記事一覧

新型コロナ 宮古島市、新規46人

2022/01/16 09時05分配信 - 社会・一般 -

 【那覇支局】県は15日、宮古島市で新たに46人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。2日連続の2桁の感染者となった。累計は2816人。県内では新たに1829人の感染が確認され、13日の1817人を上回り、最多を更新した。県の嘉数広樹感染症対策課長は「検査機械の能力には余力があるが、採取などの検査が追いついておらず、感染者が増加する可能性がある」と話した。
[全文記事]

休校延長に理解も嘆きの声

2022/01/16 09時04分配信 - 社会・一般 -

 幼小中の一斉休校が21日まで延長された知らせに、保護者や生徒の多くは「この感染状況では仕方ない」と理解を示したが、子どもの面倒を見るため仕事にいけないことや、友達と会えないことを嘆く声も多く聞かれた。休校中でも子どもを学校に受け入れていることを知らない市民もおり、周知不足が懸念される。
[全文記事]

宮古神社で古神札焚上祭

2022/01/16 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25601-1.jpg
縁起ものを燃やし塩をまく奥間さん=宮古神社焚上場

 去年のお守りやおふだなどの縁起ものや神具を燃やす「古神札焚上祭(こしんさつたきあげさい)」が15日、宮古神社で行われた。権禰宜(ごんねぎ)の奥間寛次さんが境内で焚き上げ、神社の加護を受けた縁起ものに宿る神を天に帰した。去年1年への感謝と向こう1年の無病息災を炎と煙に乗せ祈願した。
[全文記事]

アンケート調査協力で10人に特産品プレゼント

2022/01/16 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25602-1.jpg
山鹿市キャンペーンのアンケート回収ボックス=市役所1階ロビー

 熊本県山鹿市は現在宮古島市民を対象に、同市に関するアンケート調査を行っており、回答した人の中から抽選で10人に特産品をプレゼントする。アンケート用紙は「広報みやこじま1月号」に折り込まれており、回収ボックスは市役所1階ロビーや市内のスーパーに設置されている。また、インターネットでも回答を受け付けている(サイトはQRコードから)。
[全文記事]

「寒緋桜」咲き始める 来月上旬には満開

2022/01/16 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25603-1.jpg
薄曇りの下で濃いピンク色の花を咲かせるカンヒザクラ=平良東仲宗根添の宮古青少年の家構内

 宮古島地方にひと足早い春を告げるカンヒザクラ(寒緋桜、バラ科サクラ属)が、市内で咲き始めている。気象台の植物季節観測による「開花」の発表はまだだが、ことしもほぼ平年並み(平年値1月17日)のようだ。2月上旬から「満開」となりそうだ。
[全文記事]

新型コロナ 宮古島市62人、過去6番目

2022/01/15 09時05分配信 - 社会・一般 -

 【那覇支局】県は14日、宮古島市で新たに62人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。2日ぶりの2桁の感染者となったが、過去6番目の感染者数となった。累計は2770人。1週間当たりの人口10万人当たりでは1100・23人。1000人超えの状態が5日連続となり、県内ワーストの状態が続いている。
[全文記事]

知事、緊急事態宣言は検討

2022/01/15 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25595-1.jpg
定例会見を行った玉城知事=14日午前、県庁

 【那覇支局】玉城デニー知事は14日午前の定例会見で、新型コロナウイルス緊急事態措置の適用を国に求める目安について「総合的に判断する」と述べた。県警戒レベル判断指標の病床使用率が50%を超えた場合などを「判断の検討要素」と述べつつ、「まん延防止等重点措置で感染対策を行い、医療ひっ迫がないよう方法を考慮する。必要に応じ政府に求める」と話した。
[全文記事]

高齢者の健康危惧 自宅でできる運動を

2022/01/15 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25596-1.jpg
宮古島市から提供された高知県高知市のリーフレットを基に作成

 宮古島市に「まん延防止措置」が適用されたことを受け、生きいき教室や長寿大学など多くの高齢者を対象とした行事が31日まで中止となっている。人との交流の場がなくなることや外出自粛で自宅に閉じこもってしまうことで、健康への悪影響が危惧される。市は自宅の中でもできる運動などに取り組むことで、心身の健康を保つよう呼び掛けている。
[全文記事]

下地川満で護岸工事

2022/01/15 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 25597-1.jpg
護岸補強のためクレーン車を使い石を積んだ=下地川満

 県宮古土木事務所は14日、下地川満で護岸の補強工事を行い、ネットに詰められた石を大型のクレーン車を用いて積み上げた。工事は1日で終了した。
[全文記事]

飼い主は狂犬病予防を 昨年末の接種率56%

2022/01/15 09時01分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市の飼い犬における2021年度の狂犬病予防接種率は、12月31日現在で56・1%であることが分かった。呼び掛けの強化により前年度より改善されているものの、世界保健機関(WHO)が目標数値として定めている75%を大きく下回っているとして、飼い主に接種を受けさせるよう求めている。
[全文記事]

ページ移動