記事一覧

犬、猫の殺処分ゼロ 引き受ける市民増加

2021/04/18 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24391-1.jpg
殺処分ゼロが続く今も多くの犬猫が犬舎には収容されている=16日、宮古保健所犬舎内

 犬、猫の殺処分数が2020年度はともにゼロとなる見込みだ。犬は2年、猫は3年連続でゼロとなる。宮古保健所管内の20年度速報値で、このほど分かった。同所生活環境班の担当者によると、民間ボランティア3団体による譲渡先探しの成果が大きいとしたほか、引き取りに訪れる市民が増えたことも理由に上げた。ただ引き取り・保護などによる犬舎(収容所)のひっ迫状態は依然続いており、猫については20年度の舎内死亡頭数は11匹と過去5年で2番目の高さとなった。同担当者は「なんとか引き受けでつないでいるが、いつ再び殺処分が出てもおかしくない」と危機感を語った。
[全文記事]

市内で856万円 無銭飲食で再逮捕

2021/04/18 09時04分配信 - 社会・一般 -

 3月15日から22日にかけて市内の接待を伴う飲食店で、1本30万円のシャンパンなど856万2000円注文し、それを支払わなかったとして、宮古島警察署は16日、会社員の男(27)=岡山県=を詐欺(無銭飲食)の疑いで再逮捕した。
[全文記事]

多良間村義選、告示まで1カ月 8人立候補予定

2021/04/18 09時03分配信 - 政治・行政 -

 【多良間】任期満了に伴い5月18日告示、23日投開票で行われる多良間村議会議員選挙(定数7)まで1カ月となった。これまでのところ現職5人、新人3人の計8人が立候補を予定している。一方、約2カ月後の村長選挙(6月15日告示、20日投開票)には現職の伊良皆光夫氏(65)、新人で同村の元税務会計課長兼会計管理者の古謝政一氏(62)が出馬を表明しており、一騎打ちの公算となっている。
[全文記事]

宮古島市長期財政ビジョン 10年後の借金327億円

2021/04/18 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24394-1.jpg
市債残高の推計

 宮古島市(座喜味一幸市長)はこのほど、2021年度から10年間の長期財政ビジョンを公表した。借金に当たる市債残高は21年度の448億6923万円から年次的に緩やかに減少し、30年度には327億4898万円となると見込んでいる。財政調整基金残高は21年度で75億円となっているが、今後も一般財源の不足に対応し、50億円台を確保すると推計。一般財源に占める借金返済の比率を占める実質公債費比率は上昇し、24年度で12・9%とピークに達した以降は30年度で10・4%とする計画だ。将来負担比率は21年度算定の90・8%から30年度は25・2%まで減少するとした。
[全文記事]

きょうモズクの日 宮古島漁協が地産地消呼び掛け

2021/04/18 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 24395-1.jpg
水揚げされた養殖モズク=平良荷川取

 4月第3日曜日のきょう18日は「モズクの日」。宮古島市では養殖モズクの生産が最盛期を迎えている。宮古島漁業協同組合によると、今期は天候に恵まれ豊作となり、宮古全体の養殖モズクの総生産量を約1000㌧と見込む。新型コロナウイルスの影響でモズクの需要が減るなか、同漁協は宮古島産モズクの地産地消を呼びかけている。
[全文記事]

「新城」の歴史書発行

2021/04/17 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24386-1.jpg
新城の歴史書を座喜味市長(右から3人目)に手渡した友利会長(同2人目)=市役所

 城辺の新城自治会長である友利輝吉さんが会長を務めるあらぐすく地域活性化プロジェクトはこのほど、新城の歴史書『ピトゥんまりずま 新城』を発行。16日市役所を訪れ、座喜味市長に同書10冊を贈呈した。市は図書館などで閲覧可能にするという。同プロジェクトは宝くじの配分金100万円を財源に、2020年から22年にかけて地域活性化モデル地区支援事業として行われている。
[全文記事]

宮古病院 皮膚科に初の常勤医

2021/04/17 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 24387-1.jpg
(左から)本永院長、砂川文医師、砂川淳二医師=宮古病院

 県立宮古病院(本永英治院長)に、同病院初の皮膚科常勤医となる砂川文医師が1日から赴任している。従来は琉球大学から派遣された医師による月曜日のみの診察だったが、月・火・木曜日の午前と火曜日の午後に外来診療を行っている。本永院長は「受診には紹介状が必要なため、皮膚に異常のある人はまずは市内のクリニックなどに相談してほしい」と話した。また、総合診療科に約15年ぶりとなる宮古島市出身の医師として、砂川淳二医師も赴任。淳二医師は砂川中出身。琉球大学医学部卒業後、県立中部病院勤務などを経て宮古病院への着任となった。
[全文記事]

5年ぶりに二季展 会員作品54点展示

2021/04/17 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 24388-1.jpg
鑑賞に訪れた人たち=未来創造センター

 絵画サークル二季会(砂川幸夫会長)が主催する「第41回二季展」が、16日から未来創造センターで始まった。54点の作品が展示されていて18日まで開催している。
[全文記事]

「防衛省に説明会要請を」 市民団体が市長に

2021/04/17 09時02分配信 - 政治・行政 -

ファイル 24389-1.jpg
要望書を手渡す下地共同代表(右)と受け取る座喜味市長=市役所応接室

 陸上自衛隊の保良訓練場に完成した2棟の弾薬庫などについて、宮古島平和ネットワークの下地博盛共同代表ら6人は16日、市役所に座喜味市長を訪ね、市民への説明会の開催を防衛省に要請するよう求めた。座喜味市長は「進める」と回答。6人は記者会見で「実現に向け努力すると理解した」との見解を示し、期待を語った。17日には、4月末までを回答期限とする要請文を岸信夫防衛大臣、沖縄防衛局宛てにそれぞれ郵送するという。
[全文記事]

JA、移動金融店舗車を導入

2021/04/17 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 24390-1.jpg
移動金融店舗車の運行開始式でテープカットを行う福里専務(中央)ら関係者=JA下地支店

 JAおきなわの信用事業の店舗再編に伴いJAバンク移動金融店舗車が宮古地区に導入され16日、下地支店駐車場で運行開始式が行われた。県内では3台目となり、19日から下地支店駐車場で運行を開始し、普通貯金の入出金などの業務を行う。店舗再編では平良、下地、上野、伊良部の信用業務を宮古支店に集約し、よりそいプラザ機能支店を設置する。
[全文記事]

ページ移動