記事一覧

子ども博物館講座で科学の実験楽しむ

2017/08/15 09時02分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17631-1.jpg
実験カルメ焼きで焦げ付かないようにかき混ぜる児童たち=13日、 市総合博物館

 2017年度第3回子ども博物館講座が13日、 市総合博物館で行われた。 市内の小学校4~6年生児童が参加し実験などを通して科学の楽しさを学んだ。 同講座は演示や実験を通して身の回りにひそむ科学に気づく芽を育てる目的。
[全文記事]

水素ステーション稼働開始、全国離島で初導入

2017/07/29 09時07分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17535-1.jpg
スマート水素ステーション内に整備された設備

 宮古空港ターミナル (下地義治社長) が環境省事業を導入して整備した 「スマート水素ステーション」 の稼働式が28日、 機器が設置された同空港内の貨物ターミナル地区で行われ、 国や県、 市、 導入に係わった企業の関係者が出席し、 全国離島で初めて導入された事業による低炭素社会の実現、 さらにはステーション完成に伴って県内で初めて稼働する燃料電池車の活用を期待した。
[全文記事]

夏場にセイタカシギ、トゥリバーで3羽確認

2017/07/07 21時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17398-1.jpg
トゥリバー地区にできた水溜まりを歩きながらエサを捕食する3羽のセイタカシギ。 左側の個体は頭部が灰色となっている=6日午前10時30分ごろ、 平良久貝地先

 宮古を含む沖縄地方には主に冬の渡り鳥として姿を現わすセイタカシギが6日、 平良久貝地先のトゥリバー地区の水溜まりで3羽が確認された。 県内では11月~3月に飛来し、 まれに5月ごろまで見られることはあるものの、 夏場に見られるのは珍しいという。
[全文記事]

梅雨の中休みにオキナワチョウトンボ群飛

2017/06/07 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17197-1.jpg
梅雨の中休み、 晴れた空を群飛するオキナワチョウトンボ=宮古島市内

 梅雨の中休み、 晴れた空を群れで飛び回るオキナワチョウトンボ。 黄金色と黒褐色の羽根の斑模様から別名ベッコウチョウトンボとも呼ばれる。 群れになって飛ぶ習性があり、 ときには数十頭にもなって風に煽られるように舞っている。
[全文記事]

きょう「小満」、梅雨の山野にイジュの花

2017/05/20 21時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17089-1.jpg
雨の中、 白い清楚な花を咲かせるイジュ=市内平良

 〇…きょう21日は 「小満」。 24節気の一つで、 陽気が良くなって万物が成長して一定の大きさに達する頃。 沖縄ではこれから芒種までの間を 「小満芒種 (スーマンボースー)」 と呼んで梅雨の時期となっている。
[全文記事]

マダガスカルジャスミン純白の花咲き始める

2017/05/17 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17060-1.jpg
=写真=

 常緑のつる性植物では、 宮古で見ることの少ないマダガスカルジャスミン (キョウチクトウ科) が、 平良の民家で真っ白な花を咲かせ始めている=写真=。 開花期は9月ごろまでという。
[全文記事]

下地与那覇湾でクロツラヘラサギ3羽、えさ探し

2017/05/13 09時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17039-1.jpg
くちばしで水中のエサを探す3羽のクロツラヘラサギ=与那覇湾、 沖縄製糖近く

 国際的な絶滅危惧種で渡り鳥のクロツラヘラサギが下地の与那覇湾に飛来している。 沖縄製糖近くでは3羽がトレードマークであるしゃもじ型のくちばしを水に突っ込み、 首を左右に振りながらエサを獲っている姿が見られた。
[全文記事]

愛鳥週間で大野山林展はじまる

2017/05/11 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17024-1.jpg
野鳥の写真パネルなどが紹介されている愛鳥週間の 「大野山林展」 =宮古青少年の家

 2017年度の愛鳥週間がスタートした10日、 県立宮古青少年の家 (安慶田昌宏所長) の 「大野山林 (うぷにやま) 展」 が同所ではじまった。 16日まで。 期間中、 野鳥に関する写真パネルや絵画などが展示されており、 多数の市民が来場するよう呼びかけている。
[全文記事]

きょうから「愛鳥週間」、野鳥保護を呼びかけ

2017/05/10 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17017-1.jpg
きょうから愛鳥週間。 大野山林などで観察されるアカショウビン (カワセミ科) =仲地邦博氏撮影

 2017年度の愛鳥週間が10日からはじまる。 16日まで。 期間中、 全国各地で野鳥を通して自然環境の大切さを知り、 広める活動が展開される。 県内でも各地で野鳥観察会などが予定されており、 宮古島市では期間中、 県立宮古青少年の家で大野山林の野鳥を紹介する展示会が催される。
[全文記事]

今年最初の「真夏日」観測、多良間空港で30・5度

2017/05/10 09時02分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17014-1.jpg
水たまりのそばで吸水行動をするタイワンクロボシシジミ=市内平良

 気象台によると宮古島地方は9日、 高気圧に覆われて各地で気温が上昇し、 多良間空港では最高気温30・5度と今年初めて 「真夏日」 を観測。 他にも平良と宮古空港で29・7度、 下地島空港で29・4度と6月中旬並の暑さとなった。
[全文記事]

ページ移動