記事一覧

比嘉大吾初防衛戦で応援呼びかけ

2017/10/05 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 17940-1.jpg
比嘉大吾のチャンピオン初防衛戦をPRするとともに、 宮古島市民の応援を呼びかける本村支部長 (右) ら=宮古新報社

 今月22日に東京都両国の国技館で行われる世界ボクシング評議会 (WBC) 世界フライ級チャンピオン比嘉大吾 (22) =白井・具志堅スポーツジム、 宮古工業高校出卒=の世界タイトルマッチ初防衛戦に向け、 比嘉大吾沖縄後援会宮古支部の本村繁信支部長らが4日、 宮古新報社を訪れ、 世界戦ピーアールするとともに、 宮古島市民に応援を呼びかけた。
[全文記事]

第34回全日本トライアスロン選手募集スタート

2017/09/30 09時07分配信 - スポーツ -

ファイル 17915-1.jpg
第34回トライアスロン大会で選手募集開始を発表する下地市長 (中央) ら=市役所平良庁舎

 宮古島トライアスロン実行委員会 (会長・下地敏彦市長) は29日、 市役所平良庁舎で記者会見し、 10月2日から選手募集を開始すると発表した。 第34回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) は2018年4月22日、 スイム、 バイク、 ランの3種目の計202・195㌔で行われる。 定員は1700人。 今大会では与那覇前浜のスイムコースが見直される予定で、 現場の砂の移動などの状況に応じて判断するという。
[全文記事]

来年1月、ドームでWJBL開催むけ調整

2017/09/27 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 17893-1.jpg
一般質問では市長の政治姿勢などで論戦が交わされた=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は来年1月27、 28の両日、 JTAドーム宮古島でバスケットボール女子日本リーグ (WJBL) の開催を目指し調整を進めている。 開会中の市議会9月定例会一般質問で垣花和彦市観光商工局長が新城元吉氏の質問に答えた。
[全文記事]

テニスの日記念イベント 親子レッスンなど盛況

2017/09/23 21時05分配信 - スポーツ -

ファイル 17877-1.jpg
親子でコロコロと転がしキャッチボール=市営テニスコート

 「テニスの日」 にちなみ宮古テニス協会 (根間秀二会長) は23日、 カママ嶺市営テニスコートで 「2017年度テニスの日記念イベント」 を行った。 会場は小学生親子の初級者や中高生・一般向けのレッスン、 ボレーボレー大会などで終日盛り上がった。
[全文記事]

県高校新人卓球選手権 兼島(宮古)が単複2冠

2017/09/19 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 17842-1.jpg
県高校新人卓球選手権大会で素晴らしい活躍を見せた宮古高校男子卓球部=宮古空港到着ロビー

 16・17日にうるま市石川体育館で行われた県高校新人卓球選手権大会で宮古の兼島竜平が個人戦シングルス、 伊沢拓郎と組んだダブルスの2冠を達成。 伊沢はシングルスでも3位となった。 団体戦は決勝でコザに1―3で敗れたが準優勝。 18日、 宮古空港に到着した選手たちを父母や学校関係者らが出迎えた。
[全文記事]

第34回トライアスロン、来年4月22日開催を決定

2017/09/16 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 17828-1.jpg
総会であいさつする大会長の下地市長=レストランクール

 第34回全日本トライアスロン宮古島大会実行委員会総会が15日、 市内のレストランで行われた。 関係者が出席し、 同大会を2018年4月22日に開催することを正式に決定した。 申し込みは10月2日に開始する。
 総会は午後5時30分に始まり、 第33回大会の事業報告や歳入歳出決算書、 第34回の大会要項案や予算案について審議し、 全て原案通り承認し可決した。 また、 記念誌の発刊についての要請があり、 実行委員会を立ち上げて検討を進めることを確認した。
[全文記事]

新報児童柔道で下地徹昇君が小学3年生の部で優勝

2017/09/13 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 17812-1.jpg
大城署長 (前列右) に優勝を報告した下地徹昇くん (同3人目) と祝福した関係者ら=11日、 宮古島警察署

 8月13日に県立武道館で開催された 「第37回新報児童オリンピック柔道」 で、 宮古島警察署少年柔道クラブの下地徹昇君 (東小3年) が小学生3年男子の部で優勝を果たした。 11日に同署で報告があり、 同クラブの父母や署員らが下地君の活躍を称えて祝福。 これに下地君は 「うれしい」 と笑顔を見せた。
[全文記事]

インカレ女子ハンマー投げで本村(多良間出身)がV

2017/09/12 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 17806-1.jpg
最後のインカレで優勝し笑顔を見せる本村夏鈴 (提供写真)

 福井県の県営陸上競技場で行われた日本学生対校選手権 (インカレ) の女子ハンマー投で多良間村出身の本村夏鈴 (九州共立大学4年) が58㍍81で優勝した。 本村は 「一番目指してきた全日本インカレで優勝できてとても嬉しい。 最後を優勝で終われてよかった」 と話した。 今大会で58㍍を超えたのは一人だけ。 本村は今月末には母校の多良間中学校での教育実習を予定している。
[全文記事]

交流フットサルクリニックで「天下一蹴道会」PR

2017/09/12 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 17805-1.jpg
基本的なボールの扱い方について学ぶ子どもたち=10日、 JTAドーム宮古島

 宮古島市商工物産交流課 (平山茂治課長) は10日、 JTAドーム宮古島で 「交流フットサルクリニック」 を開催した。 50人を超える子どもや大人が参加して一流の監督やコーチから技術指導を受けるとともに、 新しいフットボールカルチャーに触れた。
[全文記事]

【運動会写真特集】

2017/09/12 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 17802-1.jpg
北中学校 (宮国敏弘校長) の運動会は午前9時30分に開始。 会場は多くの保護者や家族、 地域の人たちで埋め尽くされた。 「燃えろアララガマ魂 魅せろ北中プライド」 をスローガンに、 357人の生徒が演技や競技に取り組んだ。
 部活紹介では生徒が各部活のユニフォーム姿などで登場し、 部活動の内容などを披露した。 全男子生徒による組体操は、 比較的難易度の低いものから始まり、 最後は5段のピラミッドに挑戦。 緊張感の走る中、 一番上の生徒がピラミッドの頂上に立つと、 会場からは大歓声が沸き起こった。

 秋の運動会シーズンが幕を開けた。 10日には市立北、 下地、 西辺、 鏡原、 西城、 佐良浜、 伊良部の7中学校で行われ、 生徒たちが元気にリレーやフォークダンス、 組体操などを披露した。 会場に訪れた保護者らも子どもたちの迫力ある演技や懸命に走る姿に温かい声援を送っていたほか、 お昼には子どもたちを囲んでお弁当を食べる姿も見られた。

ページ移動