記事一覧

「夢中になれることを」下地達朗さん北中で講演

2018/10/12 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20209-1.jpg
講演に耳を傾ける北中の生徒たち=10日、 同校体育館

 市立北中学校 (友利直喜校長) は10日、 宮古島市出身でフットサル日本代表フィジカルコーチの下地達朗さん (33) を招いて講演会を行った。 下地さんは自らの経験を交えて生徒たちに 「自分の好きなこと、 夢中になれることを見つけてほしい」 と呼びかけ、 常に全力で取り組むことの大切さなどを語った。
[全文記事]

大会むけ20頭が計量、21日にピンダアース

2018/10/12 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20208-1.jpg
計量を行う前回重量級チャンピオン 「ピカチュウ号」 と飼養者の東風平さん=10日、 多良間村家畜セリ市場

【多良間】今月21日に開催される第17回多良間島ピンダアース大会 (主催・同村観光協会) に向けて10日、 出場ヤギの計量が行われた。 今大会には軽量級8頭、 中量級9頭、 重量級3頭の計20頭が出場を予定。 当日は 「フェリーたらまゆう」 が平良港午前8時出港、 多良間前泊港午後3時出港で特別運航する。
[全文記事]

奥濱貞夫さんら表彰、九州交通安全連名表彰

2018/10/12 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20207-1.jpg
交通安全功労などで表彰を受けたみなさんと喜ぶ関係者ら=10日、 宮古島警察署

 2018年度九州管区警察局長・九州交通安全協会長連名表彰、 全日本交通安全協会長 「交通栄誉章緑十字銅章」 の伝達式が10日、 宮古島警察署で行われ、 長年にわたり交通ボランティアとして交通安全活動に尽力した7人に前花勝彦署長と新里孝行宮古島地区交通安全協会長から表彰状と副賞が手渡された。
[全文記事]

「人命救助のボランティア」宮古高で献血講話

2018/10/12 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20205-1.jpg
石垣さんの講話に耳を傾ける生徒たち=10日、 宮古高校体育館

 沖縄県赤十字血液センターは10日、 県立宮古高校 (平良智枝子校長) で生徒を対象に献血講話を行った。 同センター献血推進課の石垣元晴さんが講師を務め、 「献血は人命救助のボランティアと呼ばれている」 と話し、 採血の基準や注意点などを説明した。
[全文記事]

市空家等対策協議会、適切管理条例設置へ

2018/10/11 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20204-1.jpg
市の空家対策について意見を交わす委員たち=下地庁舎

 第1回宮古島市空家等対策協議会が10日、 市役所下地庁舎で行われた。 第1回となる協議会では市が2018年3月に策定した 「空家等対策計画」 を踏まえて事務局から特定空家等の判断基準をより具体化した案が示され内容を確認したほか、 19年4月からの施行を目指す 「市空家等の適切な管理に関する条例 (案)」 について意見を交わした。 また、 委員一人ひとりに委嘱状が交付され、 会長に宮里大八さん (琉球大学特命準教授)、 副委員長に大城純市さん (市顧問弁護士) が選任された。
[全文記事]

秋風に”鷹柱”舞う、サシバ大群飛来

2018/10/11 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20203-1.jpg
空中で渦を巻くように飛び 「鷹柱」 を作るサシバの群れ=下地島

 10日、 伊良部島や下地島の上空で渡り鳥サシバの大きな群れが確認された。 北東からのやや強い風を受けて飛来し、 空中で渦を巻くように集まって飛ぶ 「鷹柱」 を何度も作っていた。 この日がこれまでで最も大きな群れとなったようだ。
[全文記事]

高圧ガス防災訓練実施、県など

2018/10/11 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20199-1.jpg
高圧ガス配送車両の緊急措置訓練を行う参加者=宮古島市消防本部構内

 高圧ガス保安推進月間にちなんだ2018年度宮古地区高圧ガス防災訓練 (主催・県、 県高圧ガス保安協会) が10日、 宮古島市消防本部構内で行われた。 同地区内の高圧ガス関係事業所や県、 消防などの職員らが参加し、 高圧ガスの燃焼、 爆発特性実験や緊急措置訓練などを通して防災意識を高めるとともに、 関係機関と協力して保安体制を強化する決意を新たにした。 訓練前には酸素・アセチレン消費事業所対象の講習会が県宮古合同庁舎で行われた。
[全文記事]

県産業安全衛生大会で友利寛忠さん大臣表彰

2018/10/11 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20198-1.jpg
厚生労働大臣表彰を受けた友利さん (前列中) と沖縄労働局長表彰の上地代表 (同右)、 宮城さん (同左)、 松尾さん (後列右)、 県労働基準協会長表彰の島尻穣さん (同中)、 與那覇さん (同左) =ラグナガーデンホテル

【那覇支局】2018年度県産業安全衛生大会 (主催・県労働基準協会ほか) が10日午後、 宜野湾市のラグナガーデンホテルで行われた。 このほど、 宮古地区から厚生労働大臣表彰 (功績賞) が決まった先嶋建設副社長の友利寛忠さん (県労働基準協会宮古支部長) に表彰状が伝達授与されたほか、 沖縄労働局長表彰で勝建設 (上地健司代表) が奨励賞 (安全確保対策)、 宮城英文さん (日本ボイラ協会沖縄支部講師) が功績賞、 松尾優二さん (宮古地域産業支援センター前コーディネーター) が安全衛生推進賞を受賞。 県労働基準協会長表彰で、 大政建設 (島尻典子代表) が優良賞、 沖縄製糖技術参与の與那覇勝幸さんが功労賞を受けた。
[全文記事]

「美しい花と心育てる」狩俣小で人権の花植付

2018/10/10 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20196-1.jpg
インパチェンスとベゴニアの花を植え付ける児童ら=狩俣小学校体育館

 2018年度 「人権の花運動」 の植え付け式 (主催・宮古島市) が9日、 狩俣小学校体育館で行われた。 34人の児童たちが人権擁護委員らと一緒にプランターに花を植え、 互いに協力しながら花を栽培していくことを誓った。 この運動は子どもが互いに協力しながら花を栽培することで情操をより豊かにし、 命の大切さや相手への思いやりなど基本的人権の尊重の精神を身につけることを目的に実施。 毎年、 市内の小学校の中から実施校を選定して行っている。
[全文記事]

サシバ保護アピール~出発式と飛来調査

2018/10/10 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20195-1.jpg
合同パトロールの参加者=8日、 市伊良部庁舎

 渡り鳥として親しまれているサシバ (ワシタカ科) の飛来数調査が8日、 市役所伊良部庁舎屋上で始まった。 21日まで正午から午後6時まで行われる。 初日は59羽の飛来が確認された。 また、 4時30分から 「2018年度サシバ保護合同パトロール出発式」 が同庁舎玄関前で開催され、 県や市の職員、 宮古野鳥の会、 地域づくり協議会、 伊良部中学校、 伊良部高校が参加し、 保護をアピールした。
[全文記事]

ページ移動