記事一覧

市地下ダム資料館、2016年度入館者は6800人

2017/05/08 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17005-1.jpg
地下ダム資料館には建設技術や構造など地下ダムの仕組みが分かるように紹介されている=城辺の福東集落近く

 宮古島市地下ダム資料館はこのほど、 2016年度 (16年4月―17年3月) の入館者数をまとめた。 それによると6828人で、 前年度6155人に比べて673人増。 3年連続減少していたが、 16年度は増加となった。 03年度の供用開始から13年、 地下ダムの仕組みなどについて学ぶ施設として地元住民や観光客らが多く訪れている。 同資料館では引き続き来館を呼びかけている。
[全文記事]

2017年度狂犬病予防集合注射が始まる

2017/05/08 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 17000-1.jpg
開始直後から多くの市民が飼い犬を連れ予防接種を受けていた=市役所平良庁舎

 2017年度狂犬病予防集合注射が7日から始まった。 初日は宮古島市役所平良庁舎西側駐車場で、 麻布十番犬猫クリニックの医師が飼い主が連れてきた犬に予防注射を行った。
[全文記事]

市総合博物館2017年度入館者数1万4000人超

2017/05/03 09時07分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市総合博物館 (上地等館長) はこのほど、 2016年度入館者数をまとめた。 入館者数は1万4189人で前年度に比べて5271人増加し、 過去5年間で最も多くなった。 増加した要因について上地館長は 「民泊で訪れている人たちや保育園、 学童からの見学が大きく伸びた」 と話した。 17年度も引き続き入館者数1万5000人を目標に、 今月は特別展 「沖縄返還から45年復帰への歩み」 や7月には 「ネフスキー写真展 (仮)」 など様々な企画展を実施する予定。
[全文記事]

維新の会県総支部が市に西里通り拡張などを要望

2017/05/03 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16973-1.jpg
下地市長に要望書を手渡す下地代議士 (右から3人目) と関係者ら=市役所平良庁舎

 衆議院議員で日本維新の会沖縄県総支部 (儀間光男代表) の下地幹郎代議士らが2日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 市の発展のために西里通りの拡張と活性化事業の実現や自衛隊の誘致実現など5項目を要望。 下地市長も前向きな姿勢を示した。
[全文記事]

沖縄振興拡大会議で県勢発展向け意見交換

2017/04/29 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16954-1.jpg
沖縄振興拡大会議の冒頭であいさつし、 忌たんのない意見交換を呼びかける翁長知事 (奥) =県市町村自治会館

【那覇支局】県や県市長会、 県町村会、 県市議会議長会など5団体共催の2017年度沖縄振興拡大会議が28日午後、 那覇市の県市町村自治会館で行われた。 宮古島市の長濱政治副市長や棚原芳樹議長をはじめ新任の市町村長・議長計6人、 県側もこのほど就任した富川盛武副知事、 川満誠一企画部長ら計6人が紹介されたほか、 県勢発展に向け、 「子どもの学びと育ちの支援について」 など諸課題について率直に意見を交わし合った。
[全文記事]

市体育施設の総合体育館など「祝祭日」開館・開場

2017/04/29 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16950-1.jpg
=写真=

 宮古島市教育委員会の宮國博教育長らは28日、 市役所城辺庁舎で会見し、 市民からの要望や議会でも取り上げられた体育施設の市総合体育館や市陸上競技場 (トレーニング室含) について祝祭日も開館 (開場) すると発表した=写真=。 この試みは、 2018年度にも指定管理制度へ移行の準備を進めている体育施設の市民のニーズや実態を把握するために1年間の予定で行われる。
[全文記事]

多良間村議選、10人立候補へ

2017/04/28 09時07分配信 - 政治・行政 -

【多良間】任期満了に伴い5月23日告示、 28日投開票で行われる多良間村議会議員選挙 (定数7) まで1カ月となった。 現在のところ現職6人、 元職1人、 新人3人の計10人が立候補を予定。 有権者数は前回2013年に比べ減少し、 当選ラインが下がることから1票が当落を分ける激しい選挙戦となりそうだ。 6月の村長選挙には現職の伊良皆光夫氏、 前職の下地昌明氏が出馬を表明しており、 選挙後の議会勢力を見据えた争いになる。
[全文記事]

下地昌明氏が出馬表明~多良間村長選

2017/04/28 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16945-1.jpg
多良間村長選への出馬を表明する下地昌明氏 (中央) =同村字塩川の後援会事務所

【多良間】任期満了に伴い6月20日告示、 25日投開票で行われる多良間村長選に向け、 前職の下地昌明氏 (65) が27日、 同村字塩川の後援会事務所で出馬を表明した。 2期8年間の実績を強調しつつ、 人口減少や観光産業の育成、 医療福祉の充実、 農業振興などの課題に取り組み、 村民目線の行政・公約実現に努めたいと決意を語った。
[全文記事]

宮古島市労働力率が低下~15国勢調査就業状態

2017/04/28 09時05分配信 - 政治・行政 -

 県企画部統計課は27日、 2015年国勢調査就業状態等基本集計結果に基づいた県内の労働力状態、 産業別就業者数を発表した。 市町村別で宮古島市は人口4万2350人のうち労働人口は2万4612人となり、 前回調査 (10年) 比で1563人 (6・0%) 減少、労働力率は0・5低下の62・4%、 多良間村は順に986人のうち669人 (同数)、 1・6低下の67・9%となっている。
[全文記事]

多良間村長選、伊良皆氏が2期目出馬

2017/04/24 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 16912-1.jpg
多良間村長選挙に向けて2期目の出馬を表明する伊良皆氏 (左から2人目) =村塩川の後援会事務所内

【多良間】任期満了に伴って6月20日告示、 同25日投開票で執行される多良間村長選挙に向け現職で2期目を目指す伊良皆光夫氏 (61) が23日、 村塩川の後援会事務所で出馬表明するとともに、 政策を発表した。 この中で伊良皆氏は人口減少に歯止めをかけるための政策の重要性を示し、 「将来を担う若い人材が夢や希望を描けるような村づくり」 に全力を挙げる姿勢を示した。
[全文記事]

ページ移動