記事一覧

琉宮の舞公演で「コロナクイチャー」披露

2021/03/21 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24267-1.jpg
琉球舞踊などが披露された=マティダ市民劇場

 琉球舞踊穂花会(家元・亀浜律子)は20日、マティダ市民劇場で「第34回琉宮の舞」を公演し、35人の演者が琉球舞踊や古典音楽、太鼓などの舞台公演を行い観客を魅了した。また創作「コロナクイチャー」を披露し、新型コロナウイルスの終息を祈った。
[全文記事]

西里さんら特別賞 蒼海書道会

2021/03/17 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24244-1.jpg
作品と賞状を手にする生徒ら=14日、池田書道塾

 池田書道塾と煌月書道塾が加盟する蒼海書道会(池田海真会長)が14日、平良下里の池田書道塾で第9回佐久全国臨書展、第67回全国少年新春書道展、第57回全日本書初め大展覧会の特別賞受賞報告を行った。
[全文記事]

全国はがき筆文字展 5月31日から募集開始

2021/03/16 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24238-1.jpg
会見を行った伊志嶺委員長(右)と池田事務局長(左)=平良港ターミナル

 「第5回全国はがき筆文字展」実行委員会の伊志嶺亮委員長と池田海真事務局長が13日、平良港ターミナルビルで応募の呼びかけと募集要項の発表を行った。同展は気軽に筆に触れる機会を増やし、宮古島から全国に筆文字文化を発信することを目的に行っている。
[全文記事]

来月25日、宮園ゆう子さんコンサート

2021/03/14 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24233-1.jpg
パンフレットを手にコンサートのPRをする宮園ゆう子さん=11日、宮古新報社

 コロナ禍の影響で昨年2度開催が延期となっていた「宮園ゆう子チャリティーコンサート」(オフィスゆう主催)が4月25日に開催される。宮園さんは11日、宮古新報社を訪ね、コンサートに臨む意気込みを語った。
[全文記事]

麻織商品開発で試作品 宮古上布の技法取り入れ

2021/03/13 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24229-1.jpg
着物に仕立てた伝統的な図柄と藍染めの試作品=伝統工芸品センター

 機械紡績のラミー糸を材料にした「麻織」の新商品開発を目的に宮古織物事業協同組合は県の工芸産業パワーアップ事業の補助を受け、島内産の植物染料を使い、宮古上布の技法を取り入れた試作品を製作した。技術的には染色方法の見直しなどの課題が上がり、販売の方向性に応じた商品開発案に関しては組合員と検討していく。事業の成果品は31日まで市伝統工芸品センターで展示している。
[全文記事]

パニパニシネマでお笑いライブ 28日開催

2021/03/13 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24230-1.jpg
「宮古の人にお笑いライブを体験してほしい」と話す知念だしんいちろうさん=11日、宮古新報社

 沖縄のお笑い団体FECオフィス(山城智二代表)は28日、よしもと南の島パニパニシネマで「FECお笑い劇場ライブビューイングin宮古島」を初開催する。宮古島の高校生以下の児童生徒と保護者を人数制限で優先招待するほか、在住者のみスマホやPCなどで無料視聴できる。出演者で平良鏡原出身の知念だしんいちろうさん(39)が11日、宮古新報社を訪れ、ピーアールした。
[全文記事]

平良清子さんに褒賞伝達 宮古上布染織技術者

2021/03/11 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24217-1.jpg
座喜味市長から黄綬褒章を伝達された平良清子さん(左から2人目)=市役所応接室

 宮古上布の染織技術者として2020年秋の褒章で平良清子さん(82)=平良荷川取=に10日、市役所で座喜味一幸市長から黄綬褒章が伝達された。平良さんは60年以上藍染めと織りの工程で製作を続け、後継者育成事業の講師としても多くの担い手を育て伝統技術の継承に尽力してきた功績が認められた。
[全文記事]

養成講習の成果披露 苧麻績み保存会

2021/03/07 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24202-1.jpg
教室ごとに展示された伝承者養成講習研修生の苧麻糸=市中央公民館

 宮古苧麻績み保存会(漢那明美会長)の2020年度伝承者養成講習の成果を披露する苧麻糸展示会が6日、市中央公民館で行われた。新型コロナウイルス感染症の影響で休講が相次ぎ途中から自宅研修となったが、伝統技術の継承に向けて研修生たちが績んだ苧麻糸を展示した。7日まで行われる。
[全文記事]

総合博物館で新収蔵品152点展示 28日まで

2021/03/06 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24197-1.jpg
=写真=

 宮古島市総合博物館(平良恵栄館長)の第37回企画展平成31・令和元(2019)年度新収蔵品展が5日、特別企画展示室で始まった。上野の新里部落で使われていた獅子頭=写真=をはじめ市民から寄贈された化石や絵画、古い民具、図書などの資料152点が展示されている。28日まで。
[全文記事]

伝統の旧二十日正月祭でコロナ終息願う

2021/03/04 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24189-1.jpg
獅子舞で向こう1年の豊作と無病息災を祈願した旧二十日正月祭=城辺比嘉

 旧暦1月20日の3日、城辺比嘉で伝統の「旧二十日正月祭」(パツカショウガツ)が行われ、獅子舞で地域の厄を払いながら、向こう1年の五穀豊穣と無病息災、さらに新型コロナウイルスの終息を願った。
[全文記事]

ページ移動