。市確認の患者累計は1888人。
[全文記事]

新型コロナ、宮古島市の新規感染1人、2日連続確認

2021/10/17 09時03分配信 - 社会・一般 -

【那覇支局】県は16日、宮古島市では新たに暫定値として1人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。県内は新たに暫定25人が確認された。累計は5万36人。
[全文記事]

新型コロナ、宮古島市の新規感染2人、10日ぶり

2021/10/16 09時03分配信 - 社会・一般 -

 【那覇支局】県は15日、宮古島市で新たに2人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。6日以来10日ぶりに新規感染者が確認された。県内では新たに31人が確認された。累計は5万11人と5万人を超えた。同日に6人の患者の死亡と新たなクラスター(感染者集団)も1件報告された。
[全文記事]

新型コロナ、宮古島市の新規感染9日連続ゼロ

2021/10/15 09時03分配信 - 社会・一般 -

【那覇支局】県は14日、宮古島市では新たな新型コロナウイルス感染者はいなかったと発表した。ゼロは9日連続。県内では新たに33人の感染が確認された。累計は4万9980人。同日に6人の患者の死亡と新たなクラスター(感染者集団)も報告された。直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者は9・56人で再び全国ワーストになった。(2位は大阪府の9・47人)。
[全文記事]

宮古病院へ点滴スタンド、コードレス電話機など寄贈  県市町村職員互助会

2021/10/15 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25203-1.jpg
互助会の与那覇理事(左)から本永院長に目録が手渡された=14日、宮古病院会議室

 県市町村職員互助会は14日、県立宮古病院に点滴スタンド、デジタルコードレス電話機(PHS)等を寄贈した。同日午前、病院を訪れた宮古島市議会事務局の与那覇弘樹次長(互助会理事)から本永英治院長に目録が手渡された。
[全文記事]

子どもを犯罪から守ろう~「110番の家」で委嘱

2021/10/14 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25195-1.jpg
110番の家委嘱状交付と感謝状贈呈で記念撮影する事業所代表と受賞者、関係者=宮古島警察署

 子ども達を犯罪から守り、安全・安心な地域づくりを実現することを目的とした「こども110番の家」で宮古島警察署(田場義浩署長)は13日、新たに4事業所に委嘱するとともに、ファミリーマート宮古久貝店の従業員2人に感謝状を贈呈した。また、宮古郵便局(津嘉山正一局長)の配達車両を「こども110番の『車』」として活用しようと、ステッカーを贈呈した。宮古島地区こども110番の家連絡協議会の新城浩吉会長が出席した。
[全文記事]

ページ移動