記事一覧

デイゴ色づく、真紅の花青空映える

 






2014/03/15 21時06分配信 - 科学・環境 -

 沖縄の春を代表するデイゴの花が色づき始め、 これから初夏にかけて開花シーズンを迎える。 晴れ間が広がった15日、 上野構造改善センターゲートボール場にあるデイゴの木が真紅の花を咲かせ、 青空に映えていた。
続き
 デイゴはマメ科の落葉高木で、 インドやマレー半島が原産。 日本では沖縄県が北限とされている。 花期は3~5月で、 沖縄県花、 宮古島市花木に指定されている。 花は毎年咲くとは限らず、 気象条件によっては満開になるものと花一つつけないものもある。
 同センターに植えられている数本のデイゴのうち今のところひと房だけが開花しており、 ゲートボールを楽しむ高齢者や遊具で遊ぶ子どもたちの目を楽しませている。 他の花芽も徐々に色づき始め、 もうすぐ見ごろとなりそうだ。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 9950-1.jpg
花芽から真紅の花を咲かせている=上野字上野

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加