記事一覧

伊良部大橋橋詰広場造成工事 進ちょく率は40%

2019/04/17 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21172-1.jpg
急ピッチで敷地造成工事が進められている伊良部大橋橋詰広場の完成予想図 (宮古土木事務所提供)

 伊良部大橋の伊良部島側たもとで工事が進められている 「伊良部大橋橋詰広場」 の造成工事は順調に進んでおり、 進ちょく率は2018年度までに約40%に達しているという。 同工事を担当する県宮古土木事務所では、 今年度中に工事を完了し、 地域振興施設の建設を計画している宮古島市に事業を引き継ぐ。
[全文記事]

ワイドー大賞に平良任ファミリー トライ応援幕コン

2019/04/17 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21173-1.jpg
平良任ファミリーの作品が 「ワイドー大賞」 に輝いた

 宮古島トライアスロン実行委員会は、 14日に行われた第35回全日本トライアスロン宮古島大会でスイム、 バイク、 ランの3競技に挑んだ選手たちの走りを後押した 「トライアスロン応援幕コンテスト」 の審査結果を発表した。 審査対象は228作品で、 主管の宮古写真協会の会員が大会前日の13日に審査し、 「ワイドー大賞」 には平良任ファミリーの作品が輝いた。
[全文記事]

異常気象時の対応確認 市と気象台ホットライン訓練

2019/04/17 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21174-1.jpg
ホットライン伝達訓練で電話を受ける下地市長=市役所平良庁舎

 宮古島地方気象台の白川嘉茂台長と宮古島市の下地敏彦市長が異常気象時の対応を確認するホットライン伝達訓練が16日午前9時半から実施された。 台風特別警報を想定し、 白川台長が特別警報発表を連絡して警戒を呼びかけ。 下地市長が 「速やかに避難勧告などの発令を検討する」 などと対応した。
 訓練後、 下地市長は 「今年も気象台と情報の交換をしっかりやろうということでホットラインの訓練を実施した。 現実に大きな台風や暴風、 地震、 大雨等が発生した場合には気象台から速やかに連絡を頂けるという形になっている。 それを受け、 すぐさま対策本部を設置し市民の生命・財産が安全に確保されるよう努力していく」 と説明した。
[全文記事]

「ネット危機」対策学ぶ 下地中でe─ネット安心講座

2019/04/17 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21175-1.jpg
e―ネット安心講座で、 嶺間さん (右) の説明に聞き入る生徒たち=下地中学校

 下地中学校 (濱川成共校長) で16日午後、 NTT西日本沖縄支店 (畔上修一支店長) のe―ネット安心講座が行われた。 同店e―ネット安心講座認定講師の嶺間恵誠さんが全生徒93人と教職員を対象に、 子どもたちが巻き込まれやすいネット社会の犯罪やトラブル等について事例を交えながら説明し、 注意を促した。
[全文記事]

10連休中4施設を児童生徒に無料開放 スポーツ協

2019/04/17 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 21176-1.jpg
記者会見に臨む市スポーツ協会の砂川恵助会長 (中央)、 宮国敏弘専務理事 (左)、 砂川定宏事務局長 (右)=市総合体育館内事務所

 宮古島市スポーツ協会は16日、 同協会会議室で記者会見を行い、 同協会が受託運営している4つのスポーツ施設を今月27日から5月6日の10連休期間中、 高校生以下の児童・生徒を対象に 「午前中の無料開放を実施する」 と発表した。
[全文記事]

上位入賞者称え表彰、第35回大会成功を祝う

2019/04/16 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 21167-1.jpg
総合優勝した戸原開人選手 (中央) と上位入賞選手たち=JTAドーム宮古島

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市、 琉球新報社) の表彰式・ふれあいパーティーが激走から一夜明けた15日午後、 JTAドームで開かれ、 総合優勝の戸原開人選手 (茨城)、 女子優勝の鷲津奈緒美選手 (神奈川) に優勝楯と大会長杯などが授与されたほか、 男女各10位までの上位入賞者、 年代別の入賞者がそれぞれ表彰され、 出席した選手や家族、 大会関係者の祝福を受けた。 会場に参集したアスリートたちは、 来年の大会での再会を期し、 笑顔の中に闘志を燃やしていた。
[全文記事]

レース充実「来年も参加」選手らバイク引き取り

2019/04/16 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 21168-1.jpg
バイクを引き取る選手=市陸上競技場東駐車場

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会のレースから一夜明けた15日、 バイクゴールの市陸上競技場東駐車場では預けていた選手らのバイクの引き渡しが行われた。
[全文記事]

来年の再開誓いふれあいパーティー楽しむ

2019/04/16 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 21169-1.jpg
健闘を称え笑顔で乾杯する選手たち=JTAドーム宮古島

 開始早々に雨が降るなど過酷なレースとなった第35回全日本トライアスロン宮古島大会 (主催・宮古島市ほか) から一夜が明けた15日、 JTAドーム宮古島で表彰式に続き 「ふれあいパーティー」 が行われた。 会場には宮古島を舞台に感動のドラマを繰り広げた国内外のトライアスリートやその家族をはじめ大会関係者やスポンサー各社が集い、 お互いの健闘を称えながら祝杯を交わし次大会での再会を誓い合った。
[全文記事]

【ふれあいパーティー写真特集】

2019/04/16 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 21170-1.jpg
レースを振り返りながら交流を深める選手たち=JTAドーム宮古島

トライ笑顔で交流

下地島空港多くのアスリートで賑わう

2019/04/16 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 21171-1.jpg
自転車などの手荷物を預けるトライアスリート=下地島空港

 熱いレースが展開された 「第35回全日本トライアスロン宮古島大会から一夜明けた15日、 宮古、 下地島両空港では表彰式・ふれあいパーティーを待たず、 バイクの引き渡し手続きと完走証、 大会成績表を受け取り、 午前中には宮古島を離れ帰途につく選手の姿があった。
[全文記事]