記事一覧

県が定期人事異動で辞令交付式

2018/04/03 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19016-1.jpg
翁長知事から会計管理者の辞令を受け取る伊川秀樹氏 (右) =県庁講堂

【那覇支局】沖縄県は2日、 2018年度定期人事異動に伴う辞令交付式を県庁講堂で実施した。 幹部職員の辞令交付で翁長雄志知事は 「今年度は沖縄21世紀ビジョン基本計画の後期2年目。 沖縄振興の流れを緩めることなく加速させ、 新たな沖縄の振興計画を見据えた各種施策の検証とさらなる展開を検討する重要な年となる。 職員には県民福祉向上のため沖縄の抱える様々な分野の政策課題に全力で取り組んでほしい。 部下から信頼されるリーダーとして、 働きやすい職場環境づくりに努めることを期待している」 と激励した。
[全文記事]

エコアイランド10年で「宮古島宣言2・0」を発表

2018/03/31 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19004-1.jpg
エコアイランド宮古島宣言2・0を発表する下地市長 (中央) ら=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は30日、 前回の宣言から10年の節目を迎えるにあたりバージョンアップした 「エコアイランド宮古島宣言2・0」 を発表した。 今回新たに 「千年先の、 未来へ。」 の標語や地下水水質・窒素濃度など3つのゴール (到達点) を設定するなどエコアイランド宮古島が持続可能な島づくりを目指す活動であることを多くの市民が理解し、 主体的に関われるよう工夫したという。 下地市長は 「今回の宣言では目指す未来像を市民の皆さんと共有するもの」 と述べ、 エコアイランドの推進に向け協力を呼びかけた。
[全文記事]

沖縄総合事務局、平良港湾クルーズ拠点に25億円

2018/03/31 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19003-1.jpg
クルーズ拠点の完成予想図 (平良港湾事務所、 エム・テック提供)

 沖縄総合事務局開発建設部は30日、 所管する2018年度予算と主要事業の概要を発表した。 総事業費は前年度当初比4・4%減の1141億円。 内訳は直轄が3・5%減の約743億円、 補助が5・9%減の約398億円 (うち社会資本総合整備は6・5%減の約291億円)。 港湾のうち平良港は国際クルーズ拠点整備に25億6000万円、 漲水地区複合一貫輸送ターミナル改良に2億円をそれぞれ計上した。
[全文記事]

宮古島市が31人に退職辞令交付、市長が激励

2018/03/31 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19002-1.jpg
辞令交付式後に記念撮影する退職者と市長ら=市役所平良庁舎玄関前

 宮古島市 (下地敏彦市長) の2017年度退職辞令交付式が30日、 市役所平良庁舎で開かれた。 今年は31人が定年退職し、 うち9人が再任用される。
[全文記事]

市介護保険策定委が第7期事業計画、市長答申

2018/03/31 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18999-1.jpg
=写真=

 第7期宮古島市介護保険事業計画策定委員会 (委員長=野原勝県宮古福祉事務所長) は30日、 市役所平良庁舎で下地敏彦市長に対し、 「市高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画」 を答申した=写真=。 答申を受けた下地市長は 「第7期の計画に沿って事業を進めていきたい。 特に付帯事項の3点については十分心して取り組まなければならないと考えている」 と述べた。
[全文記事]

平成の森公園野球場再整備、2021年度共用目指し

2018/03/30 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は、 2018年度事業で伊良部長浜の平成の森公園野球場の再整備に本格的に着手する。 18年度でメインスタンドの設計、 19、 20両年度に工事を実施し、 21年度供用開始を目指す。 総事業費は約13億円を見込んでいる。 同市は再整備で、 需要が増加する野球キャンプに対応するとともに、 関係者と連携して誘致を図り、 キャンプ地としての定着を目指すとしている。
[全文記事]

指定管理で意見付す~宮古島市議会閉会

2018/03/28 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18983-1.jpg
18年度一般会計予算案などで採決が行われ、 原案通り可決した=市役所平良庁舎

 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は27日、 最終本会議が開かれ、 2018年度一般会計予算案など議案53件、 同意案3件、 陳情書1件、 議会発議1件を可決して閉会した。 2度の採決先送りとなった宮古島海宝館と伊良部の市総合交流ターミナルについては反対意見が挙がったものの賛成多数で可決した。 一方、 指定管理者の指定について総務財政委員会から 「12月定例会で決められるようにすべき」 などの意見が付された。
[全文記事]

急速充電器、有料化後の利用が減

2018/03/27 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18975-1.jpg
一般質問で市政全般について論戦が交わされた=市役所平良庁舎

 宮古島開会中の市議会 (佐久本洋介議長) の3月定例会は26日、 一般質問5日目が行われた。 上里樹、 新里匠、 棚原芳樹、 国仲昌二の4氏が登壇し市長の政治姿勢などを質した。 このうち国仲氏はエコアイランド事業として急速充電器の有料化による利用状況を質問。 月平均が課金前から激減していることが分った。
[全文記事]

ゴミ問題で初公判、被告の市職員起訴内容認める

2018/03/27 09時01分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) が2014年度に行った不法投棄ゴミ撤去事業で回収したゴミの量よりも多く見せようと水増し作業を行い、 計量票など虚偽の公文書を作成し提出したとして虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた宮古島市環境衛生課職員 (45) の初公判が26日、 那覇地方裁判所平良支部 (橋口佳典裁判長) であった。 弁護側は起訴内容については認めたものの、 証拠書類について一部 「不同意」 とした。 次回は検察側の証人と弁護側証人が証言する。
[全文記事]

好景気など反映し市税増加、市議会一般質問

2018/03/24 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18961-1.jpg
新年度予算や農水産業、 観光などで論戦が交わされた市議会3定例会一般質問=市役所平良庁舎本会議場

 宮古島市議会3月定例会一般質問第4日が23日、 本会議場で開かれた。 宮古島市 (下地敏彦市長) の2018年度一般会計当初予算で自主財源である市税が、 前年度当初比3・7%増の50億4556万円となった背景について同市は、 好景気を反映した雇用情勢の改善、 好調な企業収益、 大型商業施設及びアパートなど家屋の新増築などがあると明らかにした。 宮国高宣総務部長が真栄城徳彦氏に答弁した。
[全文記事]

ページ移動