記事一覧

きょうから「愛鳥週間」、野鳥保護を呼びかけ

2017/05/10 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17017-1.jpg
きょうから愛鳥週間。 大野山林などで観察されるアカショウビン (カワセミ科) =仲地邦博氏撮影

 2017年度の愛鳥週間が10日からはじまる。 16日まで。 期間中、 全国各地で野鳥を通して自然環境の大切さを知り、 広める活動が展開される。 県内でも各地で野鳥観察会などが予定されており、 宮古島市では期間中、 県立宮古青少年の家で大野山林の野鳥を紹介する展示会が催される。
[全文記事]

今年最初の「真夏日」観測、多良間空港で30・5度

2017/05/10 09時02分配信 - 科学・環境 -

ファイル 17014-1.jpg
水たまりのそばで吸水行動をするタイワンクロボシシジミ=市内平良

 気象台によると宮古島地方は9日、 高気圧に覆われて各地で気温が上昇し、 多良間空港では最高気温30・5度と今年初めて 「真夏日」 を観測。 他にも平良と宮古空港で29・7度、 下地島空港で29・4度と6月中旬並の暑さとなった。
[全文記事]

大野山林で中学生が初ガイド

2017/05/04 21時03分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16986-1.jpg
多くの親子連れが参加し初ガイドを務めた平良君の説明に耳を傾けていた=3日、 大野山林

 中学生ガイドと行くゴールデンウィーク散策 (主催・宮古自然クラブ) が3日、 大野山林で行われた。 約30人が参加。 ガイドを務めた平良航大君 (北中3年) と親泊千明さん (平良中3年) が大野山林に生えている木々や見つけた昆虫、 野鳥についてわかりやすく丁寧に説明した。
[全文記事]

マイクロプラスチック北海岸に多く、破砕前に回収を

2017/05/04 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16981-1.jpg
山口晴幸さん

 長年、 琉球諸島の海岸漂着ゴミを研究している防衛大学名誉教授の山口晴幸さん (68) が、 今年3~4月に宮古・八重山諸島で行ったマイクロプラスチックの実態調査をまとめた。 マイクロプラスチックは漂着ゴミが波風や紫外線などで劣化・破砕して5㍉以下に細片化されたもので、 新たな海洋汚染因子として国際的に問題視されている。 宮古では北海岸線でゴミが大量に漂着している場所が目立ち、 長期的な放置によってマイクロプラスチック化が進む可能性が高く、 破砕前に定期的に継続した海岸清掃の必要性を訴えている。
[全文記事]

ミヤコニイニイ初鳴き、きょうは荒れた天気に

2017/04/22 09時03分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16900-1.jpg
初鳴きが観測されたミヤコニイニイ=資料写真

 宮古島地方気象台は20日、 ミヤコニイニイの初鳴きを観測した。 平年よりも6日遅く、 前年よりは2日早かった。 21日は晴れて6月上旬並みの暑さとなった。 きょう22日からは一転、 天気は下り坂となって気温も低下すると予想される。
[全文記事]

センダン、薄紫色の花咲く

2017/04/19 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16880-1.jpg
薄紫の花をいくつも咲かせるセンダン=伊良部地区下地島空港近く

 以前は主要道路沿いの街路樹として親しまれていたものの、 その数が減少している落葉高木のセンダン (同科) が4月に入って薄紫色の花を咲かせるようになった。 県内では5月ごろまでが花期とされている。
[全文記事]

宮古島の春彩るデイゴの花咲く

2017/03/23 09時03分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16714-1.jpg
春の日差しを浴びて満開となったデイゴの花=市内伊良部

 宮古島もすっかり春となり、 市内各地では赤いデイゴの花が景色を彩っている。 22日は午後から晴れ、 最高気温22~23度と春らしい過ごしやすい気候となった。
[全文記事]

「石崖」「地図」の模様、春の訪れにイシガケチョウ

2017/03/16 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16672-1.jpg
個性的な羽根の模様を持つイシガケチョウ=市内

 宮古島での生息は確認されているものの、 他の種類と比べて個体数が少ないイシガケチョウの姿が今年は目立つ。 羽根は個性的な模様をしており、 石崖や石垣に似ていることが和名の由来。 英名はcommon mapで 「地図チョウ」 と呼ばれる。
[全文記事]

きょう5日は24節気の一つの啓蟄 色とりどり蝶舞う

2017/03/04 21時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16608-1.jpg
晴天の下、 センダングサの蜜を吸うアオスジアゲハ=市内平良

 〇…きょう5日は 「啓蟄」。 24節気の一つで、 土中で冬ごもりをしていた虫が春の訪れを感じてはい出て来る頃とされている。 本土に比べて暖かい宮古では年間通して昆虫はいるが、 それでも冬は動きが低下して姿が見えなくなる。 これから春に向かって虫の活動も活発になっていく。
[全文記事]

最も早い開花に、テッポウユり咲く

2017/01/18 09時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16315-1.jpg
冬の日差しを浴びながら白い花を咲かせるテッポウユリ=東平安名崎

 宮古島を代表する景勝地・東平安名崎でテッポウユリが咲き始めている。 宮古島地方気象台では16日に開花を観測しており、 去年の1月25日を抜いて過去最も早い記録となった。 テッポウユリはこの時期から咲き、 4月のトライアスロンやゴールデンウィークの頃に最盛期となる。
[全文記事]

ページ移動