記事一覧

本土観光バスが参入 クルーズ客特化し運行

2019/04/19 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21182-1.jpg
クルーズ船の寄港の客対応で埠頭を埋め尽くした大型バス=平良港

 入域観光客が年間100万人を突破するなど活況を呈す宮古島観光だが、 それにつれて島に様々な変化と影響が現れてきている。 その先駆けで目立って増加したのがレンタカーで、 3000台近くが島の隅々まで駆け回る様子は見慣れた光景となっているが、 今年になって目に付くようになってきたのがクルーズ客対応の大型バスの運行だ。 ニーズ増を見越して17日には東京に本社を置くバス会社が観光客向けに運行を開始、 本格的な宮古島参入の兆しを見せている。
[全文記事]

宮糖城辺18/19年産キビ 搬入量は9万6000㌧

2019/04/19 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21183-1.jpg
17日に今期のサトウキビ搬入を終えた=宮古製糖城辺工場

 宮古製糖城辺工場の2018/19年産サトウキビ操業が18日に終了した。 1月11日から搬入を終えた17日までの搬入量は9万6400㌧となり、 当初見込み量の10万1500㌧には達しなかった。
[全文記事]

海保、イムギャーで離岸流調査 海難防止向け

2019/04/19 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21184-1.jpg
海面着色剤で海流の速さなどを調査した=イムギャーマリンガーデン

 宮古島海上保安部 (山戸義勝部長) による離岸流調査が18日、 市内城辺友利のイムギャーマリンガーデンで行われた。 潜水士が海上から蛍光緑色の海面着色剤 (シーマーカー) を流し、 その流れる速度や広がり方向をヘリコプターが上空から撮影した。 この調査はこれからのマリンレジャーシーズンに備え、 離岸流の実態を把握することで海難防止活動に役立てることを目的に行われた。
[全文記事]

「健やかな成長を」 多良間保育所が鯉のぼり集会

2019/04/19 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21185-1.jpg
元気に鯉のぼりを揚げる園児たち=17日、 多良間保育所

【多良間】多良間保育所で17日、 「鯉のぼり掲揚集会」 が行われた。 園児たちが元気よく、 鯉のぼりの歌を歌いながら青空に揚げた。 同所駐車場から玄関にかけては保護者が手作りしたかわいらしい鯉のぼりがたくさん泳いでいた。
[全文記事]

新しい宿泊の形 キャンピングカーレンタル利用者増

2019/04/19 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21186-1.jpg
オーシャンズドライブには国内最大数50台のキャンピングカーが並ぶ=城辺保良

 宮古島では観光客の増加に伴いホテルの建設が進んでいるが、 新しい宿泊の形としてキャンピングカーのレンタル需要が増加している。 キャンピングカーのレンタルサービスを行うオーシャンズリゾートレンタカー事業部の 「オーシャンズドライブ」 では、 昨年5月からキャンピングカーのレンタルを開始し、 順調に利用者を増やしているという。
[全文記事]

宮古島市2018年度入域観光客、114万人

2019/04/18 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21177-1.jpg
東京直行便からは観光やビジネスなどの入域客が次々と到着しロビーが賑わいを見せた=宮古空港

 宮古島市 (下地敏彦市長) が17日、 2018年度の入域観光客数を発表した。 前年度比15・65%増の114万3031人となり5年連続で過去最多を更新。 年度単位で初の100万人台となった。 空路で直行便が拡大したことや海路・クルーズ船の寄港回数の増加と大型化が実績を押し上げた。 記者会見で、 下地市長は 「そう遠くない将来、 200万人になる。 今年度中に観光地整備総合計画を策定して宮古観光のあり方等を決め対応していきたい」 との見解を示した。
[全文記事]

日差し浴び イペー咲く、鮮やかな黄色い花

2019/04/18 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21178-1.jpg
日差しを浴びて鮮やかに咲くイペーの花=平良下里

 宮古島地方は17日、 数日ぶりに朝から晴れ間が広がった。 風が少々強めで気温は上がらず、 最高気温は下地島で正午に記録した25・0度となるなど過ごしやすい気候の中、 各地の民家や街路樹として植栽されているイペー (ノウゼンカズラ科) が鮮やかな黄色い花を咲かせ、 道行く人々の目を楽しませている。
[全文記事]

トライアスロン、宮高バスケ部がポリバケツ洗浄

2019/04/18 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 21179-1.jpg
ポリバケツの洗浄を行う宮高バスケットボール部員=市総合体育館前駐車場

 第35回全日本トライアスロン宮古島大会から3日が経った17日、 ボランティアで選手たちのレースを支えた宮古高校バスケットボール部は使用したポリバケツやクーラーボックスの洗浄作業を行った。 前日に予定されていたが午後から降り出した雨の影響で1日延期しての作業となった。
[全文記事]

北小新入学児童らに交通安全指導

2019/04/18 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21180-1.jpg
多くの車が行き交う中、 丁寧な交通安全指導が行われた=北小前通り

 宮古島市立北小学校は17日、 宮古島警察署とタイアップして幼稚園児と新入学児童を対象に交通安全指導を行った。
 指導は同校門前で行われ、 信号機の設置された十字路や通常の横断歩道の渡り方について、 教諭と宮古島警察署員が協力して実践指導を行った。
[全文記事]

市消防本部と海保が合同潜水訓練

2019/04/18 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21181-1.jpg
訓練では潜水士がチームを組んで行った=平良港第4ふ頭

 宮古島市消防本部と宮古島海上保安本部の合同潜水訓練が17日、 平良港で行われた。 訓練は海難救助活動の連携能力を向上することを目的に毎年2回実施されており、 今回も海保と消防の潜水士が水中での捜索などの訓練に取り組んだ。
[全文記事]