記事一覧

自立と共生、豊かさを、玉城新知事が就任

2018/10/05 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20168-1.jpg
自立と共生、 誇りある豊かな沖縄の実現や辺野古新基地建設阻止への抱負を語る玉城デニー知事=県庁

【那覇支局】先月30日に投開票された第13回沖縄県知事選挙で初当選した玉城デニー(本名・康裕)氏 (58) が4日、 知事に就任した。 1972年の日本復帰後、 8人目の知事となり、 8月8日に前知事の翁長雄志氏が在任中に死去してから、 57日ぶりに知事不在の状態が解消された。 同日午後、 県庁で就任会見を行った玉城知事は 「自立と共生の沖縄、 誇りある豊かな沖縄の実現に向けて全力で取り組んでいく」 と意欲を見せた。
[全文記事]

宮古島市内水道管37%が40年超

2018/10/04 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20161-1.jpg
計画に基づき老朽化した水道管の更新などを行う上下水道部

 宮古島市内の水道管の老朽化が進み、 総延長520㌔の約37% (196㌔) が法定耐用年数の40年を過ぎていることが3日、 分かった。 最も古いのは1972年に敷設された池間島の水道管となっている。 島内では老朽化した水道管から漏水などが発生しており、 市上下水道部では発見次第対応に当たっている。 同部では 「宮古島市水道施設整備計画 (2017年度から26年度までの10年間)」 に基づいて随時水道管の更新を行う方針だ。
[全文記事]

市港湾審が計画変更答申 クルーズ船岸壁延長へ

2018/10/03 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20154-1.jpg
国際クルーズ拠点形成の専用岸壁の完成予想パース (平良港湾事務所/エム・テック提供)

 宮古島市地方港湾審議会 (会長・下地義治宮古島商工会議所会頭) は2日、 先月26日に承認した平良港の港湾計画変更を下地敏彦市長に答申した。 変更は漲水地区北防波堤外側に国の直轄事業で整備している国際クルーズ拠点形成のための旅客船専用岸壁の大型化に対応するもので、 接岸可能船舶が当初の14万㌧級から22万㌧級となる。
[全文記事]

沖縄県知事選 当選の玉城氏辺野古阻止決意新た

2018/10/02 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20147-1.jpg
勝利の喜びに沸いた投開票日から一夜明け、 初当選を報じる本紙に目を通す玉城デニーさん=那覇市内の事務所

【那覇支局】30日投開票の知事選で初当選した玉城デニー氏 (58) が1日、 那覇市の事務所で報道各社のインタビューに答えた。 相手候補に8万票差、 最多得票となる39万6632票での勝利から一夜明け、 「非常に多くの方々から、 これまでにない票を頂いたことはこの上ない光栄。 命を削る思いで公約に取り組んだ翁長雄志知事の意志を引き継ぐことへの県民の支え、 私が掲げる新時代沖縄という公約を期待されての得票だと感激している」 と感想を語った。
[全文記事]

市が新総合庁舎建物など完成予想図を公表

2018/10/02 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20146-1.jpg
総合庁舎の鳥瞰イメージパース。 道路は右側がマティダ通り、 左側が県道平良新里線 (市振興開発プロジェクト局提供)

 宮古島市 (下地敏彦市長) は1日、 2021年4月開庁を目指して実施設計業務を進めている市総合庁舎の完成予想図を公表した。 「結のこころつなぎ市民に親しまれる」 を基本理念とした総合庁舎は保健センターを併設する3階建てで、 シンプルな外観をイメージしており、 敷地内には来庁者用200台、 公用車用200台の駐車場を整備する計画だ。
[全文記事]

市総合庁舎建設予定地 国有地取得、年内実施へ

2018/10/02 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20145-1.jpg
平良下里の総合庁舎建設予定地 (市消防本部より撮影)

 宮古島市 (下地敏彦市長) が平良下里の市消防本部北側一帯に建設を予定している市総合庁舎整備事業で同市は1日、 敷地の約9割を占める国有地取得の手続きが年内にも行われる見通しを明らかにした。 市議会12月定例会に土地取得の議案を提出する予定。 来年1月の造成工事着手、 3月定例会への建築工事請負契約案件提出で2018年度発注を目指す方針だ。 今年6月には土地取得手続きの関係で遅れが懸念されていたが、 年内実施のめどがついたことから、 同市は21年4月開庁について 「予定通り」 としている。
[全文記事]

県知事選、玉城デニー氏が初当選

2018/10/01 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20140-1.jpg
県知事選で初当選し、 バンザイ三唱で喜びを爆発させる玉城デニー氏 (中央左) ・智恵子夫人ら=那覇市古島の教育福祉会館

【那覇支局】辺野古新基地建設の賛否や経済振興を争点とした第13回県知事選挙は30日、 投開票され、 建設阻止を訴えた無所属新人で前衆院議員の玉城デニー氏 (58) が39万6632票を獲得し、 国政与党などの支援を受けた無所属新人で前宜野湾市長の佐喜真淳氏 (54) =自民・公明・維新・希望推選=ら3氏を破って初当選した。 県民があらためて建設反対の意思を示したことになり、 政府の反応、 それに対する新県政の対応が注目される
[全文記事]

民意は再び「ノー」~知事選解説

2018/10/01 09時04分配信 - 政治・行政 -

 県知事選挙という県内最大の政治決戦は、 辺野古新基地建設の阻止や米軍普天間飛行場の早期返還など建白書の実現を目指した翁長県政を継承し、 「新時代沖縄」 をキーワードとしたさらなる発展などを政策に掲げた前衆議院議員の玉城デニー氏に軍配が上がった。
[全文記事]

知事選勝利に歓喜の渦

2018/10/01 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20138-1.jpg
勝利に沸く支持者らに囲まれ、 智恵子夫人とともに喜びのクイチャーを踊る玉城さん (手前右) =那覇市古島の教育福祉会館

【那覇支局】普天間飛行場の辺野古移設問題が最大の争点となった県知事選で、 新基地建設の阻止を訴えた前衆院議員の玉城デニーさん (58) が初当選した。 日米両政府が進める移設計画に、 県民があらためて 「ノー」 の審判を下した。 玉城さんは大勢の支持者らと何度も握手を交わすなど当選の喜びを爆発させ、 「新基地建設を止めることが未来の子どもたちにできる私たち責任世代の行動。 翁長知事の意志を受け継ぎ、 体を張って主張していく」 と強調した。
[全文記事]

激戦に有権者の審判、知事選きょう投開票

2018/09/30 09時04分配信 - 政治・行政 -

 翁長雄志知事の死去に伴う第13回沖縄県知事選挙は30日、 台風の影響で繰り上げた一部の地域を除いて投票が行われ、 即日開票される。 選挙戦は、 無所属新人で前宜野湾市長の佐喜真淳氏 (54) =自民・公明・維新・希望推薦=、 県政与党や 「オール沖縄」 勢力が推す無所属新人で前衆院議員の玉城デニー氏 (58) の事実上の一騎打ち。 翁長氏の政策を引き継ぐ玉城氏が県政を死守するのか、 保守統一候補の佐喜真氏が奪還するかが最大の焦点。 午後11時ごろまでには大勢が判明すると見られる。
[全文記事]

ページ移動