記事一覧

池城かおりさん、県立図書館協委員就任報告

 






2013/09/10 09時01分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市立図書館協議会委員で私設図書室ありんこ文庫運営代表などを務める池城かおりさんが9日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 沖縄県立図書館協議会委員に就任したことを報告した。 池城さんは 「協議会では図書館の一利用者として肌で感じることを申しあげたい」 と意気込みを語った。
続き
 同協議会は沖縄県立図書館の運営等に関し、 県民が直接意見を述べる機会を確保するため実施しているもの。 任期は2年。
 池城さんは県立図書館宮古分館が廃止になり、 県立図書館の資料を利用する機会が限られていることを指摘し、 「分館を廃止したのは県の予算の都合でしょうがないと思う。 市の図書館を県がどれだけバックアップしていくか関係性に力をいれてほしい」 と述べ、 今月20日に開かれる協議会で離島の抱える課題などについて報告する旨を説明した。
 下地市長は 「行革の一環として、 県立図書館を一カ所に集め機能を充実するという方向で動いたと思う。 しかし、 離島の人はどうするのという視点が欠けている。 市町村立の図書館を支援する義務が県にあると思っている」 と語り、 「基本的には離島が不利益を受けないような制度にしてほしいということ。 そういった意見を言って頂けるとありがたい」 と激励した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 8808-1.jpg
県立図書館協議会委員に就任したことを報告する池城さん (左) =市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加